アメリカン・スナイパーの作品情報・感想・評価・動画配信

アメリカン・スナイパー2014年製作の映画)

American Sniper

上映日:2015年02月21日

製作国:

上映時間:132分

3.9

あらすじ

「アメリカン・スナイパー」に投稿された感想・評価

Taul

Taulの感想・評価

3.0
『アメリカン・スナイパー』鑑賞。あまりにも真面目な戦争映画のひとつの上書き。映画としての面白さどうのこうのより、エンドクレジットのように無言で問題を突き付けられたような感覚。文字だらけの分厚いパンフと共にじっくり考えてみよう。

『アメリカン・スナイパー』で一番印象に残ったのはエンドロールかも知れない。映画を楽しんだという余韻を拒むようなつくり。主人公の現状や様々な思惑でヒロイズムが強くなったのを浄化する作用もあった。とにかくあの数分が頭にこびりつき、イラク戦争やアメリカの番犬性など、調べたり考えてる。


Taul@TaulNcCar

『アメリカン・スナイパー』が好戦的と問題視され、『永遠の0』の反戦の主張が賞される。戦争を扱った作品の宿命であり、どう捉えるかで、人(あるいはその国)の感性やスタンスといったものが見えてくる。
りりり

りりりの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

すごく薄い言葉だけど、
戦争は何にもいいことがないなと思います。


国のために戦っても自分を犠牲にして、PTSDになり、
共に国のために戦った兵士に殺されるなんて辛すぎる。

人が狂ってしまうほど、
戦争は恐ろしいものなんだと改めてわかりました。
戦争の描写がすごかった。
Asaki

Asakiの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

戦闘員って、普通の精神状態じゃいられないよね。。

四度戦地に赴き、危ない目に遭いながらも命懸けで戦って帰還したのに、元兵士に殺されるなんて。
kag

kagの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

戦争ゲームのキャンペーンをやってるみたい🪖現実の話ということも驚き。第二次世界大戦ものは色々見たけど、9.11関連の話は初めてでした。

戦争に行った人のPTSD、深刻です。
イラク兵のスナイパーがオリンピック選手だったのも衝撃的でした。

160人殺して英雄。それはアメリカの中だけの話。戦争ものを見ると毎度思うのは「戦争ダメ絶対」

最後殺したのはどこの誰?主人公のクリス暗殺されないか心配だったけど…
戦争体験者の心の中の葛藤は戦争映画では良くある話ではあるが実話という点でも説得力はあるがクリント・イーストウッドは静かに深く表現している。非日常の世界からかけ離れた所にいる我々には何が出来るのだろうと考えさせられる。

幸せな時間は、儚い。

望んでも、
なぜか様々な環境が、
幸せな時間を作らせてくれない。


家族は戦場に向かうクリスを心から心配し、家族で過ごす時間を心から願った。

クリスは、
国を守るため、そして、
その先にある家族を守るまでに、
戦場に向かい仲間を救いたいと願う。


ホームに帰ってきても、
心、ホームにあらず…
戦場に行くことは、
物理的な不在の時間を作るだけではない。
心をも奪うのだ。


幸せな時間が、
心を温かくする。
しかし、
なぜ幸せな時間は長く続かないのだろう…

かざらないショットのつみかさねでつくられる、シンプルに演出された映像がイーストウッドらしい。
たんなる反戦映画などではなく、リアルな人間の心理をそのままなめらかなタッチでえがき、観るものにそれをつきつける。

わたしたちはこの映画が上映されているあいだ、戦争に直面している彼らとおなじ心理状態を共有することをおのずと求められているのだ。
主人公が休暇中に耳にする物音に、おもわず一緒に反応してしまうほどに。
そのあまりに巧みさには舌を巻くほかない。

このレビューはネタバレを含みます

実在のスナイパー、クリス・カイルの生涯を映画化。
米海軍の精鋭部隊、ネイビーシールズに所属するスナイパーのクリス・カイルは、イラク戦争においてその伝説的な活躍から英雄として持て囃されるようになるが、次第に戦争が彼の心を蝕んでゆく…。

監督/製作は「硫黄島プロジェクト」『グラン・トリノ』の映画界のレジェンド、クリント・イーストウッド。

主人公クリス・カイルを演じたのは、『イエスマン』『ハングオーバー!』シリーズのブラッドリー・クーパー。また、クーパーは製作も担当している。

第87回 アカデミー賞において、音響編集賞を受賞!
第39回 日本アカデミー賞において、最優秀外国作品賞を受賞!

