アイヌモシリの作品情報・感想・評価・動画配信

「アイヌモシリ」に投稿された感想・評価

マサ

マサの感想・評価

3.0
アイヌの人々がメインで出演する阿寒湖の近くが舞台。アイヌの伝統を守ろうとする人々と、それに疑問を持つ学生の主人公。様々な不思議な口承と現代の生活との解離があったけど、会えたから今後彼の生き方は変わっていくかも。ヨイトマケ、言葉は知ってたけどそういう意味だったのか。
ゆったりとした映画。
あなたアイス?とか
日本語上手ですねの言葉に違和感。
まだまだ知らないことばかり。
行ってみたいな〜
儀式の熊殺し
私には可哀想としか思えなかった…
カントの視線が印象的だった。
みやぎ

みやぎの感想・評価

3.9
主人公カントの揺れ動く心情が、プロの俳優さんではないからこそリアルに表現されていて、圧巻でした。

文化を守ることは大切だけど、日本語訳されたカンペを見ながらも儀式を行うシーンはある意味異様で衝撃的。

日本映画だからこその雰囲気や良さが出ている作品だと思います。
かよ

かよの感想・評価

4.0
ドキュメンタリーとみまごうタッチで、退屈するかも…と懸念したが杞憂だった。漫画ゴールデンカムイで多少の知識を得ていたおかげも少なからずある。
主人公の少年がやらかすんじゃないかとハラハラする場面もあり、「考えさせられる」だけではなくエンターテインメントとしても楽しめた。
イオマンテのシーンは、うまい、と思った。本物に見えるように撮るには相当な予算が必要だと想像するが、それを避けつつ、どういうものかをちゃんと画として見せている。
文化って、そんなに大事なんだろうか。
怒られるかもしれないけど、私はそう思ってしまう。
きっと、文化って過去の人のものでしかなくて、自分が大事にしてたから、残ってほしいという思いの押し付けに近いと思う。
共感され続ける文化であれば問題ないけど、常に価値観は変わるものだからこそ、文化こそ、常に新しい意見を取り入れてほしい。

大人は、子どもに一回も強要したことはないって言うけど、子ども達が受け取るのは言葉だけじゃない。取り巻く環境と、大人たちの立ち振る舞い、雰囲気すべてを感じ取ってる。
子どもたちは、大人が考えるより遥かに多くのことを感じ取って、自分も同じようにそうでなければならないって思ってしまうものだと思う。
もちろん、アイヌに限った話ではないけれど、偏った環境や考え方じゃないか、ちゃんと向き合ってあげたいと思う。

映画としては、アイヌの雰囲気をそのまま映している感じではあるけど、盛り上がりがイマイチないので、間延び感を感じてしまった。
アイヌの映画だからこそ、演じるのもアイヌの人で、というのは分かるけど、映画としてフィクションのものを作るなら、やっぱり役者さんの方が伝わることは多かったと思った。
和人であるからとか関係なしに、誰にでもなれるのが役者だから、アイヌの人に拘らなければ、もっと違った表現もできたのでは。
ただ、主人公の男の子はとっても素敵でした。
うら

うらの感想・評価

4.5
真剣な眼差しが美しく見えた。
きっと、カントみたいに向き合って悩むことが大事なんだと思う。
僕も「いただきます。」と「ごちそうさまでした。」を大切にしたい。
「映画」だけど「ドキュメンタリー」色が強い作品でした。それもそのはず主演の方々は皆さんアイヌで本名のままだから、台本があるはずなのに演技も全て自然でしかもお上手でした。
主演のカントくんの目力が鋭くて魅入ってしまった…

アイヌ民族として産まれ、無理強いされてはないけどアイヌ民族としての生活と文化継承をしていかなきゃな…と思い悩む思春期の少年がイオマンテを通してアイヌと向き合うお話で、シリアスでとても神秘的でした。
ちわっ

ちわっの感想・評価

2.5
この映画でアイヌコタンを初めて知りました

世代間での民族のアイデンティティのギャップはしょうがないよね

イオマンテの儀式
もはや狩猟で生活してるわけでもないし、アイヌ語すら怪しい人達による本質とはかけ離れている儀式に生け贄は衝撃的で無意味にも思えるけど、日常で肉を食べるし何が違うのだと言う言い分やその個体数や命への感謝からすれば意義があるようにも感じる
一方でアイデンティティの執着にも感じられた

演じているのはアイヌの人らしいけど、純血主義のような思想についてどう思うのかも知りたかった

同じく少数民族を題材にした『サーミの血』もお勧めです
やすぅ

やすぅの感想・評価

3.5
北海道の阿寒湖畔にあるアイヌ集落に暮らす少年がアイヌに受け継がれる風習や独自の文化を意識しながらも、その成長過程における心の葛藤や揺らぐ様を客観的な視点で淡々と描く。途中にリリー・フランキーが出てくるがその演技臭さが少々目立った。それくらい他の出演者の振る舞いが自然すぎる。
Channel190

Channel190の感想・評価

3.3
アイヌ伝統文化と現代っ子のせめぎ合い

ことさら賛同もしないし否定もしません

守るべき人々が守るべき場所引き継いでいけば良いかと
(廃れないで欲しいとは思う)
>|

あなたにおすすめの記事