ハーフネルソンの作品情報・感想・評価

ハーフネルソン2006年製作の映画)

Half Nelson

上映日:2017年06月17日

製作国:

上映時間:106分

3.5

あらすじ

ブルックリンの中学校で黒人やヒスパニックの子どもたちに歴史を教える教師、ダン・デューン(ライアン・ゴズリング)。型にはまらない授業で生徒たちの信望を集めているが、一方で自身はドラッグに溺れている。ある日学校のトイレの個室でドラッグを吸っている現場を、女子生徒ドレイ(シャリーカ・エップス)に見つかってしまう。彼女の兄は薬物を売った罪で刑務所におり、近所には多数のドラッグディーラーがたむろするような…

ブルックリンの中学校で黒人やヒスパニックの子どもたちに歴史を教える教師、ダン・デューン(ライアン・ゴズリング)。型にはまらない授業で生徒たちの信望を集めているが、一方で自身はドラッグに溺れている。ある日学校のトイレの個室でドラッグを吸っている現場を、女子生徒ドレイ(シャリーカ・エップス)に見つかってしまう。彼女の兄は薬物を売った罪で刑務所におり、近所には多数のドラッグディーラーがたむろするような劣悪な環境で母親と二人で暮らしている。そんな彼女を何とかして救おうとするダンと、彼の秘密を知っているドレイ。二人の間に不思議な友情が芽生え始めるのだが-。

「ハーフネルソン」に投稿された感想・評価

Pinkman

Pinkmanの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

物語全体を通して随所に相反するものが描かれている。

人には意外な面がある。他人が知ることのない姿や一面がある。

「少し知ったとしても、それが全てじゃない」

ドレイは売人の仕事を始めて間もなくあるモーテルに行くと複数の売春婦と中年の白人客が居る部屋に通される。
その奥のドアから出てきたのが・・・お客のダンだった。
『客』と『売人』、お互いが知らないまま
2人は最悪の形で再会する。

翌日ダンがクビになった事を知り、学校帰りにモーテルに来たドレイ。
シーツに包まれた赤ん坊のようなダン。
昨夜とはまるで別人の2人。
いつも煙草やヤクを吸っていたダンが、
"キャンディー"をはじめて口にする。

《太陽は昇って沈む
新しい日が来る 新しい日になる
息をする時 その呼吸は
毎回少しずつ違っている 変化は常に起こってる》

弟譲りのジョークでダンはドレイにある種の告白をした。

ダンは好かれないタイプだし、
女の人はジョークが好きだから。
まほに

まほにの感想・評価

3.2
心にズシンと来るシーンもあったけど最後は溜飲が下がるような終わり方
Piccolo

Piccoloの感想・評価

3.3
本国から11年後に公開された映画

ラ・ラ・ランドを観てからすっかりライアン・ゴズリングに、はまってしまいました。
(本当はドライヴからだけど、ラ・ラ・ランドからって言うと好感度も上がるし、ロマンチックだよね。)

自分は、好きな役者さんや監督が現れると過去作を続けて観てしまう傾向があります。そして、途中で飽き・・・断念してしまいます。
彼の出演作はまだ観てないのが数本あります。その内の一つがこの作品です。しかし、今作は少し違っており本国から11年後(2017年)に日本公開された映画となります。
そう、完全にラ・ラ・ランドが日本でヒットしたから公開されました。
そんな汚い大人達の事情なんて映画好きには関係なく、どんなものでも必ず日本でも公開してほしいものです。

そんな埋もれた作品は当たりの確率が高いのですが自分には合いませんでした。淡々と進むストーリー展開にどうしても集中できない。特に家で鑑賞してると他の事に気を取られ流し観してしまう事もしばしば。
映画に失礼ですね。反省。
ただ、ライアン・ゴズリングはいい演技をしてるのでファンの方なら観て損はないと思います。

麻薬、ダメ。ゼッタイ。

wowow
弱さ。分からなくもないけど、教師ならあんなところ見せちゃだめでしょと思ってあまり入り込めず作品。

それにしてもライアン、髭剃った後のトゥルトゥル素敵。
ドレイが売人として部屋に来て会ってしまった時の子犬のような目。ずるい。
いろんな表情のライアンが見られたことはよかった。
Ri

Riの感想・評価

3.5
アメリカでは2006年に公開されたのに日本では去年2017年に公開したらしい。なぜ11年後?

昼はいたって真面目な教師で夜はドラッグ中毒に陥る主人公の再生物語。
映像はなんか荒々しい画面で雰囲気は派手な演出もなく淡々と描かれている。好みが別れそうだが主演がライアン・ゴズリングなので見る価値はあるかと思われ。
意味がわからない。ずーっと普通の話。何も起こらない。興味が持てない。リアルなアメリカ、アメリカの現実ってことでしょうか?いい感じの映像だった。
rann

rannの感想・評価

3.8
準新作コーナーにあったので
最近の作品かと思ったのですが、
2006年制作の作品でした。
11年越しの去年に日本公開。

仕事にやりがいを感じつつも薬物中毒の中学校教師が、校内で薬をキメている現場をある女子生徒に目撃されたことをきっかけで、その子との少し変わった友情関係が始まります。

前半は、生徒の前で活き活きと授業をしつつも、学校を出れば中毒症状を抑えられず自堕落的な生活を送るダンと、秘かな孤独感を抱えながらも大人びた13歳の少女ドレイが徐々にお互いを気にかけ始める展開。
歴史教師のダンが生徒たちに"変化"について問う場面があったりするけど、
その時点では、作品全体がぼやけていて霧に覆われたような雰囲気だったので、これは何を描きたいのか?と思いながら鑑賞してた。
しかし物語が進むにつれて、ふたりの奇妙な友情が育つのにつれて、描かれていることが入ってきた。
白人教師と黒人生徒のふたりは双方の変化においての"相反する力”だったのかも。人種、性別、年、立場が違っても、匂いが似てる人とは話していて心地よかったりする。
繊細な作品だなって印象なんだけど、とっても温かい気持ちにさせられる。
dpb

dpbの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

相反する力が、いつの時代も変化をもたらしてきた。
昼は教師、夜はジャンキー。
相反する、二面。
あまりにも優しくて弱いけれど、君と僕は"同じ"友達。
なんていうか、とっても優しい映画でした。
たぼ

たぼの感想・評価

2.5
この手の映画は結構ある気がするので個人的にはそんなに魅入ることはできなかったが、ライアン・ゴズリングファンの方なら楽しめるのでは。
moviEEE

moviEEEの感想・評価

2.8
去年公開された10年以上前につくられた映画。こんなんライアン・ゴズリングファンをフルネルソンで落とし込むような映画やん 公民権運動を教えたりする歴史教師が、麻薬中毒で、孤独な少女を捨て置けないってアメリカ社会の隠喩、、、ま難しく考えんでもライアン・ゴズリングは絵になる
>|