ローン・サバイバーの作品情報・感想・評価

ローン・サバイバー2013年製作の映画)

Lone Survivor

上映日:2014年03月21日

製作国:

上映時間:121分

3.9

あらすじ

絶望的な戦闘の果てに、たった1人だけ奇跡の生還を果たした。想像を絶する“真実”を描き、全米NO.1大ヒットを記録したサバイバル・アクション超大作。世界最強部隊ネイビー・シールズ創設以来、最大の悲劇と記録された“レッド・ウィング作戦”。200人を超えるタリバン兵の攻撃にさらされ、絶体絶命の状況下でなぜたった1人だけが生還することができたのか?極限の緊張感と、リアルな戦闘アクション――生還した者だけ…

絶望的な戦闘の果てに、たった1人だけ奇跡の生還を果たした。想像を絶する“真実”を描き、全米NO.1大ヒットを記録したサバイバル・アクション超大作。世界最強部隊ネイビー・シールズ創設以来、最大の悲劇と記録された“レッド・ウィング作戦”。200人を超えるタリバン兵の攻撃にさらされ、絶体絶命の状況下でなぜたった1人だけが生還することができたのか?極限の緊張感と、リアルな戦闘アクション――生還した者だけが語ることのできる壮絶なサバイバルが今、始まる。

「ローン・サバイバー」に投稿された感想・評価

ウサミ

ウサミの感想・評価

3.9
アクション映画でありながら、戦争映画としての恐怖感、メッセージ性も感じられた。
まさかこれが実話ベースとは信じられないようなインパクトあり。

戦場における"痛み"が嫌という程に伝わってくる。ジワジワと迫られる恐怖に息を飲んだ。

なぜ、一人だけ激戦から生存できたのか?
人間というのは、あまりにお互いを知らずに殺し合っているのかもしれない。
akusurojyu

akusurojyuの感想・評価

5.0
戦争映画は苦手だったけど、ハクソー・リッジと並んで大好きな作品になった。
エンドクレジット見ると助けてくれた村人の人と再会できたみたいで不謹慎かもしれないけど、良かった。と思えた。
ponko

ponkoの感想・評価

5.0
戦争は本当に嫌なものだ。
皆が、仲間を助ける為に、まもる為に、敵と戦い死んでいって。。実話に基づいた話なので、余計辛かった。
リピートで観てしまうほど、胸の鼓動が止まらなかった
おざき

おざきの感想・評価

3.6
起こった事としては衝撃的だったけど、映画としてはピンとこなかった
marz

marzの感想・評価

4.5
2018-053

なんだか…
実話をに基づいたコマンドアクション娯楽大作的な感じかなと思って観てみたら、いい意味で裏切られたと言うか、もっと深い話でした。

まさかこの映画で泣かされるとは。
まあ「ティアーズ・オブ・ザ・サン」でも涙腺緩んだんで、この手の話には弱い勢なだけかもしれませんが…

それにしても敵から逃げるのに、崖を降りる(と言うか落ちる)ところがあるんですが、よく生きてられるなというか…
めちゃくちゃ痛そうで観ながらグフゥとか言ってました(笑)

マーク・ウォルバーグが最後の1人になる(これはネタバレじゃないよね…?)まではきちんと小隊の仲間を描いているのもポイント高し。ベン・フォスターはこういうキャラが本当にうまいなあ…
ピーターバーグとマークウォールバーグの黄金コンビ❗️
(この後、バーニングオーシャン、パトリオットデイと撮ってる✌️)

この映画は2005年に任務遂行中にアフガンの200人のタリバン兵に攻撃され絶体絶命に追い込まれた″レッドウィング作戦″という実話です。

ネイビーシールズになる為の過酷さを冒頭に実際の映像?で見せて
海猿でいう海保の潜水士になる試験を皆で突破したからこその絆・仲間意識を強めに見せてる❗️

任務に就いたのは4名。
マーカス・ラトレル(主人公)
マイケル・マーフィ(バトルシップの人。リーダーです。)
ダニー・ディーツ(イントゥザワイルドの人)
マシュー・″アクス″・アクセル(30デイズナイトでヤバイやつやってた人😓)

最後の本人の写真見ると 凄く見た目も寄せてて
再現度は高めと思われます👮

ネイビーシールズの戦争映画としてイーストウッドの″アメリカンスナイパー″が有名やと思うけど
あっちは狙撃手の話。

こっちは前線に極秘任務って感じやから
結構違う戦場に見える😓


″ブラックホークダウン″でも思ったけど
南米、中東系は ドンドン人がカラシニコフ(生産率の高い銃)持って出てくるから ゾンビっぽく描かれてる気がする😓😓

戦争映画はどっちかの視点で描かれてるから
どっちが悪いとかは 言えんけど

この映画を見ると過酷過ぎる😢
遂行メンバーの皆が30過ぎの家族があり子どもがおる夫であり、パパなんです。

アメリカンスナイパーではPTSDに悩まされてたけど
この方達は大丈夫やったんかな…
チームで動いてたから大丈夫やったんかな…
とか思ってまう😅


映画というメディアを通して こーいった事実を知れた事に感謝。

レッドウィング作戦に関わった全ての方に敬意を込めて。
あずき

あずきの感想・評価

3.3
テイラー・キッチュチュッチュ
テッドとシャブやってるくせにマーク・ウォールバーグかっこいいやんけ!
ダイナ

ダイナの感想・評価

4.2
観終わったあと
しばらく何も言えなくなった。

生と死って、一体なんなんだろう…

壮絶な戦場を
目の当たりにした感じ。
つらくて悲しくて痛々しくて…
優しさが生んだ悲劇なんだなって。

でも、そんな中でも
アフガンの人たちの
温かな掟に胸打たれました。

エリック・バナ出てるの
知らなくて、彼が出た瞬間
ちょっとテンション上がったし。

観て良かったなぁって
思える映画だった。
TOY

TOYの感想・評価

3.2
2018年60本目

タリバンで実際におこったネイビーシールズ最大の悲劇レッド・ウイング作戦を題材にした映画。

200人の敵兵士に囲まれ銃弾の中を逃げる様子は迫力ありすぎ…

でも…この作戦が何故失敗に終わったのか、何故敵兵士はこちらの位置をすぐに見つけるか等は不明のまま…
その辺りが少し残念。
だけどタリバン民の中にも味方がいることも伝わるしまあまあ面白かった。
セリフの半分以上fuck, fuckingなんじゃないかと思うぐらい無駄にfuck fuck 連呼してる映画。

この映画に限ったことじゃないけど、アメリカ軍が生き残って奇跡かもしれないけど、ムズリム側には彼らなりの正義があって戦ってるんだからあっちからしたらもっとたくさん殺されてるっつのって話だよね。イスラム教視点の映画も見てみたい。
逸脱するけど、世界大戦系の映画も、アメリカイギリスサイドの視点からばっかり語られて、ドイツいつも悪者で、そういうのばっかりだから洗脳されそう。もっと広い視野を持って縦横斜めいろんな方向から事実を見てみたいですマル
>|