シネマパラダイス★ピョンヤンの作品情報・感想・評価

シネマパラダイス★ピョンヤン2012年製作の映画)

The Great North Korean Picture Show

上映日:2014年03月08日

製作国:

上映時間:93分

3.1

「シネマパラダイス★ピョンヤン」に投稿された感想・評価

検閲どうこう以前に素材不足。風景を使いまわす。
ピアノの演奏中に絶妙のタイミングで停電。
へいけ

へいけの感想・評価

3.3
北朝鮮の映画撮影現場を撮っていくドキュメンタリー。そもそも映画学校なんて北朝鮮にあるのか、というところに驚き。制約は厳しく、将軍様のご指導が細部まで行き届いていることは言わずもがな。国の検閲後の映像 とは言え、撮影の合間に見せるゆるみ、ジョーク、自宅でエリーゼのために を弾く姿なんかを見ていると、つくづく自分たちと変わらない人間があの国にも住んでいるのだと確認できる。また、それだけに将軍絶対支配はいびつに映る。
シンガポールのドキュメンタリー映画監督が北朝鮮の映画業界に潜入するという内容。しかし当然ながら撮影下の制約はめちゃくちゃ厳しく(そもそも撮影許可が下りるまで8ヶ月もメールでやり取りしたとのこと。8ヶ月もどんなやり取りするんだ)、そんな中で映される北朝鮮のハリウッドとは…!?

んー、まあでも眠たい映画ですね。その日撮った映像の素材は全て検閲されるとのことなので、突っ込んだ質問や映像が撮れるわけもなく…。その中で監督のなんとか撮ってやる、というのはあったような気がしますけど。北朝鮮では映画を作ることも全ては将軍様、金正日総書記のためなんですよね。で、多分みんなマジでそう思って映画を作っているという。先日『将軍様、あなたのために映画を撮ります』で北朝鮮映画を観たばかりで、金正日総書記が映画を好きというのは確かでしょう。北朝鮮の人々は、普段から粛清されないために将軍様マンセー!って"演技"をしてるわけだから、将軍様にとったら国自体が自分のための大きなハリウッドスタジオですよね。映画を作ることって自分の考える世界を生み出すことだから、ある種映画ファンとしては最高の夢なのかもしれません。
324

324の感想・評価

3.5
平壌のエリートである映画学校生がメイン。演技コースの人達はどこの国でも似たようなテンションだなあ。
Keizysoze

Keizysozeの感想・評価

2.2
【シネマパラダイス★ピョンヤン】
★★☆☆☆2/5点。
7月4日鑑賞。2016年 109本目。
‪#‎2016映画メモ‬

シンガポールの監督が長い交渉の上、
北朝鮮平壌での撮影を(条件付きで)許可された
ドキュメンタリー風映画。

もう全員が100%祖国を愛してて、
将軍様を喜ばせることしか頭にない。

最初から最後まで将軍様マンセーな内容だったが、
これが演技でもなんでもなく、ただ本心から思っているのよね。

キム様は優れた科学技術で太陽に有人ロケットを着陸させただけでなく、18ホール全てホールインワンするほどスポーツ万能だけでなく、芸術面にも長けていて、全ての映画脚本を一夜で見直し、監督にご指導させるそうだ。

それをマジで国内の記念館に展示し、教育しているのだから、
もう国民のリスペクトぶりがすごい。

そして結局本作も北朝鮮側の厳しい検閲があっただけに
ただの北朝鮮マンセー映画に成り果てているが、
海外からはこの作品の見方を知っているので、
この異常な国家の常識の非常識さを理解出来るし、
それが監督の強烈なメッセージと理解。

ただ、一つ難点が。
つまらない。

よっぽど北朝鮮好きでなければ最初と最後だけでいいと思うよ。
ysak

ysakの感想・評価

3.2
シンガポールの監督が北朝鮮の映画制作現場を追ったドキュメンタリー。もちろん、撮影は厳しい制約下だけど、肖像はフィックスで撮れ、とか意味不明なのもあり。完全にプロパガンダの為に動く役者の卵や監督がイキイキしてる感じが、なんとも。。
xyz

xyzの感想・評価

2.7
シンガポールの映画監督2人が制約厳しい北朝鮮に乗り込んで映画制作の現場や未来の映画俳優etcに迫ったドキュメンタリー作品。

当局に監視されつつ、撮影した映像はその日の夜に全てチェックされるという厳しい条件下で作られた本作。突っ込みどころや言いたい事はいっぱいありますが、とりあえずひとつだけ。これって北朝鮮が他国の金を使って自国の上辺だけを映させたPR映像では?いや、まあ観る前から薄々気付いてはいたんですが。”将軍様の撮り方”を観た瞬間、あぁこれは全てを操作されたドキュメンタリー(風)映画なんだと確信しました。口を開けば将軍様のご指導が〜…が〜…が〜。そんな胡散臭さの中でも兵士や学生の素の表情が垣間見れ少しだけ身近に感じました。少しだけ。

と、ここで好き勝手に想像してみる。劇中に出てくる生徒の家族や教師の授業風景、もしかしたら生徒さえも、全て創作されたものだったとしたら、その全員が俳優だったとしたら、そんなサスペンスホラーちっくな想像をしながら観るとかなり不気味。まあただの妄想ですが。笑

ドキュメンタリー(風)映画を撮ってるドキュメンタリー映画として観ればそこそこ面白い作品なので、北朝鮮に興味がある人は是非観るセヨ!
検閲されたらしいけど、
停電のシーンは撮影OKなんだな 笑

人々の人間らしい一面も感じられて微笑ましい場面もあるけど、逆に普通の自由を知らないことが気の毒に感じる。

それと日本の街を再現したセットが登場するが、横田めぐみさんとかはこれに協力させられたのかな…?

パッケージとかは面白そうだが、
期待は下回る映画です。 笑
ドキュメントでもウソクサイ北朝鮮でした@シネマスコーレ
ぐち

ぐちの感想・評価

3.8
北朝鮮の特権階級で普通の感性を持った人々を追ったほのぼのビデオ日記かと思いきや、意外と監督の野心と言うか、意思みたいなのを感じられる作品だった。
将軍様の正しい撮り方のくだりめっちゃ面白かった。
あそこといい、スローガンが書かれた壁やタペストリーを頻繁に挟んでくるとこといい、インタビューの間をあえてそのまま使ってるとこといい、ほとんどのカットや構成に意図を感じる。
厳しい検閲と撮影制限のなかで、やってやる!って監督の野心を感じる意外にも強い作品。
>|