わたしのハワイの歩きかたのネタバレレビュー・内容・結末

「わたしのハワイの歩きかた」に投稿されたネタバレ・内容・結末

別にハワイじゃなくても全く問題なく成り立つ映画でした。ハワイを感じたいとか魅力をもっと知りたいとか思って見るとかなりがっかりする。榮倉奈々のスタイルの良さには惚れ惚れするけど、自分勝手な割に結局良い思いしちゃうしそうなる過程も浅くて都合良いとしか。旅先で何かに気づかされてアクション起こすっていうより、勝手にモヤモヤして羽目外したり流されたりしてそれにも疲れたからやっぱやめたら自分に合う男がちょうどよくいた。これ見て私も頑張ろうとか次の休みはハワイ行こうとかはまずならない。
ハワイで何を着たらいいのか知りたいという理由でたまたま見てみた映画。

とにかく榮倉さんのスタイルに釘付け。脚長い…うっとり

瀬戸くん、加瀬亮、池松くん、ヤスケン、そして鶴見辰吾など
個人的に豪華メンバー出演なのと、ハワイの風景のおかげで目の保養という観点で楽しめた。
(そして、服については全然わからなかったー!)

てか池松くんと接触せず終わったー!うそー!(わたしが目を離してただけ?)
内容はないに等しい。
主人公に何一つ共感できないのだけど。バリバリ仕事して(ハワイ特集の雑誌の編集だし)不倫ではあるが池松くんというかわいい後輩、庶民庶民と言ってるけど世間では割といい方だよ。
ハワイに来たきっかけがイマイチ薄いしそこで出会う人の方が主人公より濃い成長を遂げてるんだよなぁ。
いろんな意味で程よくいいとこ持ってっちゃってそこに収まるとかなんか残念だった。
あと個人的にハワイ特集何回もやってる主人公なのにレインボードライブインとかおそらくエッグスンシングスやローカルじゃないなってとこばっか出ててうーんって思った。慣れてるならそこ取材してるでしょってゆう。
この点数はハワイと榮倉奈々のスーパープロポーション(鎖骨と美脚とマットなお肌)に対してです。
主人公(榮倉奈々)
・会社のお金で好き放題やりすぎ
・尻軽女すぎ
・すぐキレすぎ
他にもツッコミ所満載!

ただ、最終的にやっぱり
結婚は年収でも地位でも顔でも無く
息が合うのが1番って結論は好きだった。
お金持ちはお金持ちで大変なんだろうな

あと不倫する男はやっぱクズ。
ていうか池松壮亮ハワイに
何しに来たの?(笑)

まあとりあえずハワイ行きたい🥺
出版社で働くやり手のキャリアウーマンが、本は出してるクセに1度もハワイへ行った事がなく、友達のCAの結婚式の二次会のセッティングも頼まれた事から、上司を言いくるめハワイへ行く。
飲んだりパーティーに参加したりと楽しみながら色んな人との出会いもあり、
ほんとの自分を見つけていく。
何だか人には偉そうに説教して、
自分は何だかんだ言って金持ちの男と付き合ったり、その男とうまくいかなくなると、別の男へ行ったりと、
お前が1番男に依存してるんじゃない?って言いたくなる女で、あんまり感情移入できなかった。
まだ茜の方が、正直で純粋だと思う
榮倉奈々好きだけど、このキャラは好きじゃないなぁ…
うっかりありがとうって言いそうになる皮肉言わないでくださる?


たじまくんとのお酒のシーンすき。

やっぱりハワイに来た理由はそれか…


自分の気分が最悪な時に人に優しくできるやつ最高でしょ。


アロハの意味素敵すぎる。


好きだった人が既婚者。
しかも奥さん妊娠中。
そんでハワイ。
慰めてくれた彼と付き合って
でも結局は本音でぶつかれる屋台の彼と
ハッピーエンド?

うーん。

なんだか慰めてくれた彼、坊ちゃんがかわいそう。
仕事で来てるんでしょ!
社会人としてどうなのよ。
と、突っ込んでたけど、楽しめた。

DVDパッケージのデザインが内容と合ってないよ。
ハワイの観光局などがスポンサーになった観光誘致系の映画なのかと思いきや、そうでも無いし、
主人公を始め、感情移入出来そうな登場人物も見つからず。

主人公が(加瀬亮演じる)トモヤと再会し、気絶して目が醒めるまでの回想の中で、トモヤと主人公がデートしてる風のカットがあったけど、本編でそれまでにそんなシーンが見つからず、あのカットがどういう意味なのか、もしくは予知夢なのか?とか色々考え過ぎた(笑)
何がしたいのか全くわからなかった。
榮倉奈々、脚長すぎで見惚れたが他にいいところはなく、実はハマリ役なのかな?と思った。「ハワイの歩き方」と銘打ってるからにはそーゆー旅行ガイド的な要素があるのかと思いきやそれは序盤で終了。あとはくだらないことで言い合いして、謎な展開だった。
ハワイというロケーションを全く効果的に使えていない、逆に珍しい映画なのかも(エンディング曲は竹内まりや…なぜここだけそれっぽくしたのか)
ハワイってだけで期待してしまう部分があり、それを悉く裏切ってくれちゃったので、評価低め。
加瀬亮。

ハワイのゆっくりした話と思いきや、基本的に狂ってる話だと思った。狂ってるようなことを普通に演じてるから変な感覚に陥った。加瀬亮が良かった。ストーリーはイマイチ。池松壮亮がハワイ行った時に榮倉奈々や加瀬亮と遭遇してイザコザがあればよかったのになぁ。結局瀬戸康史とくっつくのかよ。という感じ。

金でも権力でも顔でもなく、一番大事なのは相手と息が合うかどうかだ。ということが主題になっている映画だった。

22
>|