ルパン三世 グッバイ・パートナーの作品情報・感想・評価

『ルパン三世 グッバイ・パートナー』に投稿された感想・評価

あられ

あられの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

小林清志さん追悼⑪

TVスペシャルシリーズ第26弾

ルパンの世界が先進的になってますw 必要な物は全て作れる大型3Dプリンタ、スーパー量子コンピュータ、(チョーカー型のマイクロ爆弾と)腕時計やスマホへのペアリング設定、ドローン、ハッキング、仮想通貨、サイバーテロ、シンギュラリティ…。しかしながら、お決まりのシーンや前作のオマージュ、先の読めてしまうストーリー展開は相変わらずです😆

全体的にワクワクする内容が満載なのに、逆に詰め込みすぎて、話が全体に薄っぺらく微妙で中途半端になってしまったのが、もったいないと思いました😆


ルパンを逮捕できないのはルパンと共謀してるからだって、ネバダ州で逮捕されちゃう銭形警部がめちゃくちゃ哀れですが、甚だ面白い言いがかりだと妙に納得しちゃいましたw これまでもありましたが、ルパンと銭形警部が一時停戦して共闘します。そんなことするから…ww

今作の敵、ロイ・フォレストは、政治家でテレビ局のオーナーで元特殊部隊所属。次期大統領の椅子を狙っており、最新AI“エミルカ”にスーパー量子コンピュータをインストールさせ、世界の全システムをハッキングし、森羅万象全てを掌握し支配する。そのための起動の鍵である宝石“タイムクリスタル”をルパンに盗ませるため、銭形警部を逮捕させ出汁に使う😆

更にロイは、次元の元カノの娘で、ショパンコンクール最有力優勝候補のアリサを誘拐、ロイの管理する要塞に監禁し、次元を従わせる。

次元は仕方なくルパンを裏切ることになるわけですが、次元がこだわりのM19マグナム銃からオートマティック銃P229に変えてることで、直感的に何かを感じ取ってるルパン。ツーカーの仲の2人の、長期に及ぶ信頼関係が再確認できたのは嬉しい限りです😆

ロイは、相当悪どい知能犯ですが、最後は次元の返り討ちにあい、地味にフェードアウトします😆


一気にシンギュラリティに到達し、ハッキングしまくる“エミリカ”の暴走が、半端なく恐ろしかったです。世界を攻撃し、その結果、エミリカVS アメリカ政府になってしまい、残念ながらルパン一味の影がちょっと薄くなってしまった気がします。

そんな中、”エミリカ”のパスワード解除のため、アリサと不二子が、“革命のエチュード”を連弾しますが、2人のピアノは中々聞き応えがありました。作中では多少のピアノ曲も奏でられ、ショパンが堪能できました😆

最終的には、ルパン&次元がドーラ砲で”エミリカ”のある要塞施設の送電設備を破壊し、電力供給をストップさせる。五ェ門は切望していた”タイムダイヤモンド“を斬鉄剣で斬ると「久しぶりに斬りがいのある物を斬らせてもらった」と満足そうでした😆

他にも今作は、次元の過去の切ないラブストーリーを垣間見ることができました。ある男性からエンゲージリングをもらった次元の元カノ=アリサの母。彼女が子を持ちたいと言う夢を叶えてあげられず、身を引く次元。「大丈夫。お前なら上手くやれる。それでも困ったことがあったら、必ず俺が駆けつけるから。って言っても、俺が出来ることなんて、銃をぶっ放すことくらいだけどな…」

エンディング曲。次元が人知れずショパンコンクール会場に現れ、アリサのピアノを聴きに来る。アリスのピアノの上には、次元と元カノとの思い出だった“カランコエの花=花言葉は沢山の小さな思い出。そして、あなたを守る”が飾ってあって、めちゃくちゃジーンときました😭
Naoya

Naoyaの感想・評価

2.2
ルパンとの共謀の容疑で、銭形警部に逮捕令状が出される。ルパンはTVに出演し誤報であることを伝えるが、誤解を解く代わりに特別なダイヤモンドを盗むはめになる。『ルパン三世』テレビスペシャル第26作。様々な主要キャラクターに焦点が当てられた内容で、バラエティ豊か。終盤の派手さはある。ルパンVS次元の展開が弱い。ルパンや次元の新ジャケットは良い。
最初に銭形警部が逮捕されて「グッバイ・パートナー」…?って思ったら対立するのは次元だった。

