悪人の作品情報・感想・評価

悪人2010年製作の映画)

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

3.6

「悪人」に投稿された感想・評価

Wonderland

Wonderlandの感想・評価

3.9
大好きで素晴らしい俳優2人の共演作。犯罪者と一般人、その2人の泥沼の関係を辿っていく。クライマックスは必見。「悪人」とは誰なのか。
長い話がよく脚本されているなぁといった感じ。
キャストのイメージはぴったりすぎる。

ただ、もうすこし佳男の娘を殺された必死な親父感が欲しかった。

みんながみんな「自分をバカにしないで」って叫んでる姿が印象的だった。

でもさ、最後のワンシーンでは伝わりきらんだろ悪人の意味。
岡田将生目当てで見たけど、
妻夫木聡はじめ、良い役者さんばかりでよかった!
柄本明の目力演技が、ゾッとする。
utty

uttyの感想・評価

3.5
みんなが言うほど考えさせられたり深くなんかない気がするけど、リアルではあった
bakuro

bakuroの感想・評価

2.5
警察に出頭しようとするところで終わっていれば、面白い映画だと思えたんだろうなあ。みんなそれぞれ少し問題のある人達のうち、殺されたクズ女のクズっぷりが一線を超えてしまって、ギリギリ保っていた平穏が破綻するとか、良かったんだけど。後半はクソ邦画にありがちな愛の逃避行とか、説教臭い語りをする被害者の父親とか、これがむしろこの映画の描きたいことだったのかもしれないが、呆れるほどだるい展開になってしまった。
優男

優男の感想・評価

3.8
このお二方の作品はスローダンスが好きなのですが、それとは全然違う作品なのですが、素人目に見ても最近流行りのカメレオン俳優というのは彼らの事を指す言葉だと思わされました!!
衝撃的に面白かったです!!
このお二方に外れ無し!!
勝手に思ってます。
Ronnie

Ronnieの感想・評価

4.7
話題の「万引き家族」での柄本明と樹木希林を観て、急にまた観たくなりました。両脇役の鬼気迫る演技(鬼気希林と書いた方が良いか?)は評判通りですが、妻夫木の弱気な悪人ぶりもなかなか良い。そしてやはり、僕が長年愛して止まぬ"ふかっちゃん"の美しさはハンパない。どこにも救いがない破滅のストーリーを通して、描くテーマは「優しさって何?」。90年代の一連の北野映画に相通じる、大好きな作品。
ずいぶん前に見て、いま思い返して印象に残っているのは柄本明と岡田将生。 
岡田将生は、これと告白で髄分ファンが減ったのでなかろうかと心配になるくらい。柄本明に詰め寄られて何言ってるのか分からなくなるところ、あの柄本明の迫力はすごい。
ゆういち、せっかくがんばってR34買ったのにね。
葫芦糖

葫芦糖の感想・評価

4.5
**
冒頭は、なんとなく、デヴィッド・リンチの「ロストハイウェイ」を連想させられた。出口のない漆黒の夜の中で 一縷のぬくもりを手さぐりに求めているようだったから、黄昏ではあれど、あたたかい光を浴びるラストで締めくくられていてすごくよかった。
久石讓がつくる旋律はやっぱり心の襞を震わせるし、音楽の相乗効果もあって、孤独を孤独で埋め合わせる男女の姿にとても、ぎゅうと胸を締め付けられたんだ。
李相日はふたりの関係を純愛に昇華させたんだね。原作はもっと個々の人物を掘り下げているけど、映画のこのアバウトな感じがかえって自分の中で好きのように解釈できて、いいと思うんだよなあ。原作支持派は多いけれど、私の中では映画の方に軍配をあげたい。だってリアリティより、美しい感情をみていたいんだもん。
佐伯

佐伯の感想・評価

2.5
Soso
but 柄本明 was a good actor
and also 深爪絵里's 黒髪ロング was really nice
>|