オン・ザ・ミルキー・ロードの作品情報・感想・評価

オン・ザ・ミルキー・ロード2016年製作の映画)

On the Milky Road

上映日:2017年09月15日

製作国:

上映時間:125分

3.8

あらすじ

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去…

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去によって、村は襲われてしまい、2人の逃避行がはじまります。

「オン・ザ・ミルキー・ロード」に投稿された感想・評価

寝ちゃった。。や、クストリッツァ映画はけっこうな、割合で、寝てしまう。んでも、その寝ちゃう感覚も好きなのだ。好きなモチーフたくさんありました。
鼻

鼻の感想・評価

4.0
パレードみたいにいろいろな人や音、出来事がぐわーーっと勢い良く流れて行く感じ。たくさん人も死ぬのに生命力が満ち満ちている映像。銃声や爆発音が音楽になるのが似合っている。コミカルに厳しい世界。
同じ画面でいろいろ起きてごちゃ混ぜになってる感じが舞台ぽいなぁ。
中盤までもエネルギッシュな生き物たちの群像劇として見応えあったし、終盤の地雷のシーンは大変興奮するフィナーレでした。
エミール・クストリッツァ主演、
監督作品
[オン・ザ・ミルキー・ロード]

祝!クストリッツァ監督作品、
初めて観ました♪

観る前、ニワカのボクなんか、
大丈夫かな、クセありそうだし、
とか、観始めてすぐも、
「ん?時代背景は…?」とか、
「どこの国が舞台…?」とか、
いろいろ考えちゃいましたが、
お話がすすむにつれて、
そんなこと気にならない、
というか、気にしてたのも、
忘れちゃうくらいに、
この作品に惹きつけられました、
良かったです、素晴らしい♪

舞台は戦場なのに、なぜか、
どこかのんびりした雰囲気とか、
ある一場面を除き、CGなし、
の、本当にどう撮影したの?
としかおもえない動物たち、
大人のLOVE、に逃走劇、
はたまたお伽噺、寓話的演出、
展開、音楽もオシャレで…。

なんでもアリ、ごった煮的、
でもしっかりお話になってて、
これがクストリッツァ監督!
と、いまさらながらひとり、
感心しまくりでした笑

ご自身監督、主演で、
モテ男な役、ズルいし!
ともおもっちゃいますけど、
あのなんともいえない、
苦味ばしった表情、大人の男の、
色気みたいなもの、
ボクには皆無なので、
やっぱりモテるの納得です笑

今まで監督作品観てなく、
出会ってなかったかなぁ…、
と思っていたら、みなさん、
けっこう[黒猫・白猫]レビュー、
あげられていました!

その監督さんの久々の新作、
過去作もチェックしておけば…、
ともおもいましたし、
しばらく行っていなかった、
名古屋今池シネマテークでは、
[アンダーグラウンド完全版]、
上映されてたなんて…。。。

マジで観たかったんですけど!

まぁ、今回監督作初めて観て、
ハマってしまったので、
[黒猫・白猫][アンダーグラウンド]
含め、過去作品要チェックや!
と強く思いました笑

もちろん面白かったですし、
めっちゃ観て良かったです!

[オン・ザ・ミルキー・ロード]

2017 9 ユナイテッドシネマ豊橋にて鑑賞しました。
つらかった…よく分かんない!というのが鑑賞後の感想。ユーゴスラビアのこと調べてちょっとずつ分かったような、いや、やっぱりよく分かんない。

主役のコスタもよくわからない。村人から変人って言われてたけど、出てくる人だいたい変。ミレナは奔放で狂った美女、ジャガはやばい軍人…終わらない戦争で不条理な環境にいると人は平常でいられなくなるのかも。

休戦となり華やかな酒場でのシーン。平和は続かないような予感。陽気な音楽を聴いてお酒を飲んで。刹那的に日々を過ごさざるをえなかったのかも。

結婚式当日に村が焼き払われる恐ろしいシーンからの逃避行。ここから一層ファンタジーぽくなっていく。コスタたちを追う兵士たちが自然や動物・虫が行く先を阻む中、逆にコスタは生かされる。ラストの熊のエピソード然り、自然と調和してる。

コスタが銃弾が飛んでくる中でも蛇を見ていたり、バケツや瓶の音を探していたり、どこか「この世界の片隅に」のすずさんを想起した。辛い現実でも、イマジネーションある人たちの方が逞しいのかも。

にしても、モニカ・ベルッチは年齢を感じたけどやっぱり美しい、ふくよかな方が美しくみえるタイプ!笑
peeptz

peeptzの感想・評価

3.9
愛へ続く道を進め
登場人物たちの情熱的すぎる愛、時に暴力的で時に詩的な行動にくらくらします だけどユーモラス
出会ってしまったら、愛してしまったらもう全てしょうがないんだろうな
映像も音楽も色彩豊か!監督はミュージシャンでもあるそうですね 音楽のセンス、使い方がさすがでした

自然と戦争とお祭りと愛、ごちゃごちゃしていて美しいおとぎ話の絵本みたいでした
近くのミニシアターでやってたので、
初クストリッツァ。
すごく独特な世界観でなんだかハマっちゃいそうで、ちょっと気持ち悪くもなったりしてどうしたらいいのかよくわからなかった。。笑
とりあえず前の作品も見にいこう。
動物の存在感が強くて不思議だった。
な

なの感想・評価

4.0
動物の力、人間の力、愛の力。
戦争の愚かさ、命のエネルギー。

ラストシーンからのタイトル、クストリッツァ独自の演出にもぐっとさせられた!
okimee

okimeeの感想・評価

4.5
パンフレットの販売がなかったよー!
だれか解説してほしいよー!!

なんといっても動物たち・音楽・風景でしょうか。
ほんと、素晴らしい寓話であるな。

冒頭で、豚の血を浴びるアヒルの行動が「?」だったけど、そのあとのシーンですぐにわかる。

元体操選手の陽気な美女に、鏡に向かって延々と飛び跳ねるニワトリ、噛み付く大きな時計。
隼手懐けたい〜!
みーんな好きなのよ、監督が。
「誰が彼女を思い出すんだ。愛の記憶を絶やすな」

誰かに追われる展開になったときのために、やせて運動しないとな。。
美しさと悲しみが分かちがたく結ばれている。音楽も映像もずっと楽しくて、結末が悲しいからといってその物語が悲しいものだと言い切るのもおかしな話だよなというようなことを考える。騒がしさやバカっぷりが悲劇を茶化していずちゃんと進行に寄与しているのがすごい。いいもの見た
寓話、民話、神話の類いは一番スケールがでかくて、普遍的。愛の強度が段違い
>|