哀しみの街かどの作品情報・感想・評価

『哀しみの街かど』に投稿された感想・評価

“哀しみの…”と謳えば何か哀愁漂う名画かなと思わせぶりな邦題はやめて欲しい。期待して観るも少しも哀しみ感じないヤクから抜け出せない、抜け出す気もない半端者チンピラの映画。アメリカンニューシネマの新感…

>>続きを読む
「どんな女だ?」
「どんなって?」
「俺の女だ」

道端のトラックからテレビを盗み、20ドルで売る。

新品のタバコ、つけ慣れてないマッチをこするメガネの青年

ラスト、並んで歩く二人。
D

Dの感想・評価

-

アル・パチーノの初主演作。そして、本作により「ゴッドファーザー」のマイケル役に抜擢された原点。

ジェリー・シャッツバーグ監督は次作 「スケアクロウ」でジーン・ハックマン、アル・パチーノ出演でパルム…

>>続きを読む

みんなで狭いバスルームに隠れるシーン、完全にラリってるパチーノの頭を、キティウィンに抱き抱えられた赤ん坊がペチペチ叩くのがほんとうに素晴らしい。
パクったテレビ売るところとか、ほんとに序盤だけは可愛…

>>続きを読む
ヴレア

ヴレアの感想・評価

3.6

ヘロイン中毒者で溢れ返るストリート。
クスリに依存し抜けられない者達の哀しみ。
とにかくクスリの恐ろしさが伝わって来る。
アル・パチーノ演じるボビーが主人公だが、カメラはひたすら彼の恋人ヘレンの目線…

>>続きを読む

ゴッドファーザー前のアル・パチーノの作品は見たことなかったのですが、この映画でのキャラもいかにもパチーノらしい粗暴で憎めないキャラでした。

映画2作目なのに演技は抜群に上手いですが、マイケル・コル…

>>続きを読む
西東京

西東京の感想・評価

5.0

大好きな「街の映画」。街からしっかり冬の匂いがする。生々しいしロクなことないけどメソメソしてないというか、起きたことを事象としてただ並べてるだけ。悲劇ぶらないのがよさ。
ポテト食いながらパチーノの知…

>>続きを読む
同監督の「スケアクロウ」もそうだが、俺は金持ってなさそうな、シケモク拾い集めてそうなアルパチーノが大好きだ

若いうちにこの路線をもっと観たかった
tako

takoの感想・評価

3.8
社会の外側にいるヤク中達をひたすら眺めるだけ。
何月何日何曜日、時間にとらわれずひたすらフラフラする生活には少し憧れる。
麻薬中毒者である売人とその恋人が、麻薬に溺れる荒んだ日々を過ごすうちに二人の愛に亀裂が生じ、堕ちていく姿を描く。
>|

あなたにおすすめの記事