攻殻機動隊ARISE border:2 Ghost Whispersの作品情報・感想・評価・動画配信

「攻殻機動隊ARISE border:2 Ghost Whispers」に投稿された感想・評価

風神

風神の感想・評価

3.5
新たなキャストで
攻殻機動隊誕生の物語。
四部作の二作目。

坂本真綾さんの少佐もいいですね!
このシリーズはロジコマです!
TAKA

TAKAの感想・評価

3.8
2020-094-085-009
2020.5.9 NETFLIX

・アクション満載フワッホー(* ̄∇ ̄)ノ♪
・本作でしかみられない戦い(^_^)
・冲方丁。ARISEの世界

素子の部隊組成以前のお話。
只今メンバースカウト準備中(笑)
バトーとトグサはすでにborder:1で登場しているけれど、まだ仲間ではない。
どちらかと言えば、敵?

迫力のバトル!
アクション満載フワッホー(* ̄∇ ̄)ノ♪
楽しめました(^_^)
公安9課メンバー敵味方でやり合うなんて、本作でしかみられないですものね!

まぁ本作はそこを
フワッホー(* ̄∇ ̄)ノ♪
と楽しむアクション・エンタメですかね♪
フワッホー(* ̄∇ ̄)ノ♪♪

まぁそこは楽しめるんだけど、やっぱ
キャラのイメージが違う
(笑)。・゜゜(ノД`)
なんてのが出てきちゃうんだよなf(^_^;
まぁ、それもARISE世界の設定として楽しめばいいんでしょうね。(^_^)

それより気になったのは
冲方丁のテイスト。
攻殻機動隊というよりも・・・
ま、それがARISEってことかな。
「攻殻機動隊」名義じゃなかったらもうちょっと面白く感じると思うけど、そうすると説明不足でちんぷんかん。
バランスって難しい
国のために戦った兵士たちが戦後の粛清人事にキレるというネタは良いと思うんだけど、1時間しかないせいか駆け足気味な上に結局オチは前回と同じなのが残念。知性を獲得してないからロジコマあんま喋らないしサイトーはただの呑気なクズキャラに…
km

kmの感想・評価

-
サイトーって9課の入隊の仕方そんなんだったっけ?なんか戦争かなんか行った時に少佐と撃ち合いになって入隊したんじゃなかったっけ?みたいに思ったけど別次元の話として捉えればいいのかな いまいちARISEの理解の仕方わからんけどサイトーちゃらいというかえ!?!?そんな軽い男!?!?みたいなビビるよね
あり

ありの感想・評価

3.7
少佐と少佐大好きなバトーが戦うのが新鮮
やっぱりキャラ設定に違和感は拭えないけど、パズとボーマが他のシリーズより活躍するのは好き
ペック

ペックの感想・評価

3.0
今作は攻殻機動隊メンバー達との戦闘。このシリーズの少佐はちょっと迂闊な所が多いかな?なによりサイトウのキャラ設定が変わりすぎて笑える。今回トグサは居ないな。
素子が部隊設立のため人材を口説いていく方法がド派手で相変わらずカッコいい。
戦闘能力でも交渉能力でも敵わない逸材なんだけど結局は一人の力よりチームの力には敵わない。
今回の作品のサイトーさんがギャンブラー人格なのがちょっとショックです(笑)
かなりS.A.Cと違う解釈で描かれているキャラクターたち。この描写はあんまりだったかも。声優もやっぱり慣れない。
龍1

龍1の感想・評価

3.4
キャラの雰囲気がアニメ版やghost in the shellと変わっている
>|