• Filmarksトップ
  • エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方の感想・レビュー

エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方(2015年製作の映画)

Trainwreck

上映日:2017年03月04日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:125分
    監督
    ジャド・アパトー
    キャスト
    ダニエル・ラドクリフ
    ティルダ・スウィントン
    ブリー・ラーソン
    マリサ・トメイ
    エイミー・シューマー
    エズラ・ミラー
    ケイティ・ミクソン
    ビル・ヘイダー
    バーカッド・アブディ
    ジョン・シナ
    レブロン・ジェームズ
    ウータン・クラン
    あらすじ
    幼い頃に離婚した父親から、「一夫一婦なんて悪だ!」と教えられたエイミー(エイミー・シ ューマー)。その影響で恋愛はせず男性とは一夜限りの関係と割り切り自由奔放に生きていた。そ んな生活にマンネリ感を持ち始めた頃、仕事でスポーツ外科医のアーロン(ビル・ヘイダー)の記事 を執筆することになり彼を取材する。アーロンとの出会いをきっかけに、エイミーは自身の恋愛感や 人生を見つめ直し生きていこうと決心するが、今までの自分が邪魔をしてアーロンとの関係にも亀 裂が・・・。今さら自分を変えることも出来ず諦めかけたエイミーだったが、ある行動に出る。

    「エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方」に投稿された感想・レビュー

    akaneogiogi
    akaneogiogiの感想・レビュー
    1日
    3.0
    【記録】
    劇中の映画が気になります
    最高の冬
    最高の冬の感想・レビュー
    1日
    2.5

    2時間は長すぎる。バスケのシーンが一番楽しかった。
    Sachiko
    Sachikoの感想・レビュー
    1日
    3.5
    「タラレバ」的に激しく共感して涙しちゃう系かな…と思ってたら!ムダに豪華なキャスト!!(褒めてる

    ティルダ・スウィントンはベリーショートにして欲しかったけどカッコよかったから良し、ブリー・ラーソンは相変わらず可愛いし、エイミー・シュマーのこじらせ具合はハンパじゃなかった。

    そして女子として共感云々より、もはや2時間NBAファンとしてテンション上がりっぱなしでした!!
    レブロンが何よりめっちゃ良い演技してるし、レブロンでテンション上がってたらスタッダマイヤー…何この私得!!
    と、全く違うところで楽しんでしまいました。
    NBAポイントが入ってるので映画としてどうだったかはもう良く分かりませんが(笑)、楽しかったので全て良しとしますヽ(*^ω^*)ノ
    ぎぎぎ
    ぎぎぎの感想・レビュー
    2日
    3.5
    画面内にレブロンでが映るだけで爆笑してたらアマレーー!!(笑)
    エズラミラーのベッドシーンもクソワロタ。尺が80分だったら良かった。
    Tina
    Tinaの感想・レビュー
    2日
    2.5
    こじらせ感は半端なかったな。
    SATCの過激版というところでしょうか。
    kameko
    kamekoの感想・レビュー
    2日
    4.8
    最高!大好き!大好物でした、やっぱり!
    ブライズメイズも大好きですけど、映画館で爆笑するってなかなかないよねー。
    レブロンが出てたのにびっくりしたけど、試合やってる時の方が表情豊かで思慮深いから、別人かと思ったくらい表情がなかった。演技って難しいものだと改めて思った。
    ティルダ・スウィントンやっぱいいな。素敵だな。カッコイイな。
    Keigo
    Keigoの感想・レビュー
    3日
    3.0
    期待して見なかったけどその分よく見えた。
    XXX
    XXXの感想・レビュー
    3日
    3.6

    このレビューはネタバレを含みます

    今すごい需要あると思う、ビル・ヘイダー演じる主人公の相手役みたいな人って、まじでリアルガチで。
    荒れ狂う主人公に寄り添ってくれる精神的に安定した(心が広いというか)男性、決して見た目がハンサムである必要はないけど、相手の話をきちんと聞く理解力と根気があって、でもマンスプレイニングするようなキモいマッチョ精神はないような。

