沙羅双樹(しゃらそうじゅ)の作品情報・感想・評価

『沙羅双樹(しゃらそうじゅ)』に投稿された感想・評価

牧史郎

牧史郎の感想・評価

4.0

映像というポエムが炸裂している……。こ
の頃の河瀬作品の撮影の研ぎ澄まされ方は凄い。
カメラ自体が生き物であり、登場人物。
生瀬さんも凄すぎる。監督を含めた様々な俳優陣の芝居のトーンの統一もこの作品…

>>続きを読む

予習



       *


「忘れてええこと、忘れたらあかんことと、ほいから忘れなあかんこと」。(映画より)


       *

以下、引用は、鷲田清一『「待つ」ということ』(角川選書、2…

>>続きを読む
最初と最後のシーンが長回しを通じて繋がっている。死と再生のテーマは「桜流し」のMVにも感じた

チャリの2人乗りとか、手を繋いで走るシーンとか、お祭りのシーンなど、学生の頃の夏を感じさせる映像でとても情緒溢れた映像だった。

個人的にストーリーが少し難しく感じて、
色々想像を巡らせながら観る映…

>>続きを読む

レビューが500も超えてなくてびっくりした。(少し前の映画だからかな?)
登場人物の会話は割と少なめで、淡々と映像で語る映画(そういうのが好きな人はすごく好きな映画)。ハンドカメラでの撮影がほとんど…

>>続きを読む
Unrelated

Unrelatedの感想・評価

4.5
バサラ祭。
普段口べたな俊、おしとかやな夕だけど間違いなく輝いてた。

突然、神隠しに遭う双子の兄。そのまま月日は流れ、5年後に彼の死が確認される。家族は試される。手持ちカメラの揺れが弟の、父母の、揺れ動く内面を伝えるよう。時に”忘れなあかんこと”が人生には起きてしまう…

>>続きを読む
きの

きのの感想・評価

3.7

ドキュメンタリーみたいだった。
主人公の男の子と女の子がなんとも言えず可愛くて、それだけでいいとも思えたり。
良いと思うものを描くのかな。好きなものを描くのかな。素敵だと思うものを描くのかな。
ただ…

>>続きを読む

今はそれほどでもないが、初期のころの河瀬監督の演出は淡々としている。
とにかく見つめるとでも言えばいいのか。
傍観者のような立場で人が動くのを眺めているような感じ。

生と死を見つめる中で、最終的に…

>>続きを読む
SCALA

SCALAの感想・評価

4.2

映画とは虚構であるはず。それなのにあまりにも自然体すぎて現実と勘違いしそうになることがある。

幼い頃に双子のうちの一人が行方不明になってしまった家族を描いた話なのだが、神隠しに遭った兄というよりも…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事