人生タクシー(2015年製作の映画)

Taxi

上映日:2017年04月15日

製作国:
  • イラン
  • / 上映時間:82分
    監督
    ジャファル・パナヒ
    脚本
    ジャファル・パナヒ
    キャスト
    ジャファル・パナヒ
    あらすじ
    監督自身がタクシー運転手に扮し、テヘランの街に暮らす乗客達の人生模様をリアルに描き出す、勇気とユーモアに満ち溢れた、新たな傑作の誕生!映画を愛する人、ものづくりに関わる人、そして壁に立ち向かうすべての人々に贈る、奇跡の人生讃歌

    「人生タクシー」に投稿された感想・レビュー

    MM
    MMの感想・レビュー
    15時間
    3.9
    途中で鳴る携帯音で...(映画の中です)
    まさかの"キュウソ"に引っ張られて脳内苦笑。

    女の子の間合いに心掴まれる。

    赤い薔薇🌹 金魚🐡 クロサワ...

    あらゆるアイテムがひとつひとつ内側の自身の答えを引っ張り出そうとしてくる静かな引力を持つのでした。
    Marrison
    Marrisonの感想・レビュー
    18時間
    4.5
    「人生タクシー」という邦題は、あまり内容と合ってない。「人生フルーツ」にあやかっちゃったの?
    芳醇さよりもユーモアと工夫とモヤモヤとキレばかりあるんだから、「薔薇とタクシー」「抵抗タクシー」「テヘラン徐行中」の方がまだマシ。全部クサイけど。

    映画としては、中盤(姪の登場)以降が文句なしのすばらしさだった。

    ホメイニ革命以前に作られた「牛」という白黒の大傑作(クロサワの「七人の侍」と互角の出来!)をずっと前に鑑賞して以来、イラン映画の虜になり、これで20作目ぐらいになる私。映画という芸術への、イラン人の愛の深さを、今作でいよいよ知らされた。特に、薔薇からのラストに。
    結論。邦題は「薔薇」でいい。
    ty
    tyの感想・レビュー
    19時間
    3.8
    タクシーは人生を乗せている
    tatari
    tatariの感想・レビュー
    1日
    3.3
    映画製作を禁じられた監督故のアイディアとしては面白いと思うものの、「いわゆる映画という形は取れない」という制限故に個人的には「フェイク・ドキュメンタリー」「ドキュメンタリー」「ただのドライビング・レコーダー映像」何にも当てはまらないなんとも、"映画として観づらいなあ"という感想に。うーん。
    またたび
    またたびの感想・レビュー
    2日
    3.6
    固定されたカメラ位置も含め、制限されているからこその表現、作品でした。
    もちろん自由に撮れる方が良いのでしょうが、映画の題材の話が途中で出てくるように、本当に一切制限が無い、完全な自由では探すのは難しい、生み出せない表現もあります。
    菅澤克彦
    菅澤克彦の感想・レビュー
    2日
    4.1
    姪っ子面白かったし、バラのワンショット良かった。

    金魚鉢は吹いてしまった。

    見させて下さり感謝です。
    じゅんくらんぐ
    じゅんくらんぐの感想・レビュー
    2日
    4.0
    ストーリーじゃない。いい。
    りりー
    りりーの感想・レビュー
    2日
    4.1
    政府に映画製作を禁じられている(!)パナヒ監督。本作は、彼がタクシーの運転手に扮し、車内に設置したカメラで乗客を撮影したものである。こう書くとドキュメンタリーのようだが、これがどうも怪しい。冒頭、偶然乗り合わせた(イランのタクシーは相乗り制!)男女が死刑制度について討論する。賛成派の男性と、反対派の女性の言い分は平行線のまま、二人とも降りていく。車内でその会話を聞いていた男性は、運転手に貸切にしてくれと頼む。そして「パナヒ監督でしょう、このカメラで新作を撮影しているんですね」と言い、「さっきの二人は仕込みでしょう。僕にはわかる」と続けるのだ。問われた監督は微笑むだけで答えはしない。その後も、事故に遭い死にかけている男性とその妻、金魚を池に返さないとわたしたちは死ぬのだという老姉妹、強盗に遭ったパナヒ監督の幼馴染、パナヒ監督の姪、などなど強烈な人々がカメラの前に現れては去っていく。その面白さに、もう彼らが本物の市民だろうと役者だろうと、どうだってよくなってくる。ただ、ばらばらに話しているはずの乗客の会話が、ゆるやかに関連していくことから考えると、おそらく脚本があるのではないか。

    乗客の会話によって構成された本作を観ると、映画は人の語りたいという欲求のもとに生まれるのだと思う。そして、観客が知らない人に、街に、出会うために映画があるのだと。相乗りのタクシー、雑多な海賊盤のDVD、死刑が中国に次いで多いこと、上映できる映画に決まりがあること、賑やかな様子の街並み。わたしが知らなかったイランの姿を見て、そう思った。

    終盤、パナヒ監督の知人である弁護士の女性が、監督と姪にバラを手渡す。そのバラが、文字通り映画に捧げられるショットがとても美しかった。そのあとに訪れるあの劇的な幕切れは、監督の映画作家としての矜持のように思えた(だって、現実に起きたとは到底思えないでしょう?)。あの飄々とした風貌からは窺い知れない悲しみと苦しみを引き摺って、それでも映画を撮り続けるパナヒ監督。本作はイランでは上映許可が下りず公開されていないそうだ。観ることができてよかった。すべての映画人にバラを!
    じょり
    じょりの感想・レビュー
    2日
    3.1
    ①初っ端の交差点と、京都の四条烏丸交差点との酷似率 75%
    ②レンタル店店員のスマホ着メロが、どうして映画『パピヨン』のテーマ曲なのか興味を示す割合 5%…権力に対する抵抗の象徴なのか…
    ③一般的な日本の同世代と比べたときの、姪のハナちゃんの自己主張および語彙力 300〜400%増

    アイデアはユニーク、監督ゆるキャラ👍
    しろ
    しろの感想・レビュー
    2日
    5.0
    最初の15分遅れたので見れておらず……DVD出てから鑑賞します
    遅れたけど入ってすぐに見入ってしまう
    初めてドキュメンタリー見たけど面白いな!!って
    いろんな人の考え方が演技なしで見れるの楽しいし映画の考え方もたくさん出てきて考えさせられた
    パナヒさんの作品もっと観たいな!
    あと出てくる弁護士の女性……凄く綺麗✨✨
    あんなにバラが似合う人がいるとは…!!✨って思いました!w
    >|