ショパンの部屋が現れる仕掛けとか、AIとか面白かった💡エミルカは登場した瞬間目が恐くてバイオのレッドクイーンみたいだった😳

音楽と戦闘機のシーン、マクロスみたい✨

さらに洗練されたとっつぁんのワッパ投げと珍しいパッツンの不二子ちゃん好き😍
taka

takaの感想・評価

3.6
『ルパン三世TVスペシャルの歴史
  全27作を時系列でまとめた🤣』
何か気になって調べてみたら懐かしい😆
いつからだろうか?…。
あまり観なくなってるのが悲しい😭
「アナタは何本分かる?何本観てる?」
ワルサーP38か1$マネーが好きかな👍
【taka調査(保存版)】1989〜2021
◎バイバイ・リバティー・危機一発‼︎
◎ヘミングウェイ・ペーパーの謎
◎ナポレオンの辞書を奪え
◎ロシアより愛をこめて
◎ルパン暗殺指令
◎燃えよ斬鉄剣
◎ハリマオの財宝を追え!!
◎トワイライト☆ジェミニの秘密
◎ワルサーP38
◎炎の記憶〜TOKYO CRISIS〜
◎愛のダ・カーポ
 〜FUJIKO’S Unlucky Days〜
◎1$マネーウォーズ
◎アルカトラズコネクション
◎EPISODE:0 ファーストコンタクト
◎お宝返却大作戦!!
◎盗まれたルパン
 〜コピーキャットは真夏の蝶〜
◎天使の策略 〜夢のカケラは殺しの香り〜
◎セブンデイズ・ラプソディ
◎霧のエリューシヴ
◎sweet lost night
 〜魔法のランプは悪夢の予感〜
◎特別篇ルパン三世VS名探偵コナン
◎the Last Job
◎血の刻印 〜永遠のMermaid〜
◎東方見聞録 〜アナザーページ〜
◎princess of the breeze
 〜隠された空中都市〜
◎イタリアン・ゲーム
◎グッバイ・パートナー
◎プリズン・オブ・ザ・パスト

「ふ〜、疲れたあ〜💦」
因みに私は、27作中で16作しか観てない😅
後半は殆ど観てなかった😅

さて、最後に本作にひと言だけ…。
【次元大介の裏切りの書😅】
Miko

Mikoの感想・評価

1.5
ルパン好きでルパンだけはコメント残しているんだけど(コナンとか観ているけどカウントしていない)今作は悲しい出来で、コメント出来れば残したくないなぁと思ってしまった。

今作は『グッパイ・パートナー』とあるだけあり、売り文句はルパンVS次元大介。
次元大介がなぜルパンを裏切るのか、に焦点を当てた作品だが、今作は次元大介がルパンを裏切るの理由としては薄い動機付けだった。次元大介がルパンを裏切るのには、それなりの物がないと無理だよ。付かず離れずの微妙な距離感だけど芯の部分ではしっかりとした信頼関係の元にあるパートナーなのだから。裏切るならとことんしてくれないと。

またルパンVS次元大介というストーリー展開だけではなく、アーティストとAIという設定も盛り込まれていて少々詰め込みすぎ。
設定だけで、ルパンたちの息のあった絶妙な信頼関係や力関係などが描かれておらず、ファンとしてはかなり不満。

小林清志さんのお声が聞けたのだけかな好印象は。大塚明夫さんが小林清志さんからバトンを引き継ぎ、Part6の次元大介素晴らしいです。それでも小林清志さんの声が聞けたのはやはり嬉しい。

ストーリー : ★☆☆☆☆
映像 : ★☆☆☆☆
設定 : ★☆☆☆☆
キャスト(声優) : ★★★★★
メッセージ性 : ☆☆☆☆
感情移入・共感 : ☆☆☆☆☆
Lim

Limの感想・評価

3.1
ストーリー意味不明
正直面白くなかったけど、小林さんの次元を聞けるので良いです。
よつ

よつの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

小林清志さん様様な作品だな。
作品自体の評価はさほどかも。詰め込みすぎだし、設定もむちゃくちゃ、オチも読めてしまう。でも次元大介のなんと言うかあのぶっきらぼうで不器用な性格、そして小林清志さんの演技が相まってエモーショナルなものになっている。
次元大介のファンは見るべき。
ちひろ

ちひろの感想・評価

1.3
ルパン三世 グッバイ・パートナー 26点
川越淳監督、2019年1月25日放送(原作者生前最後のルパン三世のアニメ作品)
テレビスペシャルシリーズ第26作
お宝:タイムクリスタル
ショパンの楽譜がパスワードとなり、AIと連携している。
その設定がかなりぶっ飛んでいる。
ピアニストと泥棒をつなげたかったようだがイマイチお互いの存在が噛み合ってるように感じなかった。
ルパンシリーズにおける微妙な関係性の中のお互いの絆が全く感じられなかった
話も興味がそそられず、、、、途中でフェードアウト
maco

macoの感想・評価

-
新しいTVシリーズからの流れで、絵が現代的で親しみやすく、きれいになったルパン映画。銭形と共闘したり、次元と反目したり、ファンサービスの多い設定だなと思った。藤子はジャズピアノなんだな〜。
yiyi

yiyiの感想・評価

5.0
次元の不器用さ、
過去作からのオマージュが
現代的に表現されていて
堪らない.
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品