オン・ザ・ミルキー・ロードの作品情報・感想・評価

オン・ザ・ミルキー・ロード2016年製作の映画)

On the Milky Road

上映日:2017年09月15日

製作国:

上映時間:125分

あらすじ

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去…

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去によって、村は襲われてしまい、2人の逃避行がはじまります。

「オン・ザ・ミルキー・ロード」に投稿された感想・評価

nr

nrの感想・評価

-
2017/09/25
TOHOシネマズシャンテ
みやこ

みやこの感想・評価

3.5
クストリッツァ監督の作品は他にアンダーグラウンドしか観たことのない初心者でも、わりと楽しめた。難しいことは分からないけれど、人生の愉快さ、不条理さ、哀しみ、愛なんかをごった煮にして、ファンタジーとリアルを行ったり来たりするような不思議な映像を使って表した映画。観たあとは疲れるけど、たっぷりとこのちょっと変わった、でも愛おしい世界の余韻にひたれる。
映画館という非日常の空間で、約2時間という短い時間で自分ではない誰かの人生を体験しながら喜んだり悲しんだりする。映画の本質であり楽しさってそういうところにあるんだよなー、となんとなく再認識できた作品だった。
アカデミー会員鑑賞109作目
みや

みやの感想・評価

3.5
タイトルとポスターだけの興味で見て????となる。

人間も動物もわちゃわちゃしてる。
踊るハヤブサ、宙を舞うモフモフ、飛びたい鶏。
可愛いかと思えば、うわぁってなる不思議な映画。

このレビューはネタバレを含みます

オンザミルキーロード
確かに!!

耳を縫うとこ え、、
ってなった。

妹がお酒 くわえて飲むシーン
かっこいい。

やーすごかった。
クストリッツァ監督について考えるのなら、旧ユーゴスラビアの辿った戦争の歴史抜きには語れないことは解っていても、ちょっと調べてみたところで、複雑すぎてまったく僕の頭には入らない。
でもクストリッツァの映画が「なぜ面白いか?」については、簡単に説明できる事に気が付いた。
「三大映画祭を制覇してるような、コメディっぽいのにややこしい高尚な映画」だと尻込みしている人がいたら、こう伝えるのがいいんじゃないかな。
クストリッツァ映画の面白さは、みんな大好き『スターウォーズ』と一緒だよ!って。

①見た目からして異形なキャラがバンバン登場して…
②そこらじゅうを変なクリーチャー(動物)が闊歩してて…
③超カッコいい音楽が頭から離れなくなって…
④レトロでポンコツだけど超カッコいいスーパーマシンが出てきて…
⑤そんで、しょっちゅう戦争してる。

ほら、これはもう『スターウォーズ』じゃないですか!
「スターウォーズはデザインが9割」なのと同じように、「クストリッツァは見た目(あと音楽)が9割」だと思うんですよ。
そんで、『スターウォーズ』より、もっとカッコイイって言い切っちゃう。

監督には本当に申し訳ないけれども、クストリッツァ映画の戦争や社会へのメッセージを読み取り、言語化して血肉とするほどの知識も教養も、僕は持っていない。
でも、映像と音楽が持っている圧倒的な豊かさは、ビンビンに感じてます。
清濁なんて併せ呑んじゃって、人間の内側から溢れ出てくるエネルギーに感動するんです。
酒と音楽と恋と友情さえあれば幸せ。
だから、とことんハッピーなコメディの『黒猫・白猫』が、生涯ベスト級に一番好き。

普段映画を観るときは、解ったような顔をして、メタファーの分析とかしてしまうけれども、クストリッツァの映画に関しては、いっぱい有るんだろうけれども「まぁいいや、楽しいから」と思っちゃう。
今回の『オン・ザ・ミルキー・ロード』 も、冒頭からそんな楽しさがスクリーンからはみ出そうなくらい詰まってて、500億点連発している状態。
ずっとニコニコ、ニヤニヤして観てたんですが…、あの惨劇さえなければ…、ずっとみんなで楽しくパーティーしていられたのに…、俺はもっともっとパーティーが観ていたかったんだよ!
あの黒づくめの特殊部隊が本当に許せん!
映画を観てて、これほどハッピーエンドを願ったことはない、だってもう一度パーティーが観たかったんだぁ!
暗い映画である。根底に流れる絶望感はいかんともしがたい。
だが映像は美しく、人々は生き生きとしている。生き生きと戦争をして、生き生きと日常を暮らし、そして死んでいくのである。
現実と空想が織りなすかのような絵作りでありながら、ここで描写されるのは紛れもない現実である。
戦争を経験した監督だからこそ描けるのだろうか。
なんにせよ、傑作には違いないのだが。
たみ

たみの感想・評価

3.8
うっ、って思うカットもシニカルなコメディなので大丈夫でした…
この男すごい強運。神の(ユニークな)力を感じずにはいられん。
美女を追う兵士たち、しつこかったー逃げ切ったと思ったのに、また出てくる笑

戦地の町は人の生活感があって、でも銃撃戦が毎日行われてて、勝手な自分の戦地のイメージを覆された。それにしても、2人が逃げまどった草原も、池と小屋も、、とてつもなく美しかった。ファンタジーでした。
chapppp

chappppの感想・評価

4.3
これまでのクストリッツァとは少し違う詩的で寓話性の強い映画。しかしいつものクレイジーな部分も持ち合わせている。
いろんな要素が含まれており、少し無理した感じもあるがクストリッツァがこうしたかったのならこれで良い。

クストリッツァがラブストーリーを描くのは初だそうで。その主人公に自分を持ってくるところはどうなのだろうか。監督が自分を主人公にしてラブシーンを演じていると少し冷めた気分になる。エロオヤジに見えてしまう。ていうかそもそもクストリッツァが常にポールマッカートニーかスタローンに見えていた。

クストリッツァにはとても憧れる。映画だけでなく、文学、音楽にも手を出していて、自分で村を買い取っていて、映画祭にも自分の名前を付けているなんてかっこよすぎるやろ!俺よりはるかに高次元で生きているんだろうな、生活的にも精神的にも。

ファンタスティックな演出においてはあからさまなCGを使うくせに(このあからさま加減もかっこよく決めている)、動物のCGは一切使っていないそうで。これには本当に衝撃だった。クストリッツァのいろんな作品で動物がでてくるが、どれも大胆でクレイジーな使われ方がなされているからだ。特に今作ではクストリッツァが口渡しで食べ物を熊に与えるシーンがあった。これもCGは使っていないらしい。すごすぎる...。本当に動物を愛していて、いろんな意味で「でかい」人間なんだろう。これに対して「すごい」と発言するのもナンセンスに感じて自分が恥ずかしい。

こんなおっさんに「どハマりした」と言いたくないのも俺のプライド。芸術的センスでは当然敵わないものの、精神性はこのおっさんよりも高く持っていたいな。
>|