デタッチメント 優しい無関心の作品情報・感想・評価

「デタッチメント 優しい無関心」に投稿された感想・評価

継

継の感想・評価

5.0
あんな経験は初めてだった
あれほど自分自身から解き放たれ
同時に心から “生きている” と実感したのは. - A.カミュ-

ヘンリー・バース(ブロディ)は、常勤の教員が赴任するまでの僅(わず)かな期間を担う臨時教員。
“秩序を保ち、教室で殺人事件を起こさせない事が仕事” と無難に任期を終えるべく、生徒や教員とは一定の距離を置き深く交流しないのが流儀なのだが、
家出少女やいじめにあう生徒、問題を抱える教師との出会いによって彼の中で少しずつ何かが変わっていく。。。

映画は、荒廃した公立校で苦悩する教師や生徒、無責任な親の姿を通じて危機に瀕する教育現場を映しますが
その焦点は、あくまでヘンリーの心の機微・感情の揺らぎを撮らえる事に当てられます。
ナレーションを兼ねる疑似インタビューを要所要所に挿入する事で、説明を省いたドキュメンタリー然として進むストーリーは生々しい迫力に満ちて、デリケートな感情表現には胸を締め付けられる思いが。
'98年『アメリカン・ヒストリーX』から実に13年、
寡作な、しかし彼にしか撮れない切り口でアメリカを蝕(むしば)む病巣をえぐり出す、トニー・ケイ監督作品。


“報われること” をほとんど描かない本作は、映画としては暗く面白味に欠けるかもしれませんが、
“教育” について、これほどリアリティを持って真摯に真正面から対峙した作品はちょっと他に思い付きません。
好き嫌いとかじゃなく自分にとっては大事な映画、です。

“至急...” と言う、留守番電話のメッセージが意味すること。
それでもエリカを、ある決意を持って迎えに行くヘンリー。それはかつての彼では考えられないことだったはず。
冒頭のカミュの言葉は、ヘンリーに導かれた少女・エリカの心の声に聞こえます。
穏やかに差し込む光は、本作で描かれた唯一の救い。
綺麗なカットでした。
fugl

fuglの感想・評価

5.0
高校生の頃に観たせいもあるのか、本当に心に染みた映画。音楽、映像、ストーリー、そして主演も大好きな映画。
励まされた、誰でも苦悩を抱えているんだと。
K

Kの感想・評価

3.8
教師やカウンセラーが導く道が人生において正しいのか、必要なのか。人間の暗い部分、本質、コンプレックス、まさに人生。

適当なギフトショップでお互いにプレゼントを選び、贈り合うシーンが好き。きっと恋人同士じゃないからロマンチック。

人生のある地点で繰り返しみたい映画。
教師もつらいよ
インタビュー形式で語られるのは高校の教師たちの苦悩や葛藤。

学級崩壊、売春、いじめ、モンスターペアレント…

終始重苦しい雰囲気で気分も鬱々としてくるので、見る日のコンディションによって感想もかなり違ってくる。

主人公の過去がフラッシュバックしたり、黒板に心境を示す残酷なイラスト、あえてドキュメントチックに綺麗に撮らないカメラ、などの演出が肌に合わなかったな。

臨時教師役のエイドリアン・ブロデイが色気がありすぎて、周りの女子達が次々と堕ちていくのも無理はない。

日本のドラマ「鈴木先生」を連想した。

このレビューはネタバレを含みます

学校問題。これが現実なのか。

心が擦り切れてしまいそう。
こういった教育現場の腐敗をテーマにする作品はいくつもあるが、リアルすぎるせいか悲しくなってしまう。

生徒に自主性もなければ親も親だ。
こんなのどうすればいいのか分からなくなる。
何よりも落第した生徒に対する想いをぶちまける女性教師の台詞、とても胸に響いた。
嫌味で言っているんじゃない、将来を案じているからなんだ。
生徒が人生を台無しようとしていることを悲しみ、自分の無力さを嘆いているんだ。

年々、教師という職業の辛辣さが露呈している。
この作品を通じて、教育の現場をどう改善するべきなのか、深く考えてみたくなりますね。
理想と現実。

過去の心の傷のせいか、やさしくしたいが尽くしきれず途中でブレーキをかけてしまい、その行為がかえって人の心を傷付けてしまい、そんな自分にモヤモヤし葛藤する。非常に重く繊細な作品🎥

『若者が心を打ち砕かれて死を選ばぬよう伝えなくては、"君は、大切な存在だと』🎬️👍

途中からのエリカの可愛いらしさと買い物のシーン🎬️😍👍
さと

さとの感想・評価

4.0
荒れた学校に臨時的に赴任する先生とその周りの人たちの話。

ヘンリー先生はもっと先生仲間や生徒たちと距離を縮めたら状況をよくできるはずとも思っていたのだろうけど、それをするのがこわいっていうのも伝わってきた。
とても優しいけど近付きすぎない距離感がもどかしくて、みんな苦しくてみんなつらい。

ラストでエリカに検査の結果を伝えに行った時の二人の笑顔が良かった。
今の教育界の課題を浮き彫りにする作品。
最後に打開策が見つかるわけでもないところがリアル。
優しさが人を救うこともあれば傷付けることもあるというのがいくつかの出来事をもって描かれていて切ない。

あと主題とは違うけど、エイドリアン・ブロディが相変わらずどタイプすぎて悶絶しました。。
ドキュメンタリー調で、何も無いように見えて実は伏線を張っている。
stone

stoneの感想・評価

4.0
暗いが引き込まれる

心がキューってなる

多分、共感する部分があるから
>|