人生タクシーの作品情報・感想・評価・動画配信

「人生タクシー」に投稿された感想・評価

タクシー運転手になればいろんな人の悲喜交交が見れそうだけど、他人にさして興味はない。
ふみ

ふみの感想・評価

3.7
良いな!!!!!タクシー舞台に描く人間模様がまず面白い素晴らしい。
観た後に知ったけど、映画監督禁止令が出る中、タクシー運転手という役柄で自ら体を張って映画をとり伝える情熱がすごい。
この辺の国にもっといきたいな~~ベトナム思い出す、はやくコロナ明けてー!!
tmy

tmyの感想・評価

-
ドキュメンタリーのような構成
タクシー相乗り
ナンバープレートのフォント手書きみたいで笑う
怒涛の展開をかなりユーモラスに描かれてて、端々に見えるか社会問題や主張を包み込んでいるのでとても見やすい。
はっきり意思が伝わる、説教臭くなくて映画撮影禁止を逆手に取ってて面白い。
真っ当な意見も、「俗悪なリアリズム」として片付けられるイランの実情
ユーモアあるドキュメンタリーテイストなのに、表現や思想の自由が保障されていない息苦しい雰囲気がしっかり伝わった

ラスト良かった
緩い雰囲気わるない
パナヒさんホント優しいな
若者向けとか老人向けとかじゃなくて、誰が見てもいい映画だと思った
20年間映画撮影禁止されてる監督の作ったヤバスゴ映画(?)撮影方法とそれに至る経緯もさることながら、イランの社会情勢が乗客から浮き彫りにされていて面白い… 映画監督を目指す大学生からのどうやって題材を探して映画を撮れば良い?の質問に対する返事がカッコよかった、惚れる あとハナちゃんと薔薇の女弁護士がめっちゃええですね 終わり方も惚れる アタイもこれくらいの反骨精神持って生きていきたいところですね
noritama

noritamaの感想・評価

3.9
本国から20年間の映画撮影禁止令が出されたイランの映画監督が、タクシーの運転手に扮してテヘランの街を走り回り、乗せた人たちの車内での会話を撮影したドキュメンタリーちっくなフィクション映画。(監督本人は「映画ではない」と言っているらしいが、ベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞している笑)

自分がイランについて殆ど知識がないこともあり、窓から見える街並みも、車中の会話から窺い知れるイランの国内事情も、全てが新鮮に感じられた。体制批判もしっかり入っているが、監督はあくまで運転手で、全部乗客が勝手に言ってるだけだよ〜という見せ方が笑えた。やっていることは勇気と反骨精神に溢れているけど、監督のジャファル・パナヒ氏は素晴らしく穏やかで落ち着いた雰囲気の持ち主。この監督の作品をもっと観たくなった。
Kiwi

Kiwiの感想・評価

2.2
なんていうか、予告編を引き伸ばした映画。
イランの国情や監督の主張はわかった。
おしゃべり娘の姪っ子は言いたい放題だった。
イランの現状が描かれていて、公開が叶わなかった作品。それでも作品ができあがり、日本で観ることができるのが感慨深い。
姪っ子の発言が大人すぎるけど、かわいいのとバラの人のセリフがガツンと来た。

イランの街中の風景を車窓から眺められてよかったけど、それ以上に考えさせられる映画。
tomo

tomoの感想・評価

2.7
しっかりした監督の姪っ子ちゃんの言葉に、うぅ…と唸ったw

イランという国。映画を通して国民性などが垣間見れた気がした。
20年間映画を作ってはダメと監督自身、国から言われているのに、タクシー内で撮った映像は映画にはならないと本作を作ったのすごいな
>|