人生タクシーの作品情報・感想・評価

人生タクシー2015年製作の映画)

Taxi

上映日:2017年04月15日

製作国:

上映時間:82分

3.8

あらすじ

監督自身がタクシー運転手に扮し、テヘランの街に暮らす乗客達の人生模様をリアルに描き出す、勇気とユーモアに満ち溢れた、新たな傑作の誕生!映画を愛する人、ものづくりに関わる人、そして壁に立ち向かうすべての人々に贈る、奇跡の人生讃歌

「人生タクシー」に投稿された感想・評価

車のフロントに映し出されるテヘランの街並み。
そのアングルがそのままゆっくり動きだした時、世界がたちまちリアルに息づき出す。
たったそれだけで作品の凄みを感じた。
Miwa

Miwaの感想・評価

3.5
今のテヘランのリアル。
色々考えさせられる。
oyasumiy

oyasumiyの感想・評価

3.7
2年前?パリにいたころ初鑑賞、ペルシャ語に仏語字幕で混乱の極みだったけどクスリとさせられるシュールな作品だった。
ゆるい空気感なわりに切羽詰まった出来事も起こるし

フランス版のポスターがすごく可愛かったな〜
これめっちゃ自虐はいってるよね?乗って来る客が放つ言葉に笑っちゃった。パナヒの姪っ子役?の子 が、まーよくしゃべる!そしてすごくかわいい!で純粋な疑問からけっこう深いとこついてたり。これ見るとパナヒさんが抑制の下で楽しんで撮ってるように見える。実際どうなんだろ?
kota

kotaの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

政治的なのに、ちゃんとユーモアがある。
ブラックですがw
なるほど、あのお婆さんたちをこういうオチに使うとは。
練られてるなぁと思いました。
肝心なことを子供に語らせるというズルい手口もありつつ、でも子供の方が計算・打算がなくて核心ついたりするからそれもまたリアル。
リリー

リリーの感想・評価

3.6
「セールスマン」に続き、2本目のイラン映画。
この作品は、ドキュメンタリー風に撮影しているが、実は政府批判のメッセージを強く発信する、良く練られた脚本から作られている。その割には、タクシーの乗客たちは饒舌で、時には監督とのやりとりがコメディのようで、観客席からは時々小さな笑いがおきる。特に監督の姪役の女の子はお喋りで、大人顔負けの聡明さ(?)である。レディ扱いされたがる。
国民は、言論の自由がないこと、窃盗で死刑になること、などの不満や不安を述べる。それを聞く監督はとても柔和な表情をしている。
一つ、私だけかもしれないが、ずっと動き回る車内の映像だったので、なんだか車酔いしたような気がする。
映画を撮ることを禁じられたイラン人監督がタクシーの運転手に扮して作ったという体の映画。
まず最初に言っておきたいですけど、私は「表現の自由」とか「言論の自由」は本当に大切だと思いますし、そういうなかでイラン政府から圧力をかけられながらこういう映画を撮るパナヒ監督、すげー偉いし興味深いと思います。この事実自体は非常に重いし引き受けて考えなきゃいけないということは重々承知していますが、「それは映画の出来とは関係ないよね」ってことは感じますよね。
というのもこの映画、ドキュメンタリータッチなんですけど、言ってしまえば仕掛けありのフェイクドキュメンタリーなんですよ。カメラの画角もセリフもお話もある程度計算されて作られてんのが見えるつくりなんですよね。
だって劇始まってすぐ、タクシー乗って来た客が死刑制度について話しますからね。次は事故った怪我人、海賊版DVDの男が映画監督のタクシーに乗ってくる。そら作為的な感じはどうしたってするわけです。
ところがどっこいパナヒ監督、この映画が明らかにフィクションなのは理想的な観客の前では誰の目にも明らかなのにも関わらず、ドキュメンタリー的なカメラアングルは崩さないんですよ。
要は結論を言いますと、「映画のカメラワークが90分間で4視点程度しかないので、画面が退屈かつ単調」。この点が決して映画の出来としていいとは言えないんですよね。眠いよっていう。
私が観た回では劇場で、別に大して面白くないシーンで作為的な笑い声を上げてる観客がいましたけど、ハッキリ言って「私、こういうコメディのセンス分かりますよ」笑いというか、とにかくスノッブな感じで、コメディ感もあんまし評価できないですよ。
姪がラップみたいにまくし立てるところなんかは良かったですけど、金魚鉢のババア2人のところは全然面白いと思えないですわ。意味がわからないし、予想通りに金魚鉢ひっくり返すという。シュールなだけでコメディとして成り立ってないでしょ。
そういう意味で退屈ですよね。今時画角が限られた映画作品、結構視覚的な工夫を入れてる映画が多いけどなあ。「学校で映画を撮る課題を与えられた姪」とか最高にフィクションな登場人物だしてんだからもっとPOV視点とか頭使って演出してみれば良かったんじゃないですかね。
んであとはこの映画のメッセージ性ですけど、「自由が大事」とかさ「多様性が大事」とかいうPC的メッセージなんて今時小学校の学級委員レベルだと思うんですわ。問題は「自由の線引きはどこか」とか「利害関係の調整をどうするか」ってところがキモなわけで。
そういうところへの視野があんまりあるとは思えないんだけど、それはいいのかね。メッセージが浅いんですよ。例えばイランが自由になる。最高ですね。じゃあそれでアラブの春的な反動はないんですかね?ISとかみたいなアイロニカルな問題は起きないんですかね。イスラム原理主義者の信仰心の問題はどうなるの?そいつらの信仰の自由なんて別になんとも思っちゃいないんですよ。リベラルであることの病がいま全世界的に閾値に来てるのになんかお気楽ですよね。言い方悪いですけど「映画監督」っぽいです。そういうことを相対化せずに作為的な「ドキュメンタリー」で誤魔化しながらほんのりした政治性みたいの出してくるのは正直あんまし僕は評価できないですし、評価したくないですね。
こういうのが映画祭で評価されて箔がついて、いけ好かない観客たちが閉じた場所で「いやーこれは良いねえ。」とか言ってる状況自体がブレグジッドやトランプ大統領を生んでるんでしょうね。やれやれ。
しゅん

しゅんの感想・評価

4.0
あぁ、これはすごい。上映時間と映画内経過時間が丸っきりシンクロしてるような生々しさ。実際には相当編集を施してるはずだけど、作為性が見事に隠蔽されてる。ドキュメンタリー風と思いきや、そこには物語もキャラクターもハプニングも寓話もファンタジーもつまってる。なんと狡猾でユーモラスで巧みな映画だろう。パナヒに海賊版dvdを届けたことがあると言い張る小太りの男が家の扉を開けて入っていく様子を捉えた固定カメラが特に絶妙だったし、イランの民族音楽と思わしき曲の使い方もいい。
Lara

Laraの感想・評価

-
車の中から社会を眺めることは好き。タクシーだと車の中まで入ってくることが分かってちょっと緊張。たくさんおしゃべりする女の子。かわいい。
>|