ハート・ボール/プリティ・フープの作品情報・感想・評価

「ハート・ボール/プリティ・フープ」に投稿された感想・評価

clementine

clementineの感想・評価

3.5
開けてみたら大物ぞろいでびっくり。
青春かと思ったら「おっさんの再起」でむしろほっこり。ゴシップガールの弟君まで!
棚からぼたもち的な映画だった〜
the

theの感想・評価

3.7
エマロバーツ目当てで見たらそんなの忘れるくらいおっさんの熱い演技が良かった
青春の力ってすごい ダメ人間復活劇

観終わって調べてたら娘さん役のシャナ・ダウデスウェル 2012年にアルコール中毒で死んじゃったんだね
クリステンリッターみたいで可愛いなあと思ってたけどまさかの
最近だとミストレスアメリカにちらっと出てたのね
惜しい人を亡くした…
期待せずに見たら思ったよりかなり面白かった。

ルーニー・マーラが可愛すぎ
序盤は真面目など根性、弱小チームののし上がり的な映画でよくある話だろうなと思ってたのですが
終盤はドタバタ劇です
コメディみたいになっちゃいましたね

結果、スポ魂ものと思いきや
ビルという酒好き、不器用なダメ親父が女子生徒に助けられ挫折から立ち直る話だったかな
それには何が大切か?
それは人との絆なんですよね
私はこの映画を観て人との絆の大切さを感じました
もちろんその中で白熱するバスケの試合のシーンもありますよ
それも絆を深めるためのひとつですから
そんなダメ親父、コーチが心を変えて
奮闘して絆を深め、そしてある意味成長した
あたたかいストーリーかな

上映時間が115分くらいあったのですが
なんかあっと言う間に終わった感じでした
テンポが非常にいいんですよね
だから2時間弱もあるのに
無駄なシーンがあったと感じず
観てて楽しい映画でした
どちらかというと緩くて楽に観れる映画だと思います

まあこの映画はサム・ロックウェル
ありきな映画だったかなと思います
彼のお馬鹿なダンスシーンは見物です
あとエンドロールも楽しいですよ
見ていてバスケがしたくなった。ルーニーめっちゃ可愛い。
Netflixで。

青春部活ものじゃなくて挫折したおっさんの再起の話だったのね。

バスケシーンがしょぼい。
バスケの形になってるのメキシコ人のキャシーくらいだった気が。

ルーニー・マーラは変わらないね。
ひとみ

ひとみの感想・評価

3.8
学園モノかと思いきや、ダメおじさんの奮戦記的な感じでした。それが良かったです。エマロバーツはこの辺りが可愛いですね。
ひろ

ひろの感想・評価

3.8
エマロバ 見たさにの作品

エマはずっとJKでいてほしい笑
口が達者で元気で思春期がよく似合う

コアなファンの多いサムロックェル 不器用だけどいいコーチいいお父さんだった ダンスは必須なのか

驚いたのはルーニーマーラー
あの若さから 小悪魔だったのね
男性はイチコロだろうなぁ

ゴシガルのセリーナの弟 マイケル君も出てました

悪い人が1人も出てこない 元気になれる映画 笑いも充分あり

見て良かった
久々に観たら自分が思っているより格段に良かった。ダメ男がダメバスケチームのコーチになり、チームと自分を立て直していくというこっちの予想を1mmも裏切らない物語だが、サムロックウェルのやる気のない感じがまず素晴らしい。得意のダンスシーンもちょっとあります。若きルーニーマーラエマロバーツもキュート。
過去、男子バスケ部の花形選手として活躍していたビル(サム・ロックウェル)だったが今はレストランで皿洗いの冴えない日々。

かつての栄光と比べると天と地の差の現状に生きる意欲すら欠けていた。

そんな時かつての同級生で地元高校の校長を務めるテリー(ロブ・コードリー)から彼の高校の女子バスケチームのコーチを頼まれる事に。

躊躇するビルの前に、やる気のない女子生徒たちを見て唖然とする。

しかも人数は6人しかいない上、思春期の女生徒達にどう接していいか分からないビルだったが。。。

エマ・ロバーツ出てるしスポーツものだからと楽しみに観ましたがほぼコーチメインのストーリー展開で肝心のバスケの試合などラストに少しあるのみで殆ど皆無だった。

ありきたりなスポ根ムービーでないという点は良かったものの終始まったりムード。

ありきたりな展開になってしまうのかもしれないけれど、どこか物足りない感じが否めないし、もう少しバスケとしてのインパクトが欲しかったかな。