悪人の作品情報・感想・評価・動画配信

悪人2010年製作の映画)

上映日:2010年09月11日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

あらすじ

『悪人』に投稿された感想・評価

誰が悪人か。なにを持って悪と呼ぶか。
事実だけでは善悪の判断はできないと感じた。正面から見ればその人は悪人でも、見方を変えればその人は誰かを幸せにしている善人でもある。偏った判断をする人になりたくないと思った。そして加害者の親族にまで執拗に付き纏うマスコミはやっぱりゴミやなと確信。ラストの祐一の行動は考えれば考えるほど辛い。
何よりこの映画1番の見どころは、被害者の父・佳男のセリフ。「あんた、大切な人はおるね?」からのセリフはめちゃくちゃ考えさせられた。失うもんがない=強いみたいな、みんななんとなくそう認識してる考えを刺してきた。不器用にもがきながらでも大切な人と出会い、強くなっていくのが人間やな。
柄本明と樹木希林の役者としての厚みを感じた。演技のレベルが違う。すごすぎた。
岡田将生のしょーもない男役もハマってたし、満島ひかりの安っぽくて軽い女みたいな役もめちゃくちゃハマってた。
キャスト、内容共にすごいよかった。
hedgehogs

hedgehogsの感想・評価

4.6
この映画は泣ける。
けど、悲しくて泣けるというより、わびしい、惨めで泣けるという感情。

この2人は運命で結ばれてるというより、寂しいもの同士だからと客観的に見てしまう。最後の女の行動も本当に好きになったからなのか、一時の感情に流されてなのか、どちらとも取れる。 

観てて辛い映画だった。
さや

さやの感想・評価

3.8
「望み」とか「怒り」とか「空白」とか似たような雰囲気の映画観たけど1番大きくて強い愛を感じた。


ただ、清水は悪い人だと思った。
奥

奥の感想・評価

3.5
殺される女と殺す男そしてすがる女。

どこか昭和を感じさせるムードのある、愛についてしっかりと語っていながら、哀愁で包み込んだ作品。

悪人は誰なのか。

人間は寂しさ、孤独さとかを紛らわしたいと思った時大切な人を求む。

大切な人を守るのも必死になる。

悪人は誰なのかて見終わった後考えたら、
人を殺してしまった人、殺人犯の親、被害者、殺人犯を愛した人、子供を捨てた親、他人のことを笑って過ごしている人、これは最後まで見れば誰が悪人か分からなくなりまひた。

もちろん殺人犯が悪いってなるだろう。けどそう言う人間にしてしまった捨てた親もどうかとおもう。たどればたどるほど悪人は多く見当たるのかもしれない。

この世界は悪人が多い。悪いことをしたことある人なんてほとんどだと思う。

決して安息の時間が訪れることがない二人の時間。それを静かにじっくりと作りあげつつ、終盤の畳み掛けるような見せ方は良かったです。

そして辿り着いた最後の場所で朝焼けを眺める二人。

そこから行く場所が無いことも、これからの二人での時間が無いことも、全部理解してしまったとても深みのあるシーンでした。

悪人。その言葉の本質と共に、何時迄も静かに響いてくる作品です。
chaooon

chaooonの感想・評価

3.7
前から気になっていた邦画作品。
なんでこれ観たかったのか、理由は忘れてしまったくらい長らく放置してたんだけど、アマプラ終了というきっかけで鑑賞👀

若い女性の死体が発見され、犯人探しの捜査により明るみになる人間の本質。
「悪人」とは一体誰を指すのか…?
何をもって「悪人」とするのか…?

