悪人の作品情報・感想・評価・動画配信

悪人2010年製作の映画)

上映日:2010年09月11日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「悪人」に投稿された感想・評価

影千代

影千代の感想・評価

4.1
21236
何と悲しい話。脚本に原作者が入ってるから、割と原作に忠実なのかな? 原作はもう少しミステリ要素強めなんじゃないかという気もするが、どうだろう。
何はともあれ、妻夫木聡と深津絵里の名演に尽きる。この2人のシーンはどれも素晴らしかった。柄本明、樹木希林、満島ひかりもよかったけど。ただちょっと脇をかためるメンツが有名脇役そろえすぎな感はあるけど。
sakiko

sakikoの感想・評価

3.7

邦題である''悪人''は誰のことを指しているのだろう。

人それぞれの悪の部分が連鎖して悪人を生んでしまっている。

事件の側面からしか見る事が出来ない私たち世間は結局、清水のような人を''悪人''と呼ぶことで片付けてしまうんだろうな。

「世間で言われてる通りなんですよね。
あの人は…悪人なんですよね」
avantgarde

avantgardeの感想・評価

2.1
完成度の高い作品のようであるが、生身の人間の部分が全然伝わらなくて退屈した。

高度な芸術性を目指してのことか、こだわりのカメラワークで女を美しく映し出そうという意図が伺えたが、実際人間はこうも美しいイキモノではない。どうせなら、愛欲に目覚めた年増のオンナが、若い男の肉体に溺れその性を手放したくなくなってしまい、その男の人生の矛先を女の業で狂わせてしまうといったような、そんな感じの展開で見せて欲しかった。

事実、この主人公の男の人生は母親をはじめ数々の女の身勝手さに翻弄されるばかりのものだったようだし。

とどのつまり、この映画にはどこにもリアリティを感じさせるものがない。例えば男が佳乃という女を殺害するまでの経緯にしたって、また男が光代と深い仲になるまでのプロセスにしたっても、そのどちらにも必然性というものが見当たらないのだ。

キャスティングしたって、役者が揃っているというか、無難なところで抑えている感じが否めないし、私としてはそこんところはもっと冒険心持った内容であったほうが良かったような気がして、、、

要するに、リスクを犯すことなく完成度にばかりこだわって作られたものにはなんの魅力も感じないし、なんの刺激にもならないってことで、、、

このレビューはネタバレを含みます

全て背景を知ると、マスオなんかは1番悪く感じるし、娘も割と悪く感じる。ただ、それは表立つことは無いし、
誰が悪いかというと、やっぱり手を出した人、殺人を犯した人になる。どんな理由があれ人を殺してはいけない。
終盤のシーンは敢えて首を絞めることで優しさを感じた。まともな人と早く出会えてたら、人生変わってたのに
きた

きたの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

2人が恋に落ちるのが唐突すぎた気もしたけど、現実も客観的に見たらそんなもんかもしれない。

色々な『悪人』が登場したけれど、法で裁かれるのは主人公だけ、というのが虚しくなる。

最後は彼女を巻き込まないように、守ろうとしたんだよねきっと。
これって「2010年度キネ旬1位」なんですか、、、そうですか。個人的にはクソつまらなかったっす。長いっす。吉田修一(原作者)に脚本書かせたらダメ。原作は未読ですけど、読まないっす。どーでもいいけど、Filmarksの「あらすじ」ってあらすじになっていないっす。
にょろ

にょろの感想・評価

2.9
うーん、終わったあとので?って感じが否めなかった
「悪人」はそこかしこにいて、人によってその人が悪人かどうかは変化する。
岡田将生はこういう狂ったウザい役が多いし似合う。樹木希林は本当にいい役者だったんだなぁと改めて。
妻夫木聡の最後豹変したような狂気の表情が凄まじかった。別人のよう。
26本目‼︎松尾スズキさんが、悪人の役を演じていらっしゃいました!
あんぬ

あんぬの感想・評価

3.6
何をもって悪人なのか、誰にとっての悪人なのか、色々考えてしまった。
殺人はもちろん絶対的に悪なんだけど、佳乃にあんなこと言われたら自分が社会的に死ぬわけで…じゃあ気をつけて帰ってねなんて言えなくないかと思ってしまった。

満島ひかり・深津絵里・樹木希林など女性陣の演技がとても良く、岡田将生演じる増尾のクズっぷりもあって、妻夫木聡は主人公なのに存在感薄め。
彼らは寂しさの時代を生きていて、僕たちは空しさの時代を生きている。出会い系がマッチングアプリに代わって、SNSで誰とでも気軽に繋がれる僕たちの現代。誰にも出会えなくて、繋がることに気軽さなんてなかった彼らの時代。
だから彼らはずっと寂しかった。
こっち側は、みんな簡単に寂しさを埋め合わせていて、みんな空しい。

誰かと気軽に出会えてしまう僕たちだから、出会ったばかりの二人が心の底から繋がっていくのが不思議でならなかった。この映画はあの時代に観たほうが良かったのだと思う。今の自分にはなんだかあっさりした内容に思えた。
>|

あなたにおすすめの記事