人生タクシーの作品情報・感想・評価

人生タクシー2015年製作の映画)

Taxi

上映日:2017年04月15日

製作国:

上映時間:82分

3.8

あらすじ

監督自身がタクシー運転手に扮し、テヘランの街に暮らす乗客達の人生模様をリアルに描き出す、勇気とユーモアに満ち溢れた、新たな傑作の誕生!映画を愛する人、ものづくりに関わる人、そして壁に立ち向かうすべての人々に贈る、奇跡の人生讃歌

「人生タクシー」に投稿された感想・評価

この映画はイスラム文化指導省に上映許可が出なかった映画。女性がスポーツ観戦をしようとして勾留されたり、ハンストや、泥棒に対する死刑など日本では考えられないようなシチュエーションが日常として描かれていて、他国というよりも別世界の出来事のように感じた。また、黒澤映画やキム・ギドク監督の名前が出てきて、イランにも名前が知れ渡っているんだなと思った。最初は何の話をしているのやらと思っていたがお客が入れ替わり立ち替わりする中で少しづつ話が繋がって、矛盾が起きたり合点がいったり、、、イラン映画恐るべし。まだまだイラン映画を見てみたい!規制があるからこそ、そこに自由があることをイランが先陣を切って教えてくれている気がする。
Yuya

Yuyaの感想・評価

4.0
"さりげなくも 確信犯"
なんか 直接告白するのは躊躇いつつも 間接的に気持ちを伝える術をあれこれ模索しては試行錯誤ってな 学生時分の恋愛のそれにも通づるような…さ

無論 この国における監督の立場ってのは そんな呑気なものではてんでなく 彼の文字通り"命懸け"で魂を注いだ映画には違いないはずなんだけどもね

しかしながら 根底では重く辛い現実を捉えながらも 街道を駆けるタクシーさながら 軽妙に淡々と進んでゆくストーリーもまた
我々の日常とそれほど変わっては見えない街の それでいて特殊な事情の闇のベールを 次々に剥いでしまっているのだ

ある種の諦めにも似た "装いの微笑み"の裏には 断固とした"抵抗と怒り"が確かに存在していて 少女がサラッと言ってのけてしまった 核心とも言える主題を ただひたすらに深読みせずにはいられない説得力が この作品には暴発しそうなほどに詰まっているように思えた
華

華の感想・評価

4.0
ドキュメンタリーなのか台本アリなのか、どっちなのかハッキリしてよー!って思いつつ、わけ分からないまま見ていたけど、最後の方になってやっと監督の意図が掴めた(気がする)。
面白かった。外から軽く言えることじゃないんだろうけど、この監督には頑張っていろいろ撮ってほしいと思った。
sato

satoの感想・評価

5.0
おもしろかった。
すごいぞ、ジャファル・パナヒ監督。
イランで監督禁止令を出されても、それでも制作し、世の中に発信した今作。

見ていてドキュメンタリーなのか劇映画なのかわからなくなってくる。タクシーに乗ってくる客の一人一人が自由気ままに話しているように見えるし、でも会話の内容や、スムーズな登場や事件の起こり方からしてやっぱり台本なのかなって。

一つの会話の中からイランという国の実態が垣間見える。そして監督のメッセージの伝え方。これが絶妙にうまい具合に伝えられている。
もっとホッこり~☺
んな…訳ないね💦


映画監督自らタクシー運転手に
扮しカメラ内蔵し
乗客と会話していく
ドキュメンタリー
海賊版を売り付けたり
目の前で事故にあった人を乗せて病院に送ったり
(このシーンはヤラセ感(笑) )

乗せて貰いながら
とにかく偉そうな
金魚鉢を持った姉妹(笑)

子憎たらしい
姪っ子
結局本作品は上映禁止

そぅだよなぁ~

ちょっとイランを知れた
作品
ちょっとだけね🤔

また歌っちゃう🎵🎵
人生いろいろ~
ふふふ…~ん
Haruka

Harukaの感想・評価

3.0
内容は、特にない。タクシードライバーに扮した映画監督が様々な人々を乗せて、それぞれのエピソードをちょい覗きするような流れ。
その流れの中で、イランという国に触れる。同じ人間であり、人間らしさがそこにはあるのだけれど、国の制度の厳しさも垣間見える。
本作ですらイランでは上映許可が降りなかったとのこと。
人間味のある社会科見学ツアーの気分が味わえた。
バラの花の手持ちカメラのショットが良い。
そのあと、フロントガラスにバラが置かれているのも良い。エモーショナル。

強盗の話と、お金を拾った男の子の話が特に好き。
あと姪っ子が、生意気でめちゃくちゃ可愛い。この子が出てるだけで楽しい。
登場の仕方からして良い。無言でタクシーの窓ガラスに肘ついて生意気すぎる。かわいい。

政治的なことを語りながらも、ただの物語でもある。
脚本良くできてる。
イランで映画監督禁止令が出た監督が極秘に作成し国外に持ち出して話題になった作品。
監督がタクシードライバーに扮して定点カメラを基本に乗客との会話が進んでいく。

タクシードライバーの懐の深さはわかったけど、作品としては退屈してしまった。
政府により監督禁止令を出された有名監督がタクシー運転手に扮しイランの実情を描いたモキュメンタリー映画。
画に変化は無いが、タクシーに乗り込む人々の会話から色々な事を考えさせられる映画でした(-_-;)
>|