オン・ザ・ミルキー・ロードの作品情報・感想・評価

オン・ザ・ミルキー・ロード2016年製作の映画)

On the Milky Road

上映日:2017年09月15日

製作国:

上映時間:125分

3.7

あらすじ

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去…

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去によって、村は襲われてしまい、2人の逃避行がはじまります。

「オン・ザ・ミルキー・ロード」に投稿された感想・評価

yoshimin

yoshiminの感想・評価

3.9
冒頭からカメラアングルが斬新!
動物たちがとにかく面白い!
アヒルたちや、鏡越しに跳びたまごを産むニワトリ、ミルクを飲むヘビ、もこもこの羊たち
動物映画並みに、たくさんの生き物たちが活き活きと登場して楽しかった!

ふたりの逃避行以前の話もうまくできていてよかった。
町並みや音楽も良く、最後まで愉しめる作品
マリオ

マリオの感想・評価

3.6
メルヘンで楽しかった。
みんなテンション高くて、一人一人のキャラが濃くてよい。

動物ネタがとにかく微笑ましかった。
ひたすら鏡の前で飛び跳ねて卵を産んじゃうニワトリ…
ちょうどいいタイミングで巻きついて助けてくれる?でかい蛇…
ミルクをかわいく飲むシマヘビ…
歌に合わせて踊ったり、主人公の肩や頭に乗って慣れているハヤブサ…

恋愛モノらしいが、マトモな会話がなくて話もダラダラしてたから、もっと人との駆け引きがあっても良いような…。
ぺ

ぺの感想・評価

4.0
動物の生き死にをものすごい生き生きと撮るなと思ったら突然チープなCGが出てきたりと不思議な映画だった。
jitsumon

jitsumonの感想・評価

3.9
不思議な魅力で終始入り込んで観た作品でした。
表現の仕方が現実的でもありお伽話のようでもあり本当に映画らしい世界観というのを見せられたと思う。

もっとこの監督の作品が観たくなりました。
odd

oddの感想・評価

3.8
はい、好きな表現。
音楽もアート要素最高です。
どう観るかで映画の性格変わると思っているけれど、私にとってこの映画はそんな映画だなあと。
真面目に遊んでできた映画な気がする、そんな感じ。
eriok

eriokの感想・評価

3.2
クストリッツァのボスニア紛争の傷は深い。初期の無邪気で幻想的な作品に、戦争の失意が混じったような、手放しで喜べない作品だった。ラストの男はクストリッツァ自身が演じている。時とともに苦い経験を経ても、映画を作るパワーがあるのは、羨ましいし、見習いたい。
tipsy806

tipsy806の感想・評価

3.4
気にはなっていたもののこの監督作品は初めて。
まずは主人公の日傘を差しロバに跨がり肩にはハヤブサという格好がヤバい。

出だしから生々しいから軽快しつつみていたが、もうよくわからないうちに魅力に飲み込まれていた。
寓話の中に、戦争と愛と生命力が共存し、生の質感が際立っている。特に動物たちがトンデモなく、かなりの名役者だがCGではないらしい。
主役二人が50歳を超えているのを忘れてしまうし、苦行のような主人公のラストの行動に、人の気持ちの強さをみる。祈りは届いたのであろうか。
すごく不思議な魅力をもった映画。
ただ好き嫌い分かれるだろう作品です。
Aki

Akiの感想・評価

3.7
監督の昔の作品の「黒猫白猫」「ライフイズミラクル」「アンダーグラウンド」など各作品から1つ1つ特徴的なものが出てくるのは追ってきて楽しい〜!とは思いますが、うーん‥個人的にはこの監督にしちゃあんまり‥動物を撮ってるからこそあんな羊が死ぬところは見たくない‥CG?もあまり‥。それでも逃亡劇は良かった、楽しかったです。モニカベルッチすごく綺麗。

「愛へ続く道を進め」!
クストリッツァ結婚式は極上
(世界が終わっても結婚式はやる!)
戦争マジだめ。
ラストのパワー
(あんな地道しか戦争封印できん)
紛争、動物、祝祭といつものクストリッツァだが、審美的な構図が多く猥雑さは薄め。小奇麗にまとまっている。
>|