さよなら渓谷の作品情報・感想・評価

「さよなら渓谷」に投稿された感想・評価

mmm

mmmの感想・評価

3.5
うーん、よくわかんなかったけど、
2人が一緒にいたのは楽だったからなのかな。
過去がバレて捨てられることも、心を押し殺して笑うことも、2人でいればしなくていいもんね。

このレビューはネタバレを含みます


歪な愛なんだと思ったけど、騙された。
確かに歪んでるけど、普遍的な歪みじゃない。

最初は違和感のある夫婦だなと思ってたけど、だんだん過去が分かっていくうちに苦しくなっていった。

償いたい男と憎みたい女。
これは2人の義務で利害が一致してると言えばしてるけど、この感覚は自分には分からない。

だんだん義務ではなく、
愛してはいけない女と許してはいけない男になって行った時は切なかった。

幸せになりかけてるのに、そのまま幸せになればいいのに…
一筋縄ではいかないのは過去の2人が加害者と被害者だからなのかな。

真木よう子がよかった。暗い演技が似合う。
かなこを名乗るなつみの気持ちは本人になってみないと分からないんだろうな。

吉田修一はハズレ無しと思うくらい物語が刺さる。頭の中見てみたい。
ゆりな

ゆりなの感想・評価

3.7
名前をかなこって書くシーン。
予告編一切見てなかったので展開に驚き。
というか物語の要なのに予告編で言っちゃダメw原作が吉田修一の作品は、怒り、悪人、パレード、横道世之介とか全作面白いな〜。
Kako

Kakoの感想・評価

-
渓谷がないとこの映画は撮れない。
踊り場で二つの世界が交錯し、橋の上で真実と出会い、水のあるところで二つが溶け合う。
あととにかく移動が多い。乗り物は次の展開へと連れて行く。二人の行き先は「終点」だった。

そういえば
さらば、愛の言葉よ
さよなら歌舞伎町
さよなら渓谷
っていうタイトルに物凄く惹かれる。二度と取り戻せない「イマココにある真実」こそが映画であり現実だから。
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

2.5
感情の表現と台詞が浮いてしまう真木よう子にぴったりの役どころと言ったら失礼なんですけれども。なんでしょうね、もう少しなんとかなった気がする。感情移入をさせないのならもっともっと突き放して欲しかった。
ザン

ザンの感想・評価

4.1
長期に及ぶ復讐行為も、うっかり幸せになりそうだったので執着することなく頓挫したのか。それにしてもエロイな真木よう子。パリッとスーツをきめたヤリ手刑事よりもこういう役のほうが魅力が発揮されると感じる。
遠藤勲

遠藤勲の感想・評価

3.6
とにかく辛い!
精神的に疲れている時には、見ない方がいい
なんとも言えない後味の悪い感じが残った

真木よう子が凄い!
しおね

しおねの感想・評価

2.8
今までずっと気になっててやっと鑑賞
退屈すぎてびっくりした
こんな辛いことは経験したことがないから
当たり前なのかもしれないけど
誰にも共感できないし理解できなかった
愛なのか疑問に思うところもあるけど共依存って
いう一種の愛の形なんだろうなと思った
それにしてもこの俳優さん演技下手すぎてびっくり
最初からすごい冷めた気持ちで観てた
真木よう子細いのに胸でかくて美人で最高
幸薄い感じがこの役にぴったりだね
汗が印象的だった
夏のジトジト感、長い間とか、邦画っぽい
私にははまらなかった
怖い感じかと思ってたんだけど、全然。

すがる思い、共に生きることで赦していく、でも赦すわけじゃない。

運命。
すごい愛。
ennea

enneaの感想・評価

3.5
2014/07/06 レンタルにて鑑賞。
個人的にとても衝撃的な作品だった。そこに愛情が生まれることって、ありえるのかな。真木よう子がすごい。
>|