オン・ザ・ミルキー・ロードの作品情報・感想・評価

オン・ザ・ミルキー・ロード2016年製作の映画)

On the Milky Road

上映日:2017年09月15日

製作国:

上映時間:125分

3.8

あらすじ

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去…

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去によって、村は襲われてしまい、2人の逃避行がはじまります。

「オン・ザ・ミルキー・ロード」に投稿された感想・評価

うまに

うまにの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

あんまり乗れなかったけど、喜怒哀楽、全方位に振り切れる感情の波。そして羊大爆破。
yusuke

yusukeの感想・評価

4.0
生命力に溢れた映像と音楽とキャラクター、対照的な歴史的文脈、そして男女の悲哀の甘辛ミックスな雰囲気によって、ファンタジックでぶっとんだ物語であるにもかかわらず、決して喜怒哀楽のどれか単一の感情だけでは終わらない現実世界の感覚を抽象的に教えてくれる。
民族性を通して人生賛歌を感じさせるイメージの監督だったが、今回は宗教性に収斂していくような印象だった。
Aki727

Aki727の感想・評価

3.0
脚本や演出とかなんかもうわたしには理解の範疇を逸脱した作品。
2.5つけようか迷うほど…
でもとにかく色使いが素敵、景色が最高。

冒頭のセリフなき3分くらいのシーンはみながら、ポカーンとしてしまい惹き込まれそうになるけど、ドンドンとハテナが増える。
CGが…何を意図してあれだけ陳腐なのか、何を表してこの映画を作ったのか、この作品を賞賛する人解説していただいたいほど…
尾身

尾身の感想・評価

3.7
不思議な映画。
最初から最後まで全部夢みたい。

シリアスなのかコミカルなのか最後までずっと入り交じってて不思議な気分。
でもそれがこの話の世界に合ってる。
いまいちかな、とか思ってたけど、書きはじめたら色々感想出てきた…

※蛇足を最初に。主人公が熟男熟女なのはまあツッコミどころなのかも。牛乳屋の娘がネジ飛び気味だけどセクシーで素敵。以下真面目に…

クストリッツァの、故郷、結婚、戦争、動物、音楽…といったお馴染みのモチーフが健在。『黒猫・白猫』のときのような衝撃はなかったものの楽しめる映画だった。あの喧騒、粗雑、熱狂と隣合わせの日常は日本の文化にないものだから、そのエキゾチシズムはぞくぞくする。肥えたシワくちゃの婆さんが銃ぶっ放すのは笑ってしまう。(日本的な見方・感じ方・振舞い方もまた、異文化圏の人にこれに似た驚きや憧憬の感情を抱かせているのかなとか、自分にそういったものを描くことができるかな…などとしばしば思う。)

空撮は流行りのドローンだろうか、景観に圧倒される場面も多かった。
そして動物たちの演技がすごかった。鳥賢すぎ、爆音の中で踊り狂う人たちの中でもあまりに大人しくしてるから、作り物かと思った。ロバもめちゃめちゃ賢い。蛇のサイズ感はなかなかツッコミ所だったが。

あえてチープな特殊効果や合成は冒頭の「ファンタジー」という表現に即してありなのではないかと思った。悲劇の物語を喜劇、ファンタジーとして語るならゴッリゴリのCG合成はいらないのかもしれない。でも地雷のシーンとかどうやって撮ったんだろう…

劇中ではコミカルに描かれている、「戦争が日常にある人たち」の冷静さも、冷静でいられるという狂気も、想像でしか理解できないけど怖さを感じる。ガサツだけど生き生きした故郷の人たちの美しい日常や結婚という晴れ舞台、それらを一瞬でぶち壊す暴力と炎。それでもボロボロになりながらの逃避を絶望一辺倒で描かないところが素敵だった。

終盤やや冗長の感はあった。もう少しまとめてもよかったのかもと思ったが、トレーラーにもあった洞窟からインコが舞い、ロバが駆けて行くカットは本当に美しかったし、最後のカットもそこに持っていきたい意思を感じた。羊飼いの男が言った「お前が死んだら、誰があの娘を思い出してやるんだ!」という言葉は、もう誰にも思い出されることはない暴力の犠牲になった無数の人たちを思った言葉だったのだろうか。主人公が残りの人生で自らに課した行動は希望や救いなのか、贖罪なのか。

…スコア上方修正
うーう

うーうの感想・評価

3.7
世界観が独特だし意味とかよくわからないけど脳裏に焼き付く映画だった
あと音楽が良かった
mro334

mro334の感想・評価

-
怪我した主人公が花嫁に自分を置いていくように諭すシーンで、花嫁の何を失っても残るものは誰かを愛することだという言葉が印象的
なんじゃこれー。前半だけ観て『黒猫・白猫』とおんなじ感じかなと思っていたら全然違った。悪人善人老若男女動物問わず結局最後は同じっていうフラットさはすごいわ!俯瞰ショットが多いのがそれを象徴してるともいえるのか。

「良い子は観ないでね」って注意書きが必要。
アルコールでべろべろになりながら銃を乱射して「世界が終わっても結婚式を挙げるの」と叫ぶ女性が一番輝いてた
ア

アの感想・評価

4.0
ファンタジー、戦争、動物、恋愛、人生詰め込みすぎなのに無駄なくありがとうございます状態 クストリッツァてポールに似てるよね
>|