ウルフマンの作品情報・感想・評価

「ウルフマン」に投稿された感想・評価

DABAX

DABAXの感想・評価

2.0
ベニチオデルトロとエミリーブランドの2人なのにこうも違うかと、笑ってしまった。
あおい

あおいの感想・評価

3.5
衝動のまま、欲するまま、月夜に吼えろ…

ユニバーサルのゴシックホラー「狼男」のリメイク版。主演はベニチオ・デルトロ。

◎ストーリー
19世紀末のロンドン。舞台俳優ローレンス・タルボットは弟ベンの訃報に際し帰郷。弟を殺害した犯人を捜すべく、ベンの婚約者とともに活動を開始する。浮かび上がる犯人像から、彼は一つの結論に達する。弟の命を奪ったのは、満月の夜に現れる“狼男”であることに…

結構グロいし、キャストも良いし、ダークでレトロな雰囲気もよろしい隠れた良作。ベニチオ・デルトロの狂気の演技がとても素晴らしく、その死んだ目が遺憾なく活かされていた( ^ω^ )

序盤から漂う不穏感や、展開を容易に匂わす見せ方が、最近では見かけないパターンやなと思いました。怪しいとかいうレベルじゃなくて、何も知らんと観たとしても、だいたいは予想ついちゃう( ^ω^ )

ただバレバレやからといって、面白くないわけではなく、グロさや映像で上手にカバーされているのが魅力。変身シーンも大変おぞましく、戦闘シーンもかなり多いです。

雰囲気だけなら、アマンダ・セイフライドの「赤ずきん」やね( ^ω^ )

お父さんがアンソニー・ホプキンス、婚約者がエミリー・ブラント、警察官にヒューゴ・ヴィーヴィングと皆さん画面映えする方ばかり( ^ω^ )エイサ・バターフィールドはちゃんと認識できんかった!

昨今はユニバーサルでダークユニバースが始動しており、この「狼男」もさらにリブート化が決まっています。それが公開される前に鑑賞してみるのも良いかもしれませんね。

Amazon Video#284

このレビューはネタバレを含みます

アンソニー・ホプキンスが狼男になってアクションするのおもしろかった。

主人公を本気で愛する者じゃないと呪いはとけないみたいなこと言ってたのに結局しんじゃったのがなんか消化不良。
ピナコ

ピナコの感想・評価

3.5
ベニチオとエミリー・ブラントそれにエイサ・バターフィールド
気になる俳優が出てるから借りてきた。

それは悲しいストーリーなんです。
血は争えない、争いますが…
父親にアンソニー・ポプキンスこの方には敵いません。

ホラージャンルの映画でしたがグロさもありましたが観ることが出来ました。

ベニチオはまだまだ今とは違うな。
エミリーは悩み顔、困り顔が似合います。
エイサは10秒出たかな~。
うっかり見過ごす所でした。
くぅー

くぅーの感想・評価

3.5
my映画館2010#31> 一応は1941年の『狼男』のリメイクで、冒頭からベタに音でビビらせ、スプラッター度も思ってた以上で、キャストを生かすために設定を微妙に変えてるが、これはこれでいい。
見所は特殊メイクアップ師のリック・ベイカーによるアナログにこだわった狼男メイクだろう・・・ダークな闇を強調しまくるゴシックな映像美の中での、あのスリラーな変身シーンは流石。
ただし、あっけなく短く終わらせたラストのバトルは不満だが・・・ベニチオ・デル・トロのハマりっぷりに、この世界観を楽しむアンソニー・ホプキンスらを堪能。
小太郎

小太郎の感想・評価

3.0
☆この手の作品は難しい☆

『アンソニー・ホプキンズ』が出演するとどこか緊張感ある怖さが生まれてくる! この緊張感は一体!?「狼男」がCGで鮮やかに生まれ変わった作品!
骨格が変わり、毛が生え、爪が伸び、牙が鋭くなる。それが狼男へと変わる事だ。
刺繍屋

刺繍屋の感想・評価

3.0
荘厳な雰囲気も良かったですし、人狼化してからの動きも獣の動きが上手く表現されていて、そういった点では良く出来ていたと思います。

ただ、元々の話が話なだけに、映画としては面白いとは言い難かったですね。
ShoheiKuze

ShoheiKuzeの感想・評価

2.0
【参考記録】
5.0最高
4.0好きな映画
3.0良作
2.0凡作
1.0駄作
myco

mycoの感想・評価

-
ホラーコーナーを通るのすら苦手だけど、私のNo. 1ベニ様が主演なので、勇気を振り絞ってレンタル。

そもそもバイオレンスが大好きだし、
そもそも狼男の話なので、ホラー要素は感じずドラマ感覚。

19世紀イギリスなのでファッションや家具、食器がかっこいい!

狼男のベニ様も素敵♡♡♡
不動のNo. 1だなぁこの方は。
アンソニーホプキンスが父親役なのも嬉しい。
>|