アメリカン・スナイパーの作品情報・感想・評価・動画配信

アメリカン・スナイパー2014年製作の映画)

American Sniper

上映日:2015年02月21日

製作国:

上映時間:132分

3.9

あらすじ

「アメリカン・スナイパー」に投稿された感想・評価

りな

りなの感想・評価

4.1
戦争もの。実話。
ヒューマンドラマに焦点を当てているのかと思ってみたけど、思ったよりも戦争側の描写が多かった。
戦争が人に与える影響の大きさを改めて感じさせる作品でした。
他の戦争ものにはない視点から描かれている。
彼は英雄でもなく悪魔でもなく、ただの戦争の被害者ではないか。この作品は戦争や軍人を美化していない。戦地に赴けば死と隣り合わせ、家族のもとに帰っても心は休まらない。退役後、後遺症にどれだけ苦しむのだろうか。戦争は人を死なせ、生かしても心を蝕み続ける。少年が自発的にロケットランチャーを発射しようとしたように、繰り返される報復は悲劇しかうまない。戦争は全てにおいて虚無である。
その映像のリアルさは、現実にこのような事が本当に起こっていることを、驚きと共に憐れに感じさせる。
この作品が賛否両論に評価される事自体が悲しい。
ふみ

ふみの感想・評価

4.6
暴力は暴力しか生まない。

戦争映画で学ぶことはとても多いです。

辛い描写ばかりですが見ないと理解できない世界がそこにはあります。

戦争はフィクションの世界に留めておくくらいがちょうど良いのです。
心を戦場に置いてきてしまった男。目に光は宿っているけれど、その目はスコープを覗いている。子供たちの声は耳を通り抜け、ミサイルヘリのホバリングと銃声、仲間の叫びが脳をこだまする。

戦争は人を変えてしまう。アメリカの目線だから殺した人の数は栄光の証。逆の立場ならどうだろう。少年を撃つか撃たないかの境目は道に落ちた爆弾を手にするか否か。そんなに簡単に死を運んでしまう戦争がどれだけ虚しいものだと思い知らされる。

彼は自分自身の正義を執行し、祖国と同胞を守った英雄。誰かの為に命を賭した兵士の功績は讃えられなくてはならない。非難されるべきは彼らの上に立つ人の外交努力の欠如。その終着点である戦争だけは決して美化されてはいけない。

そして、日常にも「死」は潜んでいる。



物語は実話に基づくから言うことないけど、クリント・イーストウッドの作る映画の質の高さが分かる作品。他の映画やアニメの戦闘シーンがバカらしくなるくらいリアルだった。
ym

ymの感想・評価

3.7
クリントイーストウッドの実話ものは自分にあんまり合わないことが分かってきた、ハドソン川もパリ行きも
グラントリノは好きなのにな〜
米軍史上最多160人を射殺し
家族、国、家族を愛した男の実話

めちゃくちゃ感動した
クリント・イーストウッドだからこそ
つくれた映画だと思う

途中途中の子どもが出てくるシーンは
ほんとに目を伏せたくなるような描写で
戦争は誰かにとっての正義は誰かの悪で
正義を求めた人達のぶつかり合いだって
そういうことなんだと思った

家族を守るために国を守るために
そして仲間を守るために
人を殺し続けた
これがいいことか悪いことかはわからないけど
彼は彼なりの正義を貫いた

ラストも衝撃
ぜひ1回は観て欲しい作品
Ko

Koの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

まさかの結末。。。しかもそれが実話っていうね。
やっぱりクリントイーストウッドの戦争映画は面白い。。。
これは映画館で見るべきだった!
戦争って勝てばいいって思ってしまうけど、実際には生き残った兵士達には心の病が待ってる。カイルは家族とは疎遠になりつつも自分の中で正義を持って戦ってて、でもたくさんの人を殺したり友人を失う中で結局PTSD?になってしまった。
それを乗り越えたと思ったら、、、
1km、2km先からスナイパーで襲われる恐怖計り知れないけど、カイルとムスタファのスナイパー勝負痺れた、、、!
Kぇもこ

Kぇもこの感想・評価

3.8
演出 : ★★★★☆
物語 : ★★★★☆
構成 : ★★★☆☆
完成度 : ★★★★☆
没入感 : ★★★★☆
総合点 : 3.8
Sho

Shoの感想・評価

5.0
戦争の恐ろしさを教えてもらえ、命の大切さ尊さを学べる一作。

今の私達には見ておくべき映画だと思いました。感動します。
はーよ

はーよの感想・評価

2.0
やっと見れた実話。しかもクリントイーストウッド監督だと後から知った。
戦地と現実のギャップは少しだけ分かる気がしたけど命を目の当たりにするとおかしくなるよね。
最後せっかく家族と過ごせるようになった矢先の結末に驚きだった…。
>|