悪人の作品情報・感想・評価・動画配信

悪人2010年製作の映画)

上映日:2010年09月11日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「悪人」に投稿された感想・評価

hsmt

hsmtの感想・評価

3.3
出ている俳優陣が役にハマってました。
不器用で切ない、二人にしか分からない純愛。
登場人物それぞれの感情がこちらに訴えてきます。
2回目の鑑賞。
希林さんが育て親だと現実でも同じことしそうな気になるし、柄本明さんが娘をミジンコのように扱った相手を殺すのかと思ったら殺さないので切ない気持ちになるし。

悪人より悪い事する人は沢山居る。それが見ていて腹立たしくて悔しくて。
出ている方々の演技がすごいので入り込んでしまう。

深っちゃんの白く透き通ってる肌に、真っ直ぐで曇りの無い瞳に吸い込まれました。

吉田修一さん、本で読むと色々想像が膨らんで寝れなくなりそう(°_°)

このレビューはネタバレを含みます

アバンタイトルでサイコスリラーかと思いましたが、絶対悪とは何か、を問いかけるドラマでした。
法律に触れる罪を犯してはいないが見るに耐えない醜態を晒す者と、本来善良なのに追い詰められて罪を犯してしまった者とどちらが悪人か。
佳乃と関わらなければ、祐一は光代と幸せに暮らせただろうとやるせない思いを抱かずにいられません。
中高生の小遣い程度のお金をせびる事で母の罪悪感を和らげようとする祐一だから、最後に首を絞めたのも光代を罪人にしない為だと思いたい。

イカの目に入っていくところは少しズッコけた(笑)
彼が殺した人数は一人なので死刑にはならないでしょう。刑務所で10数年暮らしたら出所するでしょう。その後二人は再会するのかな?彼らの愛はそれまで持つのかな?
マグ

マグの感想・評価

4.0
新聞で連載されてる時から小説にハマって
映画化の話知った時は小躍りしました!
でもね、主役が!
妻夫木聡じゃねぇ!って思っちゃったんですよ、さいしょ。
だって私の想像の中の祐一はダサくてちょっと不細工だったから。
妻夫木じゃカッコ良すぎだわ、と。

で、映画観たら妻夫木は祐一でした。
やっぱりすごいな、妻夫木聡。
髪の色とかも、絶妙に垢抜けない感じでダサくて良かった。
まぁ、1番は演技力なんですけど。

希林さんの安定感、さすがです。
あと、満島ひかり、うまいなぁ。


悪人になりきる事が、光代を守る唯一の方法だったんだと思うと…
ラスト切ないですね。
でも、これも愛かな。
ながの

ながのの感想・評価

3.8
負の連鎖。
悪意が伝播しまくって遂には最悪の事態にまで発展してしまったって感じだろうか?

悪人と呼ばれる人だって、絶対悪とは言い切れない。
それが人間ってものか。

逃走始めてからが大事なシーンではあるんだけどちょっとダレる。

髪の色って大事ね。
金髪にするだけで妻夫木の妻夫木感がだいぶ薄れてる気がする。妻夫木のクズ演技派好きだけど、こういう役も上手いよね(綾野剛でも同じこと思ったなぁそういえば)。
深津絵里の幸薄い感じは凄い。

岡田将生は本当にクズやらせれば超一級だな。

柄本明は被害者遺族役が似合いすぎる。

エッチなシーンあり。
官能的ではあるけど、深津絵里に対する遠慮が感じられる演出だった気がする。
Kir

Kirの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

話の内容はない.

不本意にも人を殺してしまい,傷心の中,出会った女と逃避行する話.

ラストはただの偽善だと思います.
彼自身が他人への自己表現力が乏しく,優柔不断で,ただ単に,寂しかっただけでしょう.
全ては彼が天性の女性への誑かし力を持っているが故に,彼の周りにいた女性が彼を甘やかしたことが原因でしょう.誑かしたのは彼なのですから,それを彼自身が良く知っていたからこその,ラストの行動なのでしょう.

自分のみが悪人になるつもりであったというのは美談にさせ過ぎだと思います.
殺したのは事実ですし,逃避行を選んだのも最終的には彼の決断なのですから.

善悪の概念は簡単で,自分にとっていいことをしてくれる人は善人.その反対は悪人.
深津にとって,彼はいいことをしてくれたので,善人であったが,法律的に考えると,彼は法律に触れているので悪人です.

たったそれだけの話だと思います.


メインの配役が適任でした.

妻夫木は意志の弱い,陰のあるイケメン役.仮にこの役がブサイクな俳優が演じていたら,何の面白みも無くなっていたでしょう.

深津は幸薄そうな,日本人男性が好きそうな献身的な女役.これがこの作品の最大の醍醐味でしょう.深津絵里がこの役をやっていなかったらここまでの評価は無かったでしょう.

樹木希林と柄本明はそれぞれ,犯罪者の身内の孫バカ役と娘が死ぬ親バカ親父役で,良く似合っていた.

この監督の手法なのか,うす暗い背景に,鮮明色(金,赤)などの映像美が印象的でした.
koji

kojiの感想・評価

4.5
これまた、気分がどんと落ち込む映画でした…何でこういう映画見るんやろ…そう思いながらも『感動』してる…だから映画ってやめられませんね…
Y

Yの感想・評価

3.6
主人公や周りの人間があまりにもリアルすぎて胸くそ。
灯台のシーンが美しい。

このレビューはネタバレを含みます

「そうやって人を笑っていればいいよ」
岡田将生への言葉。この言葉に、私はこの映画の答えのようなものを感じた。
人をバカにすることによって生まれた負の連鎖が、この映画の事件を生み出したと考えるからだ。世間では"被害者"側である人たちのパーソナリティの胸糞の悪さったらない。可愛い娘を奪われた柄本明は救われないが、満島ひかりのクソ女っぷりたるや。人をステータスで判断し、扱いを人によって変える人間の意地汚さが、非常に印象的である。そんな満島ひかりから、バカにされ、理不尽にぶつけられた結果妻夫木が起こした行動。それは、100:0で妻夫木が悪いのか?私たちに、"悪"の過程をどこまで尊重して"罪"を考えるべきなのかという問いかけをしているのではないだろうか。
岡田将生からバカにされたという悔しさを、満島ひかりが妻夫木にぶつける。その理由は単純、妻夫木のことを自分より下に見ているからだ。"人をバカにする"ことは人間の行為でなによりも愚かなことで、全ての悲劇に通ずる。そんな、ことをこの映画から私は学んだ気がする
>|