ヌイグルマーZの作品情報・感想・評価・動画配信

「ヌイグルマーZ」に投稿された感想・評価

色々な意味で井口昇監督が自分のデビルマンを作ろうとした事は伝わる。
中川翔子と武田玲奈というダブルキャストも良い。
冒頭の30分は最高だった。
だが、主人公が女子高生になってから情報量が多くなりすぎ、悪役猫ひろしの周りの部下が武田玲奈の一人二役等あまり意味がある設定と思えなくなり混乱する。
最初の主人公が少女のままで展開した方が良かったと思う。
中川翔子と武田玲奈は素晴らしい。何気に声優が山寺宏一、阿部サダヲと豪華。
もっと短くして無駄な要素を省けば傑作になったと思う。阿波踊りやゾンビが出る必然性も感じなかった。じじぶぅの安定の気味悪さ。
ロケ地が殆ど近所なのは笑った
seckey

seckeyの感想・評価

-
しょこたんは永遠にギガントカワユス☆しょこたんの運動出来なさそうな感じもカワユス☆
.
なんと普通に笑ってしまった。
みなさん、ナイスファイト!
十分お金も掛かってるしヒーロー物としてもいいのだけれど
井口監督作としては失敗かな。
いえ井口監督が悪いんじゃなくて原作が悪いんだと思います。
あらすじと登場人物が意味不明なノリなんです。
「ステューシー」もそうだけど大槻ケンヂの作品って
なんで面白くないほうへ面白くないほうへ持っていくんですかね。
ゾンビやりたけゃゾンビすればいいのについていけないノリ。
音楽でゾンビを止めるとかなんじゃそりゃ。そしてBGMも大槻ケンヂ。
ファンじゃないのでどうでもいいです。
アタクシはヌイグルマーの活躍が観たいんですよ!
それと主演の自称サブカル通の中川翔子がムカついて
しまい早く変身してくれよという感じです。
武田梨奈が一人二役やっていてファンならたまらないんじゃないでしょうか。
ただ彼女のお得意の空手がほぼ全く生かされてない。
(単調なケリとパンチするだけ)なんか残念でしたねぇ。
あ あと平岩紙が上手すぎる。こんな映画なのに・・。w
kthk1914

kthk1914の感想・評価

1.0
酷い。わざとか?これわざとこういう演出の映画なのか?そこを楽しむのか?
ぺあの

ぺあのの感想・評価

3.0
想像通りの水準だった。斎藤工や清野菜名(どこかはわからなかったけど)なども出演しているが、決してレベルアップには繋がらない(笑)
やってることは『おいら女蛮』と変わらないのに、中川翔子という要素が加わるとどうしてこうも涙腺が刺激されるのか。
カットが繋がってなかったりするところは敢えてだとしても、フツーに白けた。
公開当時観たまま未評価だったので。
オーケンファンなら面白さもある、はず…。
原作の『縫製人間ヌイグルマー』ファンは…別物として観れるなら観てみても良いかも?
シネマタイズが素晴らしい。
ゾンビ状況下に展開する変身ヒーローもの、その特殊な世界観を如何な切り口で語るか、それらを一気呵成に見せ切るアバンの時点で満点が出てましたけれども。

いわゆる中の人を武田梨奈が演じるおそらくは製作上の事情を物語上の設定に落とし込む力技、出鱈目な説得力に先ずの加点があって。

英雄として世界を救いに行く前に主人公が、個人としてけじめを付けるとして姪と向き合って放った、そっと孤独に寄り添うような力強く優しい言葉、これがもう、大槻原作で中川翔子主演の映画を井口昇が監督する意義の全てが込められた素晴らしい台詞、問答無用で大加点ですよ。

斯様に真面目に世界中に愛を振り撒いたかと思えば。

死霊の阿波踊りに赤ちゃんジジ・ぶぅ、おっぱいビームとやりたい放題。

ほんと出落ち映画みたいな面して実際に蓋開けたら大傑作とかそういう不意打ちやめろよ、泣いちゃうから。
tama

tamaの感想・評価

2.0
登場人物の掘り下げも出来てたし、特撮アクションも迫力あるし、特殊メイクは西村喜廣が担当しているのでゾンビメイクや造形はリアリティがあって良かったです。

ゾンビ阿波踊りシーンは、画面を埋めつくほどゾンビが出てくるので迫力あります。

井口監督作品はよく観てるのですが、ストーリーがほぼないので、かなり退屈でした。
素材が良いのに惜しい作品です。
も、もたない、、、、、、

棒読みのセリフ回しが、
スイマーzzzを誘う。

サブカル系映画の
面白そうな要素満載雰囲気とは裏腹に
淡白な作品だった印象。

しょこたんの衣装や小ネタは満載だし、
斎藤工の知能指数0役もいい、
阿部サダヲのぬいぐるみの声も良き、

公開当時鑑賞なら良かったかもだが、
後から鑑賞だと、
どうしても既視感が凄い、、、、、

しょこたんが朝起こしてくれて、
朝ごはん作ってくれたら、
正露丸シチューでも、食べきるよ。
>|