人生タクシー(2015年製作の映画)

Taxi

上映日:2017年04月15日

製作国:
  • イラン
  • / 上映時間:82分
    監督
    ジャファル・パナヒ
    脚本
    ジャファル・パナヒ
    キャスト
    ジャファル・パナヒ
    あらすじ
    監督自身がタクシー運転手に扮し、テヘランの街に暮らす乗客達の人生模様をリアルに描き出す、勇気とユーモアに満ち溢れた、新たな傑作の誕生!映画を愛する人、ものづくりに関わる人、そして壁に立ち向かうすべての人々に贈る、奇跡の人生讃歌

    「人生タクシー」に投稿された感想・レビュー

    tao
    taoの感想・レビュー
    2017/03/04
    3.5
    パナヒが20年間映画製作を禁止されているのになぜ作って公開できてるのか謎 だけどすごくコミカルだけど切実で始終薄ら笑いしながらお客を乗せ話を聞く運転手パナヒがいい感じ〜
    aipon
    aiponの感想・レビュー
    2017/02/04
    3.2
    おもしろかった!ドキュメンタリーぽいけど、作り込まれた映画だって気づかせてくれる演出がちょこちょこあった。監督自身が映画の題材になりそうな人生送ってて、そんな中で撮った映画がこれって、その事実がすごい映画ぽい。
    現実は映画よりおもしろいけど、現実をおもしろく見せるのは映画の力なんだろ〜なーとか、映画っておもしろい!っていろんな角度から気づかせてくれる映画。
    インド人
    インド人の感想・レビュー
    2017/01/08
    3.0
    フィルメックス
    CHEBUNBUN
    CHEBUNBUNの感想・レビュー
    2016/12/14
    5.0
    【ブンブン年間ベスト2015新作洋画部門1位作品】

    東京フィルメックスでパナヒの「TAXI」を観てきた。イランからロックオンされ自由に映画を撮らせてもらえない監督がタクシー運転手になりすまし、タクシーに乗る人々を撮る。こう聞くと、ドキュメンタリー?と思うかもしれない。これが違う、コメディでありサスペンスであり、歴としたドラマなのだ。カット割りや、不自然なカットからかなりの部分はヤラセだ。しかし、タクシーの車内だけであそこまでリアルで観客を笑わせ、しんみりさせ、恐怖すら与える映画はないだろう。監督は劇中で何度も、映画や本にない題材を探せと乗客や女の子に語る。まさにその言葉が強烈に反映された作品です。

    詳細感想はコチラ↓
    http://france-chebunbun.com/2015/11/23/post-4875/
    angryaoi
    angryaoiの感想・レビュー
    2016/12/03
    3.8
    カメラの視点が混在する。
    映画作っちゃダメって言われて作った映画が、フェイクドキュメントなんて、頭おかしいよね。もうおもしろいよね。土壌がどんなに悪くたって花は咲くんですね。
    国を超えて脅威が伝わるし、時代を超えても脅威になる作品だった。
    ハンダ
    ハンダの感想・レビュー
    2016/11/17
    4.1
    去年フィルメックスでみた
    h
    hの感想・レビュー
    2016/09/10
    5.0
    傑作
    アリサ
    アリサの感想・レビュー
    2016/02/13
    3.7
    パナヒ!タクシー!この人、国内での映画撮影禁じられてるんですよ?限られた条件下で撮っただろうに、大変さとか焦りを感じさせない、そしてたっぷりのユーモア。すげえ好き。
    ホリグチ
    ホリグチの感想・レビュー
    2016/01/08
    3.5
    限られた環境で確信的に作られた映画。イラン国内において、表現の自由を縛る政府と孤独な戦いを続けるジャファール・パナヒ監督。その姿勢は、ヒジャブ(スカーフ)を強制されたイラン人女性が、髪をどこまで見せても許されるか試みている姿と重なる。
    岡田ゴズリング
    岡田ゴズリングの感想・レビュー
    2015/12/31
    3.6
    東京フォルメックスで鑑賞。
    監督自らタクシー運転手に扮して行う乗客とのコミュニケーションの中から、イランで行う映画製作に対する深い絶望と失望感を浮かび上がらせていく。
    どうやらイランでの映画製作において不遇な扱いを受けているようであるこの監督。その欲求不満と、なんでおれが、、という憤りの吐き出し方は清々しく、小難しいことを言ってるようで、小難しくない八つ当たり映画であった(自分にはそう見えた)部分には好感がもてた。
    が、退屈であることは間違いなく、フィクションとドキュメンタリーの要素の差と狙いについて、深くディグろうと思うほど、テンションはあがりませんでした。
    >|