すれ違いのダイアリーズの作品情報・感想・評価

すれ違いのダイアリーズ2014年製作の映画)

KidTueng Wittaya/The Teacher's Diary

上映日:2016年05月14日

製作国:

上映時間:110分

4.0

あらすじ

電気なし水道なし、携帯電話さえも繋がらない僻地の水上学校に教師としてやってきたダメ青年のソーン。教師といっても教師経験はまったくなし。超やんちゃな子供たちに囲まれ、ドタバタ失敗ばかりの毎日。そのうえ街に残してきた恋人にもフラれ、落ち込むばかり。そんなある日、前任の女性教師エーンが残していった一冊のノートを見つける。それは彼女の日記だった。そこには、エーンの教師としての悩みや喜びだけでなく、若い女…

電気なし水道なし、携帯電話さえも繋がらない僻地の水上学校に教師としてやってきたダメ青年のソーン。教師といっても教師経験はまったくなし。超やんちゃな子供たちに囲まれ、ドタバタ失敗ばかりの毎日。そのうえ街に残してきた恋人にもフラれ、落ち込むばかり。そんなある日、前任の女性教師エーンが残していった一冊のノートを見つける。それは彼女の日記だった。そこには、エーンの教師としての悩みや喜びだけでなく、若い女性としての感情も綴られていた。その日記を読むうちに、ソーンは会ったこともない彼女に恋してしまうが、やがて……。

「すれ違いのダイアリーズ」に投稿された感想・評価

strangers

strangersの感想・評価

4.2
良い映画だったぁ。

子供たちかわいい。

彼氏にはイライラしたから
終わり方よくて良かった。
やな

やなの感想・評価

3.8
東南アジアの映画は初めて観たけど、美男美女で、観てて楽しかった!(笑)

水上分校も、日記を読んで恋した人の話も、それぞれ実話って書いてあったけど…

日記ってすごくプライベートなものだから、それを観て共感できたら、恋しちゃうこともあるのかな?!

日記だけじゃなくて、子どもたちと過ごす中で、互いの存在を感じて、互いに想うようになっていく過程がちゃんと描かれていたから、最後まで違和感なく観れた。

子どもたちも個性豊かだし可愛かった!
同業者として、子どもたちの成長のためにがんばりたいなって改めて思った!

とってもよかった☺︎
教師びんびんの頃のトシちゃん似だとか恋敵?がもこみち似だとか話があのいわく付きの『クローズドノート』っぽいとかDr.コトーとか、いろいろ浮かんでくるんだけど結局のところあの楽園のようなロケーションとヒロインが内田有紀似の美女というのでテンションが上がりまくったのだった。自分の子供にもこういう恋愛をしてほしいって思うね。なかなかタイ映画侮れない。
Mipolun

Mipolunの感想・評価

4.0
久しぶりにキュンキュンした!
二人とも美男美女だし子供たちも可愛いし。

タイの奥地の小さな水上小学校に赴任した青年ソーン教師は
前任者の女性エーン教師が、置いていった日記を目にして、エーン教師に興味をもち、
また、ソーン教師が去った後、
すれ違いで再赴任したエーン教師も自分が置いていった日記を再び見ることになる。
面識のない2人は、、、


“S O B”
“スクール・オブ・ブロークンハート”
「失恋学校!」
で、
「僕らは失恋学校の同窓生」だ❗️

コノ作品、当たりました❣️
(((o(*゚▽゚*)o)))♡

設定が良い!
・電気、ガス、水道、電波?もない場所で日記に気持ちを込める。
・若い教師と純真な子供たちとのふれあい。
コレだけでも、充分だと思うのですが、
コレに加えて見知らぬ相手への想い💕
お互いにチェンマイまで行ってのすれ違いは残念でした〜
(タトゥーを消さなければ〜)

満点をつけたいところでしたが〜
エーン教師の元彼が他の女性を妊娠させたことがわかった時点でアウトでしょ!!
そこで、完全に吹っ切ってもらいたかったな〜
が残念でした。

で、ラストは〜
(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
ですネ♪
湯卯樹

湯卯樹の感想・評価

3.8
2年前にシネマカリテで観賞。本当に教師がどういうふうに子供の心を動かし、教えられるかのヒントがある作品。
切身

切身の感想・評価

4.1
先生も一丁前に恋愛するんだってのが児童生徒目線での感想。
そして、タイ語全然分からない。顔が韓国に🇰🇷見えた。アジアは皆おんなじような顔に見えてしまう。欧米から見たら日本人もそうなんだろう。
とにかく彼氏にイライラする。なのでソーンが少し頼りなくてもとっても良い男に見えてしまう。
学校も比較、男も比較。
簡単なストーリー構造なのだが意外と泣ける。子供好きだからかな。
アクション以外のタイ映画は初めて見たかもしれない…面白かった、タイ語全然読めへん

邦画と韓国映画の間くらいな雰囲気

中盤本格的にすれ違いはじめるまで
わりと男側の主人公パートが主で、先生としてこの男が恋愛脳なところが目立つからあまり好ましいとは思えないんだけど
なぜか憎めない人物像で、そこに女性主人公側の視点も加わると


いつのまにかこの男女いいなってなる

そして前半あまりすれ違わなかったのに
後半たたみかけるようにすれ違う
想像以上にすれ違う

面白かった
これいいなー。こういう時間を使った遊びは面白いし、共感できる!

大学の卒業式のとき、仲の良い5人で、3年後の4月第2日曜日に学校に集合する約束をした。ルールとして、この約束に対して、メモ書きや連絡の取り合いも禁止。

約束の当日、結局俺ともう一人しか来なかった。ふたりで腹抱えて笑った。来なかった人たちの理由は忘れてたから。

次の約束は5年後のお盆に都庁前。偶然にも東京オリンピックをやってる期間?
この遊びの言い出しっぺの俺は行くとして、他は絶対来ねぇだろうなー。
非常によくまとまった映画だと思います。副校長がクソ野郎ですが、うじうじしつこいイケメンだったので、笑ってしまいました。あとトイレに死体がある話、必要だったか?タイあるあるなの?
>|