ロブスターの作品情報・感想・評価

ロブスター2015年製作の映画)

The Lobster

上映日:2016年03月05日

製作国:

上映時間:118分

3.5

あらすじ

独身者は、身柄を確保されホテルに送られる。そこで45日以内にパートナーを見つけなければ、自ら選んだ動物に変えられ、森に放たれる、そんな近未来。独り身になったデヴィッド(コリン・ファレル)もホテルに送られ、パートナーを探すことになる。しかしそこには狂気の日常が潜んでいた。しばらくするとデヴィッドは“独り者たち”が暮らす森へと逃げ出す。そこで彼は恋に落ちるが、それは“独り者たち”のルールに反すること…

独身者は、身柄を確保されホテルに送られる。そこで45日以内にパートナーを見つけなければ、自ら選んだ動物に変えられ、森に放たれる、そんな近未来。独り身になったデヴィッド(コリン・ファレル)もホテルに送られ、パートナーを探すことになる。しかしそこには狂気の日常が潜んでいた。しばらくするとデヴィッドは“独り者たち”が暮らす森へと逃げ出す。そこで彼は恋に落ちるが、それは“独り者たち”のルールに反することだった―。

「ロブスター」に投稿された感想・評価

Guy

Guyの感想・評価

4.1
宗教的なドラッグドリームの様な映画
どのシーンが特にヤバかったかあげようとするも余りに危ないシーンが多い為あげきれず。 鳥肌立ちまくり
籠の中の乙女もそうだけど常人じゃ絶対に思い付かないような偽りの世界
不条理すぎるルールのもと1人の男の精神が完全に崩壊するのを描いた作品なのかと思ったら主人公もやっぱり病的だった笑
レアセドゥの配役も完璧
画期的な画角や色感とかもあるわけではないけれど世界観が素晴らしくマッチしたシュールな映像美は圧巻
見るものもじわじわ変にさせて行くのが上手すぎる
大好きな監督の1人にならざるを得ない作品。たまらなくツボだった。
不条理なことだらけだけど、よく考えてみたらこの世界も似たようなことだらけだね。何か笑えなくなった。コリン・ファレルの小太りなのが少し笑えた。
yume

yumeの感想・評価

3.7
わたしだったら何になりたいかな。
とりあえずロブスターにはなりたくないと思った。
森の中で、1人で踊るダンスシーン好き。
あと、お兄ちゃん可哀想。
モブ

モブの感想・評価

3.6
互いの共通点を見つけパートナーとなる世界。
主人公はそんな世界(ホテル)から逃げ出してレジスタンスの一員になったけど、
結局その世界のルールに一番囚われていたのは主人公自身だった気がします。
最後の主人公の行動こそが、その極み。

真実の愛とは何か。自分に対しても問いかけられているかのような映画でした。

主人公は結局戻ってこなかったんだろうな。
chiXsa

chiXsaの感想・評価

4.0
“籠の中の乙女”よりも一層生々しくてシュールな気がするのに、人の表情の乏しさもあって逆に妙にリアルに感じた。サイレントディスコみたいなダンスシーンが印象的。ストーリーの想像のつかなさも面白かったし、最後あんなとこで終わるとは。
nnewao

nnewaoの感想・評価

2.2
恋愛は強制できるものでも禁止できるものでも、ない。

これコメディ⁈
can

canの感想・評価

3.3
結婚にこぎつけるため、愛=共通点に執着する姿は滑稽だけど、結婚だけでなく人間関係を築く上で自分にも少なからず当てはまる所があるんじゃないかと気付いた瞬間笑えなくなるでしょう。

それと、人間、強要されると拒否反応が出るが、禁止と言われるとそれをしたくなる生き物なんだろうという事がよく分かります。
(日本の少子化事情もこの心理に関連があったりして)

果たして無理矢理にでも共通点を結び付ける事、相手に合わせる事が真実の愛と呼べるのか?

シュールだけど最後までじっくり堪能しました。

あと籠の中の乙女でもある意味衝撃だったが、全くエロくないエロシーンも健在だし、余韻の残し方もこの監督らしかった。

このレビューはネタバレを含みます

『ロブスター』見ました。

監督にそういうお考えは
全くないと思いまうが、

世界設定や映像の構図などに
アキ・カウリスマキ監督や
北欧の福祉の手厚さやへの
揶揄?批判?のように見える描写があり、
抵抗感のようなもので、
作品にうまく入り込めませんでした。

私が気がつかないだけで、
そういうものにも闇があり
警鐘が必要なのかも?とも
考えてみたりもしましたが、

やっぱり今の私から見た
アキ・カウリスマキ監督や
北欧の福利厚生には憧れしかないから。

コリン・ファレル
レア・セドゥ
ベン・ウィショー
レイチェル・ワイズ

キャスティングだけで、
ヨルゴス・ランティモス監督が
どれだけ映画の世界で愛されているのか
イヤというほど伝わるけれど、

私もきちんと覚えてないのですが
建物やインテリアに
こういう世界観があっても良いと思うけれど、

とくにホテルのシーンで有色人種の方も
欧米の顔立ちの俳優さんが多くかった印象があり、
もっと無国籍というか、
あきらかにアフリカ圏・アジア圏など
いろんな人種があったほうが
特定の人や地域も想像しないし、
架空の世界っぽくなった気がします。

見終わってから思い返すと、
森のシーンなどゴダールへのリスペクトかな、とか
できるだけ前向きに受止めたいけれど
どこかモヤモヤが残ってしまいまう。

遅かれ早かれ『華麗なる鹿殺し』は
見ちゃうと思うけど。

あれほど可愛い犬をなぜ死なせる?という
共通項はあるけれど、
目をテーマにした作品でも
全然『イマジン』と違うよ~。
りりん

りりんの感想・評価

2.8
配偶者を見つけられない人は動物に変えられてしまう不条理な世界を描いた、カルト的コメディ?
独特な雰囲気とアイデアで、前半は薄笑い浮かべながら観たけど、
後半は悪い夢を見たような後味の悪さ。痛そうなシーンが地味だけど苦手…。
キャストは豪華で、特に女優さん達が上手くて魅力的。
独身は罪になり 期間内にパートナーを見つけないと動物にされてしまうというまか摩訶不思議な設定。あらすじを多少なりとも把握していないと意味がわからない作品でしょう。
コリン・ファレル レイチェル・ワイズ レア・セドゥ ジョン・Cライリーと出演者も豪華でこれだけでも見る価値あり。
相変わらずレイチェル・ワイズの笑顔は魅力的でした。
これぞミニシアターシネマ。
>|