her/世界でひとつの彼女のネタバレレビュー・内容・結末

her/世界でひとつの彼女2013年製作の映画)

her

上映日:2014年06月28日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「her/世界でひとつの彼女」に投稿されたネタバレ・内容・結末

OSと人間の愛

徐々に進化し感情豊かになるOS(サマンサ)
触れることはできないがいつでもどこでもイヤホンをつければ会える。
それは肉体が無いことで利点でもある

OSは1度にいくつもの会話ができ
終盤のシーンで
主人公が今僕以外とも話しているのかと尋ね
8,000人もの人と同時に会話していることを知り
その中に恋人が600人もいる
でもあなたへの愛は変わらない
むしろ大きくなるばかりと言うサマンサ

人間なら浮気どころの話では無い
でもたとえ人間のように感情は持てても
人間とOSではそもそもが違うから
サマンサに悪気は無い
そこに胸が苦しくなった

OSはリアルなのかそうで無いのか
近未来の物語
「気づいたの、
いつの間にか自分をダメなやつと決めつけてたと
作り話を言い聞かせてた
私は劣ってるって
"過去"は自分で作り出してたね」

「恋に落ちた人は同じ
恋ってクレイジーなものよ
いわば社会的に受容された狂気だと思うわ」

「自分の中にあるこだわりを手放してみようと思ったの
そしたら気づいた、愛に理由なんて要らない
自分の感覚を信じればいいと
もう自分以外のものになろうなんて思わない」

「1秒前の自分と同じ状態の人は1人もいない」
ーーーーーーーー

会話を深めることで、心の奥で繋がり合うことが出来る。
でも、人間には肉体での繋がりも不可欠で、更によりいっそう心も繋がっていくもの。
サマンサには皮肉だけれど、肉体を持った生身の"人間"として生まれ落ちた喜び、そして恋愛の力を改めて感じた。

反面、恋に落ち長く愛し合った2人が仲違いし離れていく部分もよく描かれていて、恋愛感情の光と影、その両面を考えさせられる。

代理人との一連のシーン、サマンサの懸命さが可愛くて切なくて、から回ってて、泣けた…。

随所に挿入されるLAの夜景、美しい音楽も楽しめた。
終わり方に賛否あるだろうが、私的には妥当な結末と感じた。
それにしてもスカーレットヨハンソンは声だけでも素晴らしい演技をするなぁ。さすが。
意外と胸糞映画
AIが発達することのメリットの1つが見える作品だが、やはり人とAIの共存の難しさがテーマの1つとして描かれていたのが印象的だった
ちなみに物語終盤で起こるAI同士の非言語での会話はAIの研究中に実際に起こったことらしい
結局AIが彼に言ってたことは本気なのかただのプログラムなのか謎
結局は肉欲、恋愛で悩む自分に酔っちゃってるタイプ、気がつけば周りの友人は異性ばかりの典型的なビッチ、というか私が生理的に受け付けられない種の人間、、、

この手の人って、愛だの何だの言いながら、都合の良い相手に対して、都合良く優位に立ちたいだけじゃないですか、AI相手にそんなことして、反撃食らったらどうするのホアキンフェニックス、、、自分で開発したわけでもない民間の製品にこんなにもプライベートをさらけ出して何の恐怖もないわけ、、、???
そんなご都合主義お花畑脳の人はステルス見てからもう一回考え直した方がいいよ、、、

スカヨハがここまで一途に愛してくれてるのに自分は未練たらたらの元妻、最近離婚した元カノ、、、何人股にかけてるんですかって

画面が娼年ばりだったけど娼年のがまだ見てられたな

ニューヨークは綺麗だったから、ニューヨークはなにも悪くないしキャストも豪華です
290
ホアキンフェニックス目的で。笑
恋は社会に受容された狂気とか、人生は経験すべき未知とか印象的なセリフが多かった。私実は641人と浮気してるのってシーン声出してわらったけど凄い切なくなった。

