ローン・サバイバーの作品情報・感想・評価

ローン・サバイバー2013年製作の映画)

Lone Survivor

上映日:2014年03月21日

製作国:

上映時間:121分

3.9

あらすじ

絶望的な戦闘の果てに、たった1人だけ奇跡の生還を果たした。想像を絶する“真実”を描き、全米NO.1大ヒットを記録したサバイバル・アクション超大作。世界最強部隊ネイビー・シールズ創設以来、最大の悲劇と記録された“レッド・ウィング作戦”。200人を超えるタリバン兵の攻撃にさらされ、絶体絶命の状況下でなぜたった1人だけが生還することができたのか?極限の緊張感と、リアルな戦闘アクション――生還した者だけ…

絶望的な戦闘の果てに、たった1人だけ奇跡の生還を果たした。想像を絶する“真実”を描き、全米NO.1大ヒットを記録したサバイバル・アクション超大作。世界最強部隊ネイビー・シールズ創設以来、最大の悲劇と記録された“レッド・ウィング作戦”。200人を超えるタリバン兵の攻撃にさらされ、絶体絶命の状況下でなぜたった1人だけが生還することができたのか?極限の緊張感と、リアルな戦闘アクション――生還した者だけが語ることのできる壮絶なサバイバルが今、始まる。

「ローン・サバイバー」に投稿された感想・評価

甘子

甘子の感想・評価

-
今までで1番ずしっときた
FPSでヘッショ決めて喜んでる自分がアホみたい
カッパ

カッパの感想・評価

4.5
ブラックホークダウン並みの破壊力。
何回見ても、息が止まりそうになる。

このレビューはネタバレを含みます

これまで、イスラム圏の人々の大半が反米だと思っていた。けれども、タリバンなどの武装派原理主義組織と闘う村々の人々もいるんだと初めて知った。

また、組織や集団行動においては報告の遅れや伝達ミス、冷静さ欠如によって致命的な末路をたどることも実感した。

戦闘シーンは終始緊迫感があって、最後まで楽しめた。
実話以上に脚色しているとかなんとか言われてるけど、こんだけ血みどろなシーンを入れ込めば誰だって戦争なんか反対だと思うようになれるはずだからありっちゃあり。
アクー

アクーの感想・評価

4.0
とにかくアクションが見たいと思って借りたけどそういう感覚でみる映画ではなかった
宗教的な問題が関わってくるとその地域に住んでる人または関わってる人にしかその重要さはわからない
争いもあってその仲介に入る国がいてその中で亡くなる兵士も市民も多くいる
最後のリアルな写真が出てきた時に普通に泣けた映画だった
Yukie

Yukieの感想・評価

3.3
生還したから伝わること
悲惨な死のひとつひとつにドラマがあると痛感
かない

かないの感想・評価

3.0
人を助ける村の教えは偉大なものだなと思ったけど、なんか描き方がアメリカの味方をしたからそこにスポットしましたみたいなのが後味として好きでは無い。
琉太

琉太の感想・評価

4.2
アフガンにもタリバンに反抗する人がいたんだ
みんな反米かと思ってた
戦闘シーンは痛々しいけどリアルでした
yn

ynの感想・評価

4.0
書籍でも読んだ。
イスラム教の「助けを求めてきた者は守る」という教義を村人が体現している。
原理主義者とイスラム教自体を、同列で語ってはいけない。
たくみ

たくみの感想・評価

4.1
「城之内死す」に並ばんとするネタバレタイトル。

『バトルシップ』で監督としてのピーター・バーグを知ったため、そういう方面の監督だと思っていたが、本作や2017年公開の2作を観て印象が大きく変わった。

『バーニング・オーシャン』も思ったが、ピーター・バーグ作品は傷を痛々しく描くのが本当に上手い。本作でもラトレルが傷口から銃弾を取り除くシーンなどは目を逸らしたくなるほどだった。

物語はやはり実話ものらしく「事実は小説よりも奇なり」という感じ。タイトル通り生き残るのは一人だが、彼が生き残るまでの過程、ほかの3人の死に様、それぞれにドラマがあって終始目が離せなかった。

パシュトゥーンワーリを守り続けた村人の優しさと献身ぶり、そこから生まれる絆には泣ける。
>|