ハーフネルソンの作品情報・感想・評価

ハーフネルソン2006年製作の映画)

Half Nelson

上映日:2017年06月17日

製作国:

上映時間:106分

3.5

あらすじ

ブルックリンの中学校で黒人やヒスパニックの子どもたちに歴史を教える教師、ダン・デューン(ライアン・ゴズリング)。型にはまらない授業で生徒たちの信望を集めているが、一方で自身はドラッグに溺れている。ある日学校のトイレの個室でドラッグを吸っている現場を、女子生徒ドレイ(シャリーカ・エップス)に見つかってしまう。彼女の兄は薬物を売った罪で刑務所におり、近所には多数のドラッグディーラーがたむろするような…

ブルックリンの中学校で黒人やヒスパニックの子どもたちに歴史を教える教師、ダン・デューン(ライアン・ゴズリング)。型にはまらない授業で生徒たちの信望を集めているが、一方で自身はドラッグに溺れている。ある日学校のトイレの個室でドラッグを吸っている現場を、女子生徒ドレイ(シャリーカ・エップス)に見つかってしまう。彼女の兄は薬物を売った罪で刑務所におり、近所には多数のドラッグディーラーがたむろするような劣悪な環境で母親と二人で暮らしている。そんな彼女を何とかして救おうとするダンと、彼の秘密を知っているドレイ。二人の間に不思議な友情が芽生え始めるのだが-。

「ハーフネルソン」に投稿された感想・評価

なるほどなー。ライアンゴズリングって本当にこういう役も似合うのよなー。
センシティブで問題を抱えた教師が1人の女生徒との交流から
大切な絆を築いていくお話。

歴史は対抗する力からつくられるっていう弁証法により
社会問題もおりまぜた展開でしたが全然頭に入ってこなかった…


寄る辺なさそうなアンニュイフェロモン垂れ流し教師を
ライアンゴズリングがパーフェクトに演じてました。
この映画彼が居なきゃはじまらない感。

まさかのアンソニーマッキーもいました。

そしてこの映画の監督脚本コンビがキャプテンマーベルを撮る!
っていう。
マーベルの青田買い凄い!


本作には関係ない感じの蛇足
2人の微妙な距離はうっかりうさぎドロップ(原作版、映画やドラマは未視聴)みたいな結末を迎えると悩ましいですが
可能性はあるよなあとか余談ですね。
Canape

Canapeの感想・評価

4.0
教師を続けることでヤク中の自分との均整をとっている男と危うい環境にいる黒人生徒ドレイの物語。急に元彼に会いに来て指輪で匂わせ「・・結婚するのか」と気付かせる大っ嫌いなタイプの女が出てくる以外はじんわりいい。(ホント理解不能。そっとしとけや!)ジャケットの顔は怖いけど、ダメダメの自分と戦う泣きそうな顔や、ゆるゆるの笑顔、緩んだネクタイ姿。繊細で弱弱しいライアン・ゴズリングの引き込まれるような瞳。ドレイが差し出したおっきめのロリポップを舐めて切れだ傷口をイテテするところがとっても可愛い。いい距離感の二人。先生だって一人の人間で、手を差し伸べるだけじゃなくて手を差し伸べられたい時もある。そんな先生を見て何か変わる生徒もいる。二人の距離感を表すようなラストが良かったなぁ。
少し前の映画ではあるけど、アメリカのリアルという感じがしました。

ドラッグを止められない教師は、悪い人では無いし、フランクも売人をやっていることを除けば、そこまで人間は悪くなさそう。 だから余計に、社会や政治など、色んな事を考えさせられましたし、そんな大人たちの姿を目の前で見なければならなかったドレイにも心が痛みました。

ラストは、あれは救いがあると受け取っていいんですよね?
Luna

Lunaの感想・評価

3.8
なんか良かった。
お互いが現実世界へと戻してくれる命綱のような存在。
教師にとって、それが生徒だというところが凄くいい。

ゴズリングが繊細なのに傲慢で、でも優しくて、決して恋人にはなりたくないけど、心の奥底では愛してみたい男像だった。
SAKU

SAKUの感想・評価

3.2
なんか、映画の構成というか、とりかたがドキュメンタリーチックで面白いなと思った
その分二人の心理描写が浮き彫りになって行く感じ
教育関係を目指してる身としてはかなり面白い授業の作り方してるなっていう視点でみてしまった笑
子供達が自分の正気を保つ救いだっていうのもなんか新鮮だった
えりみ

えりみの感想・評価

3.9
WOWOWで。
他の皆さんと同様ライアンゴズリング目当て。
タイトルで思い浮かぶのはRゴズリングではなく、小橋建太。
プロレス技のことちゃうの?
半分雁字搦めになってるって??
ゴズゴズよりも猫に目がいき、猫が死んでしもてからはJCのドレイに目がいってしまい当初の目的がぼやけた。
ドレイの人生に幸あらんことを祈るばかり。

ヤク中に友達なんかいない。
正にコレ、これに尽きる。
コカイン中毒の割にいうほどハイになってる感じなくどっちかっていうとダウナーなダン。
教え子の為に高説垂れても、ヤク中が売人に説教するのはヤることやってから風俗嬢に説教する客と一緒。
子供たちの触れ合いがあるからこそ薬物に溺れずにいられる、という自覚があっても、結局は薬物のせいで教職を追われる結果に。
ドレイとの友情で一筋の望みがみえるようなラストにはなってるけど、それもほんのわずかな蜘蛛の糸にも満たないものに思える。
必ずまた手を出す、ファルコンの許にやってくる。
JKになったらドレイも愛想尽かす筈。
いやもうジャンキーのだらしなさが猫を殺したと思うと冷静にみられへん👿呪詛みたいな感想文になってしもた。こんなんなるから保護猫の譲渡会行っても「一人暮らしの男性には猫の譲渡はしません」とか条件つけられるわけよ…イヤもう完全に脱線した😓

優等生顔のアンソニー・マッキーにドラッグディーラ―の役は務まれへん。
もとこ

もとこの感想・評価

3.7
堕ちてくときってじんわりと徐々に侵食されていく

それと同じで
再生するときも劇的に変わるなんてありえなくて、それこそ昨日との間違い探し

それが人生
気だるそうにするゴズリング
すごく好き

レイチェル(もと恋人)に
「きれいだ」と言ったときに
照れ臭そうに壁にゆっくりと隠れていくゴズリング
あれはアドリブ?と思う💕
終始くらーーーい
転換点が来ても
タイミングを逃せば変われない

このレビューはネタバレを含みます

薬に溺れる教師とその場面を見てしまった生徒の話。この人ホントに薬やってるの!?って思うくらいトローンとした目だったり、だるそうな感じだったり、さすがライアンだなと思った。これはライアンじゃなきゃ見るのきつかったかも。生徒を悪い方向に行かないように必死になるけど、最後は生徒が売りに来た薬を買っちゃう教師。切なかった。でも二人とも再起する感じがラストシーンに出てて少し希望が持てた。
>|