LOW DOWN ロウダウンの作品情報・感想・評価

「LOW DOWN ロウダウン」に投稿された感想・評価

タヲル

タヲルの感想・評価

4.0
ダメ男だけど、娘は愛に溢れた幸せな思春期を過ごせる。
大事なことだろ。
YAZ

YAZの感想・評価

4.3
ジャズピアニスト、ジョー・アルバニーの
伝記映画。と言っても生涯を追ってるのでなく
晩年を原作者でもある娘目線で見せる。

ジョーのことは何も知りませんが、才能が有りながら
世間との折り合いを付けられずに孤立していく
天才肌の芸術家。ドラッグとアルコール。
自堕落映画です。

そんな父が大好きな娘。そんな娘を愛して止まない父。
自堕落映画でありながら愛情深い映画でもあります。
この関係が何故に成立したかは二人だけのもの。
親子だからとしか言いようがありません。
その親子だからという、理屈ではない感情がこの
映画の魅力なのではないかな。

ジョーの母親のグレン・クローズがとても良い。
これもまた二人だけの理屈でない親子関係。

劇場公開難しいだろうけど私はとても好き。
劇場未公開のエル・ファニングもとても好き。
勝手に、ジャケットの俳優さんをショーン・ペンだと思ってた。画像が荒かった。。映画見たら違ったけど(笑)鼻の感じとか、おでこのシワとか似てる気がする。エルはほんとに可愛いと可愛くないの合の子だな。
paoniaco

paoniacoの感想・評価

2.5
2020-2
娘ビジョンの父を記録に留めたかったのだろう。音楽が生活に溶け込んでる様子は、映画の方が伝わる。
天才的な才能があるのにヤクをしてしまって家族に迷惑をかけてしまって、、
きもち

きもちの感想・評価

3.1
くすんだ映像に音楽、現実は厳しく苦しく悲しく、マンションの住人は貧しいがそれぞれに優しい
すてふ

すてふの感想・評価

1.8
ジャズピアニスト、ジョー・オルバニーの半生を娘の視点から描いた伝記ドラマ。

すみません、この方を全く存じ上げないためか非常に退屈でした。ミュージシャンとしての成功が一切描かれていないため、薬物依存のダメ親父にしか見えず。といっても、娘には優しく温厚なタイプなので危害を加えることはありません。そのため娘はお父さんのこと大好きです。ただ、家賃にも困る生活苦をずっと見せられるので不憫でなりません。この人はレコード出したりツアーで評価されてたようですが、お金は薬物に使っちゃってたのかな?よくわからないけど娘のためにもまともな暮らしさせてあげてほしい。
犬

犬の感想・評価

3.1
闇夜

実在の伝説的ジャズピアニスト、ジョー・オーバニーの半生を娘の視点から描いた伝記ドラマ

やっぱり芸術家は人と違いますね〜

重たいドラマ

画面が暗い
話も暗い

音楽が印象的でした
ハセ

ハセの感想・評価

3.2

ヤク打ってハイになったときの子供のような表情が印象に残った。

ジャズが心地よい
ケイレブ演技上手いなぁ。
arch

archの感想・評価

3.0
エルファニングが出てるだけで満足。

音楽と薬って切っても切り離せないものに感じさせられました。なんでそうなんだろう。「ブルーに生まれついて」でも音楽と薬の関係が描かれていたが、何だか悲しい気持ちになる。
>|