ゼウスの法廷の作品情報・感想・評価

ゼウスの法廷2013年製作の映画)

上映日:2014年03月08日

製作国:

上映時間:136分

2.9

あらすじ

中村恵、職業、地方公務員。家庭を持ちたいと親の勧めで見合いし、婚約した相手はエリート判事だった。年下だけど 信頼できる人......だが生活はすれ違いを続け、生涯の愛を誓うパートナーとして不安を感じ始めていた。そんな恵の空 虚と寂しさを埋めるように突如過去の恋人が現れ、運命を大きく変える事件が起きた......。 一般社会から隔離されるように生きる判事は、常時ひとりで300件もの訴訟を抱える激…

中村恵、職業、地方公務員。家庭を持ちたいと親の勧めで見合いし、婚約した相手はエリート判事だった。年下だけど 信頼できる人......だが生活はすれ違いを続け、生涯の愛を誓うパートナーとして不安を感じ始めていた。そんな恵の空 虚と寂しさを埋めるように突如過去の恋人が現れ、運命を大きく変える事件が起きた......。 一般社会から隔離されるように生きる判事は、常時ひとりで300件もの訴訟を抱える激務に追われている。本作は、そん な判事を婚約者にもった一人の女性の心の揺れ、そして、裁判を通して二人が本当の自分を取り戻していく究極のラブ ストーリーである。人が人を愛すること、裁くことを描きながら、日本の司法の盲点をも浮き彫りにするサスペンスで もあり、ラスト1分では衝撃的な結末が待ち受ける。

「ゼウスの法廷」に投稿された感想・評価

あい

あいの感想・評価

2.0
婚約者が被告人となるまではわりとシリアスで真面目な映画だったと思うのだが、それ以降は法廷を私物化した盛大な痴話喧嘩とそれに巻き込まれた人々の話。
一番感情移入できるのは検事かな。「なんだこの茶番?」ってなるわ。そこが逆に面白く感じたけれど、最後までリアリティのある話を望んで観ていた人にとったら最悪の映画だと思う。
クソ映画だと思いながら観たら案外面白いのであえてスコア低め。
自分は退屈せず楽しめました。
良い作品だと思います。
みこ

みこの感想・評価

2.8
眠かったからかもしれんが、
つまらんかった。。。

登場人物の誰にも好感をもてなかった。。

なによりあの浮気相手のおじさんが気持ち悪くて、、(すいません)
SayuRi

SayuRiの感想・評価

4.0
当たりを引いた気分。
いろいろ言われてるようですが、、
私は良い映画リストに入りました^ ^

司法界のリアリティはあるのかはわからないけど、(素人なもので)
どうなるのか予想がつかなく、引き込まれ、
主文を読み上げるあたり、泣いてしまった。

塩谷瞬の全吹き替えについては、
知らなかった&気付かなかった笑
演技も初めてみたし、顔と名前がきちんと一致してないからかなー

野村宏伸、若い頃より今がイイ‼︎
yoo

yooの感想・評価

2.5
若きエリート判事・加納と婚約した平凡な女性・恵。激務に追われる加納との暮らしに不安を感じた彼女は、同窓会で再会した元恋人・山岡と密会を重ねるように。しかし事故で山岡を死なせてしまい、恵は重過失致死罪で起訴される。加納は自ら志願して彼女の裁判を担当することになる。

ポチの告白と同監督でした。後で知りました。ストーリーとしては、こんなことあるわけがないと思って観るか、面白いストーリーじゃないの!と思って観るかで評価が変わってくると思います。私は後者でした。

なんか懐かしい俳優さんをたくさん見れました。そして後で知ったのですが、塩谷瞬の声を吹き替え??確かに言われて見たら違和感があるところが少しあったかな。でもそれって役者にとって失礼なのでは…と思いました。
pinoco

pinocoの感想・評価

3.7
塩谷瞬、、吹替?声が最高に良い。
吹替で正解!
主役は小島聖?私は初めてかも。
てっきり、塩谷瞬が主役と思ってた。
違和感が無かったから、いい役者さんなんでしょうね。どんな役でもこなせそうな女優さんだと思う。

ストーリーも飽きさせず、最後まで面白かった。でも、あの結末で終わるのは辛い。結局、裁く方も裁かれる方も理不尽さは逃れられないという事ですか。
しかし、判事が婚約者ってのは普通の家庭の女子には無理がありますね。
判事とご結婚をお考えの方は、必ずこの作品を観ることをお勧めします。
ポチの告白が素晴らしかったので観た、が。

小島聖がよかった。

主役の塩谷さんのみ別の役者さんの吹き替えというなんとも不思議な映画でした。

小島聖は超よかった。
まつり

まつりの感想・評価

4.5
そろそろあなた方も気付いたほうが良い。
このままだといつの日か
――国民がゼウスとなって、裁判官を裁く日が来るということを。

タイトルに惹かれてHuluにて鑑賞。
色々と言われてそうな作品だなぁと感じながら観終えました。
内容はありがちな法曹界の腐敗を告発するような、メッセージ性の強い作品。演出が臭かったり、展開がベタだったりと少し安っぽい。

ただ、
凝った台詞は少し臭くて、とてもかっこいい。
「ゼウス」と裁判官をかけてみえてくるものは新鮮。
単なるメッセージだけではなく、一つの物語として好感が持てる。

おそらく名作ではないが、僕は好きです。
nagiccch

nagiccchの感想・評価

2.7
扱っている題材は面白いが…
ラストの終わり方には無理がある
ルネ

ルネの感想・評価

2.0
2014年3月8日公開。 監督・脚本は高橋玄。

同監督の『ポチの告白』があまりにも素晴らしくて、この作品も映画好きの方に勧めて頂いたので観ました。

エリート判事(塩谷瞬、声は椙本滋)が多忙な中、婚約者(小島聖)との結婚に向けて準備しているが、婚約者が同窓会で再会した元カレに惹かれてしまい・・・というお話。

最後まで塩谷瞬の声で撮影後、編集の段階で監督が納得いかず、声だけ全部
吹き替えたといういわくつきの作品。監督のこだわりは評価したいが、結構不自然な仕上がりです。

多忙すぎて婚約者とのセックスも「11分なら」といい、相手が痛がってるのにいたわりもぜず果てるシーンに驚いたが、終始こんな感じの現実的ではない描写が多い。

笑いを入れようとするのはありがたいのだが、すべてがダダすべりしている、入れちゃいけないタイミングで入れたりしているので、とても残念。
塩谷瞬の髪型もかなりヅラっぽくて無理がある。

『ポチの告白』にも正直つらい部分は多々あったのだが、それをねじ伏せる
内容の素晴らしさがあった。それに比べる粗が目立つし、展開も凡庸だと
思う。

吉野紗香が出演していて久しぶりに見たが、これまたヒドい演技でした・・・。
>|