ど根性一代の作品情報・感想・評価

ど根性一代1963年製作の映画)

製作国:

上映時間:84分

3.1

「ど根性一代」に投稿された感想・評価

杉田康演じる悪役が近年稀にみる
嫌なやつで、勝新を応援する気持ちに
も拍車がかかる。

最初の土建屋(ヤくざ)を追われ次どうしようって所から、まさかの山伏に転職は斜め上すぎ。

また、機関車で敵の前に現れる勝新には意味がなくても心踊った。
今回の勝新は、酒も女も博打もやらないという『悪名』の朝吉よりも高潔な役どころだ。
ヤクザを破門になり、遠藤辰雄に弟子入りして「山伏」を目指していく。
(珍しく遠藤辰雄が善人だと盛ったら、やっぱり外道のエロ爺だった)
すぐに山伏からも追放され、さらに杉田康にリンチを受ける。
杉田康の悪行にいい加減プッツンしたころ、勝新の怪力無双がモノを言う…
まあ要は任侠映画のフォートマットそのままなのだが、勝新が杉田康をボコボコにする姿に無邪気に喝采する曽我廼家明蝶の横で、高千穂ひづるの険しい顔が映る。
このショットのおかげで単なる無頼伝に終わっていない。