オン・ザ・ミルキー・ロードの作品情報・感想・評価

オン・ザ・ミルキー・ロード2016年製作の映画)

On the Milky Road

上映日:2017年09月15日

製作国:

上映時間:125分

3.8

あらすじ

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去…

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去によって、村は襲われてしまい、2人の逃避行がはじまります。

「オン・ザ・ミルキー・ロード」に投稿された感想・評価

momoka

momokaの感想・評価

2.8
うーんシンプルに好みじゃない!ただそれだけ。この監督の作品はいつも評価が高くて観てみるけど、私にはあわないようだ…
soyaryoko

soyaryokoの感想・評価

2.5
職場の人が激オススメしていたし、クスリトッツァ見たことないしで、同じような状況の友だちと見に行った。変てこ映画だった。

ユーゴスラビアという国については、アンジーの『最愛の大地』を見た、くらいの知識しかなくて、複雑すぎる事情にクラクラする。

ただ、この映画の表現は好きじゃないかもしれない。
ARAIYUKI

ARAIYUKIの感想・評価

3.2
動物が殺されすぎてて、その表現の仕方が結構苦手なタイプだった‥。もう一人の花嫁(名前忘れた)の行動が破茶滅茶で、映画にアクセントどころか不自然な程号外話を生み出すような人物像も苦手だった。ただ、主人公二人が川のほとりの小屋で過ごすシーンは、退化する事による自由さみたいなものを感じて凄く好きだった。
Oshmar

Oshmarの感想・評価

5.0
私的2017年no.1。好き要素がてんこもりすぎてポイントをつかめない(ほどよかった。ハヤブサとか蛇とかロバとか新体操の女王兄妹とか偏愛ごころを刺激されまくり)。九年ぶりのクストリッツァ、ラスト10分は涙滂沱。放心状態のまま、劇場を後に。
86junk

86junkの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

監督自ら主演を務めたのもあってか、今までの作品と比べて淡々としたキャラクターの主人公。

いまだに簡潔にどういう話だったとまとめにくい内容。

映像としてはいつも動物の演出には驚く。
熊はすごい。
horry

horryの感想・評価

3.6
『オン・ザ・ミルキー・ロード』という少し甘いタイトルとは裏腹に、ボスニア内戦を連想させる暴力的な世界に、宗教的な寓話が散りばめられている。
ユーモアも、バルカン・ミュージックも、美しい風景や動物たちも、『黒根猫・白猫』『ライフ・イズ・ミラクル』『ウェディング・ベルを鳴らせ』と同じだ。
しかし、何の希望も感じられないエンディングに言葉を失う。クストリッツァはもう自分のユートピアに閉じこもってしまうのだろうか。つらく、寂しい気持ちになった。
nucleotide

nucleotideの感想・評価

4.5
クストリッツァ作品の微に入り細を穿とうと挑むたびに、其処此処に匂い立つガルシア=マルケス作品との関連性に思い至る。単にクストリッツァが影響を受けたものとして片付けたくないのは、両者が自国の内乱の歴史へアンチテーゼを投げ掛けたジャーナリズム的批判を基盤とした作家であり、それ故に彼らの精神が接近した産物として共通性を扱った方が面白いと考えたからである。

「百年の孤独」に代表されるラテンアメリカ文学マジックリアリズムの特徴は、その例を挙げると、決闘で殺した相手が喉をひと突きにされた傷をそのままに家の中をウロついたり、チョコレートの力で空中浮遊をしたり、飼っていた家畜が窒息するほどの黄色い花が降って町を埋め尽くしたりと、実際には起こり得ないことが事実として淡々と列挙されるところにある。「オン・ザ・ミルキーロード」で描かれる、敵の目を欺く黄色い蝶や木の上での空中浮遊は超然的ではあるが、しかしいずれも心象描写の域を出ていないという点でマジックリアリズムのうちにカテゴライズすることは難しい。評者が積極的に類似性を認めるのは、こうした映像的な不可思議さではなく、雑多で断片的なエピソードをひとつの大きなアマルガムとする作話術と、両者の作品に頻出する結婚の儀式に於いてである。結婚とは換言すれば承認の儀式である。この2人の作家が繰り返し扱う婚礼とは、内乱による分裂と祖国存亡の危機、微視的に見ればアイデンティティ喪失といった不安が、反転したひとつの形態を伴って表出したものと言うことはできないだろうか。そう捉えることによって、彼らの全ての作品に底流する危機意識に迫れるのではないかと考えた。

クストリッツァ監督がインタビューで答えている通り、この映画はエデンの園を追われたアダムとイブの逃避行の物語である。ミルクをじゃばじゃば溢しながら走るモニカ・ベルッチの姿はミルキーウェイ(ヘラの母乳)の変奏であることからも神話性を強調していることが伺える。そしてさらにインタビューで言及されていたのは、クストリッツァが2つの町を作ったということであった。ここに彼の“喪失”と“再生”の足跡を辿ることが出来る。イギリスの歴史学者アーノルド・J・トインビーの「神話を忘れた民族は100年以内に滅びる」を敷衍して解釈すると、クストリッツァが新たに歴史を紡いでいくために必要としたのが神話「オン・ザ・ミルキーロード」だったと言う事もできそうだ。

ブエンディア一族がマコンドと共に、人々の記憶からも消し去られたのは彼らが神話を持たぬ為であったのだろうか。クストリッツァはそうならないことを祈るばかりである。
あきら

あきらの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

羊かわいそう!!
地雷ひどい!!
血まみれのガチョウとかロバとかかわいそう!!

それにしてもモニカ・ベルッチの現役感といいランク感といいイタリアの至宝健在だね。というかモニカに対するロマンがすごかった。モニカに色々したいがためにこの映画を作ったんじゃないかって邪推するくらいにすごかった。

そこそこひっちゃかめっちゃかだしわけわかんない演出もあるけど、クストリッツァの戦争の描き方の容赦なさは凄いなと毎度思う。
正義だの人道だの総合性すらクソ喰らえみたいな理不尽こそ戦争の本質なんだろうと思わせる。

たださ、愛する女を失くして自殺しかける男にかけた「お前が死んだら彼女の記憶はどこに残るんだ」って言葉に締め付けられ、ラストの地雷原を覆う石積みの情景に泣いた。
そうしてたった一人で生きていく男の姿がもうもうたまらなかった。
まさかの展開すぎる
白猫黒猫を見た後だったのであまりの作りの違いにコテンパん
旧ユーゴスラビア出身の監督にしか描けない映画
内戦と国勢軍の描き方
戦争への皮肉がひしひし感じる
戦争ってなんだ、愛は戦争には勝てなかったと思ってしまった
ゆき

ゆきの感想・評価

3.7
愛の記憶を絶やすな

戦争で混乱している時代。ロバに乗り兵士たちへ牛乳を届ける配達員の男。
ある日、村に連れてこられた美女に恋した彼の運命は一変する。

こんなに突っ込みどころ満載なのに、ファンタジーとして納得してしまうこの感覚。
生きることにはとても強欲なのに、命が絶たれる瞬間はとてもあっけなくて。
シリアスとコミカルは紙一重なんだなって体感した作品でした。さすが「アンダーグラウンド」の名匠。

劇中の楽曲がとてもキャッチ―で好みのものばかり。
衣装も独特の世界観で好きなシーンを切り抜いたスクラップを作りたくなる一作。
>|