ワイルド・スピード SKY MISSIONの作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(9館)

ワイルド・スピード SKY MISSION2015年製作の映画)

Furious 7

上映日:2015年04月17日

製作国:

上映時間:138分

ジャンル:

あらすじ

「ワイルド・スピード SKY MISSION」に投稿された感想・評価

na

naの感想・評価

4.7
ワイスピ〜〜!カーアクション迫力満点はもちろんのこと、家族愛も描かれてるのがまた良い。ほんといい映画
chomesone

chomesoneの感想・評価

4.0
 ローマンのヘタレ化に拍車がかかってた。我らが1327建て替えないと。ホブスがいいとこでファインプレー。
タニ

タニの感想・評価

4.0
2020年34本目。ワイルドスピード7作目。で、でたー!!ステイサムーー!冒頭からロック様がロック・ボトムするのはサービス精神満点。シリーズが続くということは予算も潤沢に。まー派手。もはやレースなど関係ない、思いつくカーアクション全部やったろっていう心意気、ここに極めり。もちろん格闘アクションや銃撃戦も本格化しててアクションど真ん中に来ましたねぇ。シリーズでちょいちょい入ってくるアメコミジョークは同時期にやっていたMCUを意識してたのかなー。ディーゼル vs スティサムと、ロック様復活シーンは笑いながら見ました。腕のギプス筋肉で外すのはオモシロでしかないだろ。ポール・ウォーカーの台詞が死亡フラグになってたけど、本当に死ぬ必要はないんや…。悲しすぎる。これリアルタイムで見てた人どういう気持ちやったん!?ラストは完全にホロリとさせられました。全部が詰まったシリーズ随一のおもしろさ。なんで追ってなかったんや…。(車に興味なかったから)
ワイスピの中で一番好きな作品!!

キャストも豪華でポールウォーカーの最後としても最高のオチです!!

カーアクションも誰もが好きと思える作品です!!
Noko7912

Noko7912の感想・評価

4.0
39/100 2020
ショウとのアクションの終わり方が、あれ?これで終わり?と感じてしまった。
今までなかった車が空を飛ぶシーンは、毎回ドキドキさせられました。
ありえないことが多い。
それが魅力だとしたら1.2を改めて見たら泣くぞ。
ポールウォーカーはもっと路上を走って欲しかった笑
DS

DSの感想・評価

5.0
最後のシーンは、忘れられない!
ワイスピは、カーアクションもあり家族愛もあってどの作品もいいけど、この作品は、ワイスピシリーズにとって大事な作品であったに違いない。
み

みの感想・評価

5.0
これは大大大大大傑作!!
ベストムービーに入れてるフォロワーさんが多いのも納得のいく作品!!!

最初から演出がかっけえ!
ワイルド・スピード、かっけえ映画観たいときはやっぱりこれだな!

音楽も映像も最高にかっこいい!

かっこいい映画はかっこいいとしか言えないよなあ!?

車は飛べない。飛べないよ(飛ぶんでしょ、知ってるよ

やべえよやべえよ。
これは大画面で観たかったな。
いままでとは迫力が違うように感じた。

TOKYO DRIFTでもそうだったけど、好きな曲かかるのはマジであがる。

ここまでワイルド・スピードを追ってきて本当によかった。

面白い映画はあっという間に時間が過ぎていきますなあ。

ワイルド・スピードはTOKYO DRIFTが1番好きだったのですが、越えてきましたねえ〜!

観てない人はぜひ最初から!
最初からもう面白いシリーズですがこれのために確実に観る価値ありです!

もうさいっこうでした!


119本目。
tetsu

tetsuの感想・評価

4.5
パルシネマのオールナイト上映にて鑑賞。

前作の戦いで瀕死の重症を負ったオーウェンの兄・デッカード・ショウ。
復讐心を抱く彼は、平穏な暮らしを始めたドミニクやブライアンたちを襲い、さらには、仲間の一人を殺害してしまう。
緊急事態に、ファミリーの面々は再び、立ち上がることに...。

文句なし、シリーズ最高傑作でした。
なんだか、頭は良くないけど、アツいところがあって、素直で憎めない学生時代の友人みたいな映画でしたね。笑

これまでは登場人物の悪行の数々がいちいち気になって仕方なかったですが、もう、そんなのどうでも良くなるほどに楽しいストーリー。
さらには、思わぬサプライズキャラや、過去作との繋がり、懐かしい場所なども登場するので、ファンとしてはうれしい限りでした。

また、物語展開も「敵を倒す」という目的に向けて、ゲームのように細かなミッションが与えられていく方式なので、全く退屈しないのが素晴らしいですね。

というか、ラストシーンは反則としか言いようがないでしょ。笑
娯楽作として、いつも通り(それ以上)の楽しさを味わせておいてからの、あのラスト...。
「映画の中なら、人は生き続ける。」
という、普遍の真理を見せつけられて、アクション映画の先にある人生を見ました。

続編では、彼がいなくなっていることが、本当に寂しいです...。
色んな事情や事実を知った上でついに今作に辿り着いた。

デッカードはしつこすぎるけど、なんかドムも楽しそうだから見てて楽しいやり合い。

スカイミッションの名の通り、飛びまくってたけど、最後は青空のどこかに消えていく家族を送り出す家族の姿が綺麗に描かれていた。

スープラとチャージャーが並ぶシーンは一作目と同じ。でもその光景が最後だと思うと…

胸熱。
>|