2つ目の窓の作品情報・感想・評価・動画配信

「2つ目の窓」に投稿された感想・評価

naimitsu

naimitsuの感想・評価

2.4
映画公開時に観に行ったが、なぜ今これを撮ったのかと言う疑問が終始消えなくて、もやもやしてしまった
生命
文化
都会と地方
アノマニズム、フィティッシュ
ヒューマニズム、スピリチュアル
そして結局海で地球
ek

ekの感想・評価

3.0
人生の2つ目の窓を開けよう!
性の窓、人生の終わりの窓、家族の愛のつながり、嫌悪の裏の愛情。

相手の目をみて、好きだよっていえる?

虹郎くん、UAに似てる!
mikuty

mikutyの感想・評価

3.4
山や草花など自然をありのまま美しく映し出していた。木漏れ日も印象的。
思春期を演じる村上虹郎と阿部純子の雰囲気が素敵だった。

リアルを作品に取り込む撮り方が河瀬監督らしかった。それが私には時にノイズになってしまうが…
界人が父になぜ母と別れたかと聞くシーンでも、村上淳がUAへの思いを重ねて答えているように見えた。
すー

すーの感想・評価

3.8
眠くない時にしっかり観直したい…!

自分の好きな要素が詰まっている。
take

takeの感想・評価

3.5
再視聴。高校生の時に観て衝撃を受けた。

奄美大島の綺麗な海や自然が広がる空間で、それぞれ事情を抱える思春期の男女が「生きる」ことと向き合っていく。

子どもたちが自然と交わる中で、生の儚さだったり、死とは?みたいなものに向き合う時点で、ダイナミックな状況だし、人間存在の根幹に触れるテーマを大枠としてぶち込んでるから、本当に理解が難しいし、いろんな解釈もできる…。やっぱりいま観ても内容の混み入り具合が凄くて観るのは体力がいる。
えぐ

えぐの感想・評価

4.0
奄美大島の豊かな自然が存分に楽しめる。
ラストシーンの海で泳ぐ映像とかすごくきれい。
さまざまな事情がある思春期の男女が、成長していく物語。
自粛中にこの映画は目の癒しになる。壊れた家庭において自己を失いかけている少年が、同じ苦しみをもつ女の子と出会うことでアイデンティティーを取り戻し成長する。沖合いにて殺人現場を目撃するも誰にも打ち明けられない少年は、末期の母親を持つ女の子と徐々に打ち解けあうも父と別れた実母に対して不満をぶつける(欲求不満?)が、女の子の父親に悟らされ全ての不安は思い込みであり、自分は愛されるために生まれてきたということを大自然を通して実感する。なんつーか、どやどやすぎる。景色が綺麗なのは分かったがストーリーの流れが悪すぎるため、観光動画のようであった。自然とか大きなものの存在を無理に捉えようとしている感が否めない。
m

mの感想・評価

3.0
初めのシーンは震えて目を瞑るくらい観たくなかった。たけど、それ以上に凄く気持ちよさそうなシーンが多い映画だった。部屋に入ってくる風とか沿岸を自転車で帰る所とか。海とか、他にも。

何より親子共演が素敵だった。会話の間とか表情が凄いリアルだった。
ichita

ichitaの感想・評価

3.2
過去鑑賞。

島の景色は美しく、ムラジュンと虹郎くんの親子共演も印象的。

ストーリーは、あまりノレず。
>|