    同じく女性主人公の下ネタありのコメディ映画・ブライズメイズに出てきたクリス・オダウドも同じ系統だと思う。

    この映画のエイミー・シューマーほどではないけど、私もついつい毒舌になってしまうことがあるし、ヌルいこと言って愛想笑いしてるくらいなら爆弾発言しちゃえ、って気持ちもわかるから、妹の家のパーティでのエイミーの行動は共感してしまった。

    ジャド・アパトー監督作にしては今までと趣が違うと思ったら脚本がエイミー自身によるものだったので納得。
    k
    kの感想・レビュー
    4日
    2.5
    ブリー・ラーソンが出演している為、鑑賞。

    ブリーは主役のこじらせて結婚できない女の妹役キムを演じていました。

    海外で公開時は、ブリーの演技が高く評価されていましたが、日本での公開はかなり遅くなり今更の公開です。
    DVDはリリースされるのかも不安です。

    前評判通りにブリー演技は素晴らしかったですし、ラストも感動できる内容でした。

    しかし、主人公が恋する相手がスポーツドクターで、誰を看てるのかって話の時に、
    A・ロッドって言うと周りがブーイング。
    カーショーって言うとあいつは素晴らしい!と大絶賛。
    館内でも笑いが起きていましたが、この映画の客層がMLBのこのネタを把握してるとは思えませんでした。
    それだけが、残念でした。
    柏エシディシ
    柏エシディシの感想・レビュー
    4日
    3.0
    アメリカンコメディ界の裏番。ジャド・アパトーの新作。そりゃ、観るでしょ!

    ゲスの極み色男が、はじめて心より愛する女性に出会い、自らの行いを悔い改める。というプロットは名作「アルフィー」をはじめ古今東西ありふれておりますが、
    ゲスな女性を主人公にしたコメディとなると目新しいのではないでしょうか。

    しかも、冒頭より下ネタ全開!かなりキワドイです。
    フェミニズム的観点から顰蹙を買いそうですが、主人公エイミーを嬉々として演じてるエイミー・シューマー自身の脚本というから恐れ入ります。
    しかしそもそも、男性の立場から「女性に敬意を」とおっかなびっくり、この手のジョークを当たり障りの無いように扱うことこそ、女性蔑視の現れなのかもしれません。
    いろいろと問題のあるコですが、率直で、自身の欲求に正直に生きるエイミーの行動や発言は時として、そんな我々の欺瞞を突いてきて、耳やら胸の内が痛くなりますw

    まぁ、そんなムツカシイ事は傍に置いておいて、不謹慎極まりないジョークにゲラゲラ笑うのがこの映画を楽しむ作法ではありますが。

    エイミー・シューマーは勿論素敵です。ちょいポチャ、決して美女とは言い難いルックスですが、其処がかえってリアル。そして、道徳的にも問題ありの彼女が愛おしくなってくる不思議。今のアメリカのコメディアンヌ達の層の厚さはスゴイですね。今後も追いかけたい才能の一人です。

    相手役のビル・ヘイダーや、ティルダ・スウィントンの怪演も見所。
    ブリー・ラーソンはこういう軽めの演技の時も良いんですよね〜。
    そして、白眉はジョン・シナとレヴロン・ジェームズ!!最高!!!
    特に本人役のレヴロンのコメディリリーフぶりは嬉しい驚きです。演技はジョーダンより上じゃない!?

    その他、やたらと豪華なカメオ出演陣。劇中映画のアレはなんなんwアホ過ぎるw

    「40歳の童貞男」もそうでしたが、不謹慎ギリギリの笑いでガンガン攻めながら、気付いたら、なんだか大切な事を教えられた様な気になってしまう。
    なかなか、あちらのヒット作が日本のスクリーンで掛からなくなって寂しい昨今。
    もっと観たいよー。
    >|