日本の黒い夏 冤罪の作品情報・感想・評価・動画配信

「日本の黒い夏 冤罪」に投稿された感想・評価

カカオ

カカオの感想・評価

3.7
多くの人に見て欲しいと思う作品。

1994年6月松本サリン事件。
続いて、1995年3月地下鉄サリン事件が発生。
その直後から警察が上九一色村の第7サティアンに対してガスマスク姿に鳥カゴをお供に家宅捜査したあの時代。

えっ?把握していたのか?
警察が一気にオウムの施設へ総動員で捜査にかかる。

この進展があるまでの間、松本サリン事件は報道されていた容疑者が犯人と思っていた人は多いと思う。

本作品は松本サリン事件で、容疑をかけられた冤罪被害を再現する物語。





当時、多くの日本人はサリンを知らなかった。
サリンと発表されてもピンと来なかった。


長野オリンピックを控えた警察が、事件を早期解決するために犯人とは違う人物を徹底的にマークしてしまった冤罪。報道陣も疑わしい犯人として報道してしまった事実。


たまたま第一通報者が薬品に詳しい人物で、青酸カリまでも所有していたことから、犯人として疑われてしまった悲しい偶然。


地下鉄サリン事件で、サリンが使われたことを知ると、松本市の事件で扱われた有毒ガスだと皆が思った。


殺戮兵器に詳しい人ならば松本サリン事件が大規模な事件のデモンストレーションと考えるのではないか。結果論となってしまうが、やはり地下鉄サリン事件ほどの事件が予見できなかったことが危機管理不足だった。



本作品のテーマは「冤罪」
犯人に決めつけられた苦しい日々。
容疑者に年越しソバは食べさせるな。
結論ありきで杜撰な捜査。
デマで踊らされる捜査と報道関係。





本作品は有名なキャストが多いのに、あまり知られていないように思える。

若かりし遠野凪子と北村有起哉が良かった。
torakkichi

torakkichiの感想・評価

3.5
なんとも言えないツラい作品でしたね。

マスコミがこぞって犯人のように扱っていたのは覚えてるけど、警察がそうさせてた部分もあるわけですね。

ヒドイ話だ…。

奥さんがこの事件から14年後に亡くなられたけど、ほんとによく看病されてたし、頑張って来られた。

マスメディアのあり方を考え直そうというきっかけになった事件だったわけだけど、今もなおSNSなどではデマが平気で飛び交う世の中なので、自分で気をつけないとなと思う。
湯婆婆

湯婆婆の感想・評価

3.5
学校の授業で見ました!
自分は長野県民なので身近にこんな怖い事件あったんだって驚きました、、

あとマスコミの情報とかやだなぁ、、
にしや

にしやの感想・評価

3.7
松本サリン事件は小学校低学年の頃の事件で記憶に薄く、冤罪騒ぎで大変なことだったと知ったのは中学か高校の学校の授業だったと思う。

マスコミも警察も身勝手で見ててイライラした。なんか綺麗な話になってるけど、今もあんま変わってないよね…反省なんかしてないでしょ?と。
そして自分がこの事件の時に大人だったらどんな反応したんだろうと考えてゾッとした。

「県警は長野五輪があるから早めに星を上げたかった~」というくだりは、ああ~そういう要素もあったのか?と。
日本中が冤罪に加担したってすごいなあ…。絶望感はどれほどだったろう。作中にはちょっとしか出てこないけど、冤罪をかけられた一家の子供たちが可哀想だなあと思った。

終盤で事件当日の人々の暮らしが流れるシーンはなんともいえない気持ちになった。

見ながら、新聞社勤めだった身内に当時の事を聞いてみたいなあ…と思ったけど、すでに鬼籍なので訊けないのが残念に思った。
coco

cocoの感想・評価

3.7
長野で起きたまだサリンという存在すら知られていないときの事件。
身に覚えがないのに、突然署への任意同行を求められ、それも生死をさ迷った直後に「正直に話せ」と捲し立てられたとしら、困ったどころの騒ぎじゃない。誰も信じられなくなってしまう。けど、究極に追い詰められたとき、これまで自らが積み上げてきた信頼が試されるときなんだろうな。神部さんは互いに信頼を築いている家族も弁護士もいて、「本当に人生捨てたもんじゃない」と思えたという神戸さんの潔白が認められたときの会見の言葉通りなんだろうな。もちろん、事件の犯人として疑われていたときは、どうしようもなくやるせない気持ちだったろうと思うが‥
事件当時の話を報道局の会議室で振り返る設定は大変コンパクトでよいのだが、当時の事件に至った経緯をもう少し詳しく描写されていても良かったのかも。
知らない歴史的事件がまだまだあるなと痛感したので、色々と本も読んでいこうかな。映画だけでは当時の背景を知りきれないので。
実際のおぞましい殺人事件、テロと、あってはならない冤罪事件について、改めて知ることが出来た。サリンによって人が倒れていくシーンは、恐怖だった。目に見えないものによって、攻撃されるって怖い。出演している高校生役の女優の子が可愛くて、どこかで見たことある女優さんかなぁ、と思ったら遠野なぎこでビックリ。
なぜ間違いを止められないのだろう。謝らないのだろう。
センセーショナルでウケが良ければ良いのか。ヒット作について考えてしまう。
松本サリン事件について勉強になったが、描き方がとことんつまらない。
最後に、桜を見せれば、良い落ちがついた、みたいに見せるのは邦画の悪い所。
まこと

まことの感想・評価

3.9
メディア戦略と印象操作

それらによって無実の人間の運命がいとも容易く狂わされる

冤罪を造るのはやはり社会なのだという事を改めて知らされました

当時の事件をなぞっていく展開にいつのまにかぐいぐいと引き込まれ、見応え抜群でした
冤罪を作るのは善良であると勘違いしている私たち自身だと自覚しなくてはいけない。
インターネットの普及によって、この頃より状況は一層深刻になっている。この作品は、中学高校の授業で見せた方がいい。
>|

あなたにおすすめの記事