ハドソン川の奇跡の作品情報・感想・評価

ハドソン川の奇跡2016年製作の映画)

Sully

上映日:2016年09月24日

製作国:

上映時間:96分

3.9

あらすじ

2009年1月15日、極寒のニューヨーク。160万人が住むマンハッタン上空850メートルで突如起こった航空機事故。全エンジン完全停止。制御不能。機長は高速で墜落する70トンの機体を必死に制御し、目の前のハドソン川に着水させ乗員乗客155名全員無事に生還させる。着水後も浸水する機内から乗客の避難を指揮した機長は国民的英雄として称賛される。だがその裏側では彼の判断をめぐり国家運輸安全委員会の厳しい追…

2009年1月15日、極寒のニューヨーク。160万人が住むマンハッタン上空850メートルで突如起こった航空機事故。全エンジン完全停止。制御不能。機長は高速で墜落する70トンの機体を必死に制御し、目の前のハドソン川に着水させ乗員乗客155名全員無事に生還させる。着水後も浸水する機内から乗客の避難を指揮した機長は国民的英雄として称賛される。だがその裏側では彼の判断をめぐり国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われてた…。

「ハドソン川の奇跡」に投稿された感想・評価

実話モノのトムハンクス作品は、
欠かさず観る。
ハドソン川に、墜落していく過程が
ドキドキした。
ダラダラなシーンもなく、
泣けるシーンもあり感動した。
pandaweiss

pandaweissの感想・評価

3.8
実話なだけに当時の緊迫した感じがよくわかって、引き込まれた。
パイロットは本当にしっかりしていてステキな人だと思った。最後の最後まで乗客が残されていないか自分で確認して、それが普通のことなんだろうけどプロ意識やパニックにならず落ち着いて行動していたところに素晴らしいプロ意識を感じた。
感動した!
れれ

れれの感想・評価

3.8
何よりもまずサリーの人間性が魅力。
トムハンクスもサリーの生真面目さと確かな技術、信頼感をしっかりと表現しており、サリー本人のよう。
サリー、ジェフ、事故に関わった人たちのとっさの判断力が生んだ奇跡の実話。
また、本編と同じくらいDVD映像特典にも感動!クリント含めた製作陣の熱さ、トムハンクスの人格や役者としての素晴らしさ、サリーの真っ直ぐ汚れのない思いの全てがより深くわかる見ごたえのある特典だった。
santasan

santasanの感想・評価

4.0
緊急時の判断というのはただでさえ難しい。ましてや乗客155人もの命を預かっている立場となると尚更である。もしこの事故が悲惨な結果になっていれば、きっとその時の判断は非難されていただろう。全員無事に生還できたのはまさに奇跡に近い。しかし、この奇跡は偶然の賜物にすぎなかったのだろうか。緊迫のコックピットで行われた奇跡の判断は、やはり機長の豊富な経験が生んだものであったに違いない。過剰な演出を排し、機長やクルーの誠実な対応とその後を淡々と描いたイーストウッド監督らしい作品である。
2016年9月25日、TOHOシネマズ日本橋にて鑑賞。 

クリント・イーストウッド監督作品なので、至極当然のように観に行ったら、物凄い感動作であった。 
C・イーストウッド監督作品で、エンターテインメント性も押し出しながら、人間ドラマも描いた作品は、近年少なくなってきていた気がする。この作品は、それらを兼ね備えた映画になっている。 

物語は、かつて実際のニュースでもしきりに報道されていた着陸直後の飛行機がエンジントラブルでハドソン川に着水した事件。 

この映画を観ると、「人が人を救う姿がこんなにも美しいのか」と感動させられて涙が止まらない。 

機長(トム・ハンクス)の「ニューヨークの良心が結集し、155人を救出した」というセリフにも涙。 

クリント・イーストウッド監督の傑作。 

<映倫No.46976>
最初はサリーの思い悩む気持ちが理解出来ず、彼に賞賛の言葉を送る街の人々同様に彼の事を凄いと思うのだが、続いてサリーの幻覚や、事故の関係者側からの目線で事故を描く描写が入る事で、見ているこっちもサリーと同じく疑心暗鬼になってしまったりと、物語の展開、見せ方が上手く、サリーの気持ちの移り変わりに連動していた。
皆はサリーの事をヒーローと言い賛辞するが、不況や戦争の時代であってもそう言っている人々こそがヒーローであったというのを事故の救出劇を通して描くのも熱く、その素晴らしさをエンドロールでも表していた。
サリーのパイロットとしての誇りと責任、心がしっかりと物語のキーになり、終盤そこにカタルシスを感じる事が出来たのも良かった。
これも2016年度のベストの1本。滅茶苦茶面白かった。
実話で、結末も判っている筈なのに何ですか?この先読みできない緊迫感は?

旅客機が鳥がぶつかる“バードストライク”に合い、エンジン不良。
機長のその場の判断で、引き返さずハドソン川に着水という賭けにでて成功!乗員・乗客が全員無事に済み、機長は英雄として報道される事に。

このサリー機長が名優トムハンクス。
そしたら調査委員会みたいなのが、本当にあの判断が正しかったかを追求し出す。保険やら何やらで莫大な金が絡むので厳しく聴取される。
当日の健康状態やら、その場の判断が正しかったのか、本当にエンジンが2つともダメになったのか?と長々と追求される。

この溜めに溜まったストレスが公聴会で覆されることの爽快さよ!もうサリー機長に感情移入して同じ気持ちになる。中盤の長ったらしい聴取が如何に前振りになっていることか。

最後副機長のジョークに公聴会がワッと湧き、サリー機長も思わず笑顔になる。このトムの表情よ!安堵と誇り高さと色んな感情があふれ緩んだ笑顔に、観てる側も報われる。流石よ。

エンドロールで本物の機長に乗客が感謝を述べる映像が流される。この機長がまた優しそうなおっちゃんなんだな。
guuzz

guuzzの感想・評価

3.1
実話っていうのはすごい、トムハンクスも大好き。けどもう少し短くてよかった
Emily

Emilyの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

史実がどうなのかはわからない。
でも、この映画の機長(トムハンクス)の誠実さはひしひしと伝わってきた。

"コンピュータのシミュレーション"で空の上での判断を測ろうとする人たちには見ていて腹が立った。
その場のタイミング、経験…
「その場にいた人にしかわからない」というのは、日常生活の中でもあると思う。
くー

くーの感想・評価

4.1
良作。トムハンクスの作品ははずさない。ラストシーンが良い。
>|