オン・ザ・ミルキー・ロードの作品情報・感想・評価

オン・ザ・ミルキー・ロード2016年製作の映画)

On the Milky Road

上映日:2017年09月15日

製作国:

上映時間:125分

3.8

あらすじ

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去…

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去によって、村は襲われてしまい、2人の逃避行がはじまります。

「オン・ザ・ミルキー・ロード」に投稿された感想・評価

lgKaoring

lgKaoringの感想・評価

5.0
久しぶりに映画に没頭した気がします。

クストリッツァ監督の映画は「ぶっとんでる」との噂で敬遠してたんですが…
確かに風変わりな所もあるしインパクトあるけど、そんなシュールさがすごく好み。

映像が綺麗で、モニカ・ベルッチも美しかったなぁ。
動物の皆さんの演技が素晴らし過ぎたので、どうやって撮ったのか気になりました。

クストリッツァ監督の他の作品も観てみたい。
私にとって、今年一番の映画です!
kei

keiの感想・評価

3.8
今年の映画との出会いの中では、鈴木清順監督の次に嬉しかったエミール・クリストリッツァ監督の最新作。

何処かの戦地で、牛乳を運ぶ仕事をしている主人公のお話。
弾雨と爆発音の中、同じ道を往復する日々。
ハヤブサを肩に乗せ、語りかける姿は精神的に参ってしまっている様にも見える。
敵に斬首されたと言う父親の写真は、切断された状態の写真で鏡に貼られていた。
後ろから狙われようが、耳を撃ち抜かれようが、驚く素振りも見せない。

そんな中で出会った1人の女性とのロマンスは、切なく終わってしまう。

ラブロマンス的には王道を行くストーリーだが、主人公と恋人の逃亡劇と、クリストリッツァ監督自身の故国を失った過去を重ねて見ると感慨深いものがある。

このラストは主人公にとって、ハッピーエンドだったのだろうか?バットエンドだったのだろうか?
濃厚なのか、素朴朴訥なのかわからない。
現実なのか寓話なのかわからない。
幸せそうなのか狂っているのかわからない。

みたことがない景色が広がって、同じ惑星の話なのかわからなくなった。現実なはずなのに、SFの作り物みたい。リアリティがないんじゃなくて、こんなの知らないよ!本当にあるの⁉︎という驚き。ヨーロッパのイメージが崩れる、自分の頭のかたさ、心の狭さ実感。

大好きなのか、二度とみたくないのか、いつもわからなくなるよクストリッツァ。
hrmnkzt

hrmnkztの感想・評価

-
女性達が本当に美しい…妹の破滅的な元気さも謎の美女の知的なミステリアスさもどちらも素敵だった…
ロバやハヤブサやアヒルに羊に山羊、熊、そして蛇、あと猫!ありとあらゆる動物達のエネルギッシュな生命力に溢れていた!
そして音楽が流れるシーンはいつも最高だ

アンダーグラウンドのあの人もご健在で相変わらずかっこよかった。
きよこ

きよこの感想・評価

4.2
『それは私の不幸よ。私の美しさも貴方の優しさも、人の悪意を引き寄せる』

お恥ずかしながら…
初のクストリッツァです。
はあー(*^.^*)すごいわ。
トンデモ映画を観てしまった印象。
映像の美しさと残虐さ。
アートバランスに長けている。
音楽も独特で銃声もリズムを刻む。
まるで大事な秘密のオモチャ箱。
いや、玉手箱?
生と死と愛憎と嫉妬。
映画に欲しいものが全部詰まってる。
現実と寓話のカオス映画。

戦禍の中のミルク運び。
先ずもって狂ってる。
でも必要なものなのだから。
それでも運び続ける。
命知らずだから…愛を知ってしまうまでは。


戦争のそばには普段の生活がある。粛々と生の営みを続ける。
ふと、『この世界の片隅に』を思い出した。国や宗教、慣習、文化で全く違う切り口だけど。実に面白い!


とりわけ、ロバとハヤブサが可愛い!!いや、出演している豚さん、アヒルさん、鏡鶏さん、羊さん、蛇さん、熊さんたちの演技がほんとに素晴らしかった。感服。。。


『愛の記憶を絶やすな』


クストリッツァの過去作品を体験してみよう\(^o^)/

ああ、モニカ・ベルッチの妖艶な美しさがずーっとずーっと続きますように…(そっと、あやかりたいのであります)笑
家畜への演技指導
業界No.1、
クストリッツァ監督。

独特な鑑賞後感。
やっぱり好きすぎる。

ミルクの運び屋と
イタリア人わけあり女が
出逢い、逃げ、そして…
の、物語。

土っぽさ、泥っぽさ、
乾燥しているっぽさ、
ボロボロの
ウェディングドレスが導く、
儚い夢っぽさ。
作品全体に力強さも。

ご機嫌なリズムには
胸を高鳴ならせ、
皆と笑い合いたいし、
大切な人を忘れぬために
石を敷き詰めたい。

生きて行くって凄い事だよ
と強いメッセージを
受け取った気分。

紛うことなく
クストリッツァ監督らしい作品。

お歳を重ねても、なお素敵。
東

東の感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

オープニングの美しい自然に突然現れた豚の屠殺シーン、血の浴槽であっこれちょっとグロテスクな映画だ…って思ったら案の定でした。
時計台とかの細々した要素はファンタジックで可愛いのに、戦争や焼き打ち、銃が出て来て淡々とみんな死んでゆく…生々しいな~!全体的におもちゃ感のある映画なのに突然リアルでグロテスクな要素が入るのが不思議な感じでした。私的には『ムード・インディゴ』見てた時と同じような感覚を味わったかな あのちょっと酔いそうな感じ
そして映像が文句なしに綺麗 。農村の自然の美しさ、燃え盛る炎、水の中、全ての色が鮮やかで絵画みたいだった。
個人的には「鶴は飛んでいく」がちらっと映ったのでおお!!と思いました そういえば確かにこの映画もロシア映画っぽい鬱屈した雰囲気だったね
saeta

saetaの感想・評価

4.2
一月半ほど前に日比谷シャンテで観ました。

アンダーグラウンド同様、ブラスバンドが鳴り響き心地良かった。
全体的にとても良い映画だったんだが、やや観てて興醒めしてしまったのが安易にCGに頼った演出だった。
とにかく音楽が堪らない。。!
クストリッツアの映画って全部クストリッツアっていうか、満ち充ちるエネルギーとか、体の奥の方を掻き鳴らしてくる音楽だとか、本能に正直に生きる人たちだとかがどかとか出てくるので、目を逸らす隙もなく気がつくと終わってる。
そして、いつも動物が印象的。

いろんな作品があって、どれも全然同じようなものはないのに、ここの印象だけは変わらなくて、それを見るためだけに彼の映画を見てる。
にねこ

にねこの感想・評価

4.2
クストリッツァってなんかドストエフスキーみたいだな。この作品はとりわけ『白痴』っぽい。
>|