ワンダーランド北朝鮮の作品情報・感想・評価

ワンダーランド北朝鮮2016年製作の映画)

上映日:2018年06月30日

製作国:

上映時間:109分

3.6

あらすじ

「ワンダーランド北朝鮮」に投稿された感想・評価

本当にこれが北朝鮮の本当の姿なのか
これをみた後に是非太陽の下を見てみたい
全てのインタビューに絶対的に出てくる将軍様への忠誠心は日本では考えられない
人々は帝国主義からの攻撃を受けたくないというが、過激な社会主義に対して国民は実際どう思っているのだろうか、、、
南北統一はまだまだ実現しないが、お互いの国のギャップを目の当たりにした時にどう感じるのだろうか

てか、ずっと暗くて天気悪いけどなんで?あと、写真じゃなくて絵師がいちいち書くのカラーコピー技術ないん?女工さんの体操システムぜひ大学に導入してほしいっす(^^)
Masuo

Masuoの感想・評価

3.8
私たちが報道で見る北朝鮮とは違う、素なのか、それともこれすらプロパガンダなのか、戸惑うが、全く知らなかった北朝鮮を見ることができる。
幸せそうな人たち。
どんな仕事に就いている人でも、映像に出てくる全ての人が自分の仕事に誇りを持っているのが印象的。
社会主義のいい面も見える。

だから観る者は戸惑う。
はろぅ

はろぅの感想・評価

3.0
監督の雰囲気がとても優しく北朝鮮の方々も話しやすく気心しれた感じがとてもよかった。

内容はプロパカンダに皆利用され個人の本心なんかではなく都合よく言わされてるんじゃないかと思いながら見ていたけど、いや、情報もほとんどなく小さなコミュニティーで暮らしている彼らは真剣に生きるためそのような思考で暮らしているのではないかとハッとした。

本当に素直で品の良い人々の生活は見るに心地よくよかった。

鑑賞後、いつか、北朝鮮国民が全ての情報をしることができ自由を求めた時、日本を含め各国ともに協力しあいよい関係を結べるのではとあるようでない夢想をした。
👧🏻ねぇ、パパ! 来週のお休みに
ワンダーランド北朝鮮に連れてって〜

いつか気軽に行ける
そんな日が来ると良いですね🤣

その頃、日本にはディズニースカイが開園してんぢゃないかしら🙄

まだまだ不透明な別世界〝北朝鮮〟
🪂ドラマ「愛の不時着」を観て、😱やはり怖いなと思ったが、あら不思議🤗見事に綺麗に隠されているではないか(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎
ただ、今まで見えていなかった庶民(ここでいう庶民は、生活水準がある程度高い人々)の生活スタイルや思想が垣間見れて、とても興味深い。
📹映像や写真など一々チェックされ、データ消去させられてしまうあの地で、よくこんな映像が撮れたものだと感心しちゃう😵

さて、いくつかの章から構成されている本作。そのタイトルも際どい。

・金正恩同志にならい最後の勝利へ進め!
・飛躍の暴風を起こそう!
・この世に羨ましいことはない!
・農業前線は生活問題解決の生命線
・君は千里馬に乗ったか?

٩( ᐛ )وこんな感じ。。。。

平壌の整然とした街並み、平壌といえどここには百貨店らしきものが2つしかない😅車も少ないから信号もない😅車が少ないから道路は子どもの遊び場😅

制服を着ている人は特殊な職に就いているので、職務を話すことはできない😱

幼稚園的なものも存在する😱
👦🏻子どもの笑顔は世界共通、無邪気で可愛い
手を頭にウサギを真似てピョンピョン🐰
しかし掛け声はコワイ😱
負けるな負けるな〝絶対〟に勝つんだ

