それいけ!アンパンマン 勇気の花がひらくときの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

「それいけ!アンパンマン 勇気の花がひらくとき」に投稿された感想・評価

aki

akiの感想・評価

3.1
最後のロケットアンパンチがかっこよかった!!!

アンパンマンはキララ姫のことを、他の人とは違う特別な対象だったってこと?
アンパンマンにもそんな感情があるの?
“僕は君のことが本当に…”
のあとの台詞がすごく気になる!
U-NEXTの無料おためし期間ということでサラッと見直しました。

心に強く残っていた作品のひとつだったのですが、なんと、これがすっごく面白い。しかも、55分という短い時間にお話がぎゅっと詰まっているので、気軽に楽しく見ることができる作品だなと思いました。子供向けだからって侮れないよ!


普段では見られないアンパンマンを見ることができるというところがこの作品の見所だと思います。

一つ目は、アンパンマンが頬を赤らめるということ。
これが果たして恋なのか何なのかは微妙なのですが、キララ姫に他の登場人物とは違うほのかな想いを抱いていたことは間違いないでしょう。幼い頃にこの作品を見ていたときは特に何とも思わなかったのに、今見ると恋愛要素アリの物語だったんですね。
二つ目は、勇気3倍アンパンマンを見ることができるということ。
これは幼い頃の私も今の私も最高に惹き付けられるシーンでした。主人公がピンチに陥ったり死にかけたりするお話が昔から大好きな子どもだったので(ヒドイw)、これを見ていて面白かったです。そうそう、あのアンパンマンにも死の匂いが漂うという完全に私好みの展開でした。顔を変えたときの「勇気3倍アンパンマン~」というアンパンマンの台詞とジャムおじさんたちの表情には笑いました(笑)
三つ目は、完全悪役なばいきんまんを見ることができるということ。
悪役なくしてヒーローなしです。この映画のばいきんまんは、人を騙し、容赦なく街を破壊し、住人たちを鉄球に変え、パン工場までも潰して火の海に、最後には人質を取り、その人質までもを火の海に投げ落とすという、極悪っぷり。キャラクターが完全に「悪」を貫くところは本当にいいですね~。

アンパンマンが復活をしてからのばいきんまんを倒すところまでの流れがとにかく最高です。「ロケットアンパンチ」のかっこよさは異常。 (なんで顔が焦げちゃわないのかというツッコミは置いといて。) あの迫力を生み出せる作画班すごい…と思わざる得ません。バックミュージックの歌「勇気の花がひらくとき」とも絶妙にマッチしているのでぜひ見てほしいです。
キララ姫との会話は今見るとドキドキでした。恋をしたことがなくても恋を知ることができますね。
「私のこと好き?」
「好きだよ。うん、とっても」
その後でアンパンマンが「ぼくはみんな大好きだよ」って付け足してましたが、キララ姫には痛い一言だったでしょうね~。でも、アンパンマンの言葉は真実だったと思います。炎の中のアンパンマンがキララ姫に言った「ぼくは君のことが本当に…」の言葉の続きは気になりました。純粋に好きだとか大切だと伝えたかったんだろうな、と予想。

昔からの推しキャラはロールパンナちゃんなのですが、この映画でも十分かっこよかったです!


"勇気"とは何かを教えてくれる感動ストーリーなので、子供も大人もぜひ一度は見てほしいアンパンマンの映画です。
話全体よくわかんかいが、ヒロインはアンパンマン映画の中での典型的なワガママさん。
私はこの劇中歌が大好きです
わたしのことだけが好きなのよね?って聞かれて、
「ぼくはみんなだいすきだよ」って答えるアンパンマンは残酷...
なりこ

なりこの感想・評価

3.5
アンパンマンが恋をする珍しい話。愛だね愛…。バイキンマンが悪役やってていい感じ…
oguma

ogumaの感想・評価

4.0
なんのためにうまれて、なにをしてよろこぶ
1時間もないのでとても見やすい
小さい頃に何度も見たけど、改めてみるとおもしろい
Exist

Existの感想・評価

4.2
特定の誰かに好意を寄せることのないはずのアンパンマンが、キララ姫を見て頬を赤らめたり、最後に花をプレゼントしていたりしてアンパンマンも恋をするのか?と思った。アンパンマンめちゃくちゃ男前だし可愛い。
YOH

