ワンス・アンド・フォーエバーの作品情報・感想・評価

「ワンス・アンド・フォーエバー」に投稿された感想・評価

Tef

Tefの感想・評価

-
ただただ悲しいし虚しい
ナパーム弾の誤射
訃報の伝え方
敵が弱すぎる
メルギブソンと自分は
合わない気がする
しかし
銃剣の装着方法がわかったので
何時でも付けれる様にはなりました
「1917命をかけた伝令」タイプかな、28億の土地 11億の邸宅 LEXUSで飲酒運転 DVのメル・ギブソン。「ペイバック」は好きだけど、戦争映画でカッコつけると冷める☘️
●ベトナム兵が ゲームの敵のザコキャラのように、のそのそ皆仲良く突進してくる。だから マシンガン打ち放題で、良く命中するんだけど、敵も我々と同じ命かけてるので、間抜けに見えて納得できない。
●迫撃砲の砲身が加熱してて、暴発防ぐために 皆で集まって小便かけると、ジュー ジューゆげが もくもく・・これいい☕あと、ヘリの後ろ席を 水の入ったバケツで洗い流すと、どばーっと血の滝が流れ出すシーン。
●個人的に好きなシーン
地味なんだけど、主人公より年取った上級曹長が ポンポンぶっきらぼうに弾薬配りながら、回っていくシーン。リアル〜☘️
usme

usmeの感想・評価

3.0
ベトナム戦争、米軍参加初期のイア・ドラン渓谷の戦いの話し
ベトナム戦争ものにしては草地の湿度が足らない気がする。初期だから?
綺麗に仕上げられていてちょっと微妙
見所はナパーム弾の誤射くらいだろうか

なんとなく子だくさんのこの夫婦がエロい

[ 所持管理番号]
E19
ベトナム戦争は何のための戦争だったのでしょうか?答えられる人はいますか?

報道を志す者は真実を自分の言葉で伝えたいと言う。しかし、時には沈黙せざるを得ないという限界、謙虚さを忘れずに。
kay

kayの感想・評価

5.0
2021/67作品
ベトナム戦争について
国のために戦ったんじゃない、戦友のために戦ったんだ
これにつきる
tulpen

tulpenの感想・評価

3.6
ほとんどが戦闘シーン。

期待していなかったけど
見応え十分でした。


東宝会館にて。
2002.7/3 56本目
鋼鉄神

鋼鉄神の感想・評価

4.1
ベトナム戦争映画

メル・ギブソンはこういう映画に出ると存在感が増して良い。

数あるベトナム戦争映画でも時代的に最初期の戦闘を描いた映画でこの後、多くのベトナム戦争映画で語られていく戦闘、戦争になる。

また、女性視点での『別の戦争』が描かれており、その点においても興味深い。

敵国であるベトナム兵の物語も一部だがあって単に自国(アメリカ)視点のみでないことも好印象。

観る価値のある1作。
K

Kの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます


登場人物が多すぎてあまり感情移入してない分、兵士がバタバタ倒れてく様がリアルだった。
左衛門

左衛門の感想・評価

2.0
10年近く前に鑑賞。殆ど記憶にない🤔
戦争映画は似た構成が多いので沢山見るとほかとごちゃごちゃになってしまう。そんな作品。
逆に言えば、覚えてないということは難なく最後までみれたということ🌴
ただ本作をゴリ押ししてくる友人がいたので、その後押しを踏まえて可もなく不可もなくの2.0で☺️
2002年に映画館で鑑賞してから
約20年ぶりの鑑賞です。

戦争シーンの迫力はハンパないです。
兵士の息遣い、痛みが伝わってきます。
「ブロークン・アロー」
メル・ギブソンがかっこよく命令するけど
起こるのは地獄絵図。
自分が戦場にいたら1分で死にそう。
死ねたらまだ苦しみは少ないけど。
戦争の悲惨さを教えてくれる映画です。
>|