アデル、ブルーは熱い色の作品情報・感想・評価

アデル、ブルーは熱い色2013年製作の映画)

LA VIE D'ADELE/Blue is the Warmest Color

上映日:2014年04月05日

製作国:

上映時間:179分

ジャンル:

3.8

あらすじ

運命の相手は、ひと目でわかる──それは本当だった。高校生のアデルは、道ですれ違ったブルーの髪の女に、一瞬で心を奪われる。夢に見るほど彼女を追い求めていたその時、偶然バーでの再会を果たす。彼女の名はエマ、画家を志す美学生。アデルはエマのミステリアスな雰囲気と、豊かな知性と感性に魅了される。やがて初めて知った愛の歓びに、身も心も一途にのめり込んで行くアデル。数年後、教師になる夢を叶えたアデルは、画家…

運命の相手は、ひと目でわかる──それは本当だった。高校生のアデルは、道ですれ違ったブルーの髪の女に、一瞬で心を奪われる。夢に見るほど彼女を追い求めていたその時、偶然バーでの再会を果たす。彼女の名はエマ、画家を志す美学生。アデルはエマのミステリアスな雰囲気と、豊かな知性と感性に魅了される。やがて初めて知った愛の歓びに、身も心も一途にのめり込んで行くアデル。数年後、教師になる夢を叶えたアデルは、画家になったエマのモデルをつとめながら彼女と暮らし、幸せな日々を送っていた。ところが、エマが絵の披露をかねて友人たちを招いたパーティの後、急に彼女の態度が変わってしまう。淋しさに耐えかねたアデルは、愚かな行動に出てしまうのだが──。

「アデル、ブルーは熱い色」に投稿された感想・評価

💙🐬🐋🌎🦋🌊💧💙❄️💎🦋

記念すべき300本目は『アデル、ブルーは熱い色』となりました!🐋
300本って皆様方に比べたらまだまだ全然なのですが、私にとっては何か大きなものなので個人的に祝いたいと思います笑

レアセドゥを初めて知ったのは、ダニエルクレイグの007スペクターでボンドガールとして出ていた時ですね。
まだ綺麗なお姉さんというイメージしかありませんでした。
アデルはこの作品が初めましてです!

とにかく美しい❄️
主演の2人はもちろん映像も劇中に流れる雰囲気もフランス語の発音も生活音も音楽も。全てが美しかったです。
特に『アデル、ブルーは熱い色』というだけあって、作中の至る所で青い色が目に付きました🦋🦋
ブルーは寒色だけどアデルにとってそれは熱い色なんですよね。

もう交差点でお互いが一気に惹かれ合うシーンが素敵すぎて何回も繰り返して観ています💍(LINEのホーム、iPhoneのロック画面ともに2人がすれ違うシーンです笑)

アデルの髪のぼさぼさ具合とか、ずっとぽかーんと空いた口とか、そしてやっぱり私は食事シーンが苦手なことが分かりました笑

エマはもうほんとにかっこよくて、笑い方とか仕草がいちいち私の胸をきゅんきゅんさせてきて、あれは普通に惚れます。
というより、惚れました🤦🏻‍♂️

レズビアンの恋だからとかじゃなくて、ほんとに普通のカップルと同じように過ごしていて、喧嘩もするんだなぁと…。
あの大きな喧嘩があって色々ゴタゴタしてしまうのですが、あの2人はあれで良かったんだと思われます。
あの男の人もっと追いかけていればどうなっていたんでしょう…。

とにかくこの作品に出会えてよかったです!🙏🏻💦

【今作の作品中の音楽は
・I Follow Rivers
を聞いています( ¨̮ )♪】

💙🐬🐋🌎🦋🌊💧💙❄️💎🦋
個人的なことは政治的なこと、ではあるが個人的なことでもある。

ラブシーン長めだけどエロ目的じゃない。終わりのなさというのが男からすると超・うらやましい。

どーでもいいけどエマが個人的にタイプ。フランス語の議論は響きが美しい。せつない。
なんか演技してる感じなかったんだけど。
ドキュメンタリーみたいだった。メインの2人はほぼすっぴんだったし、全体的にありのままみたいな感じがして、なんでなんで?と思って検索したら、台本一回しか読ませてもらえなかったんだね。納得。

どうでもいいけど涙よりも先に鼻水拭いて〜!(潔癖
#60
目線口元のアップが多くて少し疲れてしまうけど、それでも目が離せない引力があった
リアリティがすごい
撮影秘話をみたけど出演者が台本を読んだのは一回きり
本番はほぼほぼアドリブ
道を歩くシーンや1つのシーンに100回以上カットを重ねたそうだ
kaho

kahoの感想・評価

3.6
アデルとエマの色気がすごい。BGMがあんまりないのがいいのかも。でも少し長い…
スパゲッティ美味しそうに食べるからスパゲッティ食べながら見てた🍝
ハナメ

ハナメの感想・評価

3.8
映画であることを忘れてしまう映画。

薄いメイクとアップが印象的。
肌に表れる感情の変化がよりダイレクトに伝わる。
BGMも少なく、色や光も自然の美しさを生かしているような。
演出というと「何かを足す」イメージが強いが、そうではないのだと気付かされた。

英語タイトルの方がいい。
『Blue is the warmest color 』
なんだかとっても素敵な諺みたいだ。
2018 79本目
>|