沙羅双樹(しゃらそうじゅ)の作品情報・感想・評価

沙羅双樹(しゃらそうじゅ)2003年製作の映画)

SHARA

製作国:

上映時間:99分

ジャンル:

3.7

「沙羅双樹(しゃらそうじゅ)」に投稿された感想・評価

しゃび

しゃびの感想・評価

5.0
生きるという普段当たり前すぎて意識しないことを、日常生活の中から力一杯感じさせてくれる作品。

作中言葉として出てくる訳ではないのだが、観ていて深く「営み」という言葉について考えさせられた。

ちなみに、コトバンクによると「営み」とは以下のような意味らしい。

1 物事をすること。行為。作業。
2 生活のためにする仕事。生業。
3 特に、性行為。
4 したく。準備。
5 神事・仏事を行うこと。

人が生きていてお互い関わり合うからこそ、様々な営みが生まれる。だからもし、今まで深く関わり合っていた人を失うと、当然営みは共有できなくなる。その喪失感と向かい合い、そしてどのようにして立ち直り前を向いてゆくのか。この作品はその過程を丁寧にゆっくりと描いている。営みの喪失から立ち直る方法は、やはり営みを紡ぐことだ。それは家族の営みだったり、コミュニティ全体の営みだったり、淡い想いよせる男女の営みだったりする。

兄弟を失ったひと、子供を失ったひと、愛するひとを失ったひと。カメラは街の中を傍観者のようにふらふらと彷徨う。
喪失そのものはあえて描かず、会話の中で知らされるだけである。なぜなら、この映画のテーマは生きることだから。

河瀬作品は、観るものをその世界へ導く引力がとても強い。路地の多い奈良の街並み、住空間、そしてそこで生きる人々の姿に観るものはどんどんと引き込まれてゆく。


途中あまり馴染みのない儀式が出てきた。長い数珠をみんなで回していて、何かの弔いの一種かと思ったら、外では縁日のようなものが催されており子供達が遊んでいたりする。どういう意味のある儀式なのだろうと思いながら観ていたが、後で調べてみると「地蔵盆」という儀式らしい。恥ずかしながら、私は全く知らなかった。
私の住む地域ではあまり目にしないものだが、意味合いを調べてなるほど、と思った。



ネタバレ↓

まず、きっちり観せるシーンを始めと終わりに持ってきているのが素晴らしい。

ゆらゆらと空中を揺らめくカメラからの、子供の失踪劇で物語が始まり、ラストは出産という物語の集大成となるシーンから、成仏を彷彿させる空を舞うカメラで締めくくられる。

ただの掴みとして、始めに見せ場を作る作品はハリウッドを中心として多くある。
そうではなく、テーマに沿った見せ場をちゃんと配置できている点でもこの映画は素晴らしい。100分足らずの尺にしっかり収め、かつ始めと終わりに主題に沿った見せ場を作る。それが出来ただけで映画は及第点だと思う。出来ている映画はそれほど多くない。

もちろんこの作品はそれだけではなく、中身もぎっしりとつまっていて贅沢なことこの上ない。
サト

サトの感想・評価

3.5
この映画を観て青春18切符を使ってバサラ祭りに行ったことを思い出した。
koma

komaの感想・評価

3.8
初めて観たのは大学時代。
当時はストーリーよりも映像に意識が向いていた。
流れる景色を眺めているとだんだん奇妙な感覚になってくる。特に冒頭の路地を駆け巡る場面は脳裏に焼き付いていて、ふとした時にその感覚とともに思い起こされる。
櫻

櫻の感想・評価

-
翳りゆく光。光がさす陰。となりで巡る時間。その中で生きているわたしたち。夏になるとざわつく残像は、きっとあの日消えた兄の姿。陽のあたる場所で、心にある陰を隠す。忘れるんでもなく、消えるでもない。踊れ踊れ踊れ。蠢くものよ。雨のようにすぎさり、一瞬の煌めきを残すためのもの。ざわざわと風に揺れる木々の緑と空の青。生きるものよ、その真ん中でわたしたちの日常がまわる。
待ちつづけては待つのをやめての繰り返しのなかで、異なる待つ対象が現れることによって待つことを忘れられるのかもしれない
つまり、期待がなくなった待つによる苦しみにかわるのは、新たな、期待が大きい待つ 
待つ対象が増えてくことで「~を待つ」から「待つ」という自動詞的なスタンスとして生きて行けるのかも
祭りも新たな生も、待つ苦しみを緩和させる新たな待つなのかも
(参考文献.「待つ」ということ、鷲田清一)

監督のもつ死生観にこの待つって軸を絡めて考えられたので凄く面白かった

バサラ祭りのシーンはお気に入り
死は生の一部で巡るものってのが監督の考えなのかなと思ってたけど、あの踊ってるシーンは死が生からかけ離れてた気がする
死は生の一部ではあるが、死を忘れた生を生きる時間つまり人が輝く時間を生きることも生には必要ってことなのだろうか、
監督が実際にそう考えてるのかは全くわかんないけど
面白みはないけど。
河瀬さんの作品は、終始緊張感を抱えて見てしまう。
躍りの時の雨が降ってきた映像は、見いった。踊り手だけでなくあの祭の場にいた人々が、生き生きと光っているように見えた。
これは見事な河瀬直美監督作品であった。
とくに「バサラ祭り」なる祭りシーンが最高であり、「人間輝ける時に、輝かんと!」という言葉に感動した。

全編にわたって、走る少年たちを追いかけるカメラ、走る自転車を追いかけるカメラ、いずれも走っている人物の後ろから撮影されているのだが、良く撮ったと思う映像。

河瀬監督の地元=奈良を舞台に、この映画は河瀬監督でなければ撮れない。

河瀬直美監督の傑作のひとつと言えよう。

<映倫No.116549>
沙羅双樹は熱帯雨林の構成樹のひとつらしく、フタバガキ科ツバキ属の植物とのことです。釈尊がこの樹の下で涅槃に入ったことで有名ですね。花言葉は、愛らしさとか、包容力とのこと。ここまで作品と関係なし。

映画は擬似的なドキュメンタリー形式で進みました。
ドキュメンタリーの手法で、奈良のある町の、ふたつの家族を描くのですが、どこを切っても同じ味付けというところがいいのかわるいのか微妙でした。

邦画の嫌な暗さを引きずってないところは好感持てました。

(思い出しレビュー)
chloe

chloeの感想・評価

3.8
奈良の古い街並、静かで音楽を排除した作風、客観的な視点、ドキュメンタリーかと思うようなカメラワーク。
『萌の朱雀』よりも、生身の『人間』に近付いた気がしました。
人それぞれ悩みや問題を抱えているんだけど、それをドラマチックに描くんじゃなくて、すごくありふれた日常として描いてます。
祭りのシーンはすごく印象的。
他のシーンとの「静」と「動」のコントラストがすごく面白い。
映画男

映画男の感想・評価

4.5
よかった。この映画は、多分失踪した少年の目線で撮ったんだと思う。お母ちゃんが子どもを産んで、ふわぁと空高くカメラが上昇してエンドロールが流れた。きっと失踪した少年は、母親から生まれてきた赤ちゃんを見届けて無事に成仏したんだろう。そんな気がする。いやあ良い映画やな、ホンマに。
>|