悪人の作品情報・感想・評価・動画配信

悪人2010年製作の映画)

上映日:2010年09月11日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「悪人」に投稿された感想・評価

koji

kojiの感想・評価

4.5
これまた、気分がどんと落ち込む映画でした…何でこういう映画見るんやろ…そう思いながらも『感動』してる…だから映画ってやめられませんね…
Y

Yの感想・評価

3.6
主人公や周りの人間があまりにもリアルすぎて胸くそ。
灯台のシーンが美しい。

このレビューはネタバレを含みます

「そうやって人を笑っていればいいよ」
岡田将生への言葉。この言葉に、私はこの映画の答えのようなものを感じた。
人をバカにすることによって生まれた負の連鎖が、この映画の事件を生み出したと考えるからだ。世間では"被害者"側である人たちのパーソナリティの胸糞の悪さったらない。可愛い娘を奪われた柄本明は救われないが、満島ひかりのクソ女っぷりたるや。人をステータスで判断し、扱いを人によって変える人間の意地汚さが、非常に印象的である。そんな満島ひかりから、バカにされ、理不尽にぶつけられた結果妻夫木が起こした行動。それは、100:0で妻夫木が悪いのか?私たちに、"悪"の過程をどこまで尊重して"罪"を考えるべきなのかという問いかけをしているのではないだろうか。
岡田将生からバカにされたという悔しさを、満島ひかりが妻夫木にぶつける。その理由は単純、妻夫木のことを自分より下に見ているからだ。"人をバカにする"ことは人間の行為でなによりも愚かなことで、全ての悲劇に通ずる。そんな、ことをこの映画から私は学んだ気がする
ayaka

ayakaの感想・評価

4.0
・満島ひかりさんの演技が上手すぎて役にムカついてしまった…
・悪人とは?善人とは?
・不器用な人達
・どうか幸せになってほしい
n

nの感想・評価

3.5
日本の俳優さんたちも凄いんだなぁ。と改めて思う今日この頃。
寂しくて、求められて、のめり込んでいく感じ、見てて苦しいなぁ〜めっちゃ分かるけど〜〜
Nozomi

Nozomiの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

殺人事件の犯人と、それを取り巻く人間模様を描いたお話。

まず俳優陣に関しては、妻夫木聡、深津絵里、満島ひかり、岡田将生、樹木希林、柄本明と、とにかく豪華で安定感のある演技力の持ち主が揃っていて、とても見応えがあった。福岡や長崎を舞台にしている事もあり、基本的には方言で会話するシーンばかりだったんだけど、それがリアリティを増長していた様に感じた。

ただ、深津絵里が演じる光代に対して全く感情移入出来なくて、何となく醸し出される「日々に退屈した女性」が、非日常を手に入れたくて出会い系サイトで知り合った殺人犯と逃亡するという設定に、ちょっと無理があったのでは…と思ってしまった。

その反面、柄本明が演じる被害者の父親という役どころに関しては、とても胸が締め付けられる様な思いだった。

ストーリーに関しては、ある意味、淡々と進んでいくような感じで、個人的には「評論家が好きそうな展開」だなと感じてしまった。(ちょっと偏見かもしれませんが。。。)
再鑑賞記録。

悪人は誰か。殺人犯か、逃避行に誘った女か、焚きつけたビッチ女か、その女を育てた親か、置き去りにした男か。騙した悪徳業者か、騙された老人か、家族を縛り続けた者か。子を捨てた親か。それを考え続けるのがこの作品のテーマである、と私は受け取った。
素晴らしかったのは、男をかこうことでしか自分の価値を測れない女・満島ひかり、爽やかイケメンに見せかけてクズの岡田将生、娘の裏の顔など知る由もない柄本明、地味な服が凄まじく似合う宮崎由子、そして光石研、樹木希林に松尾スズキ。脇を固める俳優陣があまりに素晴らしく、主役二人がとっくに霞んだ。市井の人たちの息づかいが聞こえてくるようで、感動した。
田舎の老人を悪徳商法で騙す切り口なんか、たぶんすごくリアリティがある。
映画としてもわかりやすく親切設計。諸悪の根源も殺されると立場が逆転してしまうところがなんとも興味深い。
セリフの少ない映画だったこともあって、柄本明さんの言葉が印象に残った。
登場人物の心理や背景なんかももっと詳しく知りたいと思ったから、今度原作も読んでみよ。
yagi

yagiの感想・評価

-
──あんた、大切な人はおるね。その人の幸せな様子を思うだけで、自分まで嬉しくなってくるような人は。いまの世の中、大切な人がおらん人間が多すぎる。自分には失うもんがないと思い込んで、それで強くなった気になっとる。自分が余裕のある人間って思い腐って、失ったり欲しがったりする人を馬鹿にした上で眺めとる。そうじゃないとよ。それじゃ人間はダメとよ。──


テーマやメッセージ性のある映画は、見たあとの体に残ってる感じ、刻まれた感じが好き。俳優さんたち、特に樹木希林と柄本明の言葉ひとつひとつに重さがあって、映画ってフィクションなのにただのフィクションじゃないんだよなって改めて思った。
李監督の映画はテンポが良くて飽きない。

悪人というタイトルが深い。
>|