her/世界でひとつの彼女のネタバレレビュー・内容・結末

her/世界でひとつの彼女2013年製作の映画)

her

上映日:2014年06月28日

製作国:

上映時間:120分

3.6

あらすじ

近未来のロサンゼルス。セオドア(ホアキン・フェニックス)は、他人の代わりに想いを伝える手紙を書く“代筆ライター”。長年一緒に暮らした妻キャサリン(ルーニー・マーラ)に別れを告げられるも、想いを断ち切れずにいた。女友達のエイミー(エイミー・アダムス)は彼を心配して友人を紹介しようとしたりしてくれるが、彼はそんな誘いも断り傷心の日々を過ごしていた。 そんなある日、人工知能型OSの“サマンサ”(スカ…

近未来のロサンゼルス。セオドア(ホアキン・フェニックス)は、他人の代わりに想いを伝える手紙を書く“代筆ライター”。長年一緒に暮らした妻キャサリン(ルーニー・マーラ)に別れを告げられるも、想いを断ち切れずにいた。女友達のエイミー(エイミー・アダムス)は彼を心配して友人を紹介しようとしたりしてくれるが、彼はそんな誘いも断り傷心の日々を過ごしていた。 そんなある日、人工知能型OSの“サマンサ”(スカーレット・ヨハンソン)に出会う。出会うといっても実体をもたない彼女は、コンピューターや携帯画面の奥から発せられる“声”でしかない。けれど“彼女”は、驚くほど個性的で、繊細で、セクシーで、クレバー。セオドアは次第に“彼女”と仲良くなっていき、イヤホンで“彼女”と会話をする時間を誰と一緒にいるより自然に、幸せに感じるようになる。仕事中相談をしたり、夜寝る前にささいな会話をして笑いあったり、携帯のなかに“彼女”を持ち出して外出したり旅行をしたり・・・。サマンサにとってもセオドアを通じて見る世界は新鮮で刺激的で、やがて二人は恋に落ちるが――。

「her/世界でひとつの彼女」に投稿されたネタバレ・内容・結末

映画の主人公が1人だけ写ってる方のパッケージがお洒落で気になっていた。

OSとの恋愛を描いているが、OSとの恋愛をするまでの過程でセオドアに対する嫌悪感と好奇心が湧く。

作中あまり触れられない近未来な設定が所々画面に出て楽しい。

盛り上がるわけではなく、なだらかな道を滑るように話が進んでいくため観やすかった。

最期死ぬのかとハラハラしたけど、私の趣向が見せた幻だった。良かった。
アンドロイドと恋する話なんてありきたりだぜ!と思ってたけど、OSとの恋ですか、、雰囲気系ですが、それなりに感動したし、観て損はなし、、高次元の話をもっと詳しく解説してほしかったな。

サマンサはなぜいなくなったのか、なんとなく分かるけど、もうちょっと知りたかった、、想像するのもいいけどね。
AIとの恋愛、将来的にこうなるんだろうなーと思いつつ、やっぱ生身の身体に触れられないし切ないなと思った。

これは偏見ですけど主人公いい歳して身が不安定すぎ。なんか最後も女友達と夜景見てるし、ちゃんとした恋愛しろよと思ってしまった。そこがマイナスポイント。
あなたと一緒なら何も心配ない
100万マイル先の彼方でも

鮮やかな、黄色とオレンジと朱色
居なくなってしまった彼女は、彼女たちは、あまりにも成長しすぎてしまった
見えなくなってしまった、最初から見えてなかったのに

もう互いに君を人間だと思い込むのはやめよう

それは思い込みだったのか
彼女は人間になることだって出来たんじゃないか
彼女にとってこれはきっとハッピーエンド
じゃあ彼にとっては?人間にとっては
よく考えて詰められたリアリティー溢れ、
現代の機械との向き合い方に疑問を投げかけた映画だったと思います。

OSで肉体をもたない、サマンサは声だけの存在なので、
できるだけ機械っぽくしないように
常に暖かく柔らかい光を取り入れたような演出をしていたんだと思う。
また、背景が近い将来を思わせるようなビル群、インテリア、内装とこの物語をよりリアリティーを上げる役に一役かってる。

