ローン・サバイバーの作品情報・感想・評価

ローン・サバイバー2013年製作の映画)

Lone Survivor

上映日:2014年03月21日

製作国:

上映時間:121分

3.9

あらすじ

絶望的な戦闘の果てに、たった1人だけ奇跡の生還を果たした。想像を絶する“真実”を描き、全米NO.1大ヒットを記録したサバイバル・アクション超大作。世界最強部隊ネイビー・シールズ創設以来、最大の悲劇と記録された“レッド・ウィング作戦”。200人を超えるタリバン兵の攻撃にさらされ、絶体絶命の状況下でなぜたった1人だけが生還することができたのか?極限の緊張感と、リアルな戦闘アクション――生還した者だけ…

絶望的な戦闘の果てに、たった1人だけ奇跡の生還を果たした。想像を絶する“真実”を描き、全米NO.1大ヒットを記録したサバイバル・アクション超大作。世界最強部隊ネイビー・シールズ創設以来、最大の悲劇と記録された“レッド・ウィング作戦”。200人を超えるタリバン兵の攻撃にさらされ、絶体絶命の状況下でなぜたった1人だけが生還することができたのか?極限の緊張感と、リアルな戦闘アクション――生還した者だけが語ることのできる壮絶なサバイバルが今、始まる。

「ローン・サバイバー」に投稿された感想・評価

アフガニスタンにおけるタリバンとの戦闘を描く
偵察に赴いた4人の兵士が敵に見つかり交戦、多勢に無勢の中で救援に来たヘリも墜落し甚大な被害となった、そんな中で生き残った一人の兵士を中心とした物語

こんな出来事が実際にあったなんて知りませんでした、戦争のない日本においては何でこんなことに?ってことばかり、当時のアフガニスタン情勢、アメリカとの関係たぶんいろんなことがあっての上なんだろうなー
でもそういう説明とかを省いて起こった事実をリアリティのある描写でただただ見せていく、それだけなんだけど色々と思わずにいられない、よくできた作品だと思う

冒頭でチラッと映る訓練の過酷さ、仲間との絆、終盤の救出してくれた地元の人との交流、この辺りもうまく描かれていて、それだけにつらいものもあった

争いは避けられないのかなー、ずっと続いていくのかなー、戦い続けて憎しみと悲しみがさらに増して、、、仕方のないことなのかなー、実話に基づいているだけに考えると悲しくつらいお話
アメリカプロパガンダ
アフガンの村の人は良かった
戦闘シーンは単調にも思えた
ブラックホークダウンには到底及ばない
エンディングの写真には本当に涙が止まらなかった…
最大の悲劇「レッドウイング作戦」を決行するネイビーシールズの4人、敵陣深くで作戦に失敗、タリバン兵士200人を相手に死闘を繰り広げる
全編とおして銃撃戦の嵐、そこに主だった映画的ドラマがあったわけでは無いけど、明日を夢見て必死に戦い続ける男達の姿に男泣き必至
「一人も生きて帰すな」
ドラマや映画でよく聞くセリフ。なんでそこまでするんだろう?の理由を結果と共に教えてくれるのでよくわかる。
さと

さとの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ラストのところがすごく気になった。
アメリカ軍が村に向かって飛行機から攻撃するところとか一般の人が怪我しないかなとか心配になったのと、掟に基づいて助けた村人。
主人公が敵なのか助けてくれる人なのか、その違いに見分けがつかないことが色んなことを想像させられて恐怖に感じた。

戦闘シーンも迫力のある戦争映画だった。
過酷な状況における緊迫感は画面からひしひしと感じられ、その後の展開も緊張感が止まらない。実話だけに説得力あり。
neneco

nenecoの感想・評価

3.6
戦闘シーンがリアルすぎて、とにかく痛い。救援ヘリが来ないとか、心理的にもものすごく怖かった。
細かいことを知るために原作を読みたくなった。
2回目でしたがあらためて思うのがとりあえず壮絶。
これを言葉で感想を綴って評価をすること自体が間違ってそうな気がするので絶対に見てほしい。
non

nonの感想・評価

-
仲間を守る
信仰を貫く
傷ついたものを守る

誰もがもっている、
自分の、自分たちの掟

それはみんな
似たようなものであるはずなのに
どうして傷つけ合うことになるんだろう

あのときの決断。
あのときの状況。
あのときの……

やるせなさ、悲惨さ、
その中で、人が人として
あるべき姿であることに、滂沱
一体何発の銃弾をうけているのか…
タリバンとの戦闘シーンは
他の映画にはない
激しさがあってすごい。
アパッチ無しでの救出シーン後の
絶望感は、見ていても伝わるほどの
もの
一番の見どころはやっぱり
崖、急斜面を転がり落ちるシーン
あそこの痛々しさたるや…

タリバンのために死ね
俺は生きる。

あの極限状態のシーンでの
名言だね。
たまらん
>|