オン・ザ・ミルキー・ロードの作品情報・感想・評価

オン・ザ・ミルキー・ロード2016年製作の映画)

On the Milky Road

上映日:2017年09月15日

製作国:

上映時間:125分

3.8

あらすじ

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去…

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去によって、村は襲われてしまい、2人の逃避行がはじまります。

「オン・ザ・ミルキー・ロード」に投稿された感想・評価

Msk

Mskの感想・評価

4.5
愛とはなんぞや、、

なんて思いつつ。

愛に溢れてたなぁ。

残酷というか、
どこまでも現実の中に
愛があってなんか憎めない映画。
かつ

かつの感想・評価

3.7
レトロチックな映画でほのぼのしながら観れる。
↑アホだなぁ〜ってずっと思ってた。
バカらしいけど、愛を感じる。笑

最初に登場する大きい時計の印象が強くて顔が挟まったり、腕を噛んだり、ポンコツなのに、ポンコツなのに、ってずっと思ってた。笑

羊の群れが地雷を踏んで吹っ飛んでいくとこは本間に見てて辛い。
↑あんなにもふわふわで可愛い動物が…。
Shiho

Shihoの感想・評価

3.0
アンダーグラウンドの監督かぁ。
どうもこの人のは私には合わないみたい。奇人変人が出でくるのはまだいいんだけど、ゴチャゴチャしてて…
アンダーグラウンドよりは見易かったです。
ストーリーは素敵だと思います。

今日は何かから逃げ続る夢を見そう。
ロバちゃん、羊ちゃんかわいそう…
マシンボーイ的オールタイム・ベスト「アンダーグラウンド」のエミール・クストリッツァ監督7年ぶりの新作
音楽、動物、戦争に結婚式、喜劇と悲劇をひっくるめた紛いもなきクストリッツァ映画だがいまいちハマれず…、やっぱり「アンダーグラウンド」と「黒猫・白猫」が好きすぎてハードル上がりきってる問題はありますわなぁ

好きになった女が追われる身でヤバい事なんよ、って話

序盤のアヒルたちが血の風呂に跳び込むシーンで!ワイワイ、クストリッツァ感な!つってテンションあがり、その後もクストリッツァが主演かよ!なったり、相変わらず騒々しいブラスバンドとか、ロバとか、ヘビとか、ハヤブサとか、「アンダーグラウンド」のマルコ登場とか!盛り上がりそうにはなるんですがね、もう一歩足りない感…

でもって、英国大将に任務を授かったポンコツ特殊部隊との追っかけっこが始まるとワクワク感すらなくなって…え、まだ40分もあんの?なる始末
まぁ特殊部隊に追い詰められた主人公とヒロインが羊の群れに隠れ地雷原突入なクライマックスはテンション上がりましたがね!ドッカンドッカン花火上がるやん!ゲラゲラ、言うてな
あ、動物大好きイメージで売ってるマシンボーイですが羊はパンチパーマのおっさんにしか見えないんでセーフです

個人的にはよ、いくらモニカ・べルッチとはいえ年増のヒロインよりも、主人公の事を好きなジャジャ馬女が引っ掻き回すんが見ていて楽しかったんで、最初の計画通りに2組の結婚式が騒々しく行われてる中にポンコツ特殊部隊が急襲、マルコとジャジャ馬大暴れ!大時計も大暴れ!みたいな展開の方が観たかったかなぁ

どころからどうみてもクストリッツァ映画でしかない個性の迸りっぷりは流石でしたが、監督の年齢もあるのか?少し落ち着いてしまった感が寂しい作品でした
「アンダーグラウンド」観るわ
Mizuho

Mizuhoの感想・評価

4.6
ドラマチック、
戦時中っていう特殊な舞台設定だけど今の社会でも弾飛び交ってるわけで、って思うとすごく普遍的な映画だった気がする
Kyosuke

Kyosukeの感想・評価

4.0
エミールクストリッツァの鬼才(奇才)ぶりは健在。身近な内戦や紛争の風刺化、宗教的な観念、ストップモーションのような動き。動物の存在含め、エグい部分をポップに仕立てるのは凄い。アンダーグラウンドに比べると後半のなんでもあり感が好きじゃなかったが、強烈な作品に変わりはない。
Barolo

Baroloの感想・評価

4.8
同胞が贄となった血を自ら浴びて跳ね狂う家鴨、ミルクに舌なめずりする毒蛇、音楽に合わせて巧みに踊るハヤブサ、鏡に映る己の姿に驚き卵を産む雌鶏、奇妙奇天烈な動物たちに囲まれて、主人公コスタは雨霰と降る弾丸をかいくぐって、ロバを疾駆させ、ミルクを運ぶ。やがて戦争は停戦となり、シンコペートの効いたロマのフォークロアにのって、人々は狂喜し踊り明かす。だが、平和は束の間のものだった。理不尽な多国籍軍の攻撃が始まり、村人は酷く虐殺される。辛くも難を逃れたコスタは、同じく難を逃れたモニカ・ベルッチとあてどもない逃避行に旅立つ。

冒頭からエミール・クストリッツァが紡ぎ出す不思議な世界に没頭してしまう。ボスニア近辺の民族紛争は複雑で根が深く、理解するのも我々日本人には困難だ。近年では、カナダ人の作家、スティーブン・ギャロウェイの著書、「サラエボのチェリスト」で取り上げられ、米国人作家、「ガープの世界」、「ホテル・ニューハンプシャー」で著名なジョン・アーヴィングは、その初期の作品「158ポンドの結婚」の中で、一部その凄惨な有様を扱っている。アーヴィングや、その師匠のヴォネガットも、奇想と笑いの中に悲劇を織り込む達人だった。この作品にもそれに近いものを感じてしまう。喜劇と悲劇はまさに隣り合わせで、我々の綾なす人生を形作っているのだと。ヴォネガットはこう言った。

「人間はどうしようもなく哀しい時は、実は笑いしか出てこないものなんだよ」

だが、この作品は、いわゆる単なるポストモダン的なメタフィクションではない。悼ましい戦争が残す傷跡への深く、激しく、だが静かな怒りに鎮魂の歌を聴いた。戦争という絶対悪への諦めと憎しみなのか、それとも絶対悪をやめない人間への憤りと哀しみなのか。

最後のシーンが我々に問うものは何か。遠くから祈りの声が聞こえてくるようだ。
己

己の感想・評価

2.4
良さがわからんっ

動物と戦争と音楽と悲劇と喜劇?

最初のあたりはいい具合で見てたんだが
逃避行が始まってからは
なんと言うか、しつこい。ねちっこい。

15年後とか出た時には、まだ終わらんのかいって軽く絶望した。
なげーよ。

その辺を高尚に見るのかもしれんけど
自分勝手が過ぎてイライラ
ご都合主義的な展開にもイライラ

羊飼いに殺されろ ってのが最終感想でした。
涼

涼の感想・評価

-

すごい
最後のシーンのところは壮大な墓場を作ってるんだろうかなどと思った
101miss

101missの感想・評価

3.6
見応えありました!
アンダーグランドに引き続き、動物たちの行動が可愛くて、登場人物みな破天荒で、前半はかなり楽しませてもらいました。
逃亡が続く後半はかなりの粘着性で、監督のこだわりを感じました。
が、全体的には良かったです!
>|