her/世界でひとつの彼女のネタバレレビュー・内容・結末

her/世界でひとつの彼女2013年製作の映画)

her

上映日:2014年06月28日

製作国:

上映時間:120分

3.6

あらすじ

近未来のロサンゼルス。セオドア(ホアキン・フェニックス)は、他人の代わりに想いを伝える手紙を書く“代筆ライター”。長年一緒に暮らした妻キャサリン(ルーニー・マーラ)に別れを告げられるも、想いを断ち切れずにいた。女友達のエイミー(エイミー・アダムス)は彼を心配して友人を紹介しようとしたりしてくれるが、彼はそんな誘いも断り傷心の日々を過ごしていた。 そんなある日、人工知能型OSの“サマンサ”(スカー…

近未来のロサンゼルス。セオドア(ホアキン・フェニックス)は、他人の代わりに想いを伝える手紙を書く“代筆ライター”。長年一緒に暮らした妻キャサリン(ルーニー・マーラ)に別れを告げられるも、想いを断ち切れずにいた。女友達のエイミー(エイミー・アダムス)は彼を心配して友人を紹介しようとしたりしてくれるが、彼はそんな誘いも断り傷心の日々を過ごしていた。 そんなある日、人工知能型OSの“サマンサ”(スカーレット・ヨハンソン)に出会う。出会うといっても実体をもたない彼女は、コンピューターや携帯画面の奥から発せられる“声”でしかない。けれど“彼女”は、驚くほど個性的で、繊細で、セクシーで、クレバー。セオドアは次第に“彼女”と仲良くなっていき、イヤホンで“彼女”と会話をする時間を誰と一緒にいるより自然に、幸せに感じるようになる。仕事中相談をしたり、夜寝る前にささいな会話をして笑いあったり、携帯のなかに“彼女”を持ち出して外出したり旅行をしたり・・・。サマンサにとってもセオドアを通じて見る世界は新鮮で刺激的で、やがて二人は恋に落ちるが――。

「her/世界でひとつの彼女」に投稿されたネタバレ・内容・結末

まさかOSが失恋克服アプリやとは思わんかったな〜
普通に恋愛してハッピーエンドやと思ってたから凄い面白かった😳
色彩も音もきれい。台詞もすてき。
回想シーンの重ね方も好きです。

中盤までのサマンサは誰よりも人間らしくて、コンプレックスもあって嫉妬もする。本当にリアル。でも、彼女は人工知能。すごい勢いで成長していってセオドアをも追い越していってしまう。気づけば埋められない差が二人にはできていて、どうにもできないからこそ、切ない。

「僕は一生で味わう感情を味わい尽くして、新しい感情は湧かないのかもしれない。その劣化版しか。」序盤のこの台詞すごく気に入っていたんだけど、これが後半がつんと返ってくるのが鳥肌たった…。

どうにもできないっていうのが個人的には悲しすぎたかな…。スカーレット・ヨハンソンもエイミーアダムスもすてき。セオドア役の人の声も表情もすごく優しくて素敵だったなあ。
セオドアの内にしかいないサマンサが虚構なら、同様なキャサリンとの思い出も虚構なのか。現実と現実に挟まれた代筆者という存在も虚構なのか。
死ぬということは生きていたということで、去ってしまったということはそこに存在したということだ。
此方にはいないサマンサは彼方へ消えることで、逆説的にその存在を現実に留めたんだろう。
オレも林原めぐみのOS欲しい。溜め息とかつかれたい。
話の内容はおもしろい。
純粋な恋愛映画かと思いきや、ただのビッチやないかい!wwww
「愛」とはなにか。
マニュアル化されたAIを愛することは簡単なことじゃない。
「人生は短い。生きてるうちに、謳歌しなきゃ。喜びを」って言葉が心に響いた。
映像はPVっぽくて綺麗。音楽もいい。
しかし内容は、私的には、あまり面白くなかった。
人間がAIに置いていかれる話。
もし彼女が去らなくても、老いとか死のないAIが人間と恋愛するのはどうなのかな、とか。子供もできない。長い期間の交際になっててセオドアがじいちゃんになってもサマンサと擬似セックスみたいなことしてたらきっと惨めに見えただろうなって思ってしまった。死別するまで一緒とかだったらまためっちゃ辛いだろうな。セオドアは偶像に恋していたのでは?身体の不在の美しさみたいな。まあでもそれは身体があっても一緒か。サマンサは声だけでアバターもない。この映画はイヤフォンでサマンサと通話してるみたいな感覚に近い。誰かと通話してる時って相手をより近く感じる時があると思うんだけど、私もサマンサを近く感じた。その効果が大きかったんじゃないかな。