地味に印象的だったのはダブルデートで相手カップルにサマンサがすんなり受け入れられてたとこ。osとの恋愛は今で言う同性愛くらいの認識なのかな。

恋愛について普遍的なものを教えてくれた気がした、知らんけど。
近い未来の人工知能のお話?
実際人工知能の到達できないところは人間の蓄えてる感情だと言うけど、実際2次元に恋してる人がいたりバーチャルの世界がより実態的になるかもしれないと思った
「リアルな感情がないのよ」
「恋愛なんて法の許す狂気よ」
実際この映画のしめ方はどんなに人工知能が多くのプログラムを経て人間に似せようとしても
肉体があって予測できない感情、十人十色の多様な思考を持つ人間とは違うものであるということなんだろうな
近い未来はほんとにおしゃべりAIなんて出てきそうだけど
この話を聞いて私の男関係なんてほぼバーチャルで意味のわからない得体の知れない人に会うなんて気がしれないな、なんて思ったり
やっぱり最後には紙の本が出版社から送られてくるわけなんだけど、それへアナログに勝るもの、人体に勝る感情はないよ、ということなんだろうな
私もリアルから目を背けてはならないな〜
人生にときめきたい!
とても映し方が好き。色の移ろいが美しい。すごい端々まで配慮された作品なんだなという印象。ただ、突如終了のお知らせ→ENDというのは、ウ~~~ン。AIモノだからしょうがないのかなぁ。

今付き合っているのが600人て。600人???AIだから、まぁ、うん。仕方が無いのかな?と思ったけれど、サマンサ自分が賢いことを全面に出して来るし、AIだから、というのも全面に出してくる、これも1種の恋、違うの、違うのよ、と語りかけてくる感じ、好きではない。なんだろうなぁ。

肉体がないから寂しくて、そこにいるかが分からなくて、不安で、怖くて、でも肉体がないから自由で、伸びやかで、人との関係に囚われない。肉体を羨ましがる癖に、彼女の心(?)は肉体を全力で拒否するな

もう一回見て感想まとめたいな、という気持ち。難しい。思うところは沢山ある。けれど、言語化が難しい。
吹替版で見たから今度は字幕で見よう。AIの声、哀ちゃんだな…と思った(まさかかけてる……?)
決して遠くは無い未来を描いているような…
今はイヤホンのみで会話しながら歩いてる姿も珍しくは無いし(個人的にはまだ慣れないけれど…)
それこそ、恋人は実在?なんて聞く時代がくるのかもなしれないな…なんて思いました。

いつも必要な時にいてくれて
助けてくれて
共感してくれて
味方でいてくれる…
ただ同時に8000人と会話してるとはー!w
あー…
それはダメだー…w

でも本当にそんな人がいたり
自分もそんな風になれたら
どんなにすてきだろうか…
音楽も映像もみんな優しくて素敵でした。
スカーレットヨハンソンのハスキーボイスも素敵でしたが
どうしてもお顔が…
浮かんでしまう問題はあったかな…


いろんなこと
うまくいかなくても
優しくて
素敵な映画でした。
この映画にコピーを付けるなら、「2015年、押さえておきたいお洒落映画」だと思う。
色、ファッション、インテリア、映像どれをとっても計算された美しさを感じることができる。

近未来より近そうな未来が舞台。AI(人工知能)型OSと人間とのSFラブストーリー。ここ数年ポロポロ作られている人間と感情を持つはずのない物体(物質)の恋愛話なので、二番煎じ三番煎じな題材ではある。
OSサマンサの声はスカーレットヨハンソンなんだけど、声だけの出演なのにスカジョさんが目に浮かんでしまうのはいかがなものか。それなら第三者と2役やればいいのに。
エイミーアダムス、オリビアワイルド、クリスプラット、ルーニーマーラは良キャスティング◎
ママゲームやってみたいなあ。
>|