歌もコワイ😱
🎶純粋な幸福 純粋な喜び
我が国の素晴らしさ
😍金正恩元師様ありがとうございます
コ〜マスミダ♬

平壌から200km離れた東海岸の港湾都市🚢元山
は、人口33万人で6番目に大きい都市らしいのだが、暑いのか寒いのか、着ている服が薄着や厚着でよーわからん😅

洋裁工場🏭に出勤する女性達。当番の人が朝から将軍様の教えを説くことに始まり、さらには革命の旗手になることを誓って歌いましょうと全員で歌い出す😅タイトルは「父と母の青春時代」ここでの父母は将軍様や革命組織のことを指していると思われる。♬メロディはどこか演歌に通じるものがある。
ジャケの女性もこの工場で働く一人🙆‍♀️
彼女の夢は自分で新しい服を作ることらしいが、デザイナーという言葉や職業を知らない😱そして、平壌へ旅行すること。公共交通が未発達のため、町を出ることも大変なようです。

愛国烈士陵では、1930年代の朝鮮戦争で亡くなった英雄達の像が立ち並ぶ。
なぜ、命を落とさなければならなかったのかー

え?なんだって?!
大日本帝国から独立するため?

ふうん。独立派は極めて少なかったはずだし、そんな知恵も方法も知らなかったのでは?なかったか?独立も連合軍によってのものだし、極貧国だったからお情けで信託統治されてたんじゃん😅
でなければ絶対難民になってたはず🙄

やっぱりね、どこか歪められて美化する。マインドコントロールされ、感情を殺して動くロボット🤖
しかし、この国を侮るなかれ。
戦後や高度成長期の日本と似てる気がするぅ〜
mn

mnの感想・評価

4.0
きろく

新鮮な視点、面白かったです。
好奇心でみても満足できる作品
ぜひ。
Kaana

Kaanaの感想・評価

3.7
うーーん??よくわからん!!これはなにを見せられたの??これリアルな北朝鮮?プロパガンダ?え〜っ全部嘘のような、こういう演技要員が存在してるの?え〜??
わ か ら ん !
結局わからなさすぎておもしろかった。映画はどれも、個人の解釈の中にしか答えはないんだろうけど、いやいやこんなにわからないものある?ってなった。

映画のポスターには、「これはプロパガンダか?それとも現実か?」という宣伝文句。
監督は韓国人なんだけど、韓国のパスポートでは北朝鮮に入国できないので、わざわざ韓国籍を捨てて臨んだ北朝鮮での撮影。
「北朝鮮の“普通”の暮らしとその人々」っていうタイトルがついているんだけどもこれはまじの「普通」ですか?まじ?って。

でも、あれだね。なにかよくわからない「北朝鮮!」という漠然としたイメージから、おぼろげながらそこで暮らす人々の姿が見えたことはすごく大きい気がする。たとえプロパガンダにしろ、役者だったにしろ、出演した人たちの言ってることが本心でなかったにしろ、これはこれでひとつの現実だなと。

原題はドイツ語で「Meine Bruder und Schwestern im Norden」意味は、「北にいるわたしの兄弟姉妹たち」。(邦題つけたの誰や)
途中、おばあさんが「わたしの父は韓国の墓で眠っています。早く南北統一できたら、お墓参りに行けるのに」と。
本当に、よく考えたらもとの言語も文化も同じ兄弟姉妹の韓国と北朝鮮。なんかもう、なんなんだろうね。わたしたちが生きてる間に、南北統一なんてあるのかな。それが良いことなのかそうでないことなのかもよくわからないけど。

途中出てくる整理体操みたいなのがめちゃくちゃかわいかったです。
.

