ペコロスの母に会いに行くの作品情報・感想・評価・動画配信

『ペコロスの母に会いに行く』に投稿された感想・評価

まあべつにいいんじゃん、森崎東の映画だと思わなきゃ。逆に変わらないでいることの偉大さを感じもしたし、いつからこうなったか、いやもしかしてこの人ずっとこんなだったかなと見てないやつを確認してみたくもな…

>>続きを読む

本日〆の〆に、ずっと観たかったので今更ながら。すごく良かった。赤城春枝の遺作。監督は男はつらいよ等で有名な方らしい。

演者さんが役にぴたりとはまり、すばらしかったので、最近珍しくうるっときた作品。…

>>続きを読む
もも

ももの感想・評価

-
親の痴呆。
胸が締め付けられる思い。
とても点数など付けられない。
長崎弁も熊本弁も身近だけに、
より心に沁みた。
KH

KHの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

認知症になっても自分の特徴で思い出してくれるっていう笑えるシーンとして描かれているかもしれないシーンに親子の絆を感じた。
だから息子も素直でいい子に育ってるんだろうな。
ao

aoの感想・評価

3.6
加瀬亮がDV夫やってるってこれのこと??
ストーリーが良いとか悪いとかそういう映画じゃないのがよかった
Nagasaki

Nagasakiの感想・評価

4.0

戦争に子育てに必死に生きてきた人生の終盤がこうと思うと、なんだか悲観的になってしまう。

伝えたいメッセージはそこではないと分かっていながら…。

ほっこりシーン、ハゲの小ネタのおかげで、ズーンとな…

>>続きを読む
かいる

かいるの感想・評価

3.0

授業で鑑賞「長崎弁つよい」

課題の締切まで時間がなかったから倍速で観たら長崎弁強すぎて聞き取れんかった
1.25倍速が限界でした

ホームの人らの認知症の症状が様々で
これがリアルなんだろうなと感…

>>続きを読む

認知症の介護を描きながらも温かいものを感じるのは、息子の母親への深い愛情が全編に貫かれているからだろう。みつえの人生が細やかに語られ、見ているうちに彼女に対し自然と敬愛の念を抱く。 本当に認知症かと…

>>続きを読む

ユーモラスなんだけど、やっぱりどうしても泣けてくる。

コミックエッセイが原作で、絵も可愛らしくて楽しめそう。でもやっぱ泣けそう。

ペコロスって小さな玉ねぎの事で、禿頭の自身を形容して名乗ってるそ…

>>続きを読む

丸い輪の世界
泣いた。
むかし、NHKのドキュメンタリーで痴呆老人を扱ったドキュメントがあった。そのドキュメントだったか、徘徊する認知症の老婆が、毎夜毎夜施設の中をうろつく。家に帰りたいのだ。その家…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事