なくもんかの作品情報・感想・評価

「なくもんか」に投稿された感想・評価

不幸が面白いというのを体現した映画だと思う。
悲しいことを可哀想と思わせる人もいるが阿部サダヲは、悲しいことを面白いと思わせる天才。
自分を悲観しそうになるときに宮藤官九郎の映画を見ると元気が出る。
哀愁と笑顔は意外と近いところにあるのかもしれない。
いまだにこれのチラシが手元にあることがすげえ嬉しい

正直クドカン作品の中ではそこまで面白いと思ってないけど阿部サダヲってだけでなんかもう点数入るよな

このレビューはネタバレを含みます

阿部サダオってほんと凄い。山ちゃんはこの人じゃなきゃ成立しない役。
ラストの祐介との漫才、間が完璧、メチャメチャかっこよかった。
個人的に1番笑ったのは、徹子が初めて子供達を山ちゃんに会わせる場面。
徹子「でも不安なのよ、だって、まだ好きって言ってもらってない」
からの、山ちゃんいきなりのキス2回&徹子ビンタ&山ちゃん子供達へ宣言。
「静花、徹平、おじさんこれからお母さんと時々こういう事する。
もっと凄い事するかもしれない。」
ダウンタウンのごっつええ感じのトカゲのおっさん思い出した(笑)
捨てられるが怖くて、作り笑顔が張り付いちゃった山ちゃん。
「好きでやってますから」
ひたすらみんなに尽くす姿は、痛々しくて抱きしめたくなる。
「八方美人じゃ駄目かな?
みんなに好かれたい、みんなに良い顔したいって思うのそんな駄目かな?」
「嫌いな奴にも好かれたい、好きな人には、、、もっと好かれたい」
山ちゃんが、初めて自分の本心を徹子に伝える場面にジーンときた。
観終わったあと、元気になれる大好きな作品です。
ふ

ふの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

一人になりたくない。みんなに求められ応えることで表面的にでも好かれたい。孤独が人を強くするとはこのことで、いびつな形でも家族の在りようだと思った。
su

suの感想・評価

3.6
ハムカツ食べたくなる。阿部サダヲの作品ってどれも同じようなキャラだけど普通に全部面白いイメージ
yuri

yuriの感想・評価

2.7
過去に鑑賞。

たくさん人が出てくる群像劇というか、
宮藤官九郎作品があんまり合わないことが分かった。いきものがかりの主題歌は凄く好き。
KUJIRA29

KUJIRA29の感想・評価

3.8
観たことあるのを忘れていて、結果としてリピート。でも、テンポも良くて、楽しめまた。
ところどころ間延びした感じになってたのはご愛嬌(´∇`)
mika

mikaの感想・評価

-
去年、結婚記念日の旅行で訪れたホテルが大々的に使われていたのがいちばんの衝撃。
HEIDI

HEIDIの感想・評価

3.7
泣いてる時にぷぷっと笑ったり、笑ってる時にほろほろ泣いたり、感情がぐるぐるして飽きずに観られた。

「八方美人じゃ駄目かな?みんなにいい顔したい。みんなに好かれたいと思うのがそんなに駄目かな?嫌いな人にも好かれたい。好きな人にはもっと好かれたい。」-正直、同感(笑)

めっちゃ笑った。
>|