白ゆき姫殺人事件のネタバレレビュー・内容・結末

「白ゆき姫殺人事件」に投稿されたネタバレ・内容・結末

印象操作って怖い。
都合のいいように情報を操作して、犯人を作りあげていく。
真犯人のやり口によって冤罪が作られていく。
そして、報道という名のバラエティーとSNSによる過剰な盛り上がり。
でも、これって今の私たちの世界にもありえる話なんだよなぁ。

役者たちの好演が光る作品です。
井上真央さん、菜々緒さん、綾野剛さんの3人が特に上手でした。
井上真央の演技がうまかったからか、そっちにもっていこうとしていたのか、序盤で犯人と誤解されていることやその後の展開が大方わかってしまい、最後もそこまで外れず、もう一展開期待した。
ツイッターの最盛期に見ていたら見方が変わったかもしれないけど、今はツイッターの危なさも認知されてきているから、その怖さもあまり伝わらず。
最後の方はちょっと邪魔にすら思えるツイート画面に負けず、俳優の方々は名演だったと思います。
ネット炎上を主軸にしたミステリー。事件自体はとてもシンプルなのに、人間のゴシップ大好きな性が事態を複雑にしていて面白かった。
菜々緒が好きなので、清楚系の彼女が見れて満足でした。
犯人の動機(「クビになったら困るから」)は、子供じみすぎて逆にリアルだった。
ずいぶん前に観た映画だけど、現実でも起こりそうで怖いと感じた。
絶対1人はこんな女いるよね〜関わりたくないわ〜って思った。実際中高大と三木典子みたいなことを意図的にする女や無意識にする女がいたのを思い出した。外面いいからあまりバレないし、あるとき友達に話したら「それは一方的に嫌ってるだけでしょ」って言われてこの子はなにも知らないのに人の気持ちも考えずによく言うわってなったこともあったなぁ。でもこの映画と同様に最後はやっぱり自分がしたことが返ってくるし、城野さんみたいに何があってもずっと味方でいてくれる親友が1人でもいる方が幸せだなって改めて感じた。
あたしもあたしを大切にしてくれる人をしっかり大切にしたい。
話のストーリー的には大体読めたが
マスコミやsnsの悪さ、現実世界における信頼できる人の大切さを改めて伝えてくれたもの

しろのみき
の父親の掌返し具合が笑える

井上真央の演技が絶妙

被害者は菜々緒ではなく
清純タイプの綺麗な人のが面白かった気がする
色んな意見があるし、低評価も多いけど、私はけっこう刺さったなぁ。
SNSを多用し、ネットのコミュニケーションに加入し、アーティストのファンとして追っかけをしている身としては、違う意味でズンと刺さってきた。

私たちがネットで得ているものって、一体なんなんだろう。私が感じ、想って、ネットに排出しているものって一体何なんだろう。
「炎上」とか、アクセス数とか、大規模な顔の見えない敵からの誹謗中傷ってすごく辛いし、でも美姫が立ち直ってこれたのは、まだネットの世界を知らない、アナログ時代からの親友とのモールス信号的なやりとりがあったからなんだろうなと思って。

私はもっと色々なことを知りたいと思っていて、もっと趣味で書いているブログを素敵なものにしたいなと思っていたけど、そのためにはやっぱりネット以外のものが大切で、必要なんだなと改めて思った。

でも赤星は対面の会話で犯人に騙されているわけで、もうなんか若いうちにいっぱい失敗しておいて、大人になってからは本気で生きた方がいいな!!焦りを感じる!!笑
最後、城野美姫に励まされたのにそれに気づかない赤星。あの誤報でさえ真剣に取り組んでいなかったことが明るみになって、後輩君と共に絶句した。後輩君は出世すると思う……私も何事も真剣に取り組もう。ネット社会でボーっと生きてられない。
見えているものがいかにものごとのある局面でしかないということを痛感させられる作品。
受動的に情報を受け取るこの情報化社会で、世の中に向けて発する言葉や情報の重みを感じるべきだ。
こんな映画だったのね!
犯人が大好きな蓮佛ちゃんでショック。
でもやっぱり演技うまい。
最初から城野が犯人ではないとは思っていたけど…とにかく城野の運の悪さには同情せざるを得ない

良かったのは菜々緒の悪女ぶり
伏線回収されていく中でだんだん明らかになっていく本性にはワクワクした

ただ個人的にはすごくモヤモヤが残った
典子があんなに性悪だったのに他の社員は知らなかったの?あの先輩社員には取材しなかったのは何故?そもそも犯人に有利すぎる証言ばかりだったのが都合いいな〜とか…まぁでも結局ボロが出て直ぐにバレたのか……何故犯人だと発覚したのかも知りたかったところ
あと城野はバイオリニストを事故とは言え突き落としたのは間違いないのにそれはどうしたんだろう 何もなかったことになったの?それで赤星にあんなに上から目線のお言葉を言える?
なんか城野には同情したいけど同情しきれない。登場人物ほとんどに共感できない。
小説は未読なので読んだらいろいろ解って面白いのかも。

日本人のメディアリテラシーの無さを忠実にあらわしていて心底気分が悪くなった
>|