すれ違いのダイアリーズ(2014年製作の映画)

KidTueng Wittaya

上映日:2016年05月14日

製作国:
  • タイ
  • / 上映時間:110分
    監督
    二ティワット・タラトーン
    キャスト
    スクリット・ウィセートケーオ
    チャーマーン・ブンヤサック
    あらすじ
    電気なし水道なし、携帯電話さえも繋がらない僻地の水上学校に教師としてやってきたダメ青年のソーン。教師といっても教師経験はまったくなし。超やんちゃな子供たちに囲まれ、ドタバタ失敗ばかりの毎日。そのうえ街に残してきた恋人にもフラれ、落ち込むばかり。そんなある日、前任の女性教師エーンが残していった一冊のノートを見つける。それは彼女の日記だった。そこには、エーンの教師としての悩みや喜びだけでなく、若い女性としての感情も綴られていた。その日記を読むうちに、ソーンは会ったこともない彼女に恋してしまうが、やがて……。

    「すれ違いのダイアリーズ」に投稿された感想・レビュー

    StormTroopers
    StormTroopersの感想・レビュー
    約6時間
    4.0
    はがゆい!!!
    ラストが、すごく爽やかでいい。
    教育とは、恋愛とは、なんかすごく沁みるメッセージがある。
    かの
    かのの感想・レビュー
    約8時間
    4.0
    笑えるし、ほっこりできる。
    アンジャッシュか!ってくらい
    すれ違うけど
    こんな、恋をしてみたいなって思う。
    日記を見て恋ができるなんて
    ホントに中身を見て好きなるなんて
    そんな恋ができたら
    すごい幸せなんだろうなぁって思う。
    supervision10
    supervision10の感想・レビュー
    約18時間
    3.7
    TSUTAYAでfilmarks特集があり、4.0の高評価だったためレンタル!!

    見始めて気付くタイ映画!!笑

    水上学校の先生になった青年ソーンが、前任の先生エーンの残した日記に励まされやがて恋心が芽生えていくといったストーリー

    ほっこり映画です。
    華
    の感想・レビュー
    1日
    3.5
    たぶん、タイ映画は初めて。

    山奥の湖に浮かぶ水上学校で子供たちを教えることになった新任教師のソーン。
    子供たちともなかなか打ち解けられず、慣れない田舎生活に振り回される中、前任の教師が置いていった「日記」を読むことで元気づけられ、やがて、会ったこともないその人に恋心を抱いていく。

    字幕が正確に訳されているのかはちょっと分からないけど「こんなド田舎、死んでも発見される前に輪廻してそう」っていう日記の一文が最高。(西洋の映画にはない仏教的親近感)
    舞台となる場所が日本のド田舎とはレベルの違うド田舎で、いろいろびっくりさせられる。都会との落差も日本の比ではない。
    また、初等教育のシステムや教師になれる条件も日本と違うのだなぁというのが分かる。

    似顔絵描かせるところとか、こっちもニヤけちゃうよね。そうやって笑ってしまうシーンがあるかと思えば、ホロっとさせられたり。
    異なる時間軸を同時進行してるのに分かりにくくならないカメラワークも素晴らしい。

    何だか、私にとっていろいろと新しい世界が開けた作品だった。タイかぁ。
    akn
    aknの感想・レビュー
    1日
    3.8
    2016年の締めくくりでした。
    信じる方向を見つめ続ける先生たちの生き方もタイの自然もまっすぐな子どもたちも美しくて心洗われる
    稲川大次郎
    稲川大次郎の感想・レビュー
    1日
    3.8
    とにかくすれ違いすぎな映画

    旧作になったくらいにまた見よ
    天狗
    天狗の感想・レビュー
    1日
    3.7
    いやーこれは鉄板感動ストーリーですわ。


    ①人里離れた場所

    ②純粋無垢な子供たち

    ③会えそうで会えないすれ違い


    タイ映画、侮れません。「24の瞳」、観たんかいな。


    多くの人がレビューされているように女性教師、美人すぎます。


    邦題もダイヤリーズと複数形にしているあたり、きめ細やかな配慮を感じました。


    「教育へのスタンス=人生観」という基本的なところもストーリーの底辺に横たわっており、経済成長著しいASEAN地域の日常を垣間見ることのできる秀作だと思います。
    mari
    mariの感想・レビュー
    1日
    4.8
    光と陰の映像がとても綺麗。
    空と水面と遠くの山々、そこに無邪気な子供たちだけとゆう、余計なものが1つもない空間が良い。

    下手すると混乱しそうな2人のストーリーの同時進行を、無駄なくわかりやすくまとめてあった。船での往来はエーンの心のゆらぎそのものだったように思う。

    日記って、その人の人となりが一番分かるものだから、会ったことなくても、むしろ会ったことないからこそ、それだけで信頼したり恋したりするのもわかるな。ネットでの出会いとはひと味もふた味も違う魅力があった。

    エーンとソーンそれぞれの、子供たちを抱きしめる場面も良かった。

    気づいたら、終始微笑みながら観ていた。
    続きを観たい映画。
    Shun
    Shunの感想・レビュー
    1日
    3.9
    エーン先生、ソーン先生の子供たちとのやり取りに癒された。タイの水上学校というロケーションもグッド。ほのぼのとしてて良い映画でした。これ実話っていうのがすごいね。
    keita
    keitaの感想・レビュー
    2日
    3.7
    のどかな風景と子供達とのほのぼのしたやりとりに癒された。

    それにしても、エーン先生綺麗だなあ。
    >|