燃ゆる女の肖像の作品情報・感想・評価・動画配信

燃ゆる女の肖像2019年製作の映画)

Portrait de la jeune fille en feu

上映日:2020年12月04日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

4.0

あらすじ

『燃ゆる女の肖像』に投稿された感想・評価

楽園

楽園の感想・評価

3.5
動画配信サービス『U-NEXT』にて定額見放題で視聴しました。

アデル・エネルとノエミ・メルランが出ていたので視聴しました。

最初は、期待していなかったのですが
かなり良かったです。
しば

しばの感想・評価

-
とっても素敵な映画だった...
あの夜中の集会はどんな意味を持つんだろ
吉

吉の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

主人公が絵画を通して相手を見ることは平気なのに、直接相手を見ること(ソフィの中絶やエロイーズの花嫁姿)を恐れているのが気になった。

終盤「父の名前で絵を描いている」という台詞があったので、
彼女は男性の目線を借りれば女性を直視できるが、男性という目線を外したら彼女は女性の役割(男に嫁ぐことや出産)を直視することに耐えられないからなんだろうか。考えすぎな気もする。

ラスト、エロイーズは見られる側(女性)になってしまったのか自分の中で答えが出なかった。

君の名前で僕を呼んで同様に相手を突き放すラストだったが、君の名前で僕を呼んでは誠意を大人が踏み躙るような印象があったけど、
燃ゆる女の肖像はエロイーズが女の役割を果たしたからこそ自然と2人が離れてしまった印象がある。
見る/見られるという平等な関係から、
一方的な見るという関係に変化する、目線が交差しないことの残酷さが後味で残った。
Atari

Atariの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

炎のゆらめきのなか佇むエロイーズが
美しかった。

2022#133
ある種の愛は孤独の共鳴。女であるということ。

2022#172
Chocolate

Chocolateの感想・評価

4.0
「あのこと」のパンフレットを読んで、観ねば!と、直後にネトフリで。
フランス映画からはいつも、人生は(幸せなことばかりじゃないけど)すごい、と思う。いつの時代であっても。
そう思えるように生きたいな、と。
Nao

Naoの感想・評価

3.9
綺麗な映画
メイドちゃん可愛かった
服とか小物も昔風にもう少しくすんだ感じだったらな、と
るか

るかの感想・評価

4.5
ストーリーの強弱、感情の起伏はないのに色んな感情を感じ取れる

ギリシャ新話のオルフェの話はジョジョ4部、オーソン横の振り向いてはいけない小道をオマージュしているのでしょう。
さすがジョジョ、さすが荒木飛呂彦先生
Hiroka

Hirokaの感想・評価

2.5
何もない部屋にシンプルな衣装に、必要なものだけがこの映画にはありますという感じがした。
世間の評価が面白いという高い評価を受けていたので、鑑賞したけど私の心には何も響かなかった。
Y

Yの感想・評価

4.4
素晴らしい!
序盤の白い画面をキャンバスに見立てたオープニングや、マリアンヌとエロイーズの最初の出会いの瞬間の映し方、夜中の謎の集まり等、この映画が始まって早々に高評価つけざるを得ないことを予感させられた。エロイーズ役の人も最初どんな美女かと思って待ってたら、ビリーアイリッシュ似の親しみを持てる感じの顔だったのもいい。
最初と最後の再会それぞれにおける粋な展開でその予感が確信に変わった。最後エロイーズの表情よ。
二人の絡みシーンはキスくらいしか映らないが、これはキャロルを超えたかもわからん。

暗闇の廊下で振り返ったらいるみたいなチープなシーンと、アキラ100%みたな鏡の位置がなければもっと高得点だった。
>|

あなたにおすすめの記事