妻夫木聡×深津絵里✨
社会から疎外感を感じる2人の愛の物語でもある。
2人とも上手いから惹き込まれる。
金髪でぶっきらぼう、生き方が下手くそな妻夫木がだんだんと不細工に見えてくる不思議!
冴えない男を演じきっていた👏🏻
私の中の癒し系ふかっちゃんのこんな過激なラブシーンは初めて観てドギマギしてしまった🫢

ちょっと若くて軽薄な感じの満島ひかり。
だいぶ若くてチャラいクズの岡田将生。
好青年み溢れる永山絢斗。
出るだけで場面が閉まる樹木希林に榎本明。
主演以外キャスト知らずに観たけど、脇も結構厚くて見応えあった。
樹木希林を騙したあのゲス野郎ども絶対許せない😡(あれ松尾スズキだったのか🤔)
1番怒り心頭な悪人だった😡😡😡

満島ひかりがだいぶ嫌な女なんだけど、でも可愛いからなんか帳消し感がある…可愛いってずるいね…岡田将生もっと優しくしてやれよ…

自己中な人間たちが、自分の都合のいいように他人を踏み躙る。
不器用で立ち回りの下手な人間が憂き目にあう。
真っ当に生きてきた人間がある日犯罪に手を染めることもある。
それは悪人と言うのか?

なかなか息苦しい話だった。
俳優さんはそれぞれ本当に良かったけど、んんん

同じように出会い系で知り合っても、深津絵里のほうはピュアっぽいから良かったってこと??
2人がこんなに惹かれあってるのがわからんかった、互いの人恋しいタイミングが合ったってことか

誰が悪人か……って、人を殺すのは決定的にアカンことですやん、と思ってあんまり入り込めなかったです

いちばんわかりやすい"悪人"は松尾スズキやったね。(胡散臭くて最高!)
麻由

麻由の感想・評価

4.5
あんた
大切な人はおるね。

その人の幸せな様子を思うだけで、自分まで嬉しくなってくるような人は。

今の世の中、
大切な人がおらん人間が多すぎる。

自分には失うもんがないちゅう思い込んで。
それで強くなった気になっとう。

だけんやろ、自分が余裕のある人間って想い腐って。失ったり、欲しがったりする人を、馬鹿にした目で眺めとう。

そうじゃないとよ。そうじゃ人間はダメとよ。

そうやって生きていかんね。そうやって、ずーっと人のことば、笑うて。
生きていかんね。



このセリフが聞けただけで大満足。
結局悪人は自分の心が作る。
とても大好きな作品でした。
岡田将生が役にピッタリすぎて、ちょっと面白かったです。笑
愛した人が殺人犯だったら。自分の大切な人が誰かの大切な人を奪っていたら。彼は悪人だろうか、人を殺しているのだから当然に悪人だろうか。大切な人を持たずに強くなった気になって大切な人のために苦しむ人を笑う人は、人を殺していないから悪人ではないのだろうか。悪人とは、誰か。
公開当時の金曜ロードショーかなんかで子どもの頃見て、ママがハマってたの思い出して鑑賞。
なんか思っていたのと違った、深津絵里サイコー妻夫木聡えろー、くらいでなんで数回しか会ってない男女がああいう展開になるか理解に苦しんだ
女の「この人には私しかいない、一緒にいなきゃ!」というのは分かる。
男の精神不安定、満島ひかりに拒否されながらも着いていく、馬鹿にされて殺す、女にすがる、分からん。
別にあの女じゃなくてもいい
最初は目の前にいた女を巻き込むが、自首しようとするも女は自分に情があることがわかり、ここで突き放さない
深津絵里のクラクションを鳴らすシーンは良いです。女のどうしても手放したくない感。まあ独身女も自分しかいない男とずっと一緒いたいよね、関係持って一度知った居心地の良さ手放すの辛いよね
それからはもう女のペースに巻き込まれる男。男がもう少し女を想う感じが欲しかったなー、不憫。
殺された女の父親、殺した男の母親、2人は本当に最高の演技。ダラダラしないで見れたか

なんか全然まとまんないけど、この映画に感情移入する自分は全てメンヘラな部分の自分でした。
満島ひかりかわちー、アホ女の役一生良い、最初榮倉奈々かと思った。
﹅2022年23本目
ち

ちの感想・評価

4.1
ずーっと鬱っぽい雰囲気で好みだった
あんなに人を好きになれるの羨ましいな
最後がめちゃくちゃ切ない
原作も読んでみたい!
>|

あなたにおすすめの記事