ミックス。の作品情報・感想・評価・動画配信

ミックス。2017年製作の映画)

上映日:2017年10月21日

製作国:

上映時間:119分

3.5

あらすじ

「ミックス。」に投稿された感想・評価

よっぴ

よっぴの感想・評価

3.9
友達に勧められて鑑賞。
久々にこんなにみ終わった後気持ちがいい邦画を観た!!
とても元気が出た!!!

ガッキーはもちろん可愛い、瑛太もかっこいい、そしてライバルの2人も気持ちいいぐらい性格が悪くて、観てるこっちまでこてんぱんにやっつけてやりてぇー!と闘争心を燃やしちゃう!!

ここは負ける、ここは勝つ、勝てなかったが必ずハッピーな展開が待ってる、というコメディぐらいわかりやすい描写が、この映画に関しては上手く働いておりとても気持ちいいものになっていた。
この映画は絶対、最後はハッピーエンドじゃなきゃダメだから、終わり方も本当に気持ちよかった!!

そして、大人の青春って感じが、とてもキュンキュンした!!!
あー、良かったなぁ。。
元気を出したい時に観たい映画!
cobmcobm

cobmcobmの感想・評価

3.4
卓球は年齢なく大人から子供まで楽しめる競技。
コメディ調で楽しかったしあの2人の感じがすごくよかった。
ただ、恋仲にする必要はなかったんじゃないかと思う。
ペアのパートナーとして貫いた方がなんとなく好感が持てた気がするし、
瀬戸くんがクズすぎて恋愛面がいろいろ雑なのはコメディだからいいのかな。笑
さと

さとの感想・評価

5.0
笑えるだけと思ってたら、瑛太がどちゃくそかっこよくて悶える。心の準備必要。個人的に蒼井優ちゃんのチャイニーズたまらなく萌えたぁあああ。泣けるし笑えるしハッピーハッピー映画です。わっしょい!
やま

やまの感想・評価

3.5
最初の試合に行くまでの流れが凄く良い。
あっという間にここまでいくけれど何の違和感もない。


今作の特徴はキャストが豪華すぎること。自分の好きな人ばかりなのも特徴。このキャスト全員と会うのが目標の一つになった。
瑛太さんは見たことあるけどめちゃくちゃカッコ良かった記憶がある。


ガッキーが最高であるのは言うまでもないと思うが、ガッキーが最高でなければ今作品は酷い出来だったと思う。後半のグダグダはガッキーでなければ耐えられません。観てられず飛ばしたくなる箇所が何度も出てきます。


ドラマの方が向いてる監督だと思う。
ガッキーはやっぱ良い。
他の女性陣も良い。良い。
ナオヤ

ナオヤの感想・評価

3.4

スポ根xラブコメ🎬

今作はベタなスポ根&恋愛コメディ映画ですが、笑いあり涙ありの最終的に登場人物全員が笑顔になる作品です。そして豪華出演陣です✨女性陣は広末涼子、蒼井優、永野芽郁、田中美佐子、真木よう子など誰もがクセのある三枚目的な描かれ方で「落とされ」、ガッキーの引き立て役なっています。男性陣も吉田鋼太郎、遠藤憲一、小日向文世、生瀬勝久など、ザ・バイプレイヤーが揃っていました。特に印象的だったのが蒼井優の演じるテンプレ的中国人です🇨🇳ガッキーの「アイドル顔」以外の様々な表情が楽しめるという面では"リーガル・ハイ"に近いと思います。多満子の成長と恋が成就するラストシーンは涙します。母親の行き過ぎた英才教育により、すっかり卓球のことが嫌になった多満子。その反動で、卓球とは関わりのない普通の人生を探すものの、不器用な多満子は、何をやっても中途半端で回りから浮いてしまいます。中学生で「卓球」から離れ、自分の生き方が定まらなかった多満子にとって、人生を教えてくれたのは「卓球」でした。全日本神奈川予選の決勝でマッチポイントにさしかかり、多満子は初めて自分の人生がどうあるべきなのか気づきました。多満子のモノローグで「私が輝くのは、周りを照らすため、みんなを輝かせるため、そうでしょう?」と、自分の心の中の母親に語りかけました。ここが自分自身のあるべき姿がようやく分かった瞬間でした。そして、自分らしくあるためにも、萩原と一緒にいることが必要なんだ!とわかった瞬間、彼女の10年以上にわたる苦悩は終わりを告げました。本当に大事なものは、案外目の前に落ちているのかもしれません。多満子の場合、それは紛れもなく「卓球」が教えてくれました。
Omegu

Omeguの感想・評価

-
なかなか笑った。最後の展開、どうしようもできない時って、どんな世界でもある。すっきり!
Mamidooon

Mamidooonの感想・評価

3.5
面白かったー!テンポ良い。
多満子はサバサバしてた。超不器用だけど一生懸命。(和明を紹介するところとか爆笑)
ハギは男気、優しさがあった。(幸せになれよ、からのポンポン)
弥生さんのかっこよさ!(特に赤髪、最後の奥様会)
それぞれいいキャラなんだけど、1番は蒼井優の楊さんが最高だった!!
「チョレーイ!」「玄関にラー油まいとけ!」本当いいキャラでした!!
本当の卓球選手も出てたし、1番強いペアーのタケとナナミかわいかったし、まさかの巡査部長、巡査長のくだりはウケた。よーくみたらアンちゃんだったのにはビックリ。
永野芽郁ちゃんはメイク濃いと全然違う。
しいて言うなら、ハギの家族は「え?ちょっと、ちょっと、結局?」って気持ちの切り替えが...っていうのと、卓球は長いブランクからのあの戦いぶり...っていうのと、お父さんよく段ボールの中身わかったなとかあったけど映画なので。
それぞれいろんな気持ちを持ちながらも全力で戦う姿がカッコよかった!心の中で「いけいけー!!」って応援できた。
色んな感情が次から次へとどんどん出てくる、スッキリできた映画でした。
俳優陣が豪華!気軽に見れる内容で、見終わったらスッキリした気持ちになりました!

蒼井優の存在感はすごいなぁ。
ガッキーはやっぱりかわいいなぁ。
起承転結のはっきりした分かりやすいスポ根恋愛もの。
クライマックス前、愛と青春の旅立ちのラストシーンみたいな場面が笑
卓球も凄い迫力。
主演も脇を固める人も流石。特に敵の永野芽郁、最初分からなかったけど、悪役を立派に熱演。
本物の日本代表卓球選手も出てて豪華。
青春再生スポ根。
シリアスな映画の合間に気楽に楽しめるコメディ。
何気に出演者豪華。
>|