アンダー・ハー・マウスの作品情報・感想・評価

アンダー・ハー・マウス2016年製作の映画)

Below Her Mouth

上映日:2017年10月07日

製作国:

上映時間:92分

あらすじ

屋根の修理工ダラスは数々の女性を渡り歩くプレイガール。ファッションエディターのジャスミンと出会ったことで、彼女の人生は一変する。二人は目が合った瞬間から惹かれ合い、すぐに熱い情事へと発展するが、ジャスミンにはフィアンセがいた…。

「アンダー・ハー・マウス」に投稿された感想・評価

オープンリーレズビアンで、ジェンダーレスモデルのエリカ・リンダー初出演映画。

婚約中のストレートの女性が、超ハンサムなレズビアンのダラス(エリカ・リンダー)と禁断の恋に落ちるラブストーリー。

濡れ場が物凄く過激で見応えがあり笑 ここまで映す?え?本当にしてます?って思えるほど!いやもはやしている...

ベタなラブストーリーなので、少し大人向けな乙女ゲームをしているかのような感覚で見られます。 \\私は純粋な乙女ゲームしかしたことありません//

私のような恋愛ご無沙汰女子に超オススメです。トキメキ補給でしばらく生き延びられそうです...
haru

haruの感想・評価

-
美の暴力…。


当事者としても、いち鑑賞者としても、内容はほとんど無かったように感じる…。

けど、エリカ・リンダーのあまりの美しさにオールオッケー、アイムハッピーって感じ(偏差値3)。



エリカのあの美しさになら、妥当な時間とお金の使い方だったと思う。凄く酷い言い方をするなら、超綺麗なポルノ。かも。


「男になりたいの?」
「自由になりたい」

このシーンではちょっと泣いた。あと、最後のシーン。エリカの着ている服の青と、目の青があんまりにも綺麗でまたちょっと泣いた。


美しさに泣くってどんだけよ。



(2017.10.18:19)
エリカリンダーが出るということで鑑賞。
「キャロル」という私的名作以来のレズビアン映画。
どんなメッセージがあるんだろう、、、
結果、、、 何が伝えたかったのかあまり分からない
ただ、ナンパして絡み合って離れてまた絡んででもやっぱりさよならしなきゃ、、、みたいな
要らない官能シーンが多すぎる
多すぎて逆に美しさを壊してる

ポルノ感が強すぎる、
アデルも良いけど私はやっぱりキャロルかな
しん

しんの感想・評価

2.5
2017194
内容うすっ、、

自分は根っからのストレート!

このレビューはネタバレを含みます

ストーリーが陳腐。ダラスが遊び人じゃなくて、もっと不器用で真面目な大工さんならありなハナシだったかも。ラストが唐突すぎるし、軽薄さにさらに輪をかける。
せっかくのエリカリンダーの美貌がもったいない作品。
aya

ayaの感想・評価

3.0
ストーリーが浅すぎるのと官能的なシーンが多かったから逆に冷めた。
エリカリンダーの美貌でなんとかなると思ったけどなんか違うかった。
全体的にキャストの演技が演技ぽくて「アデル、ブルーは熱い色」はやっぱり名作やったんやって思いました。
☆☆☆★★

某韓国映画を観るつもりが、まさかの極小スクリーンでの上映。
ならばと、こちらの作品を(内容を知らずに)チョイス。

すると…。

アイヤ〜!レズビアン映画だったアルネ〜(//∇//)

女が女をナンパしとる。そりやそうだ!レズビアン映画なんだから。
タチがネコを再三狙い、遂に落ちるネコ。しかしネコには婚約者の男が居たアルネ〜∑(゚Д゚)

絡みはかなり際どく、刺激が強いアルヨ〜(^_^;)
でもオ◯ニ◯はボカシ無しなのに、絡み出すとボカシが入り。更に野郎の一物は見せるのに、ネコと絡み出すと(一物は隠れている)ボカシが入るのは意味不明オモタヨ〜(・・?)

しかし男にしたら立つ瀬無いアルネ〜(´・_・`)

「俺より女かよ!」

そりや〜!言いたくなるのもやむなしオモタワ〜(-_-)

主演の2人は魅力的で、なかなか良い作品だと思ったのですが。アイヤ〜!最後はかなりアッサリとエンディングになってしまい、ちょっとガッカリしたアルネ〜(´・ω・`)

(2017年10月16日 シネマート新宿/シアター1)
天カス

天カスの感想・評価

1.0
とんでもなく酷い映画だが、1時間半レズビアンのセックスを見せてやろうという謎の気概は感じられた。

映像的に保っているところが一切ない。あの『ザ・マミー』でさえ、ソフィア・ブテラの一点で画が保っていたのに、エリカ・リンダーをもってしてまで画がまるで保っていないのは酷い。まるで俳優の良さを映せていない。またはリンダーが映画向きでないのか。

全てのカット、セリフが人物関係説明や場面説明に終始していて深さがなく見所がない。
そのため、ストーリーはシンプルなのにキャラクターや物語が見えてこない。ベラベラ過去という名の設定をセリフにしているだけ。
エリカ・リンダーは脱ぎまくって頑張っていたが、相手役の演技も酷く惨敗。
王子

王子の感想・評価

1.5
期待に反してかなり薄っぺらい内容であった。レズビアンムービーをうたっているのにペニスバンドはないだろう。かといって上質なポルノ映画としても成立していない。濡れ場が多すぎるし、ポルノグラフィックなシーンをスタイリッシュに撮ろうとしているのが下品きわまりない。主演女優2人のスタイルが良いのが唯一の救いではある。
キナ

キナの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

同性同士の恋愛を描く映画って、どうしてこうもわざとらしいくらいアーティスティックでファッショナブルな雰囲気になっちゃうんだろう、と思いながら観ていた。
ネオンとか音楽とか大好きだし映像体験として面白くて好きではあるけども。

軟派なダラスの挙動がいちいちかっこよくてドキドキした。
あの目付きも髪を無造作にかきあげる仕草も大工仕事してる姿もとにかくかっこいい。
このかんじで誘われて惚れちゃうのは痛いほど分かるな…

ただそれにしても、ジャスミンの行動はかなり自分本意で共感し難かった。
浮気現場見られてまるで被害者のような表情で泣いてるけど自業自得だしその後の婚約者への態度もなかなか酷い。
別れた後のダラスの荒れ具合はかなり好き。

飽き性のダラスが何故あんなにジャスミンに入れ込んだのかもよく分からないし誰にも感情移入できなかったのは残念だけど、ラストはあっさりながら二人想い合う未来が見えて良かったかな。
笑った顔がかわいい。
ストーリーにイマイチのめり込めなかった分、前に付き合ってたかっこいい女の子のことを思い出しながら観ていた。

ボカシの入れ方がめちゃめちゃ気になった。
生々しい濡れ場にしたかったのかもしれないけどボカシ入れるくらいなら角度を工夫して見えないようにする方がよっぽど良いし、なぜか男性器はそのままボロン!だったのでびっくり&ちょっと笑ってしまった笑