デュプリシティ 〜スパイは、スパイに嘘をつく〜の作品情報・感想・評価・動画配信

「デュプリシティ 〜スパイは、スパイに嘘をつく〜」に投稿された感想・評価

無駄に情報量多いし、ストーリーよくわからんし、主演の演技なぜか腹立つっていう新しい感情を芽生えさせてくれる作品でした。
 過去と現在をよく行ったり来たりするので、油断してると置いて行かれる。そこを乗り越えれば、まあ面白いと思う。最後はどんでん返しだし。
大好きなスパイ映画
しかもジュリアロバーツだと期待大!

なんだけど、現在と10 日前、4年前などなど行き来しすぎて、作戦とかが全くわからない。
しかも、戦争的なスパイではなく企業スパイでアクションも全くなし。
僕的には残念
まさかのどんでん返し!笑
スパイ同士が恋に落ち色々と
仕掛けていくけど…結局ラストゎ…。
過去と現在をいったりきたりするから
見逃せない。
bopapa

bopapaの感想・評価

3.0
2020年 79本目 

縦軸と横軸がめちゃくちゃ複雑な映画、流し見してる程度なら確実に置いてきぼり喰らいます。ただ、過去の回想シーンに入る前に必ず画面が4分割されてそこから始まるのでその辺りはまだ観る側に優しい作りだったかも。


回想が5年前から始まっていき、少しずつ現在に近付いていくのですがその中で明かされる会話には特に重要と思えるシーンは少なくて(最初の回想と最後の回想だけで良かったんじゃないの?くらい)、ともかく主役2人がずっとイチャついてるだけです。2人はそこまでの運命をもって惹かれ合う関係なのだ!という事を描いているのだとも言えますがそれにしてもイチャつき過ぎだよ。

元CIAと元MI6のスパイなのでともかく人を信じない、用心の塊みたいな設定にしては不用意なシーンが割と多くて、あの場面で盗聴や尾行を警戒しているのならこのシーンでも気をつけようぜ、みたいなマヌケなシーンが多い。

まあ、そういうマヌケさがあるからこんだけイチャつく事しかしないんだぜ、有能に見える世の中の奴らも実は色ボケしたカップルなのかも知れないんだぜ?みたいな風刺も入ってるのかも知れません、知らんけど。

最後の最後に真の勝者が明らかになるのですが、終盤での唐突なとある人物の行動のおかしさから「もしかしてこの人達ハメられてる?」と薄っすら感じさせる描写は確かにあるのですが、それでもラストのどんでん返しはちょっと急に出てきた感があって惜しい!

せっかくあれだけ回想してるんならその中に真のどんでん返しへの布石を読み取れるような構成にしてもらってたらもっと好みだったかも!

結局どんな時もどんな場所でも死ぬ程イチャつく2人の印象が強過ぎたよ。
ライバル企業の新商品を奪うために暗躍する企業スパイの話
時系列が変化する際スプリットスクリーンによるトランジションがアイキャンディとなり集中力の助けになる
存外わかりやすく正規の新製品も合理的
ただし主演2人による視聴率2%くらいのロマンスは心の底からどうでもよい
ボーンシリーズの脚本トニーギルロイの監督作、今ひとつ露出も少なくて地味ながら、実は、騙し合い応酬で最後にもオチがある、しっかりした脚本。
こじんまりとした企業スパイの活動なので、銃撃戦や格闘シーン、カーチェイスがないことで、逆に、心理戦と諜報作業の描写が頭にしっかり入ってくる形、それから、主人公二人の関係を時間を遡って描くつくりはかなり緻密。
最初からポール・ジアマッティとトムウィルキンソンの絡みがやたら可笑しく、背景がコメディ要素で彩られているところも好感。クライブオーウェンもいい表情。
yukko

yukkoの感想・評価

2.9
ジュリア・ロバーツとクライヴ・オーウェンのコンビで見逃していたなんて不覚!
美男美女だぜ。
ただストーリーはまあ、特筆するほどじゃ無いかな。時系列が行ったり来たりだし疲れる。

この時のジュリア・ロバーツは妊娠でもしてたんか?お腹とお尻がふくよか😅
でもアンヨは相変わらずキレイだけんど👍

キスばっかりしてるふたり😘
姫

姫の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

この映画、終始流れる音楽と映像の見せ方が気に入った。
OPからよかった。

話は、元MI6と元CIAのスパイカップルが産業スパイに転身、さらに2人で雇い主を裏切ろうとするというもの。
ある企業の新製品という機密情報がお宝なんだけど、そのお宝が薬用育毛剤シャンプー。
時間軸が何度も過去に戻るけど、戻って見るのはスパイカップルのバカップル加減のみで、企業の騙し合いや諜報活動は時系列が並んでるから混乱はなかった。
最後のカメラの引き具合、シャンパンの泡が消えていく絵が2人の心情とリンクして滑稽さ2、3割増し!

サスペンスに分類されてたけど、大人向けクライムコメディだと思う。
途中で過去に戻るのが、ややこしくって、その手法はラストだけでよかったのでは。そのラストが、一捻りあって面白かった。
>|