”伝説の狙撃手”クリス・カイルの人生を映画化したものではあるが、所々事実とは違う脚色が施されている。
例えば年齢。クリスがシールズの入隊訓練であるBUD/Sを受けたのは30歳だとされていたが、実際には20代ですでにシールズ入りを果たしている。
作中に登場するターゲット、"殺戮者"の存在はフィクションであり、また戦友の仇である宿敵、ムスタファは実在するもののクリス・カイルとの面識はない。

上記のように、劇映画として盛り上げる為に事実とは異なる味付けをしている作品であり、この映画の内容を鵜呑みにしてクリス・カイルという人物を分かったような気になってはいけない。

とはいえとはいえ、本作で大事なことは彼の戦場における活躍ではない。
「戦争による心の傷は、どんなに屈強な人間をも飲み込んでしまう」というリアルを描くことこそが本作のキモであり、そのことを描く絶好の題材がクリス・カイルであったのだろう。
戦場映画ではあるが、戦争映画ではあらず。あくまで人間ドラマを扱った作品なのである。

映画の冒頭、ライフルを構えたクリスの先にいるのは、子供を連れた女性。女性を殺害したあと、果たして子供を撃つのか撃たないのか…、というところでクリスの少年時代へ物語は遡る。
もうこの冒頭5分が上手すぎて上手すぎて!一気に物語の中へ引きづり込まれる感じです。

はじめてのミッションで殺害したのは女と子供。このことが最後まで彼の心に深い傷を残します。
家族の元へ帰っても何気ない日常の音やドライブに過剰に反応してしまい、すぐにまた戦場へと舞い戻る。
何も映っていないテレビの画面をじっと眺める彼の姿に、薄寒いものを覚えました。

父の教えである「羊を守る番犬であれ」という教訓が彼を突き動かしていましたが、宿敵ムスタファを撃ち倒したことにより、決定的に彼の心は崩壊します。
泣き崩れ、妻に電話する彼の姿には英雄的なところは一切ありません。
そんな彼を、銃撃の騒音と砂嵐が包み込んでゆく。カオスな戦場と崩壊した精神が渾然一体となったかのような圧倒的なカタストロフィ的結末には、宿敵を倒し仲間の仇を取ったことに対する晴れ晴れしさは皆無。
戦争の無常をここまで端的に表現したイーストウッドの手腕に脱帽。

ここで映画が終わっていても、十分悲劇的で皮肉な物語になっていたと思います。
しかし、この映画はここでは終わりません。
日常に戻り、心の病から立ち直ったカイルは、自分と同じようにPTSDにかかった軍人の支援活動をしていた矢先、その軍人によって殺害されてしまいます。

実はこの出来事が起こったのは映画化が決定し、制作が進んでいた最中。
つまり、このクライマックスは製作陣の予期せぬところだったのです。
もしもクリス・カイルが生きていたのならば、映画は全く違うものになっていたでしょう。どれだけ悲劇的な内容であったとはいえ、救いのある物語になっていたはずです。

しかし、運命は彼を逃さなかった。
作中、あるシールズ隊員が仲間が狙撃されたことに対し「目には目を」と発言していました。
この復讐法に則り、クリスはムスタファを殺害するのですが、多くの命を弾丸によって奪ってきた彼もまた、戦争が生み出した弾丸によって命を奪われるのです。
こんなにアイロニーに満ちた出来事が現実で起こり得るのですから、本当に人生って何があるかわからないものなんだな…。

イラク戦争に正義はあったのか否か、とかそういうことではないのです。
子供だろうが戦士だろうが、戦争に巻き込まれれば多大なダメージを負うのです。
今現在でも、まさに進行形で世界のどこかではこんなことが行われているという事実に、なんともやるせなさを感じずにはいられない映画でした。
英雄的な見送りからの、無音のエンドロールは強烈です…。

※早撮りで知られるクリント・イーストウッド。本作でも撮影は超スピードで行われたらしく、その日数は44日!
これだけハードな戦争描写があるにも拘らず、44日で撮れちゃうんだからすごすぎ。
しかも当時84歳だったイーストウッドは、撮影中は一切座らなかったらしい。
あのクリント・イーストウッドが立ちっぱなんだから、撮影現場では誰も座ることが出来なかったとのこと。
なんか高倉健みたいなエピソードだと思って、ちょっと笑えたんだけれど、やっぱりこのお爺さんはとんでもないお爺さんですね😅

ちなみに、本作の撮影の為に体を徹底的に鍛えたブラッドリー・クーパー。
無茶苦茶デカいなっ!と思っていたら、なんとこの撮影のために20kg以上の増量を達成したらしい🏋️‍♀️
自らプロデュース業も行いながら、100kgを超える筋肉ボディを作り上げるんだから、ブラッドリー・クーパーがいかにこの映画に情熱を注いでいたかがわかる。
いや、それにしても凄いな…😅
pujisi

pujisiの感想・評価

3.5
重い引き金は思いのほか軽く、やっぱ重い。倒錯した戦場で麻痺してくる感覚。善悪とはなにか。因果は応報なのか。問われる心。戦争の歴史は人類の歴史だが、やっぱ戦争はよくないよ。
平和ボケしてるなと思った。周りに軍人がいるから
なんか色々思うことはあった。今の生活が当たり前ではないと痛感した。際の意味わからん終わり方
>|