YOHの感想・評価

3.5
アンパンマンに大好きだよと言われてトキメくヒロイン、しかしそれは「みんな」大好きという意味だった…

アンパンマンが天然タラシであるがゆえに悲劇が起こる!なんだこの映画!
まめ

まめの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

公開年的にリアルタイムで見ていたか見てなかったかギリギリ。

大きくなってからみる元気3倍(100倍ではない)の
アンパンマンは少し笑える。

勇気の花の瓶を壊したのはキララ姫なのに、
バイキンマンが勇気の花を取りに行くメロンパンナをみて
「計算通り」なのはなんでかちょっと気になった。

自分だけが特別じゃないと知ってショックを受けるキララ姫とか
その憎さ余って勇気の花の瓶を割っちゃうキララ姫の
ひねくれさが共感出来て好き。
青二歳

青二歳の感想・評価

3.3
【追悼:肝付兼太さん】ドキンちゃんいるところホラーマンあり。それはもう重々承知しているけれど…よく宇宙空間まで迎えに行けるな!その恐るべき才能は他に使って欲しいものです…
【劇場版11作目】アンパンマン“ローマの休日”。お姫様と新聞記者ならぬアンパンマンにまさかの恋愛フラグ。ドキンちゃんとお姫様が入れ替わるから“王子と乞食”かと思いきや“ローマの休日”…まさかのラブロマンス…ついていけない…だってアンパンマンがゲストキャラに赤面するなんて…
あの「私のこと好き…?」に対し「好きだよ、うんとっても」て焦る。一応アンパンマンはその後「僕はみんなが大好きだよ」と言いますし…通常運転のアガペー全開なんですけども…エロスとアガペーの相容れない哀しみのロマンスでした…キララ姫…これは報われないわ、つらいわ。
アンパンマンの最後の赤面はいつもの「人前に出るのが苦手」キャラのためかも知れないし…あぁ報われない。

バイキンマンの口八丁手八丁は相変わらず素晴らしい。今作は劇場版にしてもやや残忍さが目立つかな。ジャイアンスネ夫と違って劇場版だと悪レベルがグレードアップするバイキンマン。今作はかなりのパラノイアっぷりで街をガンガン火の海にしちゃう。ノリノリの強制変身は準レギュラーまでやたら鉄球にしてくれて楽しい。
お姫様の嫉妬で“勇気の花”エキスを失ったアンパンマンは「勇気3倍!」にしかなれない上に、劇場版20作“妖精リンリン”よりかなり情けない有様に。バイキンマンに「敵ながら情けない」と言われる始末。
アンパンマンが死ぬ話はこの生死不明も含めると今の所3つか…なんともうすら寒い…毎回新しい顔の都度都度で死と復活を経験しているアンパンマンなので、決定的な死を匂わされると恐くなります。

オープニングはミミ先生のコールはなくバイキンマンをとっちめるアンパンマンのロケット噴射から始まる異色作。この時バイキンマン&ドキンちゃんが宇宙へ吹っ飛ばされたことから話が転がる。これは珍しいオープニング。
キャラクターがやにむに多いアンパンマンだけど山寺宏一さんが兼任し過ぎでもはや笑える。いやそもそもチーズとカバオくんと釜飯どんが同じって大人になって初めて知りましたよ…ゲストキャラの雛形あきこはちょっと微妙でした。

珍しく宇宙空間にパトロールしているアンパンマン…いつものガラスケースは要らないのか…
そして鉄の星の人たち…騙されたとはいえバイキンメカを製造するほどのスキルを持ちながらなぜアナログ…あれで宇宙空間漕いできたのか…まぁ本編がツッコミどころ満載なので細かいところはいいか。