太陽の下で 真実の北朝鮮の作品情報・感想・評価・動画配信

「太陽の下で 真実の北朝鮮」に投稿された感想・評価

M太郎

M太郎の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

好きなものがわからないってなんて悲しいことなんだろう。北朝鮮に関心を持っていたから最後まで見れたけど単調でつまらない印象だった。
montana

montanaの感想・評価

3.4
これを撮ろうと思った監督に拍手。すごいギリギリのところ、でもちょっと自分達の日常にも繋がるところが垣間見えてよかった。
べる

べるの感想・評価

3.5
全て台本通りで、家族もカップルも本当は他人なんじゃないかと疑うくらいのやらせっぷりだったけど、ここまで撮れてるのもすごい気がする

トゥルーノースから派生して見たけど、最後のシーンが胸痛すぎた、好きなことがわからないってなに…
ナッツ

ナッツの感想・評価

2.5
人がいっぱいいるのに静か
汚い場所がひとつも映ってなくてSF映画を観てるみたいな気分になった
泣く時も静かに涙だけでてて、奇妙でした…
umihayato

umihayatoの感想・評価

5.0
アジアンドキュメンタリーズにて鑑賞

ロシア人の監督が撮影した北朝鮮の少年団に入るある少女とその家族を撮ったドキュメンタリー。
しかし、現場には「北朝鮮の理想の家族像」を撮らせようと当局の人間が台本を持って同行。
両親の職業も偽装され、会話や所作全てに演技指導が入る。
その様子を、アクション前カット後も録画したまま放置したカメラで撮った素材を使って体制のやり口を暴露した作品。

北朝鮮映画を見たことがなかったので、初めて見る街の風景、地下鉄、駅、学校、住宅の中なども常に衝撃の連続。

そして、どこまでが本当でどこからがヤラセなのかがマジでわからなくなる。
あの家族は本当の家族なんだろうか?
あの先生は?軍人は?街の人たちは?
むしろ当局の人間は本当なのか?
演じさせられてる人達の気持ちが、その表情からは、良い事だと思ってるか後ろめたいのか呆れてるのかも全く読み取れなくて、こんなにも「個人」と言うものがない状況を初めて見た。
思想を統制され、代替可能な「誰でもいい」と言う状況が、こんなにも悲しいものなのか。

そして感情を発露して泣き出してしまった少女を泣き止ませようと「好きな詩は?」と聞き、少女がある詩を読む。
このラストがまた衝撃。

彼女は他の詩を本当に知らないのかもしれないし、「こうしなきゃ怒られる」として演じる様に「その詩」を読んだのかもしれない。
それどころか「好きってなに?」ともとれる受け答えすらしている。
彼女への党組織教育はヤラセでもなんでもなく完成されているのだ。
本当に恐ろしい事だ。

国家が個人を「国の為として」のみ教育し、扱うことは、こんなにも個人の尊厳や「掛け替えがない」ということを破壊してしまう。
2022年映画鑑賞記録 3本目

‘True North’をきっかけに、太陽節とは何なのかとか知りたくなったので北朝鮮にまつわる作品を続けて鑑賞。

本当に北朝鮮って謎に包まれているよなと改めて思った


どのシーンを見てもやらせがすぎるというかプロパガンダの極み

ジンミの家族は本物…?それとも演出……?
他のレビューでもあったけれど、、
どこまでが本当でどこからがやらせなのか、それとも全部が工作なのかよく分からなくなってくる


監督の勇気ある行動に称賛
最初から違和感ありまくりだったけどやらせと気付いた瞬間から終始不気味で悲しい映画だった
bayapo

bayapoの感想・評価

4.5
レッドファミリー刺さったからこれも同じ刺さりかなと思って見たけど、ドキュメンタリー(隠し撮り)だから余計グサグサ。正月に見るものではなかったけど
いよわ

いよわの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

最後のシーンが1番良かった。
子供が好きなことの意味が分からないのが衝撃。そこから好きな詩を聞いて出た答えがまた恐ろしい。

おそらく撮影場所は平壌なんだろうけど、それでも垣間見える貧富の差。地方になんて絶対行かせてくれないだろうけど、本当の北朝鮮はそこにあるんだろうなあ。
アクションってやばいな

好きなことはと聞かれて
"何?"って8歳の女の子がいうか、、?
まあそこだけが真実っぽい
>|

あなたにおすすめの記事