アメリカン・スナイパーの作品情報・感想・評価

アメリカン・スナイパー2014年製作の映画)

American Sniper

上映日:2015年02月21日

製作国:

上映時間:132分

3.9

あらすじ

「アメリカン・スナイパー」に投稿された感想・評価

秋

秋の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

妥協無く真摯で誠実な作品。痛々しい程のリアル。

レジェンドと称された男の苦悩。苦悩と書いてその表現すら軽々しく思ってしまった。大量殺戮者と英雄。戦争で意味合いの変わるこの二つ。

観てるとき何故か『ミリオンダラー・ベイビー』を思い出した。
ここ最近のイーストウッド作品でも硫黄島二部作でもなく。
本当に何故なのかパッと考え付かないけど。

淡々と描いているから途中で飽きる人もいるのだろうか?でも淡々としてないよ。心を想像してみなよ。地獄だから。
映画だよ、これが。

あと今の日本に当てはまる言葉

「ずっと前から、そして今も、人々は政治家のために殺されている」「政治家たちは最前線にいる者の運命より、自らのちっぽけな権力を行使し、保持することに関心がある」クリント・イーストウッド
justice

justiceの感想・評価

3.8
こんなに戦場で無双した男でも、精神は蝕まれていく。戦争は絶対にダメだ。
女児

女児の感想・評価

-
ドリルが見てて辛かった記憶
PTSDとかの描写がキツかったけど実話元にしてるっていうのがすごい
たく

たくの感想・評価

4.4
この映画は自分にとって他にない特別なものになりました

米国史上最多160人を射殺した男クリス・カイルの半生を描いた実話

この映画が上映された当時15歳で、父親に連れられ初めて2人で劇場で観た作品です

この作品は戦争が人に与える"影響"と1人の男の"責任"を描いたものだった
戦争で何人もの命を奪おうとクリス・カイルは家族を愛す優しい父親で、家族と仲間そして母国を守るために戦地へ赴く
戦地での想像を絶する経験は次第に彼の心を蝕み、PTSD(心的外傷後ストレス障害)を患ってしまう...

戦争の恐ろしさ以上に人の心を蝕むその後の恐ろしさを知った

ひとりの男の様々な"責任"
それを背負う"父親"

怖いほど静かなラストは疑問しか浮かばなかった
やるせない気持ちとぶつけようのない怒り
と哀しみ

妻のタヤがクリスを玄関で見送った時のあの胸騒ぎがしてたかのような表情が忘れられない

あまり理解できなかった父親の心に少し触れられたような不思議な映画です
かなりヒットした、戦場では英雄だが。平穏な日常では居場所がない男。というかほとんどのトップソルジャーやアーティストってそうなんじゃない?ってのが伝わってきて、泣けた。しかも、邦画のいわゆる「説明乙」がなく、演出で見せてる。素晴らしい。
Tanabedesu

Tanabedesuの感想・評価

4.3
随分前に見たので、新鮮な感想は思い出せないけど、良かった印象。
あさ

あさの感想・評価

3.6
リアルな戦場と感情があふれる映画。
戦争映画というよりドキュメンタリー映画という印象。
inoccccchi

inoccccchiの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

事実は小説より奇なり、というがこれほどまでによくできたドキュメンタリー映画(実話ベースという意味で)はないのではないか。

戦争を通じて主人公の心情が変化する様子が非常に明確。
主人公の気持ちもわかるし、主人公の周囲の人々の気持ちも同感できる。
そして、ラストは思わず巻き戻してしまうほどの目を疑う事実が視聴者には突きつけられる。

これはフィクションでは描けないと思う。
あやか

あやかの感想・評価

4.5
エンディングでこれが実在する人物の物語だと知ったのですが、家族特に奥さん強すぎませんか?わたしにはきっと耐えられないだろうなと思いました。そして、戦争が地球のどこかで今でも行われてることに悲しくなった。平和はいつ訪れる?
YUCCA

YUCCAの感想・評価

2.1
やっぱり戦争はいけない、絶対いけない。
イラク戦争で沢山の敵を殺したヒーローは、アメリカを守りたいという信念を持ってる。自分の行いを悔いることはなかった。

一方の正義が一方の悪になるのが戦争。同じ人の命でも殺すべき命と守るべき命に分けてしまうのが戦争。

最後はぷっつりと切れてしまったような終わり方。なんとも言えない余韻が残る映画でした…
社会勉強としては良かったけど、やっぱり戦争映画は辛い。ブラッドリークーパーは名演でした。

でもやっぱり戦争は本当にいけない。
>|