ローン・サバイバーの作品情報・感想・評価

ローン・サバイバー2013年製作の映画)

Lone Survivor

上映日:2014年03月21日

製作国:

上映時間:121分

3.9

あらすじ

絶望的な戦闘の果てに、たった1人だけ奇跡の生還を果たした。想像を絶する“真実”を描き、全米NO.1大ヒットを記録したサバイバル・アクション超大作。世界最強部隊ネイビー・シールズ創設以来、最大の悲劇と記録された“レッド・ウィング作戦”。200人を超えるタリバン兵の攻撃にさらされ、絶体絶命の状況下でなぜたった1人だけが生還することができたのか?極限の緊張感と、リアルな戦闘アクション――生還した者だけ…

絶望的な戦闘の果てに、たった1人だけ奇跡の生還を果たした。想像を絶する“真実”を描き、全米NO.1大ヒットを記録したサバイバル・アクション超大作。世界最強部隊ネイビー・シールズ創設以来、最大の悲劇と記録された“レッド・ウィング作戦”。200人を超えるタリバン兵の攻撃にさらされ、絶体絶命の状況下でなぜたった1人だけが生還することができたのか?極限の緊張感と、リアルな戦闘アクション――生還した者だけが語ることのできる壮絶なサバイバルが今、始まる。

「ローン・サバイバー」に投稿された感想・評価

むむむ

むむむの感想・評価

3.5
評価できない。今の自分には。
もう少し大人になったらもう一度観よう。
こういう映画は観るのにかなりエネルギー使う。

たった4人に対するタリバンの容赦ない猛攻は絶望感を与えてくる。
戦闘序盤で割と皆ボロボロになることで更に増す絶望感。
その中でなぜ彼は生き残ることができたのか。

個人を国で判断してはいけない。
いろんな立場、考え方の人間がいる。
Shun

Shunの感想・評価

3.5
戦争映画で中立性をどかんと前に出されると一気に冷めてしまうな。いやそんなことはわかってますよと。

国のために死ぬ、仲間のために死ぬ、何が違う。
極限状態のなかでかつ圧倒的不利の状況下のなかでも決して逃げずに任務を遂行しようとした兵士たちに心打たれた。レッドウィング作戦。この映画を鑑賞して知りました。エンドロールを見ながら改めて実話なんだと実感。記録。
kaz

kazの感想・評価

4.0
アメリカ海軍特殊部隊Navy SEALsが実際に行った軍事作戦(レッド・ウィング作戦)を元に描かれた作品。
そして銃撃戦は、見応えあり!
NAO

NAOの感想・評価

3.5
実話を基にした作品。
戦闘のリアルさには引き込まれてしまった。

亡くなった隊員は皆今の自分より若かった。
そんな事実に心は痛みながらも、引き込まれてしまった作品。
osugggi

osugggiの感想・評価

4.0
迷った時は
愛に満ち溢れている方
を選ぼうって思った

戦争映画でいまんとこ
一番いい

深い
KT

KTの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

2005.6にあったレッドウィング作戦の実話。


4人のキャラクターがそれぞれ立っていて

大尉が命がけで衛星電話で救援求めるシーンはかっこよかった。

国を超えて、逃げる人は助けるという掟を守るのが本当にすごい

ムハンマド グーラーブさんとマーカスに交流があるのも人間味あって素敵
カシワ

カシワの感想・評価

5.0
誰かがどこかで戦って守られてる平和が沢山あって、それを映画を通して知る事で考えさせられる。
同じ人種でも宗教でも様々な人がいて、この極限の状態でも自分の掟に従える人はすごい。
きちんと人生歩まなくては…。
morimanUJ

morimanUJの感想・評価

3.5
リアルな戦争って感じの映画、平和ボケしてるけどどっかでこんな世界があるとか考えるとすごいな。SEALDsすげぇ。男気すげぇ。
でも平和がいいなぁ
>|