アメリカン・スナイパーの作品情報・感想・評価

アメリカン・スナイパー2014年製作の映画)

American Sniper

上映日:2015年02月21日

製作国:

上映時間:132分

3.9

あらすじ

米軍史上最多160人を射殺した男。国を愛し、家族を愛し、それでも戦場を愛した男――。 ある日、9.11の惨劇を目撃したクリス・カイルは、自ら志願し、米海軍特殊部隊ネイビー・シールズに入隊をする。イラク戦争のさ中、クリスが命じられた任務は「どんなに過酷な状況でも仲間を必ず守ること。」その狙撃の精度で多くの仲間を救ったクリスは“レジェンド”の異名を轟かせるほどになる。しかし、彼の腕前は敵の知る…

米軍史上最多160人を射殺した男。国を愛し、家族を愛し、それでも戦場を愛した男――。 ある日、9.11の惨劇を目撃したクリス・カイルは、自ら志願し、米海軍特殊部隊ネイビー・シールズに入隊をする。イラク戦争のさ中、クリスが命じられた任務は「どんなに過酷な状況でも仲間を必ず守ること。」その狙撃の精度で多くの仲間を救ったクリスは“レジェンド”の異名を轟かせるほどになる。しかし、彼の腕前は敵の知るところとなり、“悪魔”と恐れられ、その首には2万ドルの賞金を掛けられ、反乱兵たちの標的となってしまう。 一方、クリスの無事を願い続ける家族。平穏な家族との生活と想像を絶する極限状況の戦地…過酷なイラク遠征は4回。愛する家族を国に残し、終わりのない戦争は幾度となく、彼を戦場に向かわせる。度重なる戦地への遠征は、クリスの心を序々に蝕んでいく… 息つく暇もない極限の緊迫感で誰もの心を打ち抜く―伝説的スナイパーの半生を描いた、衝撃の実話。世界を震わせる真実のドラマが幕を開ける――。

「アメリカン・スナイパー」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

舞台は現代へ‥。イラク戦争。

まだアメリカは戦争続けてたんだっ。

ぜんぶの国が日本みたいになればいいけど。理想論ですかね。

カイルさん、いい父親だったのに。
160人殺しだから、銃で撃たれて亡くなったのか?因果応報???

良いも悪いも分からないけど、評価。
イーストウッドさんの作品とは気づかず鑑賞。おじいちゃん、社会派ね。。。
記録

静寂の持つ力がとても意味を持っている、感情を語っている、極限状態の葛藤の中で常に生きている主人公と同じ選択を見る側が迫られる
心が締め付けられる。

英雄譚でありながら、戦争によって生まれた悲劇の話でもある。
実在の米軍の「英雄」が題材とはいえ、兵士の精神的疲弊や泥沼化する戦況などはかなり客観的に描かれてる感じ。ザルカウィ一味との対決は活劇性も強かったが、ムスタファの描写にはもう少し深みが欲しかった。クリスや「虐殺者」が子どもも容赦なく殺すのは現実に即してるんだろうが……現実はもっと残酷なのか?
アメリカ特有のヒロイズムへの批判がテーマという気がした
素直にヒーローものとして捉えても面白い
qwert

qwertの感想・評価

3.7
家族を犠牲にしてまでも
国に一生を捧げた男
とても感慨深かった。


◇◇鑑賞記録・あらすじ引用◇◇
米海軍特殊部隊ネイビー・シールズの隊員クリスは、イラク戦争の際、その狙撃の腕前で多くの仲間を救い「レジェンド」の異名をとる。しかし、同時にその存在は敵にも広く知られることとなり、クリスの首には懸賞金がかけられ、命を狙われる。数多くの敵兵の命を奪いながらも、遠く離れたアメリカにいる妻子に対して、良き夫であり良き父でありたいと願うクリスは、そのジレンマに苦しむことになる。
のら

のらの感想・評価

3.7
これぞクリントイーストウッドとしか言いようのない作品でした
2015年2月21日、新宿ピカデリーにて鑑賞。(公開初日の初回) 

さすがの「クリント・イーストウッド監督作品」である。 

戦場で物凄い能力を発揮する男カイルの戦場(イラク)でのシーン、アメリカに戻って父親としてのシーンを織り交ぜたストーリー展開の見事さ。 
カイル役のブラッドリー・クーパーの圧倒的なる存在感。 

一級品の戦争映画というよりも、一級品の人間ドラマが生まれた、という方が妥当かもしれない。
けん

けんの感想・評価

4.3
アメリカのスナイパーの話。正直あんま覚えてないけど、良い映画だった事は確か。
山礼

山礼の感想・評価

3.5
ごめんなさい途中寝ました。
実話と知らずにみてた。
戦争怖いです、真剣に、ないほうがいいです。
ローンサバイバーみなくちゃ。
>|