ノーベル殺人事件の作品情報・感想・評価

「ノーベル殺人事件」に投稿された感想・評価

矢島

矢島の感想・評価

2.6
ノーベル賞を巡っての殺人事件という題材自体は面白かったんだけど、主人公の息子の保育園のやり取りはいらないと思う。そこは結局解決せずに終わったし、それに暗殺者に関しては詳しいことは分からずじまい。あとちょっとスウェーデン警察が無能過ぎるでしょ…ってなる。一介の記者が色々と掴んでるのに、警察は何やってんだ?
映画というより、2時間ドラマを見た感覚に近い。
『サスペンス』

なんとなーくだけど「羊たちの沈黙」を感じたかな。なんとなーくだけどね。

B級な感じで。

あんなふうに仕事にうちこみたいものだ。

お金ってそんなにいいだろうか。犯罪を犯してまでほしいものなの?
ミステリーとしては大したことはないが、凄く興味深かった。男女平等と謳われるスウェーデンにおいても、まだ色々問題があることが端的に表現されている。主人公の記者が、旦那と、お隣と、仕事と、社会と戦う。それ故彼女は美しい。とにかく女性率が高く、頼りになる同僚も、科学者も、殺し屋も女性!その画が面白い。しかし子供を直に脅すのはどうかな?そこの描き方は浅かったな。
ぱなお

ぱなおの感想・評価

3.0
『ミレニアム』のスタッフが集結!―この一文に惹かれて鑑賞。本筋のノーベル賞と医療と新聞社の絡みは面白かった。でも、子ネコも子供のことも、そこは何にもないまま終わったんだね…。それと、始終気になってのが、ちょっとでも動くと残像?ブレ?がいちいち出て、観てて疲れた。
雀

雀の感想・評価

-
2016:09:05
★★★☆☆ よくできたミステリ映画。意外と拾い物。ほくほく。 原作小説はリザ・マークルンドの『ノーベルの遺志』。詰め込み過ぎ感は上下2巻の小説を90分の映画にしているからで、仕方がないわねえ。原作はシリーズ化されてて映画化されたのは6作目。1作目の『爆殺魔 ザ・ボンバー』とこの6作目のみ邦訳あり。
邦題ふくめミステリー作品としてはガッカリでしたが、ツイッターなどの一部界隈でもてはやされている「北欧=性差別もろもろのないパラダイス」がやはり虚構なのだと思える描写があってその辺りはリアルで良かったです。

ヒロインはあのボンクラ亭主とはあと5年もたないと思うのよ。
もふ山

もふ山の感想・評価

2.5
ミレニアムスタッフがーのキャッチコピーの惹かれて、すっごい期待して借りたけど。。。う〜んって感じだった。
156.
日本の二時間ものサスペンスを見ているようでした。

なんか今ひとつ。

ツッコミどころありすぎな気がしました(笑)
santasan

santasanの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

まあサスペンス度は期待を大きく下回ったが、ノーベル賞に絡んだ事件の背景や女性の社会進出が抱える問題を扱ったのがいかにもスウェーデンらしい。殺人犯の女がどや顔でボスをヤッてしまうところは、予想通りとはいえスッキリしたしね。
ゆ

ゆの感想・評価

3.0
よく言えばコンパクト、悪く言うと伏線回収は雑な印象。
出て来る女優さんもきれいでした。