リーガル・マインド 裏切りの法廷の作品情報・感想・評価・動画配信

「リーガル・マインド 裏切りの法廷」に投稿された感想・評価

ママン

ママンの感想・評価

2.9
なんちゅー『救いのない映画』なんだ😟💦

ヒジョーにネガティブになるね、これは。

きっとフツーに悪くはないんだけど、キリスト者のわたしの個人的な意見からして観ると「手放しが下手くそな女性のはなし」でしかない😂

【どれも諦められない】って頑固なんだな。

映画だから上手くまとめられてるけど、現実はあんなにはならんよ。うん。

人は自我を捨てられないから、どんなに良く見えても【必ず嘘をつく】

「心はよろずの物よりも偽るもので、 はなはだしく悪に染まっている。
だれがこれを、よく知ることができようか。 「主であるわたしは心を探り、思いを試みる。 おのおのに、その道にしたがい、 その行いの実によって報いをするためである」。

‭‭エレミヤ書‬ ‭17:9-10‬ ‭口語訳‬‬
kojikoji

kojikojiの感想・評価

3.5
2014年 アメリカ 監督カレン・モンクリーク キャスト:ケイト・ベッキンセイル
 
 凄腕弁護士を演じるケイト・ベッキンセイルが美しく、法廷サスペンスの面白さも充分楽しめる。なかなかいい作品。

 アルコール依存症で娘の親権に悩む弁護士ケイト(ケイト・ベッキンセイル)に冤罪を訴える女の弁護依頼がくる。
 調べていくうちに、検察と警察の多くの証拠隠蔽の事実が明るみになり、ケイトは冤罪を確信するが、果たして真実はどこにあるのか、観ている我々がケイトと同じように騙されて、裁判の難しさを感じさせられる。面白いなぁと思ったのは、仕事ではあんなに毅然としているのに、自分の裁判ではただの被告の発言になってしまうところ。そんなもんだろうとは思うが,面白い。
 
 ケイト・ベッキンセイルがアルコール依存症、親権に悩む弱い母の姿と腐敗した法システムと戦う颯爽とした凄腕の女弁護士を見事に演じ分けて、素晴らしい。
 この女優さん、あまり縁がなくて注目してなかったけど、調べるとアンダーワールドシリーズに当たった。これは観てみなければ。
 
capybara6

capybara6の感想・評価

3.3
法廷は聖なる場であるはずなのに うそつきの集まりなんだな💧
弁護する人が嘘ついてるかどうか見抜けなきゃ弁護士は務まらない。
心理戦。

めっちゃ難しい仕事だ。
人を裁くとは 簡単なことじゃない😤
fm

fmの感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

サスペンスドラマ

ケイト ← アルコール依存症となり娘の養育権を失う中、レイシーの冤罪弁護依頼をされる

ケイト レイシー
サンプター裁判長
YT

YTの感想・評価

3.7
・ストーリー性に対して92分と纏り
 が良い
・予想に反してとてもアツいお話
・主演2人の確かな演技力にも支えら
 れた良作
楽園

楽園の感想・評価

3.6
動画配信サービス『U-NEXT』にて定額見放題で視聴しました。

冤罪で刑務所に服役中の女性の弁護をして、無罪を勝ち取った女性弁護士だったが...
実は、それ事態が全部嘘だった。

女性弁護士役をケイト・ベッキンセールが演じています。

この作品の評価は、あまり良くない感じですが
個人的には、大好きな部類の映画で面白く視聴する事が出来ました。
視聴上映時間も1時間32分と短くサクサク観れるので、よかったら視聴してみて下さい。
Daichi

Daichiの感想・評価

3.3
敏腕女性弁護士。親権争い、アルコール中毒でプライベートは上手くいかず。両立の難しさが伝わる。
ケイト・ベッキンセイル💕
ニック・ノルディ目がなくなってきてる。
ky31

ky31の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

無実の罪で裁かれる女性を弁護士ケイトベッキンセールは救うことができるのか、そして子供の親権を勝ち取ることができるのか。という法廷サスペンス

無実かと思いきや見事に嘘に騙されてまんまと無罪にしてしまう。
最後証言の穴をついて有罪にはなったけど、なんかサクッと終わった感じ

このレビューはネタバレを含みます

弁護士である母親が離婚した夫から子供を取り戻そうと奮闘するが、なかなか思うように行かない。

有罪だと思っていた容疑者が無罪で、無罪だと思った容疑者が実は真犯人だったとわかり傷つくが、もう一度裁判に持って行き真犯人の悪事を暴く。
>|

あなたにおすすめの記事