アデル、ブルーは熱い色の作品情報・感想・評価

アデル、ブルーは熱い色2013年製作の映画)

LA VIE D'ADELE/Blue is the Warmest Color

上映日:2014年04月05日

製作国:

上映時間:179分

ジャンル:

3.8

あらすじ

運命の相手は、ひと目でわかる──それは本当だった。高校生のアデルは、道ですれ違ったブルーの髪の女に、一瞬で心を奪われる。夢に見るほど彼女を追い求めていたその時、偶然バーでの再会を果たす。彼女の名はエマ、画家を志す美学生。アデルはエマのミステリアスな雰囲気と、豊かな知性と感性に魅了される。やがて初めて知った愛の歓びに、身も心も一途にのめり込んで行くアデル。数年後、教師になる夢を叶えたアデルは、画家…

運命の相手は、ひと目でわかる──それは本当だった。高校生のアデルは、道ですれ違ったブルーの髪の女に、一瞬で心を奪われる。夢に見るほど彼女を追い求めていたその時、偶然バーでの再会を果たす。彼女の名はエマ、画家を志す美学生。アデルはエマのミステリアスな雰囲気と、豊かな知性と感性に魅了される。やがて初めて知った愛の歓びに、身も心も一途にのめり込んで行くアデル。数年後、教師になる夢を叶えたアデルは、画家になったエマのモデルをつとめながら彼女と暮らし、幸せな日々を送っていた。ところが、エマが絵の披露をかねて友人たちを招いたパーティの後、急に彼女の態度が変わってしまう。淋しさに耐えかねたアデルは、愚かな行動に出てしまうのだが──。

「アデル、ブルーは熱い色」に投稿された感想・評価

💙🐬🐋🌎🦋🌊💧💙❄️💎🦋

記念すべき300本目は『アデル、ブルーは熱い色』となりました!🐋
300本って皆様方に比べたらまだまだ全然なのですが、私にとっては何か大きなものなので個人的に祝いたいと思います笑

レアセドゥを初めて知ったのは、ダニエルクレイグの007スペクターでボンドガールとして出ていた時ですね。
まだ綺麗なお姉さんというイメージしかありませんでした。
アデルはこの作品が初めましてです!

とにかく美しい❄️
主演の2人はもちろん映像も劇中に流れる雰囲気もフランス語の発音も生活音も音楽も。全てが美しかったです。
特に『アデル、ブルーは熱い色』というだけあって、作中の至る所で青い色が目に付きました🦋🦋
ブルーは寒色だけどアデルにとってそれは熱い色なんですよね。

もう交差点でお互いが一気に惹かれ合うシーンが素敵すぎて何回も繰り返して観ています💍(LINEのホーム、iPhoneのロック画面ともに2人がすれ違うシーンです笑)

アデルの髪のぼさぼさ具合とか、ずっとぽかーんと空いた口とか、そしてやっぱり私は食事シーンが苦手なことが分かりました笑

エマはもうほんとにかっこよくて、笑い方とか仕草がいちいち私の胸をきゅんきゅんさせてきて、あれは普通に惚れます。
というより、惚れました🤦🏻‍♂️

レズビアンの恋だからとかじゃなくて、ほんとに普通のカップルと同じように過ごしていて、喧嘩もするんだなぁと…。
あの大きな喧嘩があって色々ゴタゴタしてしまうのですが、あの2人はあれで良かったんだと思われます。
あの男の人もっと追いかけていればどうなっていたんでしょう…。

とにかくこの作品に出会えてよかったです!🙏🏻💦

【今作の作品中の音楽は
・I Follow Rivers
を聞いています( ¨̮ )♪】

💙🐬🐋🌎🦋🌊💧💙❄️💎🦋
今まで見た中で最高の同性愛映画。

1度でも忘れられないような情熱的な恋愛をした事がある人は絶対共感できると思う。
くぼ

くぼの感想・評価

3.5
ふたりとも雰囲気さいこう
Kanoko

Kanokoの感想・評価

4.8
心から誰かを好きになると、その人を自分だけのものにしてしまいたくなったり、ふと感じる疎外感を誰かで埋めようとしたり。
まっすぐに恋に落ちて、エマの世界にのめり込んで行くアデルにとても共感できた。

この二人が主演で良かった。
本当に美しかった。何度でも観たい。
姉と見に行って気まずい映画。
気まずさだけが記憶に残る映画体験
女子あるある的な面からも考えられるし、とりあえずお口が半開き
長い。けど、ぼーっとみてて、同性愛者というより、普通の恋愛映画をみているようなかんじ。
寂しくもなるし、浮気も嫉妬もあって、異性愛者と変わらないとおもった。
アデルもエマもかわいい。ミステリアスな雰囲気に惹かれるのは、共感できる。
muka

mukaの感想・評価

3.8
二人の感性のぶつかり合いが良かった。

特に後半の、久しぶりにカフェで出会った時の微妙な距離感が生々しかった。
ooospem

ooospemの感想・評価

4.8
たぶん鑑賞中わたし、何回も「そうね」と独りごちていた。うん、そうね、そうね。うーん。わたしレズビアンなのかな。良いな、一目ぼれして、二人して振り向きざまに交信しちゃうやつ。ありえないと思い込んでいた人生の選択肢が、突然道しるべになってしまって戸惑うやつ。良いな、本能って感じ。迷いあっても進むしかないって感じ。そういう運命的なことを描いておきながら映画のタッチは全体的にリアルで、奇抜な演出がないからするっと入り込んでしまう。良い、ちょっと普通じゃない運命に逆らえっこない人生の味方。すごく好き。それと、レアセドゥは惚れちゃうね。
>|