エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方の作品情報・感想・評価

エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方2015年製作の映画)

Trainwreck

上映日:2017年03月04日

製作国:

上映時間:125分

3.4

あらすじ

幼い頃に離婚した父親から、「一夫一婦なんて悪だ!」と教えられたエイミー(エイミー・シ ューマー)。その影響で恋愛はせず男性とは一夜限りの関係と割り切り自由奔放に生きていた。そ んな生活にマンネリ感を持ち始めた頃、仕事でスポーツ外科医のアーロン(ビル・ヘイダー)の記事 を執筆することになり彼を取材する。アーロンとの出会いをきっかけに、エイミーは自身の恋愛感や 人生を見つめ直し生きてい…

幼い頃に離婚した父親から、「一夫一婦なんて悪だ!」と教えられたエイミー(エイミー・シ ューマー)。その影響で恋愛はせず男性とは一夜限りの関係と割り切り自由奔放に生きていた。そ んな生活にマンネリ感を持ち始めた頃、仕事でスポーツ外科医のアーロン(ビル・ヘイダー)の記事 を執筆することになり彼を取材する。アーロンとの出会いをきっかけに、エイミーは自身の恋愛感や 人生を見つめ直し生きていこうと決心するが、今までの自分が邪魔をしてアーロンとの関係にも亀 裂が・・・。今さら自分を変えることも出来ず諦めかけたエイミーだったが、ある行動に出る。

「エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方」に投稿された感想・評価

ぞっふ

ぞっふの感想・評価

3.9
人気コメディアンのエイミーシューマー脚本主演、監督ジャドアパトー
ティルダスウィントンにブリーラーソンとアカデミー女優が出てて無駄に豪華
女版ノックトアップにエイミーシューマーのネタをたっぷり詰め込んだ感じなんだけどうまくまとまってて中々良かった
エイミーシューマーのネタはかなり下品なので家族で見るのはオススメ出来ない(笑)

2018年19本目
M

Mの感想・評価

3.5
こじらせ過ぎのエイミー
何でそこまで言っちゃうの、やっちゃうの、って感じだったけど、最終的に頑張れーって応援してました😂

かるーい気持ちで鑑賞し始めましたが、最後には楽しみながら観てました(*´-`)
切身

切身の感想・評価

3.6
SATCの短いバージョンだった。
こじらせ度はハンパない。
私が男だったらとにかくめんどくさい女だと思ってしまうやつ。だが、女友達としては憎めない良い奴。
軽いノリで観ましょう。
いなば

いなばの感想・評価

3.3
ダニエルラドクリフが大量の犬を散歩させてる写真ってプライベートなんだと思ってた笑
エズラミラー目当てで見たけどあんま面白くなかったです
tamana

tamanaの感想・評価

3.8
深い。
エイミー不器用で愛しい。

エズラくんめっちゃ可愛いやんと思ってたらド変態だしええって感じで…(笑)
その年にしか見えないじゃん…

ダニエル・ラドクリフの無駄遣い笑う
メインキャラクターがブサイクすぎたけど話自体は面白かった❗️
一応だから最後に感動するタイプのラブコメ
にしてもラブシーンが全部美しくなさすぎて目に毒でした(´・ω∩`*)
ハートフル(?)下ネタコメディ。
主人公はブスでポッチャリで三十路でヤリマンで口が悪い。これが主演・脚本のエイミー・シューマーの持ち味らしい。
主人公含め出てくる奴らの大半は不細工で性格が悪くてキモイ。
とにかく不快なものを次々とぶつけてくる。ほとんど笑えない。いいとこ探しなんてする気も起きない。でもきっとわかる人にとっては爆笑映画なのだろう。
俺は下ネタもコメディも大好物なのだが、正直言って本作は全く乗れなかったわ。
ハチャメチャなぽっちゃり独身女が面白い


ブリジット・ジョーンズの日記みたい

この人はアメリカだと美人に該当するのか気になる

Amazon
マエダ

マエダの感想・評価

3.3
アメリカでは大人気のコメディアン、エイミー・シューマー主演作。うーん、ちょっとテンポが悪くて、クドいシーンも多くて長く感じた。これってコメディー撮ってる監督よりも、ドラマ重視の映画撮っている人の方が、オカシなハートフルドラマに仕上がってよかったのかも。下ネタも下品だけど笑える内容は少なかったかな。エイミー・シューマーありきなネタが多かったのかなとも感じた。日本人は彼女をあまり知らないので、ちょっとシンドイ笑いネタが多かったのかも。キャストはとても豪華。ちょろっとしたところで意外な人が出てくる。妹役のブリー・ラーソンが可愛い。驚いたのが、プロレスラーのジョン・シナが出ていたこと! しかもとても良いキャラで笑えた。コメディー演技がイケてる。こういうコメディーができるならもっと映画界で活躍できるかも?! ロックはアクション映画バリバリだけど、ジョン・シナにはコメディーで期待。

このレビューはネタバレを含みます

エイミーは自由奔放すぎる女性で、前半はドラッグ、セックスと自由すぎる彼女にイライラしっぱなしでした。
とある雑誌社で働く彼女は仕事でスポーツ専門の外科医のアーロンと出会い、彼の仕事を取材しているうちに二人は良い関係になります。
妹夫妻との関係、入院中の父親との突然の別れ、仕事、見所は沢山ありますが、イライラはいつの間にか涙に変わりました。
エイミーの行動にムカついていたはずなのに、エイミーの心の変化を見て、途中からはなぜか何度も泣けるし、彼女は本当は素直で優しい女性と気付きました。
ラストのアーロンへのサプライズダンスは笑えたし、彼女の頑張りに泣かされました。
イライラさせといて泣かす映画は反則ですね。
これまたエイミーが美人ではないところがいい!普通でポッチャリ体系。
よかったです。

ダニエル・ラドクリフには気付けなかったので、再度確認してニヤリしました。
>|