破線のマリスの作品情報・感想・評価

破線のマリス2000年製作の映画)

製作国:

上映時間:108分

ジャンル:

3.1

「破線のマリス」に投稿された感想・評価

Keicoro

Keicoroの感想・評価

3.0
息子だった、にはちょっと無理を感じつつ😅
まあ、自業自得、、

黒木瞳が若い
陣内孝則がハマってて、ちょっと笑えてさえくる🤣🤣
ym

ymの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

大学の授業で鑑賞しました。
ほぼほぼホラーでトラウマになりそうです。。
テレビ局で働いていたバリキャリの瑤子さんが
郵政局職員を名乗る男に騙されたのが始まりで
麻生という何の罪もない男の人生を破滅させてしまい、
二人揃ってどんどん罠にはまっていく話。
エンディングは現実味がゼロで「?」ってなった。
それまでのストーリーは面白かったです。
20世紀は映像の世紀って言われているけれど、
映像を過信したらいけないのだなと思いました。

春名誠一という男が何者だったのかすごく気になる。
naokit

naokitの感想・評価

2.9
何というか…当然の帰結というか…

あの様な仕事なのに疑う事もせず、傲慢に自分の思い通りに仕事する人間の陥りやすい罠と暴走ってな感じですかね。
トラウマが心配な人物います。
 黒木瞳が若いという印象。

 テレビ局に勤める女編集者が、わなにはまっていく様を描いた 野沢尚の原作は
よい。
 44歳で 自殺した ことが 少し残念。
ごはん

ごはんの感想・評価

3.4
大学のマスメディアの講義でこの作品を観ました。
ラストの展開は少し無理があると感じましたが、作品全体を通して言いたいことが伝わってきました。
教授曰く、放送局だけで動画の編集・報道を全部行うことは無いので、報道の仕方という点に関してはまるっきり間違いだそうです。
しかし、報道に客観はありえない、主観でしか伝えることができないという現実と、「実際の映像」の与える衝撃の大きさが心に残りました。
テレビに意図的な編集をされた為に、世間にまるで自分が事件の犯人であるかのような印象を与えられてしまった。

社会派のサスペンスで意外と面白いなと思っていたが、最後のオチでひねり過ぎた感があって、色々話のつじつまが合わなくなってしまった。
km

kmの感想・評価

4.0
ずっと前に見たけどなんか印象ある、てことは面白かったのかな?
P銀

P銀の感想・評価

2.5
弁護士殺しのホンボシ探しに行くと思ってたので、「そういう映画か!」と理解するのにかなり時間がかかってしまった。
世にも奇妙な展開になっていってワクワクした☆
キーパーソンとなる役を演じる陣内さんの演技が特に面白くて何度も吹いてしまった。笑う場面じゃないのかも知れないのに(笑)

後に予告編を観たら《異色サイコサスペンス》と書かれてた。

《世にも奇妙な物語 ~ビデオテープの裏側~》
ある意味、貞子よりも怖い恐怖が待っています。
kosei49

kosei49の感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

今ではちょっとありえないなと思うことはちらほら。


全体的に緊迫感があって展開が気になるんだけど、前半で本筋かと思われた謎が最後まで解決されないのがちょっともやっとしてしまった。
>|