人生タクシー(2015年製作の映画)

Taxi

上映日:2017年04月15日

製作国:
  • イラン
  • / 上映時間:82分
    監督
    ジャファル・パナヒ
    脚本
    ジャファル・パナヒ
    キャスト
    ジャファル・パナヒ
    あらすじ
    監督自身がタクシー運転手に扮し、テヘランの街に暮らす乗客達の人生模様をリアルに描き出す、勇気とユーモアに満ち溢れた、新たな傑作の誕生!映画を愛する人、ものづくりに関わる人、そして壁に立ち向かうすべての人々に贈る、奇跡の人生讃歌

    「人生タクシー」に投稿された感想・レビュー

    神
    の感想・レビュー
    4時間
    3.0
    本当に延々とタクシーに乗ってた。いろいろな背景を考えると凄い作品なんだと思うのだけど、結構な勢いで寝てしまった。
    小林
    小林の感想・レビュー
    11時間
    3.5
    ほのぼのとした内容かと思いきや、かなりエグいです
    たぶんみんな俳優さんだと僕は思う
    企画とアイデアがおもしろいと思ったけど、眠かった...笑
    表現の自由と、映画はこうあるべきというメッセージ性はおおいに共感しましたし、姪のエピソードみたいにぞっと思わされるところもありました
    日本にも隠さなきゃいけない真実とかあるのだろうか、なんて、そう考えてしまうこと自体平和ボケというか...そこらへんはイランとの距離感を感じざるを得ないですが
    エンタメはほぼ排除されてるのに、言いたいことを崩さない範囲内で展開とオチとかがついてるのはよくできてるな
    Osamu
    Osamuの感想・レビュー
    15時間
    3.8
    何これ?何?なに?を楽しんだ。

    イラン政府に映画製作を禁止されたジャファール・パナヒ監督がタクシー運転手になって、乗せた客との会話を固定カメラで撮影。

    これは映画じゃないから撮ってもいいよね〜ってな具合に。

    で、結局なんちゃら委員会の上映許可は下りなくて、国内では上映できなかったみたい。

    映画を撮るためには俺、何でもやっちゃうからね、というメッセージの塊だった。
    メルヘン
    メルヘンの感想・レビュー
    15時間
    2.0
    新宿武蔵野館で鑑賞。イラン映画。
    20年間映画を撮ることを禁止された(リアル)監督自身が、タクシードライバーとなって(おそらくフィクション)お客さんと言葉を交わす。
    演者の、フロントガラス手前のカメラの存在を意識させるような言動がある。ドライバーの監督自身がしばしばカメラの向きを変える……など。ゆえにドキュメンタリーなのかとも一瞬思われたが、内容からして完全なるフィクション作品だろう。フィクションか否かの議論は、明確な定義が困難な以上、意味を為さないので割愛する。
    この映画を見て「どこまでがドキュメンタリー/リアルなのか」を疑問に思う方には、森達也さん(上映前の短編映画の監督)の著書を薦める。
    フィクション作品だとしても、リアリティは登場人物を理解するにあたって欠かせないものだ。今作では疑問を感じる点がいくつもあった。例えば映画関係者がやたら多いのには甚だ違和感がある。姪っ子はいったいどんな物語を作ろうとカメラを回していたのか。単にカメラを回すという設定が欲しかっただけに思えて、都合の良さを感じた。
    基本的には、フロントガラス手前、運転席・助手席のバストショット、後部座席などの限定されたショットと、上述したように登場人物らの都合の良い設定によりiPhone、デジカメで撮影される映像で構成される。ショット数(カット数ではない)がとても少ないため会話に面白味を見出さなければ退屈するだろう。
    ほか。演出に粗悪な面が見られた。例えば都合のいいタイミングで、電話という画面外の要素が画面内に干渉してくることだ。その際、通話相手の音声が聞こえる/聞こえないの明確な使い分けが感じられずに一貫性のなさを感じた。
    ラストシーンはドキリとさせるものがある。しかし、こうするのならやはりドキュメンタリータッチを徹底するべきだろう。せめて、登場人物の偶然(状況設定)には目を瞑るにしても、登場人物全員が違和感までにカメラが設置されたタクシーに怪訝な態度(必然的な行動)を見せなければ駄目だ。



    短編映画2作品が同時上映された。実は目当てはこちらである。

    『映画を撮ることを禁じられた映画監督の映画のような映像』
    森達也が監督。普通に面白い作品だ。
    「撮るのが駄目なだけで編集はいい」と学生時代に撮影した映像を編集してみたり、「映画はスクリーンで上映されるもの、これはモニターに映った映像」と、屁理屈を言ってみたり。
    ラストシーンは『FAKE』のオマージュをしてしまっている。

