人生は、奇跡の詩の作品情報・感想・評価

「人生は、奇跡の詩」に投稿された感想・評価

mi

miの感想・評価

4.5
ロベルドベニーニのずーーーっとしゃべってるシーン好き!
いい映画だね!
どーーしてもライフイズビューティフルっぽいってなっちゃうけど、いいもんはいいで解決したわ!!
ジャックジョンソンの曲とか全部似てるけど結局全部いいじゃん。
それの原理よ。
すごいいい映画。
あー最後こーなるのか。最後伏線の回収がされていて良かった。
トムウェイツかっこいい。
Asianlily

Asianlilyの感想・評価

4.0
ロベルトベニーニと奥さん共演作。“笑いと涙”“戦争と愛”の二極端を同時に提供できるのは彼だけだと思う。相変わらずユーモアがお上手。そして優しい嘘がお好き。
「世界は人間なしで始まり人間なしで終わる」ジャン・レノとの星空の下のシーンがうるっとする。いい台詞がたくさんだけど、イタリア語だからいいんだろうな。
ロベルトベニーニっていっつも素なのかな。
途中で寝ちゃったよー
途中から二回見ました!

音楽とか、台詞回しは相変わらず素敵!
私はライフイズビューティフルの方が好みだが。
奥さん、本当に溺愛されているなぁと感じる。
咲

咲の感想・評価

3.8
ロベルト・ベニーニのこういう役大好き!きっと本人もこういう感じなんだろな
「僕が太陽を好きなのは、彼女を照らすから。」が良すぎた
YUKI

YUKIの感想・評価

4.9
ロベルトベニーニとニコレッタブラスキ
本当の夫婦だからこその演技。
やっぱり一途に誰かを愛し抜いている人はかっこいいです。
薬を調達するときのあのセリフ。目。
あのシーンはロベルトでした。演技を超えていて本当に妻を愛している人の顔でした。それだけでわたしの心はもう、、切なくて幸せなのです。
miho

mihoの感想・評価

3.7
「彼女が死んだら、
この世界という舞台は終わってしまう。
大道具をバラして、運び出しても構わない。
大空をまるめて、
トラックに積み込んでしまえばいい。
太陽は大好きだが、なくてもいい。
僕が太陽を好きなのは、彼女を照らすから。
何もかも消えてしまえばいい。
絨毯も、柱も、屋敷も、砂も、風も、
カエルも、熟れたスイカもいらない。
雹も、午後7時もいらない。
5月、6月、7月も、バジルやミツバチ、
ズッキーニもいらない。」
このセリフがお気に入り♡

さすが、ライフイズビューティフルの監督!
笑いあり、涙あり、ロマンスあり。
ベニーニの演じる役は、いつも私の理想の人だ♡
Marin

Marinの感想・評価

4.5
世界は人間無しで始まり、人間無しで終わる
そうなんだろうな、、って思ってしまうセリフもあったけれど、

愛は戦争に負けない

そんな心強いメッセージも受け取れる作品でした。
某

某の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

アッティリオが帰国後にヴィットリアと再開する場面で、これまでの伏線がいっきに回収され、2人が元夫婦だと分かり、ようやく腑に落ちた。
そしてラストでヴィットリアが、自分を助けてくれたのがアッティリオだと気付いてくれて、モヤモヤも解消(笑)

とても素敵な作品でした。
またゆっくり見たいなぁ。
neodada

neodadaの感想・評価

3.6
ロベルト・ベニーニ自身による、実の奥さんとの、二人のための(?)作品。
>|