拳師 〜The Next Dragon〜の作品情報・感想・評価・動画配信

「拳師 〜The Next Dragon〜」に投稿された感想・評価

エグゼクティブ・プロデューサーにジャッキー・チェン☆
主演はサモ・ハン・キンポー☆
あーんど若き日のマックス・チャン☆

なんてことを聞いちゃうと、一体どんな素晴らしいやつよ?て期待しちゃうよね!

それが、まさかの学園モノでした😂

あらすじ🍫っと♡︎

武術学校で真の武術家になる夢を持つ5人の青年たちが武術を学びながら友情を育んでいく物語。
彼らはそれぞれ学校を代表する武術家へと成長を遂げるんだけど、とある事件に巻き込まれ、極悪非道な人身売買集団との戦いを余儀なくされる…。
(あらすじ、面白そうじゃん!)

この5人の学生さんたち、初めてみるメンツなんですけど、さすが、武術学校の生徒さんたち(の役。もしかして本当に生徒だったりして?だって彼らコレ1本きりの出演?)

華麗な技の数々は体操と武術の融合みたい!
サモハン先生いわく「武術は勝敗を決めるものではなく芸術」なんだそう。

そんなわけで、実戦ケンカはめっぽう弱い。

一番のお目当てマックス・チャンはってゆうとぉ〜😅💦💦💦

『イップ・マン 継承』や『マスターZ』のクールでめちゃくちゃ強いマックス・チャンしか知らなかった私には、コレちょっとびっくり💦

彼は武術学校の卒業生。
卒業後は映画のアクション俳優をやってます。
だけどケンカは弱い😂

悪者にあっけなく捕まっちゃうし、粘着テープで口を塞がれ、ロープで縛られ転がされる始末💦
これはマックス・チャンじゃなーい!😭

とは言え、イメージが壊れちゃうような過去の作品でも彼にとっては大切な1本に違いない!うん!
気持ちの体制を整え、私も挑みます。

なんとゆうか。
爽やか過ぎてアクションに迫力を感じられなかったです。
ドニー兄さんの力強いカンフーや、スコット・アドキンスの殺人蹴りが恋しい!
演舞の試合シーンは素晴らしかったんですけどね☆


(*˙˘˙*)ஐにゃ♡︎
今サンデーカップにハマってます。
週3で食べてます。
そしたら昨日テレビで「アイスは大半が油で出来てるんですよ」と、どっかのお医者が言っとりました💦
あぁっ!やめようっ😭
LEE

LEEの感想・評価

3.7
ジャッキープロデュースの一本
武術学校の青年たちの真面目な映画となっている


武術学校に通う5人の成長を描く一本
だけども困難にぶつかっていない奴もいたり、あれ?学費の問題はどうなったの?と所々に気になる部分はある
それに加え人身売買組織と戦うという展開もあるので、もうちょっと武術学校の方に舵を切ってもよかったかなと思うけど新しいアクションスターを発掘するという目的もあっただろうからアクションシーンも入れたのかなと思ったり
でも主軸はとっても真面目でいい話です


アクションは流石のものなんだけど、アクション俳優はアクションが出来るだけじゃだめなんだなぁと再認識させられた
本作の主人公らはこの後も映画には出てるらしいけど、正直ブレイクしたとは言い難いしね
まさかこの中での一番の出世頭が張晋とは誰も思わなかっただろうな(武術指導役で出演
そして最後に洪金寶が全て掻っ攫っていくのは笑ってしまった。十福星から変わってねぇ!



もうちょっと武術学校の方に振り切ったら面白かったかなと思ったり
武術学校時代の李連杰とドニーさんの映画とかみたいなぁ
でも全然嫌いではないです
多い、多いな!まず登場人物が多い、金武門の面々男子4人に女子2人は2-1にしてまとめてもよかったのではと思うくらい、それに加えて映画界で活躍する先輩と悪堕ちした先輩。エピソードも多い!武術大会における切磋琢磨に人さらい、メンバーそれぞれの小ネタにサモ・ハン先生の私生活まで、もう少し主題を絞って欲しかった…なんだかんだでサモ・ハンが一番強いってのもちょっとムリがあったなー。
中国武術をスポーツとしても描いてるのは新鮮であったし、地方都市の雰囲気も感じられたのはよかった。あと俳優の素朴な顔立ちと演舞のキレのギャップ(そっちメインでのキャスティングなのかも)。それから若きマックス・チャン。
全体的に悪くはないんだが。
mz5150

