海を駆けるの作品情報・感想・評価・動画配信

『海を駆ける』に投稿された感想・評価

イシガ

イシガの感想・評価

3.7

爽やかな青春映画だった。
あの道理に外れたラウっていう特異点の意味は分かんなかったけど、それでもいい気がした。

スケジュールを切られ続けて疲弊し続ける自分たちの生活とは、時間の流れ方が違ってて、

>>続きを読む
Benito

Benitoの感想・評価

4.0

【 不思議な感覚に陥る、癒しの物語 】

日本・フランス・インドネシア合作作品。

この映画は、2004年12月26日の地震と津波で16万人以上の死者・行方不明者をだしたインドネシア・スマトラ島のバ…

>>続きを読む
リュカ

リュカの感想・評価

4.0

なんとも叙情的で美しい。
自然と人と、生きるということ。
若者たちがとても良かったなぁ。

インドネシア、行ったことない。
行ってみたいなぁ。
毎日海を眺めて
ジャランジャランして
現地の屋台とかで…

>>続きを読む
いちご

いちごの感想・評価

5.0
大好きな映画。
ラウはディーンじゃないと演じれないと。
海という大自然と生きるとは
う

うの感想・評価

-
ヒューマンドラマかと思いきやSF、!
ほぼ何も喋らないおディーンの神々しさたるや。

若者たちの心の揺らぎは見ていてとても清かった

不思議、居心地よくて、清涼感。
「月がきれいですね」を、あそこまで引っ張るとは思わなかった。ここで「月はきれいですね」と言うだろうなと思っていると、気を持たせて、言わせている。また後で、ひっくり返し…

>>続きを読む

 深田晃司監督の「LOVE LIFE」「淵に立つ」を観たので、こちらも観てみる。

 やりたいことは分からないではないが、インパクトは薄い。

 太賀のタカシが、インドネシア人に見える所がおかしいが…

>>続きを読む
yz

yzの感想・評価

3.8

ラウについては仲野太賀たちと同じ視点なので当然謎、しかし仲野太賀たちについても分からない部分があるまま進行する。ラウの不思議さはあるがベースは日常の物語なのに凄く惹きつけられた。その日常のリアリズム…

>>続きを読む
観覧者に教養と想像力を求める映画。
ラウの存在とは何かは見る人それぞれだろう。
役者さんたちの演技が素晴らしい。

主題不明。茫洋とした監督自己満的幻想劇

最後まで作品趣旨が分からず仕舞い。率直に言えば監督の首を締めてやりたい。笑
半分は冗談としてももやもや不快不愉快な苦い気分だけが残されたネガ経験の腹いせはし…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事