アメリカン・スナイパーの作品情報・感想・評価

アメリカン・スナイパー2014年製作の映画)

American Sniper

上映日:2015年02月21日

製作国:

上映時間:132分

3.9

あらすじ

米軍史上最多160人を射殺した男。国を愛し、家族を愛し、それでも戦場を愛した男――。 ある日、9.11の惨劇を目撃したクリス・カイルは、自ら志願し、米海軍特殊部隊ネイビー・シールズに入隊をする。イラク戦争のさ中、クリスが命じられた任務は「どんなに過酷な状況でも仲間を必ず守ること。」その狙撃の精度で多くの仲間を救ったクリスは“レジェンド”の異名を轟かせるほどになる。しかし、彼の腕前は敵の知るとこ…

米軍史上最多160人を射殺した男。国を愛し、家族を愛し、それでも戦場を愛した男――。 ある日、9.11の惨劇を目撃したクリス・カイルは、自ら志願し、米海軍特殊部隊ネイビー・シールズに入隊をする。イラク戦争のさ中、クリスが命じられた任務は「どんなに過酷な状況でも仲間を必ず守ること。」その狙撃の精度で多くの仲間を救ったクリスは“レジェンド”の異名を轟かせるほどになる。しかし、彼の腕前は敵の知るところとなり、“悪魔”と恐れられ、その首には2万ドルの賞金を掛けられ、反乱兵たちの標的となってしまう。 一方、クリスの無事を願い続ける家族。平穏な家族との生活と想像を絶する極限状況の戦地…過酷なイラク遠征は4回。愛する家族を国に残し、終わりのない戦争は幾度となく、彼を戦場に向かわせる。度重なる戦地への遠征は、クリスの心を序々に蝕んでいく… 息つく暇もない極限の緊迫感で誰もの心を打ち抜く―伝説的スナイパーの半生を描いた、衝撃の実話。世界を震わせる真実のドラマが幕を開ける――。

「アメリカン・スナイパー」に投稿された感想・評価

ふるち

ふるちの感想・評価

2.5
米軍史上最多160名を射殺した男を描いた話なんだが、この説明のそれ以上でもそれ以下でもない作品。主人公が軍人になるまでを淡々と描かれて、クライマックスは白熱した戦闘を描くものの、心がついていけず。つくづくイーストウッド監督との相性が悪い。
人生、戦争、道徳、沢山のことを考えさせられる内容 見やすい 満点以外ない映画
Ryo

Ryoの感想・評価

4.2
この映画は戦争に対する思い、家族や仲間の悲しみ、そして衝撃のラストなど様々なことを考えさせられる作品。
りょう

りょうの感想・評価

3.3
戦争の苦しさ
子供まで犠牲になってしまう
帰還後も苦しみ、
最後も悲惨な死を迎える
考えさせられる映画
アメリカ人が戦争に対する想い。
人を戦争中毒にするアメリカ。
何のために戦場に戻るのか、衝撃の実話、衝撃のラスト、イーストウッド圧巻
ブラッドリークーパー好演
みかん

みかんの感想・評価

3.8
イラク戦争で、最多160人を撃ち殺した伝説の狙撃手の実話を基にした本作。

1.9㎞先の標的を射抜くほどの腕前で、廃屋や砂丘の影に身を潜め、想像を絶するような緊迫感の中で命懸けの戦闘を繰り広げる。

仲間のため、家族のため。

母国アメリカでは、その戦果にレジェンドと称され絶賛。

イラクの反政府武装勢力では、「ラマディの悪魔」といわれ賞金首。

160人の命を狙い定めて殺し続けたこと。
過酷な戦場。

帰国して家族と日常を過ごしていても、戦争によって負った心の傷が彼を苦しめる。

ラストからエンドロールは本当に戦争の光と影、非情さ、無念さなど考えさせられました。

84歳の高齢でも果敢に撮影に挑んだクリント・イーストウッド監督にも尊敬でした。
「アメリカン・スナイパー」を観る。安定のC.イーストウッド監督作品。イーストウッドは不安の煽り方がとてもうまいのではないかと思う。この映画の主人公は戦地に赴くまでは「大義」の下で敵を殺すことに何の疑問を持たない。むしろ早く戦いたくてウズウズしている。戦地では味方を守るスナイパーとして、敵と民間人を判断して射殺していく。子供と女性をスコープ内で観察し、対戦車手榴弾を隠し持っていたのを確認すると射殺。そんな射殺を繰り返すなかで「大義」と「倫理」のアンビバレンスな心的状況を抱え、自分でも気づかないうちにPTSDを患っていく。そして国を守る「大義」も仲間を殺された「復讐」へと変わっていく。
実話を基に見ごたえあるドラマに仕立てるイーストウッドの手腕が冴える作品。実話同様ラストも衝撃的。
見終わった後、非常に疲れてしまったんですねえ。何故なら、終始尋常ではない緊張感が漂っていたからなんですねえ。
世界で起きている戦争というものに、いかに自分は関心を持たずに過ごしてきたのか。そういったことに気づかせてくれる作品ですねえ。
ななこ

ななこの感想・評価

5.0
この映画は本当に考えさせられるのと同時に涙がとまりまでんでした。
衝撃のラスト
優男

優男の感想・評価

3.9
簡単に辛かっただろう、悲しかっただろう、苦しかっただろうとは言えませんが、それを心に伝えてくる映画だと感じました。
作品を観て戦争とは何か?を改めて考えさせられました!!
>|