mz5150の感想・評価

2.5
GYAO、初々しい青年たちと固い演出はNHKや人権啓蒙ドラマかと思わせた。青年たちの友情と成長譚としては薄味、唐突に絡んできた人身売買もあまり貢献せず盛り上がりがなく楽しめる要素が少な過ぎた。

唯一救いは青年たちの先輩が若かかりしマックスチャンであることか。
Q

Qの感想・評価

3.0
武術学校の生徒ということで、カンフー対決というより、演舞が主なのかな?でもサモハンキンポーさんが闘うと相変わらず熱くなりますね❗
highbury

highburyの感想・評価

3.0
【ストーリーが中途半端】

武術学校の幼馴染5人が主役のカンフー映画で、サモ・ハン・キンポーは主役ではありません。
(ただし美味しいところはしっかり持っていきます・・・)

武術大会ともう一つの事件を中心に物語は進みますが、深みが無くイマイチな出来です。
若いカンフースター達の顔見世興行といったところでしょうか。
カンフー映画は大好物な私も、この映画はもう少しアクション要素【熱☄️】が足りないような気がしました😓

まず時代背景がごっつ古いんかなーと思いきや(イップマン位)、ブルース・リーの話が出てきて、 あぁその辺かーと思いきや、ジェット・リーの話があり、、、ん?!ってなったな。

ジャッキー・サモハンコンビやし、アクションは間違いないと思ったが、手に汗握る死闘がなかったので対決もサラッと見終わって(;´д`) 皆さんの低評価も分からないでもないです!


昔のジャッキーチェンのような、凄っ(⊙ꇴ⊙)!!!って思うようなアクションして欲しいなー✨ アクロバティックなんは分かるがそれだけじゃなくこう怪我寸前みたいな奴ー! わかる人居ないかなー…(^^)
ジャッキー(総指揮)とサモハンが次世代アクションスター発掘の為に作った映画。5人の若い仲良し武術家達の青春中国武術スポ根もの。マジモンのちゃんと中国武術を学んできてる5人なので演舞シーンはめちゃくちゃカッコいいし観てるだけでアガる。ただ、話はものすごくつまらない。2008年製作なのに昭和特撮臭がすごいのはなんでやと思ったら昭和特撮の程々にイケてるJAC俳優を主役やヒロインに起用してた感に通じるからだな。兄弟2人はなかなかイケメンだけど俳優としての華がイマイチ。
マックスチャン目当てで観たけど役所として全くおいしくない。途中殴られ気絶して退場したままエンドロール。俳優として辛酸を舐めていた頃の彼の姿をガッツリ拝めるという意味では貴重。この頃は堂本剛感ではなく東幹久感が強い。
サモハンは見守りおじいさんとして存在してるけど結局最終的においしいところは全てかっさらっていく。
どうでもいいけどこれ「うーしゅー」って読むのね…こぶしし?けんし?かと思ってしばらくツタヤで見つけられなかったよ。
『イップマン外伝:マスターZ』がカンフー映画の傑作だった!なにより!マックス・チャンがとにかくカッコ良かった!!

と・・・いうわけで、
マックス・チャン出演作を鑑賞☆

ジャッキー・チェン製作総指揮!!
サモハン・キンポー主演!!
そこにマックス・チャン!!って!

『拳師 ~The Next Dragon~』

こんなの知らなかったぜッ(;゜∀゜)


おしまい。


【余談】
まぁーみなさん予想がつくと思いますが、
“アレ” なんで知られていないんだけなんですけどね(;・∀・)モチロン

どう “アレ” か、興味ある方はブログ「黒いTシャツで行く」にて・・・。
https://ameblo.jp/kuroitshirt/entry-12452498329.html
ErnieHoyt

ErnieHoytの感想・評価

1.5
見ながら、思ったことがあった。あれ、俺これ何年か前に観たやつだ。その時も高評価もせず、改めて見ても意見が変わりません。Wushuという格闘技を主に紹介されてるだけ。若者たちが格闘技の学校を通いながら、自分の武術を磨く。で、古いカンフー映画のように、元生徒が学校から追い出されたあと、闇の世界に働いてる。元生徒は子供の人身売買をやって、若者生徒がそいつと戦う。サモ・ハン・キンポーも出てますが、出番は少ない
>|