アメリカン・スナイパーの作品情報・感想・評価

アメリカン・スナイパー2014年製作の映画)

American Sniper

上映日:2015年02月21日

製作国:

上映時間:132分

3.9

あらすじ

米軍史上最多160人を射殺した男。国を愛し、家族を愛し、それでも戦場を愛した男――。 ある日、9.11の惨劇を目撃したクリス・カイルは、自ら志願し、米海軍特殊部隊ネイビー・シールズに入隊をする。イラク戦争のさ中、クリスが命じられた任務は「どんなに過酷な状況でも仲間を必ず守ること。」その狙撃の精度で多くの仲間を救ったクリスは“レジェンド”の異名を轟かせるほどになる。しかし、彼の腕前は敵の知るとこ…

米軍史上最多160人を射殺した男。国を愛し、家族を愛し、それでも戦場を愛した男――。 ある日、9.11の惨劇を目撃したクリス・カイルは、自ら志願し、米海軍特殊部隊ネイビー・シールズに入隊をする。イラク戦争のさ中、クリスが命じられた任務は「どんなに過酷な状況でも仲間を必ず守ること。」その狙撃の精度で多くの仲間を救ったクリスは“レジェンド”の異名を轟かせるほどになる。しかし、彼の腕前は敵の知るところとなり、“悪魔”と恐れられ、その首には2万ドルの賞金を掛けられ、反乱兵たちの標的となってしまう。 一方、クリスの無事を願い続ける家族。平穏な家族との生活と想像を絶する極限状況の戦地…過酷なイラク遠征は4回。愛する家族を国に残し、終わりのない戦争は幾度となく、彼を戦場に向かわせる。度重なる戦地への遠征は、クリスの心を序々に蝕んでいく… 息つく暇もない極限の緊迫感で誰もの心を打ち抜く―伝説的スナイパーの半生を描いた、衝撃の実話。世界を震わせる真実のドラマが幕を開ける――。

「アメリカン・スナイパー」に投稿された感想・評価

緊迫した状況が続く。
一瞬の迷いが命取りになる。

クリスは"番犬"として戦い続けた。"狼"ではなく"番犬"として、強い信念があったからこそ戦い続けることができたのだと思う。

最後はやるせない気持ちになった。
すごく感情を動かされた

戦争映画っていっぱいあるけど、これは初めて観たわたしが生きてる時代の戦争だった
「昔のこと」じゃない世界の現実をみせつけられた

これを観てわたしはどうすることもできないし、もしあの場に居たとしてたぶんもう一回は向かわない
タヤと同じ目線だった。兵士であるクリスと向いてる方向が違うからそこに溝が生まれてるような気がするし、「国を守る」とか「仲間の敵をとる」とか頭ではすごくよくわかるんだけど、でもやっぱりわからないところを受け入れて待ってる人の気持ち

憎しみは憎しみを生む
kj

kjの感想・評価

3.8
実話を元にしたファンタジーかな?最後のムスタファとの対決シーンは手に汗握るいいカットだった。
虐殺者の電ドリのシーンは見てられなかった。惨すぎる。。。
アメリカ人にはこの映画はどういう評価なんだろう。
Yamato

Yamatoの感想・評価

4.1
イラク戦争の英雄クリスカイルの実話。

アメリカの歴代最高の狙撃手とも言われている二人の子供の父親の葛藤や生き様

単なる戦争物として見るより
これが実話と思って見てほしい。

ハッピーな映画ではないが一度は是非見てほしい
実話ということで、原作者の表現も使ってるのだろうけど
イラクの悪人感が全開で、現代のプロパガンダ映画って感じがした
石井碧

石井碧の感想・評価

4.0
イラク戦争。これがつい最近まで現実に起こっていたなんて。ゲームで人を撃つような感覚に陥った。アメリカからすれば伝説の狙撃手でもイラクからすれば悪魔だよね。戦争は本当にどっちが正しいとかないなぁ生還できてもあれだけの人を殺せば間違いなくその後の人生で心病むわよ
ゆうき

ゆうきの感想・評価

4.0
自国への忠誠心がいくら強くても、また戦争とはいえ人を殺すということは、容易にうやむやにできない心の痛みが伴う。

終盤でそこから乗り越えたと思いきや同じような立場の人間に殺されるという皮肉。後味悪めでした。
実話でシブい内容、派手に描きたいシーンもサラッと描く、クリント・イーストウッド節全快の作品。

ハズレのない、どの作品も高いクオリティを保つ稀有な監督!

内容の事前知識がなくても、彼が監督をやるというだけで観たくなる監督だ。
hanaryo

hanaryoの感想・評価

4.3
戦場と、そこで戦った1人の人間が、どう変わりどう生きたかという、生々しくて(良い意味で)淡々とした物語。戦争というものが人に与える傷を感じさせてくれる。
「番犬」の例えは物語において重要なキーワードになっている。
ZAWA

ZAWAの感想・評価

4.0
実話なだけあってすごくリアル。戦争はやはり怖いものなんだと改めて実感した。
子供がロケラン持ち始めるところは印象的だった。最後は心が痛くなった
>|