コロナでの自粛に次ぐ自粛により、有志によるzoomで映画観賞会!ということで観賞。自分1人じゃなかなか観ないだろうなというものを見ることができました。
100人くらいでみんなでチャットしながら観たので、たくさん突っ込みどころがあり考えるポイントがあり、とにかくおもしろい映画体験になった。
市民上映会にて。
何かとお騒がせの国、北朝鮮
撮影する為に韓国籍を捨て、新しくパスポートを取り撮影へ。
私達がニュースで受け取っている情報は軍事的なものと貧困
勝手にディストピアのようなイメージがついていたが本作を見て驚いた。
清潔で綺麗な家、キッチンなんてめちゃくちゃ広い。食事も豪勢
最初の家庭から順々に田舎の人達の暮らしが垣間見えるが本人達は幸せそうに見える。
が時たま映る将軍様のお歌やスローガンに驚く。
あんな3,4歳くらいの子供が師を仰ぎ歌うとは。
内容はよくわからないのかもしれないけどそれが身に染みて成長するとなるとああなるんだろうな。
日本に置き換えると幼稚園児が天皇陛下万歳!言うてるようなもの。
アラサーの私ですらそんなこと言わないし、日本では皇族に対して不満を持ち意見する国民もいるというのに。
縫製工場の謎のゆるいダンスと工員の女の子の希望
年頃の娘がああいう事しか言わないというのも違和感
国に対しての不満が噴出しない、将来への希望や目標に関して視野が狭い。
情報を制限し、教育した社会主義国家。
傍から見たら国民は働いた分だけ給与を貰い、加えて報酬、配給もある。
日本より豊かではないか、と思ったけど脱北する人もいるわけで。
北朝鮮という国の実態がこの通りというわけじゃないのかもしれない。
私としては現実/リアルとして受け止めきれず、本作が映し出した北朝鮮は不思議の国でした。
「私はジャーナリストではなく、映画監督だ」

という言葉が強く印象に残っている、監督来日トークイベント付き試写会で一足先に観させてもらった。

近年報じられない日はないほどのお騒がせの国、北朝鮮。その国という面としての印象だけが先行する北朝鮮の実態に迫るべく、一般の人々の普通の生活を映した作品。

率直な感想は、金一族の崇拝を除いては、まぁ世界広しと言えど、宗教政治経済の差はあれど、どこも人間の暮らしというものは同じようなもので、生きていくために働くし食べるために工夫するし、それを超えて夢も持つし、国(政治)同士の争いとは関係なく人々は仲良くしたいと願うし、想定内ではあった。もっとディープで泥くさくギリギリの内容を期待しただけに少し物足りなかったが、表題の監督の言葉に救われた。
隠し撮りという手法もできたしもっと核心に迫る取材はできたかもしれないが、それは記者やジャーナリストの仕事であって、映画監督としてこういう当たり前の生活もあるというひとつのストーリーを魅せることが役目だと思った。それをどう受け止めるかは観客次第だと。
その言葉に尽きる気がする。政治的問題意識を持ち北朝鮮について知りたいと思えば、自分で調べたり、そういった文献・ソースを探れば良いのであって、我々は映画という作品の観客であって、それを受けとめてなにを感じどう動くかが問題である。
それが映画の役割であり、そういう意味で北朝鮮を色眼鏡で見ている人たちに改めて考えるきっかけを与えた本作品と監督の勇気と根気ある行動に賛美を送りたい。

しかし、北朝鮮の人たちの金一族への崇拝は日本人からすると気持ち悪いぐらい酔いしれていた。一種の宗教だ。苦笑
その思想をつくりだした政治と教育の歴史はおそろしい。金一族のお陰で生かされていると口を揃えて言う唯一の社会主義国。それも幸せのひとつの形か…
たつ

たつの感想・評価

-
普段、日本では見られない北朝鮮の映像。検閲もあり、制約の多い中で撮影された映画。
ひよこ

ひよこの感想・評価

4.0
この映画をプロパガンダだと批判する人もいると思いますが、そもそも日本における北朝鮮報道も批判的で一方的な視点からでしか行われていません。たとえプロパガンダだとしても、普段日本では感じられないもう北朝鮮のもう1つの「見方」が出来るという意味で見る価値がある映画だと思います。個人的には将来の夢を語る女子工員や楽しそうに遊戯をしている幼稚園児の表情がずっと印象に残っています。
>|

あなたにおすすめの記事