アメリカン・スナイパーの作品情報・感想・評価

アメリカン・スナイパー2014年製作の映画)

American Sniper

上映日:2015年02月21日

製作国:

上映時間:132分

3.9

あらすじ

米軍史上最多160人を射殺した男。国を愛し、家族を愛し、それでも戦場を愛した男――。 ある日、9.11の惨劇を目撃したクリス・カイルは、自ら志願し、米海軍特殊部隊ネイビー・シールズに入隊をする。イラク戦争のさ中、クリスが命じられた任務は「どんなに過酷な状況でも仲間を必ず守ること。」その狙撃の精度で多くの仲間を救ったクリスは“レジェンド”の異名を轟かせるほどになる。しかし、彼の腕前は敵の知るとこ…

米軍史上最多160人を射殺した男。国を愛し、家族を愛し、それでも戦場を愛した男――。 ある日、9.11の惨劇を目撃したクリス・カイルは、自ら志願し、米海軍特殊部隊ネイビー・シールズに入隊をする。イラク戦争のさ中、クリスが命じられた任務は「どんなに過酷な状況でも仲間を必ず守ること。」その狙撃の精度で多くの仲間を救ったクリスは“レジェンド”の異名を轟かせるほどになる。しかし、彼の腕前は敵の知るところとなり、“悪魔”と恐れられ、その首には2万ドルの賞金を掛けられ、反乱兵たちの標的となってしまう。 一方、クリスの無事を願い続ける家族。平穏な家族との生活と想像を絶する極限状況の戦地…過酷なイラク遠征は4回。愛する家族を国に残し、終わりのない戦争は幾度となく、彼を戦場に向かわせる。度重なる戦地への遠征は、クリスの心を序々に蝕んでいく… 息つく暇もない極限の緊迫感で誰もの心を打ち抜く―伝説的スナイパーの半生を描いた、衝撃の実話。世界を震わせる真実のドラマが幕を開ける――。

「アメリカン・スナイパー」に投稿された感想・評価

Yoshie

Yoshieの感想・評価

-
テロリストから国を守る。最初はその動機にテレビのなかの世界を自分に取り込めるのかと疑問だったけれど、9.11.がアメリカ人の愛国心を確信させたのかなと。
Lisa

Lisaの感想・評価

-
戦争モノの映画はあんまり好きじゃないんだけど、これは見入ってしまった。
くろ

くろの感想・評価

4.5
戦場と家を行き来するすることでPTSDを発症し、それに苦しむ凄腕スナイパーのお話

戦争が人間に与えるダメージがどれ程なものかが伝わります
戦争がどうゆうものなのか、というのを伝えていくために必要な映画。
shu

shuの感想・評価

4.3
観る側が常に緊張感を持てる作品だった。
ラストは衝撃。というよりなんでっていう気持ち。
羽柴

羽柴の感想・評価

4.3
さすがイーストウッドと言わざるを得ない。勿論戦闘シーンも緊迫感があっていいけど、心理描写が特にいい。
ゆき

ゆきの感想・評価

4.1
ラストが衝撃。
でも、すごく現実的だった。
日常と戦地と信じられないぐらいかけ離れてるけど、どちらも生活してる人がいて。
このPTSDにどれだけ悩まされてる人がいるんだろ。
Fest

Festの感想・評価

4.3


いろんな考えの人がいる限りやっぱり戦争ってなくならないのかなって思ったしなくなってほしいものだとも思った。


こういう映画を通じてしか戦争の怖さとか辛さをわかれないからとても勉強になる。
sada

sadaの感想・評価

4.0
戦場と家庭の往復。命懸けで撃ちまくり家庭では平穏な暮らしをする。どんな心境で食事やドライブを楽しめるだろうか。
環境が違いすぎてもはやパラレルワールドですよ。
こんなに平穏なのに戦争は起こっている。

撮影はモロッコでされたようでイラクの街の臨場感が伝わって来ました。
まこと

まことの感想・評価

3.9
あんな予告を流されちゃあどうしたって観に行ってしまいます

これは難しい問題

戦争によるPTSDってもう何年に渡って描き続けられているのだろうか

どれだけ戦地に赴く人間としてカスタマイズされても人間は人間でそれはどこまでいっても変わることはない

人間が人間を殺めることの正当化なんて結局最後までできないからこそ、いざ手を染めてしまった人間は荒れ狂った心の整理がいつまでもできないのだと思う


優しい気持ちを持ってる自分も自分

他人の命を奪った自分も自分

その二者を客観的に見ている自分もやはり自分なのだから
>|