    『ちいさな宝もの Ein kleiner Schatz』
    松江哲明が監督。一歳半の息子へのホームビデオである。
    全然面白くなかった。子どもが食べたり寝たり散らかしたり……。松江さん、こんなものを観客に見せて何になるんだい?
    gureco
    gurecoの感想・レビュー
    15時間
    -
    170426
    やむさし
    やむさしの感想・レビュー
    15時間
    3.8
    それこそ森達也作品っぽい作り。ほぼ無音で眠気に負けそうになった。
    keiji
    keijiの感想・レビュー
    17時間
    4.7
    当然のように良い。フェイク大前提で楽しませてくれるので『これは映画ではない』とはまた切り口が違い(ある種のアンサーとも言えるかもしれないが)、「どうせ映画なんでしょう?」と言われた後のパナヒのニヤつき顔や、「語らないこと」について姪に説く場面は制限から表現をすることへの知的なユーモアを感じた。
    やわらか
    やわらかの感想・レビュー
    1日
    3.9
    イラン映画と言えばキアロスタミ監督の三部作のうち2本を家で観た以来・・・何十年ぶり?
     
    えーっと、、、作風は今風というか都会風というか、日本のインディー系の監督が同じコンセプトで撮ってもおかしくないなと思いました。イランで(たぶん)著名な監督がタクシーの運ちゃんに扮して街を流していると、乗合の客との会話から、イランの社会や政治のいろいろな問題点が見えてきて、というような感じ。
     
    一応仕込みナシっぽくはじまるけど、タクシーに乗り合わせた人が偶然監督と面識があったり、映画監督志望だったり、友達とばったり会ったり「おいおい、どう考えても仕込みアリだろっ!」ていうツッコミどころ満載なところがそれはそれで面白い。
     
    後半、監督の小生意気な姪っ子が乗って来るんだけど、これがメチャ可愛い。短編映画を撮るとか言って、キャノンのデジカメで外の風景を撮りはじめたりして、ときどきズバっと重たい問題を監督に突き付けたりして。まぁ、子供にああいう固いセリフを言わせるのは、ちょっと反則気味かなって気もするけど。
     
    この映画、観るタイミングも大事で、僕の場合だと、今日は病院に行くために午後休取って、診察終わった後中途半端な時間だったので何となく観てみた、という感じだったんだけど、あまり気合い入れて休日の一本として行くと肩透かし食らうかも。
     
    あ、重要なことをもう一つ。基本的にカメラがタクシーのダッシュボードからの風景か車内しか映さないので、構図が変わらずに監督と客との会話だけが続いて、めちゃくちゃ眠くなる(笑)比較的いいコンディションで観た自分でも何度か意識飛んでしまい、隣の年配のオジサンは完全に爆睡モードだった。
     
    ま、お気楽に。
    Ts
    Tsの感想・レビュー
    1日
    4.4
    授業で教えてもらって見に行ってみた。
    以前見た「オフサイドガールズ」の監督の作品。

    内容は、映画が規制されているイランで、監督がタクシー運転手になりすまし、車内にカメラを設置して、そのままカメラに収めるというもの。
    完全にフィクションとは思えないし、かといって完全にありのままを撮ってるとも思えないない感じでハラハラした。劇中で、「劣悪なリアリスム」みたいなワードが強調されたり、「これって映画なんでしょ」みたいなメタ発言ちっくなところがあったところからも、多分フェイクドキュメンタリーなのだろう。

    もう1つのキーワードとして「題材」というものがあったけど、ここには、劇中で言われたように、この世の中であらゆるものは映画として撮られ、あらゆる事が本に書き記されるそんな中で、映画を取り続ける意味という問いに対する監督の強い意志(答え)を感じ取ることができた。

    少し違うかもだけど、ドキュメンタリーを通じて、(好ましくない)現状に抵抗するという意味で、イラン版のマイケルムーアのような気概を感じた。


    ものすごい個人的な事を言うと、イランでの対人コミュニケーションのあり方がとても良く感じられてペルシャ語頑張ろうという気にさせられた。加えて、ペルシャ語の楽しさとか、響きの美しさとかを感じることができた。
    SeiichiTanaka
    SeiichiTanakaの感想・レビュー
    1日
    -
    16:40
    Gー6
    劇場1
    >|