海を駆けるの作品情報・感想・評価

海を駆ける2018年製作の映画)

上映日:2018年05月26日

製作国:

上映時間:107分

3.4

あらすじ

インドネシア、バンダ・アチェの海岸で倒れている謎の男が発見される。片言の日本語やインドネシア語を話すが、正体は不明。その謎の男をラウ(=インドネシア語で「海」)と名付けて預かることになった、災害復興の仕事をしている貴子と息子のタカシたち。その周辺で、謎の男・ラウは様々な不思議な奇跡と事件を巻き起こしていく--果たしてラウは何者なのか...

「海を駆ける」に投稿された感想・評価

とてもシンプルなストーリー。
ラウという中心人物、ディーン藤岡さんがあまり話さないということでうまく表現ができていたと思う。水の玉を生み出すシーンのCGとても綺麗でした。
インドネシアでの撮影。どうしても日本人がインドネシアに行っただけの話になってしまうことが勿体無い。
深田監督の〝外界からの侵略者〟をもっとうまく活かせれば。ラウという人物が侵略者=異物ならば、ラストシーンでの爽快感しかないかも。もっと町の人々(内界)との関係性を描ければ良かったのかも。
淵に立つが傑作だっただけに正直微妙…。テオレマテ的なまれびとてきなのがこの監督のテーマなのだけれど、正直ディーンフジオカが弱い…
まつき

まつきの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・深田監督定番の、とある集団(家族とか)に異物的人物が投入されて、変化が生じていくパターン。今回はディーン・フジオカさまだー!日本人なのかインドネシア人なのか国籍不明の役柄を、いろんな国の言葉を話せてかつ台湾で活躍していたディーンさまが演じるのはすごくぴったり!

・ディーンの正体はいったい何なんだ。という謎が全編を支配してる。監督前作『淵に立つ』の浅野忠信のよう。面白い。



(いやそうでもないかも。下述の若い男女4人の青春ムービーな趣きもかなり色濃い〜)

・インドネシアも日本と同じく大震災による津波の被害を受けた場所。メインの若い男女4人は国籍を越えた友情で繋がる。

・熱にうなされた女の子が、ディーンによってスポン!と夢の中で海に出てくるの、観ていてめちゃくちゃ気持ちよかっった。「海を駆ける」シーンも気持ち良かった。

・ディーンの正体はたぶんやっぱり海(津波?)の化身かな。
うまく掴めない話。自然が綺麗。新たなジャンル開拓だとすれば面白いかもしれない
あまり馴染みのないアチェという場所が日本人と繋がりがあり、津波の被災地という共通点も。自然(=海=フジオカさん?)理不尽に命を奪うこともあり、奇跡的に生かすこともある。キャスト皆嵌まり役(特に若者4人)
本日監督のトークショーも兼ねた上映会で鑑賞しました。
鑑賞後モヤモヤした感じがありましたが、監督の解説を聞いてスッキリしました。
娯楽映画のつもりで鑑賞することはオススメしません。
深い意味を理解するつもりで鑑賞しないといけない。そんな映画です。
さや

さやの感想・評価

2.4

このレビューはネタバレを含みます

ツキガキレイデスネ


『海を駆ける』
監督は『淵に立つ』の深田晃司。
主演は『ディーン・フジオカ』の藤岡竜雄。


【あらすじ】
後日掲載予定(虚偽)


面白くないか、クソ面白くないかで言えばクソ面白くないです。
大根役者が主演とはいえ、ポスター及びタイトルはかなり良さげ。小さな期待を胸にBET(駆けるだけに)したものの、結果は惨敗。
そして不安要素ディーン・フジオカに
[キャラクター設定:無口]
が与えられており、大根演技をまさかの隠蔽。
なるほど。深田監督、侮れない。
セリフが少ない分、ディーン・キリボシくらいにはなってました。
阿部純子はディーン・タクアンかなぁ。

やりたいことはわからんでもない一作。
集中して見ないとちとキツイが、集中力を維持できるほどの面白さもない。ハマれなかったら2時間弱を暗中模索しながら過ごさなければならないため、私としては未見を推奨させていただきたい。
ディーンが出てたら何でもいいって言い切れるディーン・プロフェッショナルの方にのみオススメです。ディーン・アマチュアの私には厳しかったわ。
結論:ディーン・ボンサク。
pipi

pipiの感想・評価

1.0
ディーンさん見たくて拝見しました。
うーん、つまんない。
ごめん、なんかつまんない。
なんのカタルシスもなかった。
伝えたいものが、全然伝わらない。
時間とお金勿体なかったね。
dita

ditaの感想・評価

4.0
@シアターセブン  

日本昔ばなしを思い出した。事柄全てに意味を持たせて説明するのもいいけど、こういうのも大好き。「自然」が起こすことに人の善行悪行なんて関係ないのを最近特に実感しているからファンタジーの隙間から見えるリアリティにグッときた。役者もみんなよい。

ディーンフジオカはこれぞハマり役やし太賀はついに国境すら超えてたし阿部純子も超よかった。あとクリス役の人が可愛くて可愛くて。劇場から出たらちょうど日が暮れかけていてなかなか美しい空だったのでのんびり浸りながら歩いて帰ったけど、今日は月が綺麗ですね。
いろえ

いろえの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

深田監督のティーチインを聞いて、安直かもだけど、ラウは自然そのものなんかなあ。と思った。
ふれあった人を楽しい気持ちにしたり癒したり、かと思えば善人悪人大人子ども関係なく無差別・無慈悲に命を奪ったりするところが。あと登場人物たち(=人間)がどれだけ問いかけても「言語」での答えをくれないところも。
ラストのまさに「海を駆ける」シーン、すごく良くって頭にずっと残ってる。
美しさと恐ろしさと瑞々しさが共存してる&想像を働かせるための余地がたっぷり残されてる素敵な作品。
>|