すれ違いのダイアリーズの作品情報・感想・評価

すれ違いのダイアリーズ2014年製作の映画)

KidTueng Wittaya/The Teacher's Diary

上映日:2016年05月14日

製作国:

上映時間:110分

4.0

あらすじ

電気なし水道なし、携帯電話さえも繋がらない僻地の水上学校に教師としてやってきたダメ青年のソーン。教師といっても教師経験はまったくなし。超やんちゃな子供たちに囲まれ、ドタバタ失敗ばかりの毎日。そのうえ街に残してきた恋人にもフラれ、落ち込むばかり。そんなある日、前任の女性教師エーンが残していった一冊のノートを見つける。それは彼女の日記だった。そこには、エーンの教師としての悩みや喜びだけでなく、若い女…

電気なし水道なし、携帯電話さえも繋がらない僻地の水上学校に教師としてやってきたダメ青年のソーン。教師といっても教師経験はまったくなし。超やんちゃな子供たちに囲まれ、ドタバタ失敗ばかりの毎日。そのうえ街に残してきた恋人にもフラれ、落ち込むばかり。そんなある日、前任の女性教師エーンが残していった一冊のノートを見つける。それは彼女の日記だった。そこには、エーンの教師としての悩みや喜びだけでなく、若い女性としての感情も綴られていた。その日記を読むうちに、ソーンは会ったこともない彼女に恋してしまうが、やがて……。

「すれ違いのダイアリーズ」に投稿された感想・評価

Eriko

Erikoの感想・評価

3.9
タイから帰ってきて早速初のタイ映画。旅行中チェンマイにも行って、ゆったりした良い街だなあと思っていたけど、そこからもっと僻地の水上学校で勤務することとなる男女の先生の物語。

ルールに縛られない先生と、社会の常識とのせめぎ合いっていうありがちなテーマなんだけど、やっぱりグッとくるものがありますね。エーン先生がいい教師すぎてファンになりました。可愛いし。
Yagi

Yagiの感想・評価

4.0
・僻地の水上学校に入れ違いで赴任した男女二人の教師、日記を介して互いに惹かれていく
・汽車ってなぁに?
・ヤモリとかヘビとか水◯◯とか
kaz

kazの感想・評価

4.1
途中、えって驚くような展開もあったけど、全体としてはすごく爽やかな作品だった。
舞台がタイという国ゆえの部分もあるかもしれない。
一人でつらいとき、何かにちょうせんしているとき、不安なとき、目に見えない誰かと共感できると本当に嬉しいもので。
そんな様子が、本当に素敵に描かれているように感じた。
主人公二人や子供たちはとても好感が抱ける存在だった。
終わり方も納得!
Ryohei

Ryoheiの感想・評価

4.5

子どもたちって眩しい。
そんな子どもたちと一緒に過ごしていく教師は本当にすごい仕事だとずっと思ってる。

もちろん授業も大事だと思うよ彼氏さん。
だけど、それだけじゃないって思う。

子どもたちに伝えられる時間なんて本当に少ししかなくて。
でも一つでもいいから、何か言ってたなぁあいつって思ってくれれば、教師やっててよかったなって思うのよね。

って汽車を教えるシーンを見ながらおもってました。笑

人と人ってやっぱり他人だから、どうしても分かり合えるのって本当に難しいと思うけど、
それでも波長が合うというか、そういう人と一緒にいれたらいいなってソーンとエーンを見てて思いました。

タイ行きたいなぁ…。
Tatsuya

Tatsuyaの感想・評価

4.7
ソーンが勝手に想いを馳せて、勝手に失恋して、勝手に傷付いて、、
でもその健気さ、ピュアさがエーンの心を動かしたんだと思う。

個人的にエーンが惹かれ出したのは漁師の子どもが学校に通っていたのをみた時。

身長の柱で想像する姿が可愛かったし、エーンの心模様がリアルですごくいい映画だった。

終わり方的にはあの距離感で終わるのがベストだったと思うけど、個人的にはあの2人のその後の掛け合いがもう少しだけ見てみたかった。

ほっこりした。
あーや

あーやの感想・評価

4.0
わりとコンスタントに映画もみていたんですが、ツイッターなんてものにつらつらっと書いておしまい!という日々で。
多少なりともない頭をつかって文章を組み立てるということをしないと、良くないですね。文を書くことよりもしゃべる事のほうが圧倒的に得意なので、がんばったところでたかが知れてるんだけど、やることに意味がある(たぶん、そう思いたい)



初めてのタイ映画。
交換日記をやってたあの頃を少し思い出しました。
この二人のように、恋とまではいかなくてもそれこそSNS上でだって、素敵な文とか自分のなかにすとんとハマるようなことを書く人には、親近感というか好意的になるというか、わたしはだいたい心の中でマイメンパンチをするんだけど。なんとなくそういう気持ちになったりします。

もどかしいすれ違いを重ねて、最後のあれ。とても純粋でやさしい気持ちになれました。ヴィジュアルもストーリーもきれい。

この映画、鵠沼海岸のシネコヤでの鑑賞でした。恋する惑星をみにいったんだけど思わぬ良作に出会わせてくれたことに感謝。
図書館の泳いだりトイレが湖直結だったりその下に死体が流れ着いたりする。女教師が男に振り回されて学校出たり入ったり勝手だと思ったけど、夏に見るのにぴったりのさわやかな景色でした。海の日上映会にて。って、ここ湖だよね笑 タイの文字って興味ある〜
kamotaro

kamotaroの感想・評価

3.7
こういう出会いがピークみたいな映画はこの二人の行く末を心配してしまう。
macoto

macotoの感想・評価

4.8
湖に浮かぶ水上分校から見える景色。
時刻が変わるたびに色あいが変わって
…ふと誰かのことを想いながら
遠くを見てる姿ってなんだかいいよね。
ここに赴任して見つけた一冊の日記。
しるされた言葉に勇気づけられた。
いつも彼女がそばにいるように思えて
遭ったこともない人のことを想ったり
…なんて素敵なんだろうって思った。
すれ違いがいくつも重なるたびに
相手のことを想い逢いたいと思う気持ち。
2人が愛おしくてとっても素敵だった。

電気も水道も携帯も繋がらない場所で
この湖の上に住む子どもたちにとって
成績だけじゃなくもっと大切なことを…
たくさんのことを気づかせてくれた。

あったかかった。。☺︎
うめ

うめの感想・評価

3.9
私の初タイ映画。学校に水死体が上がってきたり、月曜から金曜まで学校に泊まるなんて…文化が違い過ぎてビックリ。
>|