アデル、ブルーは熱い色の作品情報・感想・評価

アデル、ブルーは熱い色2013年製作の映画)

LA VIE D'ADELE/Blue is the Warmest Color

上映日:2014年04月05日

製作国:

上映時間:179分

ジャンル:

3.8

あらすじ

運命の相手は、ひと目でわかる──それは本当だった。高校生のアデルは、道ですれ違ったブルーの髪の女に、一瞬で心を奪われる。夢に見るほど彼女を追い求めていたその時、偶然バーでの再会を果たす。彼女の名はエマ、画家を志す美学生。アデルはエマのミステリアスな雰囲気と、豊かな知性と感性に魅了される。やがて初めて知った愛の歓びに、身も心も一途にのめり込んで行くアデル。数年後、教師になる夢を叶えたアデルは、画家…

運命の相手は、ひと目でわかる──それは本当だった。高校生のアデルは、道ですれ違ったブルーの髪の女に、一瞬で心を奪われる。夢に見るほど彼女を追い求めていたその時、偶然バーでの再会を果たす。彼女の名はエマ、画家を志す美学生。アデルはエマのミステリアスな雰囲気と、豊かな知性と感性に魅了される。やがて初めて知った愛の歓びに、身も心も一途にのめり込んで行くアデル。数年後、教師になる夢を叶えたアデルは、画家になったエマのモデルをつとめながら彼女と暮らし、幸せな日々を送っていた。ところが、エマが絵の披露をかねて友人たちを招いたパーティの後、急に彼女の態度が変わってしまう。淋しさに耐えかねたアデルは、愚かな行動に出てしまうのだが──。

「アデル、ブルーは熱い色」に投稿された感想・評価

💙🐬🐋🌎🦋🌊💧💙❄️💎🦋

記念すべき300本目は『アデル、ブルーは熱い色』となりました!🐋
300本って皆様方に比べたらまだまだ全然なのですが、私にとっては何か大きなものなので個人的に祝いたいと思います笑

レアセドゥを初めて知ったのは、ダニエルクレイグの007スペクターでボンドガールとして出ていた時ですね。
まだ綺麗なお姉さんというイメージしかありませんでした。
アデルはこの作品が初めましてです!

とにかく美しい❄️
主演の2人はもちろん映像も劇中に流れる雰囲気もフランス語の発音も生活音も音楽も。全てが美しかったです。
特に『アデル、ブルーは熱い色』というだけあって、作中の至る所で青い色が目に付きました🦋🦋
ブルーは寒色だけどアデルにとってそれは熱い色なんですよね。

もう交差点でお互いが一気に惹かれ合うシーンが素敵すぎて何回も繰り返して観ています💍(LINEのホーム、iPhoneのロック画面ともに2人がすれ違うシーンです笑)

アデルの髪のぼさぼさ具合とか、ずっとぽかーんと空いた口とか、そしてやっぱり私は食事シーンが苦手なことが分かりました笑

エマはもうほんとにかっこよくて、笑い方とか仕草がいちいち私の胸をきゅんきゅんさせてきて、あれは普通に惚れます。
というより、惚れました🤦🏻‍♂️

レズビアンの恋だからとかじゃなくて、ほんとに普通のカップルと同じように過ごしていて、喧嘩もするんだなぁと…。
あの大きな喧嘩があって色々ゴタゴタしてしまうのですが、あの2人はあれで良かったんだと思われます。
あの男の人もっと追いかけていればどうなっていたんでしょう…。

とにかくこの作品に出会えてよかったです!🙏🏻💦

【今作の作品中の音楽は
・I Follow Rivers
を聞いています( ¨̮ )♪】

💙🐬🐋🌎🦋🌊💧💙❄️💎🦋
みぃ

みぃの感想・評価

3.8
恋愛の楽しさと苦しさをじっくり、ひしひしと感じる映画。

アデルとエマそれぞれの環境や性格、生き方すべてが対照的で、だからこそ辛い時に生まれるどうしようもなさが痛いほど伝わってきます。
アデルもエマも美しすぎる。アデルの演技が自然すぎる。あーパスタのシーン、海のシーンすきー。アデルが物書きをはじめてたらまた違う結末だったんだろうな
面白かった。

孤独が描かれていた。
主人公が孤独なのは本当にやりたい事を諦めてしまったからだと思った。
映画JP

映画JPの感想・評価

4.0
女性同士の恋愛物語。
雪

雪の感想・評価

4.8
レア・セドゥ演じるエマに誰もが恋する映画ですこれは
高校に迎えに来ていたエマの綺麗なことといったら 美少年そのものでした
濡れ場本格的すぎて映画の途中でどうやって演じたのか調べたよ思わず
アデルは可愛いけど、エマと生きてる世界が違いすぎてそこが悲しかった エマも多分浮気してたのに自分のこと棚に上げてブチ切れてたの良さがあった
どこに行けばエマと出会えますか??
Takashi

Takashiの感想・評価

4.2
エマが透き通るほどの白さで目が宝石のように青い、本当に綺麗でクールな女の子だった。かっこよすぎる。
アデルが自分のことに気付いてからのさまざまな描写やその後に関しての話が事細かに描かれていて、3時間という長さでなければ伝えられなかった部分が多くあり、特別長いと思わせることもなかった。
どんな愛にしろ、最愛のものと別れるのはとても辛いもの。お互いがお互い思っていてもふとしたすれ違いから歪みが生まれてしまう。
最後のエマの展覧会に招かれ、そこにエマ色に染まった綺麗な青のドレスで現れたアデル。先日にもう完璧に別れたと言い切ったけど、やはり諦めきれない姿に心を締め付けられた。そして最後に去っていき、その後ろ姿で締めくくられた。
あとここまで役者が濡場を本気でやった映画観たことない、正直ビビった。
わかな

わかなの感想・評価

2.3
観てる時はとても眠くて映画も長くてどうなるかと思ったけど、観終って暫くしたあと、目に青色が強く焼き付いているのに気がついた。
喜怒哀楽と人間の三大欲求と権利を網羅した生気に溢れた映画であったと思う。そしてそれに忠実なアデルが輝いて見えた。それを表す色として青がとてもぴったり。

私が眠かったのは、そういう生きるってことに疎くなってしまっているからかもしれない。そして、恋に落ちるってこういうことだったなって何度もハッとした。自分の興味のある芸術について気軽に話したり議論できる環境、夜中に外で歩いても居場所があるのが羨ましい!関係ないけど「life imitates art」って言葉が頭の中ぐるぐるしてる。私もワインとタバコ片手に大皿に乗せる料理を作って、みんなで食べたい。
記録
口開けて寝てる姿が
この世で一番可愛い😍
mii

miiの感想・評価

3.3
映画はたまに、自分の置かれてる状況と酷似してることがある。それ故に、涙が出た。たまらないラストの3時間だった。
こんなに素敵なのに、アドリブばかりと聞いて驚いた。ノーメイクがほとんどな気がしたけど、気のせい?だけど、それが味を出していてたまらなく現実味を帯びていた。ブルーは熱い色だ、本当に。
>|