告白の作品情報・感想・評価

告白2010年製作の映画)

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.6

「告白」に投稿された感想・評価

kako

kakoの感想・評価

4.3
まだ中学生だった私に、お母さんがこの原作を読ませようとしなかった理由がこの映画見て分かった。ずっと鳥肌たってた
話の進め方がそれぞれの登場人物の視点に立って進められていて、とても新鮮だった

松たか子の淡々とした喋り方の中の、怒りや恨みがひしひし伝わってきて最後の高笑いとか本当に恐怖でしかない、、
ほなみ

ほなみの感想・評価

4.5
狂気と美しさがクセになる!頭から離れなくなっちゃいました
ぱちーん、どっかーん
松たか子と芦田愛菜という天使のような親子、壊してはダメです

中島監督の美に魅せられました
「渇き。」で感じた衝撃をまた感じることができました
ほんとに素晴らしい!!
中学以来にみたな
まず原作が良すぎるだよねえ
結末が好きすぎる
地味な伏線も更に良き
yuki

yukiの感想・評価

2.9
小説を読了した後に鑑賞した。
橋本愛がめちゃくちゃ可愛い。
正直に言うと、小説の方が断然いい。仕方ない事だとは思うが。あと、ぎぼむすに出てた男の子がいてびっくりした。小説同様、主観をチャプター別にして描写している点は良い手法だなと感じた。この話に言えることは1つ。人間の復讐心たるや。
顔夕

顔夕の感想・評価

4.2
めっちゃ面白いんやけど疲れる…
最初から最後までイヤな感じ…
最初の松たか子が淡々と喋るとこから一気に引き込まれた。最後のほうはちょっと間延び感あったかも。
橋本愛、美人すぎ。
小説もだいぶ前に読んで衝撃受けたような記憶があるけどこの映画版もめっちゃ良かった…
risa

risaの感想・評価

4.7
今更ながら観た。
狂気の中に癖になる美しすぎる映像。
途中に入ってくるファンタジーさえも不気味に感じて、最初から最後まで中島哲也監督にやられた。
松たか子の喋り口調と雰囲気、岡田将生のKY感、木村佳乃の壊れて行く母親、橋本愛の美しく儚く残酷な少女。そしてもちろん犯人の2人の少年もとても良かった。
内容はセンセーショナルだけど、ぜひ多くの人に観てもらいたい映画。
sn

snの感想・評価

4.4
「渇き」で中島監督を知ったのにまだ観れていなかった告白を「来る」の前に鑑賞。渇きよりポップさの表現が抑えられていたからこそ、この監督の"間"による演出が恐ろしい程凄い事がわかった。何となく松たか子の映画なんだろうと思っていたけど、それが良い意味で殺されていて、その不快さが終始続く感覚は癖になりそう。
ひろ

ひろの感想・評価

3.7
小説は以前に読んでいたが、何の気なしに映画を視聴。
湊かなえさんの作風は、どれも読み終えて後味が悪く、でもミステリーとしては良質で、告白に代表されるように作りがお洒落。
で映画を観てみたら、これまたデザインやら構成やらが、独特だけど嫌じゃない。残虐で目を背けたくなるシーンも映像美が感じられて観入ってしまう。そんな映画でした。
個々の視点から徐々にストーリーを明らかにしていく手法は割とみられるけど、小説の世界観が映画に見事に反映していると感じられた。
ストーリーが好きじゃないけど、構成、映像美はオススメできる。
たなか

たなかの感想・評価

3.8
中学くらいの時に観て、衝撃を喰らった。終盤に突如としてぶち込まれる、謎すぎるファンタジータイムが忘れられない。
2回目ですが、記憶が曖昧なのもありぐぐっときましたね。
ウォーキングデッド見てたので、人間怖いって思い直しました。

橋本さん大好きです。
>|