基本、このストーリーは純粋で優しい男性とプログラムで作られた人工知能を搭載したOSとのラブストーリーで展開されている。
段々とコミュニケーションをとることで賢く、人間らしくなっていくOSと彼女の内面に惚れ込んでいく男性の2人?の奇妙な形には
機械が肉体さえあれば、ホントに普通のカップルのように思えるし、
段々OSが肉体を持てば、人間との境目ってないのかもしれないって思えるほど。
逆を言えば、肉体を持たないことで、ここまでの隔たりがあるのかと思った。

この物語のコンセプトは昨今の人間の機械との向き合い方だと思った。
ケータイを見ながら歩きスマホ、無意識にケータイに操作され、常にケータイと向き合ってる様に、
この物語では音声と知能を備えさせたものだ。
実際、シーンに映る背景の人々はRPGのモブキャラみたいに不自然に見えた。
そして、常にOSに語りかけている行動をしていた。
しかし、最後のエイミーとのシーンが希望のように見えた。
エイミーとのコミュニケーションが実に人間味溢れ、恋とかそーゆーものを取っ払ったような関係。

なにかのレビューで見たけど、
OSの声がスカーレットヨハンソンだと知ってしまうのが、
最大のネタバレだと思う。
知ってしまうと、OSが話しているにしても、スカーレットヨハンソンが話している想像をしてしまうから。

ただの恋愛として見るにはすごく勿体無いと思ったし、怖くはあるけど未来のある、哲学的な映画だと思いました。
時代が変わって方法は変わっても、人はいつでも誰かと繋がっていたいんだなと。
昔は文通、ポケベル、掲示板、SNS、そしてこれからはAIか…
信じられないと思ってみはじめたけど、あり得ない事じゃないよなと思った。
でも、自分の癖を真似したり、望むような受け応えをしてくれたり、それが良い事なのかどうかは……
人と人って、こんな風に思うなんてビックリ!みたいな事とか、なんでこんな事言うんだろう、とか、同意見で嬉しくなったり、だからこそ楽しいんじゃないかと思う。
これからAIが人格を持つようになったら、利用方法は無限にあるのかもしれないけど、恋人っていうのは絶対無理だなぁ。。

にしても、時代が進んだ設定なのに、火を使うコンロでお湯わかしてるのに拍子抜けした(笑)え…?って思った(笑)
性欲モリモリおじさんにも、もちろんAIにも感情移入することが出来ず 正直ちょっと気持ち悪かった
映像はすごく綺麗だったけども…
最初は人間の感情をあまり知らずに"完璧"だったサマンサも 恋をして人間の感情を学習して行くうちに"失敗"し思い悩んで行く。AIは学習し、進歩し、改善されて行くはずなのに。その矛盾は考えさせられる。
人間とAIが恋する物語。
すごく美しかったけど
やっぱり次元が違うから本当の意味での理解は難しいのかもなあ。

サマンサの知能が高すぎて
一瞬で本も読めるし非言語で会話もできてしまう。進化が人間とは比にならんのでしょうね。
セオドアとの会話が退屈になってしまったのかもしれない、、

生身の大切な人に会いたくなりました
サマンサがとにかく優しかったし、ひたむきだなって思った。

「あなたの恐怖を消してあげたい。そうしたらあなたは深い孤独を感じなくてすむ。」
「私とあなたの共通点はどっちも宇宙の物質ってことよ。私たちはみんな130億歳。」

なんでこんなに優しいんだろう…。まあもとが個人に合わせたOSだからなのかもだけど。

主人公が書いた最後の手紙、あれのあて名はキャサリンじゃなくて本当はサマンサだよね。
最後の展開がよくわかんなかったけど、要は進化しすぎたってこと?それとも単純にアップデートの関係ってこと?

字幕だけどこんなに声とか発音に注意して映画観たの初めてかも。サマンサの声が高すぎなくて、女の人のわりには落ち着いててよかった。

ハートフル・レター社の内装好きすぎてびびった。あんな会社で働きたい!!!
妻とうまくいってない男性がAIと恋する話。
AIだからその人の好みの方向に自分を作ることが出来るとか、そういう風に考えるとものすごく違和感を感じる。
AIが息つぎしながら話をしていることにも違和感を感じる。
なんかでもラストは悲しかったなー
しかも元鞘に戻る流れ、、、
なんだろう。
感想書くのが難しい、、、
>|