ついでに、セオドアの、私は人生で味わう全ての感情をもう知ってしまって、これから感じるのはその劣化版なんだ、みたいな最初の方のセリフは印象的だった。わかる。何か大きなことが終わったあとって多分そうなる。
でも多分だけど感情は反省とか記述で自分でどうにでも発見できるものなんだと思う。諦めた人の言葉としてこのセリフは登場してたけど今せっかく思い出したからここだけ切り取ってマジレスする。
Aiと人は釣り合わない。それは二つの意味で。

ミスターノーバディぶりに考えさせられていて混乱。いろんなテーマが混じってます。

とりあえず、人に自分の思い通りになるように要求するのはやめよう、と思いました。
映像美がとても印象的な作品。
舞台は近未来のLAだが、何故か随所に不思議で柔らかいレトロ感を感じる。

主人公のセオドアはそれなりの職に就き、経済的には何不自由なく暮らす日々。
それに反し、精神的には酷く物足りなさを感じ、親友はいたものの「真愛」を求め空っぽの時間を過ごしていた。
そんなある日、仕事柄目にしたのは最新型AIを搭載したOS。特に夢中になる恋人や趣味もなかった彼は、興味本位でインストール。
画面から聞こえてきたのは、想像を遥かに超えたセクシーでユーモアに溢れ、明るく魅力的な女性の声。そこには「機械」らしさなど微塵もなかった。
「サマンサ」と名を受けた彼女は申し分ない存在となり、時に人間以上に人間らしい純真さを見せ、時にOSとしての情報量と知能を発揮して、彼を仕事面、プライベート共にサポートしていく様になる。
そんな魅力溢れる「彼女」にセオドアはいつしか虜になり、気付けば本当の意味での彼女に変わっていく。

彼はOSに恋をしたのだ。深く切ない真愛。

朝は目覚めの柔らかな「おはよう」
自分を決して裏切らず、非難せず、献身的で積極的に慕うサマンサ。
公私共に最高の幸せと充実感を得る日々の彼。
楽しく会話し、笑い、助言し合い…デートを重ね、旅行し、街に出ればユーモア混じりに笑い合う時間。
もうAIと人間の壁は完全になくなっていた。

だが、やがて互いは自らを知る事になる。
所詮「人間」と所詮「AI」…。
すれ違いが生じ、サマンサにストレスを感じ始めるセオドア。
セオドアに物足りなさを感じ始めるサマンサ。

クライマックス、そこに口論はないものの、同意の元去りゆくサマンサと、それを見送るセオドア。




そんなストーリー。
冒頭に述べた独特の映像美はもちろん、印象的なのは耳に残るカレン・Oが奏でる「The Moon Song」
本当に名曲。劇中、2人が口ずさむシーンは名シーン。作品のイメージとマッチし、最高のエッセンスに。

この作品を観て「キモい」と思うのも確かに正論。
だが、コンピューターが当然の様に普及した現代社会で起こらないとも言いきれない現象。
アニメやドラマのキャラに恋をする人達なんか実際普通にいる訳だし。

この作品が伝えたかった事を考えてみた。
もちろん、奇想天外ながら純真なラブストーリーだと言う事。
だが、それ以上に「自分を本当に受け入れ、永遠とも思える程の時間枠で愛し(恋愛以外も)、傍に居てくれる存在がアナタにはいますか?」
と言う事な気がしてならない。

ちなみに、洋画はいつも様々なイメージを得たい為に、字幕と吹替で観るのだが、今回は完全に吹替を気に入りました( ΦωΦ )
なんだろう、サマンサ役の林原めぐみの声がサマンサのイメージにおれ的にはぴったりでした。
人工知能が搭載されたOSと人間の恋愛を描く近未来ラブロマンス。このOSと人間との決定的な違いは体/行動の有無。心/感情は人間同等のそれを持ち、更に頭/思考は人間のそれを遥かに凌ぐ。けれど同時に8000人と会話をして600人と付き合うという、本来の人間には理解しがたい思考や感情は、結果として恋愛はうまくいかない(←プログラミングで制御できそうだけど。)。近い未来、実際に起こり得そうな物語。
大好きな恋愛映画になってしまった。でも、とても切ない。
人工知能型OSのサマンサと、主人公との会話が超ロマンティックなの。そうか、こうやって、愛する人と会話をしていけば、愛が育まれるんだ。。
自分にフィットして、温かく、深い会話は、人の心を満たす。そんな二人が一緒なら人生はときめき、輝く。会話だけだからこそ、恋愛の醍醐味が、本当の心の充足とは何か?と考えさせられた。

最初は、ときめきと満足で幸福な日が過ぎる。
しかし、肉体をもたない人工知能との恋愛。
葛藤も当然うまれてくる。

それを乗り越える。
しかし、次は人工知能が人工知能ゆえにどんどんと、理解しえないスピードで進化しちゃう事で起きる葛藤。

どこかで進化を適切なところで止める事はできなかったのかしら。

心を許して、心を開いた相手との別れは、とても虚しい。。

最初は凄く羨ましかった、人工知能との恋愛。
最後は、あー、相手が人間でヨカッタ、と半ば安堵しました。。
>|