デュプリシティ 〜スパイは、スパイに嘘をつく〜の作品情報・感想・評価

「デュプリシティ 〜スパイは、スパイに嘘をつく〜」に投稿された感想・評価

クライヴ・オーウェンとジュリア・ロバーツ、かなり豪華な2人が共演している作品。なのに今の今までレンタルで鑑賞してたのを忘れていたほどの絶望的な印象の無さ。

確かに見たのは覚えているのに、内容がほとんど記憶から抜け落ちてる。
実は面白いのに、自分が分かっていなかっただけなのか?とふと考えました。

もし面白いんなら見直そうかと思いましたが、ここでの平均点と、色んな方のレビュー読む限り、別に無理して見る必要もないなと判断しました。笑
冒頭、トム・ウィルキンソンとポール・ジアマッティが殴りあってるスローの画が結局一番面白かった。

多くの方の指摘通り時系列の入れ替えが多すぎて非常に分かりにくい。これがもっと無名俳優を揃えたインディーズのシリアスなサスペンスなら相当面白くなった可能性もあったと思うのだが、どうしても2大スター競演の華やかさが映画の方向性を中途半端なものにしてしまったように感じる。
大どんでん返しムービー(笑)

この頃のクライヴは人気あったよなぁ〜



以上。
つよ

つよの感想・評価

2.0
企業のスパイ同士が恋に落ちちゃう話。

クライマックスあたりでやっと面白いかな。展開というかオチはやられた。

つまり全体的には微妙。盛り上がりが無かったような。
トニー・ギルロイは脚本だけやってなさい。ってことかな。

役者は素晴らしい。
特にポール・ジアマッティが好き。
ErnieHoyt

ErnieHoytの感想・評価

1.0
あっ、思い出した。最初に見たときもこの映画で全然面白いと思ってなかったこと。主演はジュリア・ロバーツとクライブ・オウェン。元MI-6の彼と元CIAの彼女。二人がお互いの局から引退して、現在は競争してる会社のスパイをやってる。二人が手を組んで、自分たちに儲かる話もして、もちろんこれはハリウッド映画なので、二人も恋に落ちる。おい、ゲロ吐きそう!結末はざまみろって感じなんでけど、個人的本当に面白いとは思えない。時間の無駄ですよ。パスしたほうが良い
トニギルが自分で監督した作品で一番面白いやん。
正直賞レースにノミネートしまくってたフィクサーよか全然面白かった。
適度にユーモラスでオシャレで、オチもなかなかいいと思う。
確かに、あの薬がガチで開発されたら途轍もない額のお金が動くだろう。
孫さんとか、ウィリアム王子とか、世界中各界の要人が一斉に飛びつくでしょう。
あとポール・字余ッティが毎度いい味出してる。
LaserCats

LaserCatsの感想・評価

3.1
どんでん返し系のなかでもかなり衝撃というか呆然としてしまったというか。観たことないようなラスト。
ni3

ni3の感想・評価

3.0
ストーリーを把握するのが難しかったが面白かった。あの新製品は実現してもらいたい
Rume

Rumeの感想・評価

5.0
レビューみたら低くてびっくり。笑
…英語版は言葉遊びが秀悦‼︎面白い‼︎
てぃだ

てぃだの感想・評価

2.2
へぇ。「二枚舌」って意味なんだって、このタイトル。OPのベテラン二人が取っ組み合いしてる場面が一番楽しくて笑った。主役二人の華も色気もまったくない恋愛&スパイごっこは申し訳ないがひじょーに退屈
>|