復活 尾崎豊 YOKOHAMA ARENA 1991.5.20の作品情報・感想・評価

復活 尾崎豊 YOKOHAMA ARENA 1991.5.202012年製作の映画)

上映日:2012年12月01日

製作国:

上映時間:96分

4.0

出演者

「復活 尾崎豊 YOKOHAMA ARENA 1991.5.20」に投稿された感想・評価

nobby

nobbyの感想・評価

4.3
1991年8月15日、メルパルク広島で同名公演を見た。その時初めて尾崎を見て、それが彼を生で見る最後の機会となった。しかし、本当にいい顔してる!いろいろな挫折や葛藤があった後で、ふっ切れた様子、そして歌うことによって皆に届けることを楽しんでいるのを感じると感無量。やっぱり天命を全うしたんだなあと思います。『生まれることに意味がある』とメッセージ届けて笑顔で逝ってしまったんだから…"Freeze Moon"の後半の展開がスゴい!
みはる

みはるの感想・評価

3.5
友達に誘われて曲とか数曲しか知らないのに行ったけどliveが熱すぎて超泣いちゃった。それからよく聴いてる。
m

mの感想・評価

5.0
尾崎ーー!!!!!

タイムスリップして、
生で観たかったです。
彼に会いたかったです。
愛して止まないです。

このレビューはネタバレを含みます

★尾崎豊

1965年11月29日生

1983年12月
シングル『 15の夜 』、アルバム『 十七歳の地図 』でデビュー

1992年4月25日没( 満26歳 )

「 卒業 」「 I LOVE YOU 」…カラオケで声が出ないのに歌ったねぇ

生きていたら今年で50歳!
どんな“ 尾崎豊 ”になっていただろうか…

2015/7/3 CS
尾崎豊は『17歳の地図』『回帰線』『壊れた扉から』の3枚だよね?ってドヤ顔で言う人に異議なしだった俺だった。

いつの頃からだろうか?自分がティーンエイジャーでなくなって相当経って、もちろんその頃には尾崎豊ももう居なくて…

なんとなく、なんとなく『誕生』のアルバムを引っ張り出してきて車に投げ込んで初めてじっくり聞いたんだ。ってか実は『誕生』に「街路樹」って曲が入ってると勘違いしたっちゅうのもあってね?バカだね?「街路樹」は『街路樹』ってアルバムに入ってるに決まってるっつーの!街路樹なんだから…

話逸れたけど、でね?この2枚組のアルバムは出た当時、購入当時にはほとんど聴かなかったんだね?日和った!とか、商業的になった!とか、闇深い時期が反映されすぎてる!それを売り物にしてる!とか、そんなん思ってたわけ。ヤングな俺は…なーにがハッピーバースデーだと!何がオイラの為にクッキーを焼いてくれだと!いやあ!遠くなった!尾崎が遠くなった!むしろ名前が同じジャンボ尾崎のが近しいじゃねーかと!元々そんなに近い存在でも無いのに勝手にそう思っててね?

30越えて…もっと越えてかな?聞く音楽も変わっていって…それなりに色々経験して…

ようするに大人になって…だな?

この『誕生』ってアルバムがマイフェイバリットになったんだ。ハッピーバースデーだよ!生まれてきた喜びに君が包まれるようにだよ!忘れないで毎日は君へのプレゼントだよ!ってね?見事なまでの手のひら返しね?

そして忘れらんない3・11ね?
関東だから被害の大きさは酷くなかったものの疲労感とね?恐怖感とね?なんだかやりきれぬ感じ、ダルダルな感じ…そんな日々にね?また車にぶっ込んでたこのアルバムを聴いたわけ。

「永遠の胸」

一人きりの寂しさの意味を…で始まるこの曲がもう何なんだこのドンピシャな感じは!って鳥肌もんだったんだよ。なんちゅうの?俺がこのタイミングで聴くことを分かってたかのような?なんかそのティーンの頃に出会って、いろいろな歩みを少しずつしながらくっついたり離れたりして今日、この日、この曲を聴く為にいままで来たのかな?なんてね…

っきしょー!ちょっとおセンチだなあ!おいっ!

伝えたい、僕が覚えた全てを。限りなく幸せを求めてきた全てを…ってかよっ!なるほどな?このタイミングで偶然ケーブルテレビで観たのってのもこりゃ何かあるな?
lpts

lptsの感想・評価

4.5
尾崎豊の「誕生」は、一番好きな曲。ライブを生で見てみたかった。
verdugo

verdugoの感想・評価

5.0
映画館に観に行こうと思っていたのに、あっという間に終わっていて地団駄を踏んでから早2年。やっと巡り会えた。このライヴでの『きっと忘れない』はやっぱり最高だね。生きる事。それは日々を告白してゆく事だろう。