ハドソン川の奇跡の作品情報・感想・評価

ハドソン川の奇跡2016年製作の映画)

Sully

上映日:2016年09月24日

製作国:

上映時間:96分

3.9

あらすじ

2009年1月15日、極寒のニューヨーク。160万人が住むマンハッタン上空850メートルで突如起こった航空機事故。全エンジン完全停止。制御不能。機長は高速で墜落する70トンの機体を必死に制御し、目の前のハドソン川に着水させ乗員乗客155名全員無事に生還させる。着水後も浸水する機内から乗客の避難を指揮した機長は国民的英雄として称賛される。だがその裏側では彼の判断をめぐり国家運輸安全委員会の厳しい追…

2009年1月15日、極寒のニューヨーク。160万人が住むマンハッタン上空850メートルで突如起こった航空機事故。全エンジン完全停止。制御不能。機長は高速で墜落する70トンの機体を必死に制御し、目の前のハドソン川に着水させ乗員乗客155名全員無事に生還させる。着水後も浸水する機内から乗客の避難を指揮した機長は国民的英雄として称賛される。だがその裏側では彼の判断をめぐり国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われてた…。

「ハドソン川の奇跡」に投稿された感想・評価

Kanoryuu

Kanoryuuの感想・評価

3.8
トムハンクスすごい。155と言った時の感覚がすごく伝わってきた。
レスキュー隊かっこいー!
ちゃんと乗客目線のシーンもあって良かった。クリントイーストウッド監督(名前長すぎ)のはストレスがなくて見やすい。

ぶつかった鳥って急に大量に陸に落ちてくるんやんな。ある意味そっちのが想像したら怖いねんけど。焼き鳥。

このレビューはネタバレを含みます

トムハンクスの老け扮装が
ちょっとコントみたいで笑ってしまったw

良い映画だった!
ただ純粋にすごいなぁ…と思わせてくれる映画。
ak

akの感想・評価

3.4
もっとどーんってくるのかと思いきや、思ったのと違ってた。けど、違ってて良かった。
enz

enzの感想・評価

3.8
ハッハッハで終わるのめっちゃかっけぇ……

いい題材見つけたら絶対映画にするおじいさん路線よいなぁ
しかしイーストウッドのウィキ見るたびに公称身長193cmに笑う
最近の旅客機はエンジン性能が良くなったせいか、装着エンジン数が少なくなっている気がする。
この事故のように、バードストライクに遭遇した際のリスクは高まっていないのだろうか?
そう考えると、エンジンが沢山ついていた方が安心感があります。
讃えられることも、時には人を苦しめる。

自己評価と、他人の評価とのズレは、心地悪いものだ。誰にも自分は理解されないのだと、強い孤独を引き起こす。

過小評価と、過大評価の間で翻弄されるサリーは、どんなに孤独だっただろう。

せめて自分を信じられればいいのだが、自己評価があっているとは限らない。時には他者の評価とすり合わせることも必要なのだ。評価はいつだって相対的なのだから。

例えば叙事詩に出てくるような英雄のように、リーマンショックに端を発する波乱の時代だからこそ、彼は英雄とされた。時代、環境、あらゆる要因で評価軸は変わる。

状況を共にし、もっと正確な評価をしうるジェフとの会話、そして調査団とのやりとりは、彼の自己評価と他者評価のすり合わせだった。

客観的事実をいかに正確に把握するか、そこから生まれる主観的評価をいかに受け取るのか。どちらもとても体力を使う。誤解はそのままに、賛辞も酷評も受け流す。そうしていれば楽だが、その先に待つのは孤独だ。

サリーは強かった。乗客との絆を感じさせる最後の一部始終は、彼の強さの証だ。



あとは、原題と邦題で、ずいぶん印象が変わるのは気になった。「ハドソン川の奇跡」という邦題はよかったんだろうか。。そちらの方が引きはあるのだろうけど、ストーリーに沿うならば原題の「Sully」だよなあ、とか。


あとは、トムハンクスのかっこよさたるやって思ってたけど、最後にサリー本人出てきてどえらいかっこよくて、いや、もう、ただの英雄やん、ずるって言った。
あずさ

あずさの感想・評価

3.6
NTSBの人たちにめっちゃイライラした笑笑
機長と副操縦士の関係性に感動
gantz

gantzの感想・評価

3.8
英雄か容疑者か...
機長は映画の通り、実際もPTSDのような症状だったそうです。
イーストウッドは英雄のその後を描きたんですかね?
新作にも期待!
ドラマチックなドキュメンタリー。爽やかな感動と機長の不断の実践への感服があった。
「ハドソン川の奇跡」という事象よりも「サレンバーガー機長」という人物にスポットが当てられた構成で、機長の行く末を案じる展開を、手に汗握るように観ることができた。原題の「Sully」に納得。
実直で目立つのを好まなさそうな人柄が感じ取れるトム・ハンクスの演技も渋くて格好いい。
サリーへの熱烈な信頼を貫いた副機長の存在は、観ていてありがたかった。
チャーミングな大型犬のようなアーロン・エッカートが可愛らしい。

DVD特典のサレンバーガー機長のインタビューも良かった。
「英雄と呼ばれて、はじめは滅相もないと思った。しかし、届けられる手紙を読むうちに、"ハドソン川の奇跡"は、経済恐慌や失業率増加で失意に沈む人々の希望として映ったのかもしれないと考えるようになった」という内容の言葉があった。それから、英雄という大きな称号を引き受ける使命感を抱く器の広さに感服した。‬
当時の機長や家族の苦しみや、奥方から見た機長の魅力も語られた。その中で一番胸を打たれたのは、奥方が笑顔で言った、「こんなに有名になったけど、サリーは全然変わらない」という言葉だった。
>|