すれ違いのダイアリーズの作品情報・感想・評価

すれ違いのダイアリーズ2014年製作の映画)

KidTueng Wittaya/The Teacher's Diary

上映日:2016年05月14日

製作国:

上映時間:110分

4.0

あらすじ

電気なし水道なし、携帯電話さえも繋がらない僻地の水上学校に教師としてやってきたダメ青年のソーン。教師といっても教師経験はまったくなし。超やんちゃな子供たちに囲まれ、ドタバタ失敗ばかりの毎日。そのうえ街に残してきた恋人にもフラれ、落ち込むばかり。そんなある日、前任の女性教師エーンが残していった一冊のノートを見つける。それは彼女の日記だった。そこには、エーンの教師としての悩みや喜びだけでなく、若い女…

電気なし水道なし、携帯電話さえも繋がらない僻地の水上学校に教師としてやってきたダメ青年のソーン。教師といっても教師経験はまったくなし。超やんちゃな子供たちに囲まれ、ドタバタ失敗ばかりの毎日。そのうえ街に残してきた恋人にもフラれ、落ち込むばかり。そんなある日、前任の女性教師エーンが残していった一冊のノートを見つける。それは彼女の日記だった。そこには、エーンの教師としての悩みや喜びだけでなく、若い女性としての感情も綴られていた。その日記を読むうちに、ソーンは会ったこともない彼女に恋してしまうが、やがて……。

「すれ違いのダイアリーズ」に投稿された感想・評価

kyoko

kyokoの感想・評価

3.6
どこの国も悩みどころは一緒なんだね。恋愛やら、仕事やら、人生やら。

水上学校が舞台ということもあって、なんだか起きることが全部新鮮で楽しめた。
台風で天井やら、窓?やらが壊れたり…それをみんなで直してるし!
ただトイレでのハプニングは笑えなかった…笑
MOTO

MOTOの感想・評価

2.5
実話ベースだから仕方がないが、時を隔てた2人を繋ぐ日記というガジェットの使い方が甘い。いくらでも笑いも涙も取れるのにもったいない。
月並みな言い方ですが、私にはド・ストライクの作品でした。素晴らしい!!! タイ北部山岳地帯のランプーン県、片田舎にある湖に浮く水上小学校。こんな所が本当にあるのですね。
          *
ここを舞台に描かれる、小学校の先生と子供たちの心あたたまる物語であり、1年の時を隔てて二人の先生がダイアリーと子供たちを通して、心がつながっていくというラブストーリーでもある。
          *
脚本も演出もみごと、音楽もいい。見終わって、とても気持ちよくなれます。(“効率的“な暮らしに慣れきった現代人には心が洗われる思いだワ)
          *
実質的に人生初のタイ映画で、こんなに良い作品に出会えて私は嬉しい(寝落ちした「ブンミおじさんの森」は除くことにした)。タイの好感度急上昇です。絵文字のようなタイ文字、タイでは小学校で代数(xを使った方程式)を習う、掛け算は九九ではなく、おそらく20の段まで暗記、等々がへぇそうなのポイント。タイ語のダジャレとか慣用句を日本語訳するのは無理だから、笑うべきポイントで笑えない所が始めの方にありますが、そこはご愛敬。
          *
算数の文章問題、答えよりも、そこに書かれていることの方が気になる子。日本ではその問題がタブレット純のお笑いのネタになりますが、タイではそんな子に向き合う先生のちょっといいエピソードになってます。
          *
~沼袋第2中学の問題~
しげ子さんが卵を1万5750円で仕入れました。2割5分の利益を見込んで卵を1個25円の定価で売る予定でしたが、仕入れた卵のうち何個かが割れていたため、割れていない卵を全部売っても利益が2510円にしかならないことがわかりました。割れていない卵を全部売って始めの予定通りの利益を上げるためには卵1個の定価を何円にすることが必要ですか?
          *
♫ そんなことより気になるの~
しげ子さん、一体どんな運び方をして卵をそんなに割ったのですか?
全部売って2510円って、そんなんで生活ができるんですか?
この問題に答えがあるとしたなら・・・
しげ子さんは商売には向いてないので地道にパート勤務でも探したらどうかと、思います
Na2ki

Na2kiの感想・評価

4.5
先生が、汽車が出てくる算数の問題を解かせようとしたとき、汽車を1度も見たことがないという子にまず汽車に乗る体験からさせたこの発想、すばらしい!最後めっちゃにやけた〜
HITOMI

HITOMIの感想・評価

4.5
皆さんの評価が高いので、レンタルしてみたら、期待以上の掘り出し物でした!
水上学校の美しい風景や、子供との触れ合い、一方通行ではないすれ違いに、最後までドキドキしました💓少し理不尽なところもあるけれど、そんな細かいことは良いんです😂またオススメの作品が増えました。
ysak

ysakの感想・評価

2.3
んー。既視感。途上国の映画を見てる自分、みたいな自意識を克服できず。ロケーションやルックは美しかった。
久しぶりに妻と見ました。
うーん。うーん。うーん。
タイトル通りすれ違いまくり。
まあアリかな!
K

Kの感想・評価

3.8
「愛してる、誰よりも」なんて、浮気して妊娠させたあとに言う言葉じゃない。

想像だけで幸せになれて、知らない誰かを想う気持ちが原動力になるとは、なんてロマンチックな生き物だろう。

このレビューはネタバレを含みます

《水上学校での奮闘と日記が繋ぐラブストーリー》

心が洗われた。
テンポもよく、雰囲気もいい。
驚きのハプニングが次々と起こるが、後を引かないさっぱりさ。

ほっこりときゅんを合わせた映画。
Marquez

Marquezの感想・評価

4.0
初めてのタイ映画。薄汚れた自分が恥ずかしくなるくらいピュアな作品。脚本・編集の上手さに感心する。すれ違い続けて、ようやく最後にズレていたものがカチッとはまる。爽快。

日記がきっかけで会ったこともない相手に恋をする過程が楽しい。日記の文章やイラストがソーンを慰め、元気づける。身長を記した柱からエーン先生を想像してにやけるソーンが微笑ましい。想像力バンザイ!

子ども達がみんな素直で、エーン先生がキレイで、ソーン先生がいいヤツで。多分、いや間違いなくソーンは尻に敷かれちゃうな。
>|