ロストガールズの作品情報・感想・評価・動画配信

「ロストガールズ」に投稿された感想・評価

DAI

DAIの感想・評価

2.8
実在の未解決事件「ロングアイランドの連続殺人鬼」を題材に、失踪した娘を探す母親が真実と正義を求めて闘う姿を描いたミステリードラマ。2010年、「ゴーン・ベイビー・ゴーン」のエイミー・ライアンが母親役を熱演し、「ユージュアル・サスペクツ」のガブリエル・バーン、「ジョジョ・ラビット」のトーマシン・マッケンジー、「サウスポー」のウーナ・ローレンスが共演。監督は「マリリン・モンロー 瞳の中の秘密」などのドキュメンタリー作品を手がけたリズ・ガルバス。

内容が完全な実話なので、映画のように劇的な展開や、
あっと驚くクライマックスはなく、淡々と進む映画。
失踪したのが売春婦という事で、警察も適当な対応をしてしまったり、
TVでも何度も売春婦と連呼する、街全体も我関せずの姿勢で事件にも積極的に協力しない。
これが本当なのだとしたら、何と悲しい事なんだろうか・・・

ある意味社会的弱者で、やむを得なくやっている人も多いのに、
社会全体がまるで彼女達を悪かのように扱う。
失踪した主人公の母親の娘にいたっては、
シングルマザーで子供2人を育てるのが大変だからと、
お金の工面をするために売春婦をやっている。
こういった理由も知らず、見下したりする住人達はホントどうしようもない。

被害者の家族達が追悼会をやるっていうのも、
生前に身内である被害者と良好な関係じゃなく、
ある意味このロングアイランドの住人達と同じような目でみてた罪悪感から。
死んでしまっては、どうにもならない。
今生きている家族がいて疎遠なのなら、歩み寄る努力もするべき。
そんな事を問いかけるかのような作品でした。
行方不明になった娘を探す内に次々と

他の行方不明の女の子達の死体が見つかる

なかなかインパクトの強いお母さんでした

あまり好きになれず

実話なので暗い話
K氏

K氏の感想・評価

3.0
実話なのでエンタメ性なし
ただ暗いだけの作品ではある

母親にいまいち共感できない
Stewie

Stewieの感想・評価

3.2
実話に基づくストーリーなので、あまり劇的な展開はないが、見入ってしまう。頼りない警察への怒りが込み上げる。ラストは悲しく切ないモヤモヤも残る。
なお

なおの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

こんなのが実話だなんて。

実話をベースにしたものは実話なだけに
終わりがスッキリしないものも多いけれど
これはなんというかそれがよりリアルで現実的すぎて悲しかったな。

近しい人にすら言えない秘密も誰しもが持つと思うけどそういうのどこまで秘密にしていいんだろう。

同じ命なのになんで選別するも同然なことが起こるんだろう。
売春婦だから適当でいいの?
売春婦っていったって事情を抱えて
やってる人もいるわけで。
それにそういうことをしてようがしてまいが
同じ人間であって権利はあるわけで。
命はみんな平等なはず。
そういうの社会的に問われるけどいまだに差別や偏見が根強くてなんか時代って進んでるようでそうでない気がする。

現実、今のコロナ禍もこういうの関わってますよね。

命とか大切なものが関わってるのになんでそこでも間違ったことが起こるんだろ。
それに警察ってなんだろう、なんのための警察?って思う。

精神障害の難しさも改めて感じた。
大学の勉強でそういうのを専攻してるから
精神障害については死ぬほど勉強してるけど
人によっては本当に大変だし大変なんて一言じゃ片付けられないくらい複雑だったりする。

その三女が患っている統合失調症も
大変なものだけど
母親がその統合失調症の娘の手で
最後刺殺されちゃう。
こういうこともある話。

犯人が見つからず未解決なところもリアル。

幸せやハッピーエンドばかりではない現実を目の当たりにして、突きつけられたような感じがした。
mez

mezの感想・評価

3.4
場面が動かないじわりじわりとしたもどかしさが実話感を醸し出してた。これはこれで好き。
凶悪犯罪が起きても、
警察は全く平等に事件を扱ってくれない。
『売春婦だから自業自得だ』の協力的ではない態度が非常に良く分かる内容でした。

未だ犯人は逮捕されてないということで、
もしかしたら今日もロングアイランドの
どこかで殺人をしてるかもしれないし、
本作を見てるかもしれない。

はたまた協力的でなかったことから
警察の中に居るのかもしれない。

明確な犯人が描かれなかっり、
何かと腑に落ちない、
言わば大半の人が嫌いな終わり方であろうが
実話を基に作られた作品であるのに、
犯人を勝手に作って終わらせてはいけないと私は思うので、この作品はこの終わり方で良かったのでは無いかと思う。

警察がもっと協力的になって、
責任を感じて捜査に当たれば重要な
証拠だって逃したりすることはなかった。

通報から10分で来られる距離を
1時間掛けて来るという始末。

これでは「警察なんて」と言われても
仕方ないと思う。


被害者の嘆き、警察の無能さを
取り上げながら、
実際に起きた事件を被害者目線で描いていく作品です。
実話ベース。
途中寝てもて、またみよう。
でも最後本人の映像出てましたね。
娘の失踪、そこから見つかる連続殺人事件、見つからぬ娘。『スリー・ビルボード』のような話だが、実際の未解決事件を元にした作品のためスッキリしないが、それにしたって警察には文句の一つも言いたくなる。
被害者たちが売春婦として差別されたせいで警察が本気で取り合わないこと、事象の起きた地域がゲーテッド・コミュニティであったこと、被害側の関連人物はみな女性であること。色んな問題を示唆はしているが、実話ベースゆえに示唆にとどまってはいる。
runedoll

runedollの感想・評価

3.5
一番えっ!ってなったのは最後のテロップで書かれていたこと、
今のところバットエンド。
>|